溺愛→だだ漏れ→両片思い♥

不機嫌な君と気まぐれなキス

fukigen na kimi to kimagure na kiss

不機嫌な君と気まぐれなキス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×217
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

68

レビュー数
7
得点
168
評価数
45
平均
3.8 / 5
神率
28.9%
著者
文川じみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784866572307

あらすじ

大学生の陽には、高校時代から憧れの人がいる。
誰よりもかっこいい先輩・邦彦と同じ大学に入って浮かれていたけど、奔放な彼には振り回されてばかり。
ある日、大事な初キスを奪われ、さらに目が覚めると隣に裸の邦彦が!
それから彼を意識しまくっちゃって――!?

表題作不機嫌な君と気まぐれなキス

村瀬邦彦,陽が高校時代から憧れる先輩
日下 陽,邦彦を慕う後輩

その他の収録作品

  • after chance

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

スピンオフ???しっくりこない。

表紙の二人…「あさってにキス」のスピンオフと知り、誰???
髪の毛だけでなくキャラも違う…ハルってそんな感じだったか?と先に「あさってにキス」の読み直し。
大学生になって成長した感をだしているとしても違うなぁ…しかも、邦彦も。

スゴイ違和感のあるスピンオフなんですが、内容自体はかわいい王道。
高校時代のあこがれの先輩と距離が近くなりすぎた後輩設定なんですが、
あこがれというより、恋心だったと思い込んでいたので、どうしてもそんな目で見てしまう自分が…
邦彦のあからさまな好意に引き気味なハルが納得いかん!!!

ほぼ同居生活で世話焼きな彼氏(オカン)状態のハルに、べったり甘える邦彦という設定には萌えます。
そして、本家カップル、大学生になった有と専門生になった昭久が結構登場しているのが嬉しい!
二人は変わらずあまあまで、照久のかわいさが増している><この二人がブレてない事に安心しました。

二人の関係性を描く、細やかな心理描写は解りやすくて、
お節介な当て馬女子の存在も変わらず、じみ先生らしいスパイスは健在でした!

初めからハルのターバンがイマイチだったんですが、照久登場にむけて区別する為だったんでしょうか?
並んだら似てますから個人的には解りやすくて、結果よかったのかな。
ターバンを外して邦彦に向き合うハルの姿が、以前のハルらしくて好きです。

じみ先生の描くピュアえろって萌えます…しかも、after chanceの制服プレイはご褒美ですね。
そこにいきつくまでの二人のやり取りにキュン死><
制服プレイをおねだりする邦彦に渋るハル…
有と長谷はしてるのにズルい!とごねる邦彦に「よそはよそ!うちはうち!」と返すハル。
こんなのをずっとしていて欲しいゎ…。
そして本気のどエロいHシーン…やっぱり、好きなんですよね…じみ先生のえろシーン。
邦彦が高校生の自分に嫉妬して、一気に雄味が増す場面はかぶり付きでした><

最後まで読んで、やっぱりじみ先生が好き…と再認識でした。

次作、楽しみにしてます。

0

「あさってにキス」が好きなら好きな程、評価は難しくなってしまうよ。

私も 他の方々と同じく、本作が「あさってにキス」のスピンオフだとは知らずに購入しました。
わーい、文川じみ先生の新作だ〜♬ 程度で読み始めて、途中で「えっ⁈」と気付く。
中盤に有と昭久が登場して、「おぉ‼︎」と思って。そして、アレレ⁈って思う。
この二人はアレか、アイツらか⁇ みたいな。
「あさってにキス」から、時間も経っていて、絵柄も若干変わっていることと、おそらくは作中の時間の経過を表したかったんだと思うけど、ハルの髪型が変わっていたりするのもあって。顔も違うよね?
それより何より。彼等の性格も変わっている様な気もしてしまうのだ。
そうして、とにかく大好きな「あさってにキス」を読み返してみることにする。
邦彦さんに近付きたかったハルは、その為に有に近付こうとしたりして。
有曰く、踏み台にされたという それは、何度読み直しても結構嫌なヤツなのだ。それが、本作ではだいぶ可愛い子になっていて。戸惑いしか無い。
また「あさってにキス」が、一貫してテーマにしていた様なもの、とか。
萌えどころとか。が、一貫して無い‼︎ 様な気もしてしまう。
スピンオフとは、ただ登場したキャラクターの別の話。というだけでは無くて。
例えばアンサーソングの様な。互いに対になる様な。世界観の共有の様な。
そういうものであって欲しい‼︎ と、どうしても思ってしまうのだ。
そして、それが当然出来るだろうと、ハードルを高く上げてしまう作家さんなのだ。
文川じみ先生という人は‼︎
「あさってにキス」がとても好きで。大好きで。好きなら好きな程、評価が難しいと感じました。
スピンオフとか言わないで、全く別の物語ならば、違った見え方になったかも知れません。

…だいぶ経ってから気付いたんだけど。「キス」繋がりのタイトルだったんですね‼︎
洒落たつもりなんだろうけど、これも「効いて」無い気もします。

2

両片思い好きには嬉しい!

あさってにキスのスピンオフ作品ということで、とても楽しみにしてましたがと〜〜ても可愛かったです!!!!!

当時あまり良い印象を受けなかった日下くん、まさかこんなに可愛いとは…多分驚かれると思います……そして当時から大好きな邦彦先輩は相変わらず最高に好きでした!

ただの先輩後輩として過ごしていた2人の感情が徐々に揺れ動いていく姿に、いいぞ〜!と安心しながら楽しく読めました!モテ男が受にどっぷりになっていく様を眺めるのが大好きな人間としては、満点の内容でした!思いが通じ合った途端に先輩後輩から恋人関係に一気にシフトチェンジした感が可愛くてニッコリしました!
あさってにキスの2人のラブラブ健在っぷりも見れたので嬉しかったです!!!

1

viva★両片想い

きゃっわいぃ~!!
『あさってにキス』スピンオフ。
前作で憧れの邦彦に近付く為に有にしつこく話しかけ、有と仲良くなれた昭久に突っかかっていってた日下が主人公!!!
あのちょっとウザそうなストーカーくんが・・・・
主人公になるとこんなにも可愛くなるのか!!!!!ってくらい可愛かったです。

大学に入って学校近くでひとり暮らしを始めたため憧れの邦彦がほぼ入り浸ってる状態でお話がスタート。
高校時代の日下が見たら失神しそうな状況に、普通にオカンのように邦彦の面倒を見てる日下(笑)

無自覚両片想いにソワソワさせられちゃいました。
邦彦の方が先に自覚したけど、日下は自分の中で「憧れ」という思いが強くてなかなか自分の気持ちに気付こうとしないのはじれったかったですね♪

前作でも今回の序盤でも「クールなカッコイイ先輩」だった邦彦が後半可愛くなったのはたまりませんでした♡

0

日下こんなに可愛かったっけ?

日下がかわいくなりました。
あさってにキスでは、憧れの先輩の追っかけ的小物感が出ていたのに日下くんて素直でいい子で童貞だったんだぁ。
邦彦は、もっとかっこいいところみたかったな。
自分から人を好きになったことがないモテ男が初めて人を好きになってどうしていいかわからないところは可愛らしかったけど、なんか将来ヒモになりそうな予感がする。笑。日下の家が金持ちなだけに…

有と昭久のカップルが大好きだったので、ちょっとだけでも出てきてうれしかったです。
何ならこの2人の付き合いたてとか当て馬とか日常の生活とか夜の生活とか読んでみたかったです。

2

良く言えば王道

※辛口レビュー、ネタバレ注意

お話を読み終えた後は、「どこかで読んだことあるな〜」という印象でした。
内容としましては長い間、邦彦(攻)が陽(受)の家に通うという半同棲状態が続いており、自分達があまりにも一緒にいるため、陽は自分の気持ちが分からなくなってしまうといった感じです。
その後は、それが原因で2人の両片思いのような状態が続きます。
BL本を沢山お読みになられてる方なら、「あ〜」となる展開です。
セリフや言い回しなども「THE 鉄板」な感じ。

また、こちら「あさってにキス」のスピンオフだったようで知らずに購入しました。
ちなみに「あさってにキス」は、読めない展開、キャラクターの良さもあり、何度か読み返すほど大好きな作品です。
しかし今回の作品は先ほど記載した通り、お話の先が読めてしまうことや、カップリング自体前作登場時から好きでは無かったため、こういった感想になるのは否めないかなと思います。

初めてこちらをお読みになる方は、前作を読んでいなくても読めますが、スピンオフであることを念頭に置いてお読みになることをお勧めします。
また前作を読み、こちらのカップリングの行く末が気になった方には良いかもしれません。

以上、辛口レビュー失礼しました。
少しでもご参考になりましたら幸いです。
ここまでお読み頂きありがとうございました。

4

ニヤニヤが止まらなくてほっぺ痛い(∩´///`∩)

「あさってにキス」 スピンオフ!!( ´艸`) ♪

前作未読でも単体で独立して読めますので大丈夫です。
でも前作では仲良くなる前の姿が見られるので興味のある方は是非ヾ(*´∀`*)ノ
(めちゃくちゃ登場シーンが多いわけではないですが…;)

前作では昭久に突っかかって、有に睨まれて、小ヤンチャだった日下。
(こちらではハル呼びで定着していたので以下、ハルと書きます)
大学デビュー?かヤンキー口調は卒業してとっても可愛くなってました♡

ハルがずっと憧れていた邦彦とは無事仲良くなれたようで
というか、仲良くなりすぎてベッタリしててめっちゃ萌えました!
意識し始めてからのモダモダもすごく良かったですヾ(*´∀`*)ノ

ちなみに有×昭久CPも登場してました♪


さてさて。
大学入学を機に一人暮らしを始めたハルの家に、邦彦は度々泊まりに来ます。
度々といっても週5~7らしいのでほぼ一緒に暮らしてる状態( ´艸`) フフフ
歯ブラシが2つ仲良く並び、一緒のベッドで抱き枕のようにくっついて寝るほどの仲良し。

しかし邦彦には彼女が居て、
ハルの中の"憧れの先輩"(が幻滅しつつあるものの)それ以上の感情はなく。
どちらも恋愛要素なしでベッタリしているのですよ!!ヾ(*´∀`*)ノ激萌

そんなある日、ハルは初めて合コンに誘われます。
ウッキウキで参加しようとするとそれを聞きつけた邦彦までついてくるw
女の子と良い雰囲気になってもすかさず邦彦から邪魔が入り、その上ファーストキスを奪われて…。

それから邦彦を意識しすぎてギクシャクするようになりーーーと展開します。


無自覚期がめちゃくちゃドストライク…(;///;)
付き合ってないのに同衾とか、
付き合ってないのにナチュラルにくっついてるのとか、
付き合ってないのに…え?それで付き合ってないとか嘘でしょ…?(激萌)
ベッタリ状態を無自覚でやってるのがすごく好き!

で、初めて意識したときのハルの反応がめちゃくちゃ可愛い。
そんなハルを見ながら邦彦が「ハル可愛い」をダダ漏らせてるのニヨニヨするー♡♡

そんなこんなで変化期へと突入するわけですが。
如何せんハルは恋愛スキルがなく自分の感情すら理解出来ない。
そして邦彦はモテすぎた弊害で自分から動く恋愛が出来ない(爆)

いや~邦彦はホントわかりにくかったですね。
後輩として可愛いのか、恋愛的な可愛いのか、線引きが曖昧だった気がします。
でもジャイアン気質の邦彦がハルの些細な一言で心折れるとか繊細すぎて笑えましたw

邦彦がドヘタレ発揮してる間、
行動力はハルのほうが上でカッコよかったですヾ(*´∀`*)ノ

描き下ろしはめちゃくちゃ滾りました(///Д///)
制服プレイなんですけどね。
高校時代の距離感に戻って意識しまくってるハルが可愛くて可愛くて!!!
昔の自分に嫉妬する邦彦も良き良き////

萌え摂取でニヨニヨ止まらなくて今ほっぺたが痛いですw

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ