あさってにキス

asatte ni kiss

あさってにキス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神47
  • 萌×228
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

39

レビュー数
10
得点
372
評価数
85
平均
4.4 / 5
神率
55.3%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784866570266

あらすじ

「友達」なのに、壁ドン→キス→それ以上!?

高校生の昭久は、転校をきっかけにガチオタからリア充デビュー!と思いきってイメチェン。
周囲から一目置かれる、クールな一つ年上の同級生・有と親しくなる。
浮かれる昭久だったが、ある日屋上で有に突然壁ドン&キスされてしまう!
さらに流されるままそれ以上のことも!?
「友達」でもそれって普通なの――!?

表題作あさってにキス

小野塚有、一つ上のクールな同級生
長谷昭久、元ガチオタで転校デビューした高校生

その他の収録作品

  • あさってにキス AFTER STEP
  • あとがき
  • カバー下:ぼ…俺・最終話の間の話

評価・レビューする

レビュー投稿数10

見た目変えたくらいで本質は隠れないのだ♡

オタクの主人公が転校をきっかけにリア充デビューを頑張るお話ということで、オタバレしてイジメられたりしちゃわないかひやひやしながら読み始めましたが、全然そんな心配なんて必要ないほっこりほんわか系の作品でした◎
転校先の学校はクラスメイトも良い子達ばかりでしたね。

主人公の昭久は「可愛いは正義(^_−)−☆」を地で行く純度100%の母性をくすぐる系かわい子ちゃんで、無自覚にぽろぽろぽろぽろ人たらしな発言をして周りをキュンキュンさせていくタイプ。
邪気がなくって本当に可愛いです。

そんな昭久に攻めの有がまんまとたらされて振り回されて〜、な展開の可愛めラブストーリーなんですが、でもこれ意外と可愛いだけじゃなくって、オタクな自分を隠してクラスメイトと仲良くなれたってみんなが仲良くしてくれてるのは偽物の自分じゃん?みたいな葛藤に昭久が悩んでいるところなんかも描かれていて、それに対する昭久のお母さんや有の言葉が優しかったりして救われるお話でもありました。
優しい気持ちで読み終えられたのもあって読後感がとってもいいです。

ebj版についてたオマケの特典ペーパー(コミコミスタジオの配布ペーパーと同じものです)も良かったです!
昭久の無自覚が最大級に炸裂しています。
こんな可愛い奥さん候補、即プロポーズですよ( ´艸`)

【電子】ebj版:修正白抜き、カバー下○、裏表紙×、コミコミ特典ペーパー(1p)付き

2

攻め様、受け様ともにかわいくておかしくて微笑ましい

 皆様がおっしゃっている通り、受け様の昭久がかわいくてたまらないっ。
なんなの、この天然無自覚煽りちゃんの言動と表情。

 転校前の学校ではオタクでひたらすじみーに過ごしていたけど、転校を機に一念発起して転校デビューを果たすべく頑張ってる昭久。
でもオタクな友人関係の中でしか過ごしてなかったから、普通の友達との距離感とかがイマイチわかってなくて、攻め様である有との、それはただの友達じゃないよっとツッコミを入れたくなるやり取りも、そんなものなの!?と受け入れていて。
 ニコニコのかわいいスマイルや、テレまくった恥ずかしそうな笑顔を向けて「有はかっこいい」なんて言ってたら、そりゃー勘違いも発生しちゃうでしょう。

 そんな天然無自覚ちゃん昭久に煽られまくってる有。
かわいい笑顔に打ち抜かれてる有の表情がいちいちおもしろい。
健全な男の子としてはたまらないよね。
振り回されてる有もかわいくてたまりません。

 お互い勘違いしていた事がわかって、ポロポロ涙が出ちゃった昭久の背中に伸ばした有の手がぎゅっと結ばれたのが切なかったです。

 自分の気持ちに気付いた昭久が泣きながら告白するシーンもかわいかったし、やっと晴れて本当の恋人同士になったのに、ナゼか怒涛の流れで2人して昭久の友人とコミケに参戦していて。
 オタクな事がばれたら嫌われるのでは、と不安に思っていた昭久だけど、有は全然動じてなくて、昭久を抱きしめながら気持ちを伝えてくれる有は優しくてかっこいい。

 えっちに突入する流れだったのに、眠さに負けた有が寝ながらも「あした…」ともだえてる姿に笑いました。
 
 念願のあしたになって、いざえっちって時まで煽りまくってる昭久に、辛抱たまらずキレた有。
えっちの最中も、終わった後も最後まで煽る言動をぶつけてくる昭久に、゛有、頑張れ゛とエールを贈りました(笑)。

 カバー下のおまけも秀逸で、昭久がかわいくてたまらんちんでした。

2

かわいいかわいい昭久♪

ほのぼのコメディBLだと思って読みましたよ。
昭久の天然からくるアホ可愛さにニヤニヤします。なんだろう、この可愛さは。ちゃんと男の子らしさもある普通の子なのに、めっちゃ可愛い!
特徴のあるキャラ設定でもないのに(高校生、オタク、フツ面…いたって普通です)、キャラのラブリー度が高い!
「可愛い受けキャラ」というのは誰もが描きたいもの。それは絵が可愛いからじゃなく、設定で美人とかイケメンにするからでもなく、その作者に魅力あるエピソードが描ければいい、ということがわかります。絵自体は流行りのキラキラした画風でもない。正直、地味な絵と思う。しかしこれがストーリーの中で昭久はとても可愛い子に見える。これぞ「漫画が上手い」ということ。
なのでこの漫画の場合は、がっつりセックスするよりも、「壁ドン」とか「勘違いでされるキス」のほうが萌えますね!?
ただちょっと画力が発展途上という感じはします。背景の空白も気になる。でも確実にセンスのある作者だとは思います。

2

かわいいを堪能したいときに

表紙のかわいさに心奪われて電子化されたら買おう!と決めていたこちらの作品。
表紙のイメージを裏切ることなく、かわいかった~!

転校前の高校では周囲からガチオタ認定で友達は一人しかいなかった昭久。転校をきっかけにイメチェンをして、転校&リア充デビューへ。
そんなある日、事故のため留年してしまった三年生の有と出会って漫画を通じて仲良くなっていきます。
攻めの有は昭久が、「妹の漫画に出てくる美形の不良が有に似てて主人公の女の子にいつもいじわるするんだけどたまーに見せる優しさが男の俺でもドキドキして‥」と語っているように余計なことは喋らないけど、実は優しいといった感じの子。

受けが天然かつ無自覚という最強スペックなので、もしかして俺のこと好きなのか?こいつ…と有が勘違いしてしまうような言葉をぽろりぽろりと撒き散らしています。
そして自分のことを好きなんだと勘違いした有にキスをされちゃうんだけど、昭久はなんでキスされるのか判らない。もしかして帰国子女なのかな?とかリア充特有の文化なのか…?とずれた思い違いをしてて、そこも可愛くて笑える。

イメチェン前の昭久は確かにガチオタだったけど、決して嫌なやつでも引っ込み思案でもなく普通にいい子。一生懸命にオタクの話題は出さないようにしているけど、ポロポロっと出ちゃう。はっ!と思うも隠しきれない感じも可愛い。
そして前の学校にいた唯一の友達、たけやんとスカイプでオタク談義に花を咲かしている様子が実にのびのびとしていたので、ありのままの昭久を有が受け入れてくれた展開のおかげで読後感も良かったです。

1

受けを愛でたくなります

この作品の魅力は、なんといっても『受けが可愛い』その一言に尽きるかと(´∀`*)

高校デビューならぬ転校デビューをした昭久が、事故で一年ダブり周囲から遠巻きに見られてる有と仲良くなります。
昭久が、クールな有を「格好良い」と連呼するので、自分に気があると有は勘違いしていくんですが、そりゃ勘違いするわ…といった昭久の天然煽りっぷり(^^;;
有のセクシャリティがノンケなのか、はたまたゲイなのか分からなかったんですが、そんなの関係無しに昭久に惹かれていっちゃったんでしょうね。
昭久、おそろしい子…(笑)

可愛いのはカバー下もなんですが、「俺」と言いたい昭久だけど、気を抜くと「僕」と言ってしまうみたい。
「ぼ…俺が…」とかしょっちゅうなので、クラスメイトも気付くが指摘したり揶揄うでもなく、優しい気持ちで昭久を愛でてる、という内容。
昭久は誤魔化せてると思ってるところが、またなんとも可愛いです!

昭久の可愛さばかり語りましたが、有もクールで男前なキャラでとても良かった。
有のチャラい親友・邦彦と、邦彦に一途な日下のスピンオフも期待したいです^ ^

1

受けも可愛いし、クールな元ヤン攻めも可愛いv

【「友達」なのに壁ドン→キス→それ以上!?】

なんだよ、この萌え要素しか読み取れない帯…。
めっちゃ好きなやつだよ…(あざっす!!!)

とホイホイされたのですが、大満足でした♪
お付き合い前のイチャイチャやら、誤解からの暴走やらにキュンキュン(^//^)
クールな元ヤン×天然誘い受け(隠れオタク)のやり取りにニヤニヤでした。


で…!
皆さん書かれていますが、受けは確かに可愛いとしか言えない(﹡´◡`﹡ )
オタクを隠して転校生デビューを図るものの、隠しきれないオタク感w
ハッとなってオタクを誤魔化そうとしても誤魔化しきれてなくて、
「頭隠して尻隠さず」みたいなワンコ状態で可愛い〜!!
(カバー下でクラスメイトから暖かい目で見守られてる図が最高でしたw)

天然アホっ子受けは萌えによく効く( ✧Д✧) カッ!!

攻めはクールな元ヤン。無表情多め。
喧嘩が強く、物事に動じないタイプに見えるのですが、
「クールが天然に振り回されるの図」が萌えました(∩´///`∩)

ちょっと不憫なんですけどね。
受けからカッコいいカッコいい言われて、好かれてると誤解するのが可愛いのですよ♪
天然に煽られて暴走した時が、"もー堪らん"って表情になってる攻めが好きですv

そんなこんなで誤解したままスキンシップが徐々に激しいものへ…。
攻めは「好きだ、好きだ、好きだ」って想いが溢れてるのに、
受けは「え?え?友達なのになんで???」と思いながら流されてて。
翌朝、攻めが謝るシーンが切なくて遣る瀬無い気分になりました。

どっちが悪いとかではないので、うううーん、気持ちのやり場がない。
誤解した方も、された方も、ちょっとずつ言葉が足りない部分が青春の青臭さでもあるのかな?

それらを乗り越えたあとのオタクバレには笑っちゃいましたw
いきなりコミケに放り込まれても飄々としてる攻めがカッコいいじゃないか…!
オタク友達のたけやんは出番が少ないのに読後に残る存在感…!
面白かったですヾ(*´∀`*)ノ

3

可愛い以外の語彙を奪う作品

文川先生の作品は全て揃えてます!
今回のもいわゆる作家買いですね
文川先生の作品の特徴としては、受けが可愛いところと話の安定感かな〜と思います
そして今回は、その受けの可愛さという点で、文川先生の作品の中では最上位に位置するのではないかと思います

もうね、受けの昭久が可愛いのなんの。純粋に素直でいい子なので、帯に誘い受けとありましたが、あざとさ?狙ってやってる感?皆無でひたすら頬が緩んでしまう、そんな印象を持ちました
表紙も可愛らしいですよね!白、ピンク、黄色(金髪?)とパステルカラーで統一感があるし、昭久の瞳の中に描かれた星なんかもファンシーな雰囲気づくりに一役買ってて。
カバー下のお話もとってもほっこりしました
とにかく読後は「可愛い」しか言えなくなるのは間違いないです、まさに「可愛い」以外の語彙を奪う作品。
文川先生の作品を初めて読む方も、既に過去の作品を読んだ方にもオススメです
エッチシーンは少なめですが、読んだ後の、言葉ではうまく言い表せないあの充足感を是非味わって欲しいです(❁´ω`❁)

3

受けが可愛過ぎる!!!!

とにかく受けが素直で可愛い!!
受けは元々オタクなので、転校先でのリア充な高校生活や男前な攻めにいちいち感動していて、リアクションがとっても可愛いです!
そんな受けの無自覚な可愛さにやられてしまい、翻弄されている攻めはご愁傷様というくらい。
クールで男前な攻めがムラムラを必死に耐えている様子が最高でした!ギャグ顏も笑えます。
ところどころ繋がりが悪いところもあったように思いますが、とにかく受けが可愛いので気になりません。
1冊丸々表題作を楽しめました!
カバー下でも友人に可愛がられている受けの様子が微笑ましかったです。

2

感動ものの魔性っぷり‼

誤解によるズレが、とても上手く生かされた作品でした。
いやもう、振り回されてる攻めが気の毒やら笑えるやら。

元ガチオタで、転校を機にイメチェンをしてリア充デビューを目指す昭久が、ひょんな事からクールな同級生(一つ上)・有と仲良くなります。そんなある日、昭久は有からいきなりキスされてー・・という内容です。

昭久が、無自覚の天然魔性受けです。いやもう、次から次へと有を煽る言動の数々。これを計算せずにやってるのに感動ものです。
そんな昭久の態度に、自分の事を好きだと勘違いした有がキスしたりと手を出しちゃうのですね。
しかし、ガチオタだった為リア充の友達付き合いが分からない昭久は、これが普通の友達付き合いだと少々疑問に思いつつも受け入れてしまうという。ちょっと鈍すぎるでしょー!と思いつつも、その天然っぷりに嫌味が無いので納得してしまう・・・。

この後、誤解が解けた二人にすれ違いが当然起きますが、どう乗り越えるかは読んでのお楽しみにして下さい。昭久に振り回され続けて、前半はちょっと気の毒というかしょっぱい感じの有ですが、ここでは男前だな~と。

個人的に天然な受けが、素でやってしまった事で攻めを煽ってしまうというのがツボなので、とても楽しく読めました。それにしても、昭久の魔性っぷりには、クラクラきました。ここでその言動!?て感じですかね。これからも有を翻弄し続けてもらいたいです。

3

か、かわいい…

昭久くんのもつ天然の素直さ可愛らしさ爆発で有くんが魅せられていくのですが…凄いよ!アッキーの無自覚の天使ぶりが!!!
文川さんの描く受けちゃんの可愛らしさ素晴らしさは何なんでしょうね。誤魔化し、照れや嘘なんかのフィルターなしの褒め殺し。誰でも絆されるわ…
今回も受けのアッキーの人たらしぶりが良い。
アッキーの無自覚チャーム当てられまくる有くんも留年で年上、バーでバイト、高身長etc格好良さがかなりズルい域。
読了後のカバー下の書き下ろしにかなり萌えました。「ぼれ」 笑。か、かわいい…
ほんわかで面白いし胸がキュンとしてとても明るい気持ちになれる良い一冊でした。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ