かわい有美子さんのレビュー一覧

天使のささやき 小説

かわい有美子  蓮川愛 

最高に萌えて興奮するシリーズ…!

シリーズ一作目のこちら。
「甘い水」から入り、やっとやっと読めた…!

「甘い水」の遠藤ががっつり物申すシーンがあって、嬉しくて震えました。神宮寺も、名前だけ遠藤の口から出ていて感激。

そしてこちらの作品のカプはSP!文句なしに格好よかった。
攻めの峯神が恋愛面で抱える昏い過去、しっかりしていて強い大人の男が抱える弱さにグッときすぎて、あああ…と身悶えしそうだった。。

そんな峯…

0

金のフォークに銀の匙 小説

かわい有美子  麻生海 

天然おバカな可愛すぎる受け君に、萌えて笑えるキュートな物語❤︎

や〜、もうかわい有美子先生の持つ、幅の広さがすごい。

もう、勉強という意味ではちょっとおつむが弱いけど、人間性キラッキラの受け君に萌えて仕方ないお話でした。

大手監査法人に勤める、完璧主義者で性格に難ありの公認会計士、不破(攻)。
ある日社用車で不慮の事故を起こしてしまい、被害者の青年・三谷(受)に金一封を渡そうとするも受け取ってもらえず、ふわふわした会話の後、流れでお詫びに不破の自…

0

鮮烈に闇を裂け 小説

かわい有美子  緒田涼歌 

ムッツリ不器用攻め、最高

前作で個人的に気になってた、飯田がメインの話、来たーーーーー!!!
ムッツリで不器用だけど一途、そして優しく愛情深い攻め様。

受けの高梁は(SAT隊員としては)体格的に小柄で、おとなしめの不憫キャラ。
ちょっと好みが分かれるカプかなという気はしました。

飯田のキャラ、すごく好きなんですけど、カプでいえばやっぱり前作の犬伏×はしの(”の”の漢字変換が出ないのでひらがなで、、)がダント…

0

饒舌に夜を騙れ 小説

かわい有美子  緒田涼歌 

アサルトスーツの男達、最高だよー…!

かわい有美子先生の新刊を読んでから先生の作品にどハマりしてしまい、この週末読み漁ってます。

やっぱりこの警察もの、SATシリーズもSITシリーズも最高に面白いし萌えるし刺さる…!
先生のファンタジーものもこの前に一冊読んだんですが、自分にはやっぱり断然こっちが刺さります。

アサルトスーツで、文字通り命をかけて制圧に挑む姿が最っ高に格好いいし、そんな超絶格好よくて男前な橋埜が、犬伏に掻…

0

銀の雫の降る都 小説

かわい有美子  葛西リカコ 

静けさと儚さ漂うファンタジー

この週末、かわい有美子先生の作品世界にどっぷりハマってしまい、読み耽っています。

先生のファンタジーを読むのは、こちらで2作目。

かわい先生の真骨頂はやっぱり現代もの(特にSITシリーズ、SATシリーズ…!)だと個人的に思うけれど、こちらのファンタジーも静かで美しさと儚さ満ちた物語でした。

子供の攻め様を何の気なしに引き取った、寿命わずかな片眼鏡の銀髪辺境伯カレル(受)。電子版で…

0

いとし、いとしという心(2) 小説

かわい有美子  南田チュン 

衝撃的なほどの余韻

いや、本当に神作。「神」評価って、こういう作品のためにあるんよね、と思うほど、恐ろしく余韻の残る片恋物語の完結編でした。

こんなにも切ない攻めの一途片想い、なかなかないよー……
特に序盤の、二人の高校生編。
もう美しすぎて素晴らしすぎて、息つく暇がなかった。。

いつかきっと兄ではなく自分を見てくれるんじゃないか、と淡く甘い期待を込めて手を出し続けるも、笑顔が失われ体も痩せていき、離…

1

いとし、いとしという心 小説

かわい有美子  南田チュン 

攻めの片想いが最高に切なくてグッときた。。

新刊を読んでから、どっぷりかわい有美子先生の世界観に浸りたくなり、こちらも購入して読んでみました。

もう、もう、”受け君をひたすら追いかける攻め(=執着)”大好きな自分の癖に突き刺さるお話だった…

亡くなった兄に長年片想いしているユキ。そのユキにずっと恋焦がれ、強引な手段で体から奪った千秋。二人それぞれの想いが最高に切なくて、胸が締め付けられた…

全編、京言葉で語られる二人の会話…

1

墨と雪 2 下 小説

かわい有美子  円陣闇丸 

安心感に包まれて、ずっとずっと幸せに…

はあ……もう、レイディをここぞとばかりに甘やかし可愛がる幸せそうな篠口の姿に、やっとやっと救われた…!

あの壮絶で辛すぎる体験をずっとずっと忘れることはできず抱えていきながらも、黒澤の目の届くところで安心感に包まれながら、ずっとずーっと幸せに暮らしてほしい、と、ただそれを願うばかりです( ; ; )

「甘い水」が大好きだったしこれからも大好きなんですが、この「墨と雪」シリーズが読めて…

2

墨と雪 2 上 小説

かわい有美子  円陣闇丸 

1巻に続き、泣いた。。

もう、1巻を読んでから続きを読みたお気持ちが抑えられず、こちらの2巻も朝3時から読みました(途中で寝落ちしたけど…)。

篠口の経験したことが辛すぎて、感情移入してしまってどうにもこの気持ちの持って行き場がない…この週末はこんな気分でずっと過ごすことになりそうです;

あまりにも傷ついた篠口が、本編終盤、黒澤を誘うことで自分を傷つけよう・怖そうとする姿が痛々しくて;
そして性犯罪被害者が…

0

墨と雪 小説

かわい有美子  円陣闇丸 

泣きながら読んだ。。

かわい先生の新刊『喧騒を抱いて眠れ』がもう神としか言えないほど良くて、既刊のこちら、そういえば読んでなかったな…と思い、購入。

結果、読み出したら止まらなくなり深夜2時半…。
まさか、まさか!『甘い水』で神宮寺の恋敵役だった篠口が、こんな目に遭うなんて( ; ; )

彼が受ける暴行に涙が止まらず、泣きながら読みました。自分の体が痛めつけられたかのように、痛くて辛くてどうしようもない…

3
PAGE TOP