蓮川愛さんのレビュー一覧

恋の沙汰も金次第? 2 小説

真船るのあ  蓮川愛 

両想いになったその後の2人

両想いになった途端愛情表現がダダ漏れになる攻がいい感じでした。
服をプレゼントして「男が着るものを贈るのは脱がす為」とお決まりの台詞を言ってたり、攻大好きな受が驚くほど毎日営みに励んだり。
そんな2人の仲に気付いて利用しようとする詐欺師姉弟。
この詐欺師の弟の方が姉に命じられて受に近づくのですが、受の人の良さにほだされて最終的には騙しきれなくなるのが良かったです。

受は攻の役に立ちたい…

0

共鳴発情 オメガバース 小説

岩本薫  蓮川愛 

まだまだ二人の物語の序章。これからに期待!

岩本さんの初オメガバースと聞いて、ん?
「発情」シリーズは?……って。
でも、よくよく考えれば確かに「発情」シリーズは
オメガバースじゃないんですよね!
あれは狼!
つまりオメガバースの元となった、狼の習性!

ということで、納得しつつ読破。

正直な感想は、ちょっと物足りない…(指咥え)
設定もキャラクターもいいんですが、
これから感がひしひし!
メインの事件も結構あっさ…

1

パティシエ誘惑レシピ 小説

藍生有  蓮川愛 

傲慢かに思えた攻めの心中は


2編編成になっており、全体の2/3を占める表題作は受け視点、後半の「ショコラティエの不埒な誘惑レシピ」は攻め視点になっています。

表題作(受け視点)
父親の急逝でフランスから急遽帰国し、父親の跡を継いでオーナーパティシエになった稲場英一(受け)が酔った勢いで寝てしまった(記憶なし)ライバル店のショコラティエ・高科(攻め)からの強引なアプローチに陥落する話。

「ショコラティエの不埒…

1

君主サマに完全降伏 コミコミ特典SS小冊子 小冊子

真崎ひかる  蓮川愛 

訓練≒教官のストレス発散

本品は 『君主サマに完全降伏』のコミコミ限定特典小冊子です。

斗貴と名塚、鷹野の3人が訓練である物を探すお話です。

琉央は青麟の「側仕え」で守護獣の「世話係」となりますが

本日の訓練はグループにてそれぞれがくじ引きで引き当てた
ブツを探すというもので、斗貴は名塚、鷹野のグループで
「盗聴器の捜索」を引き当てます。

山に向かって放たれた金色に塗られたアーチェリーの矢や、

0

君主サマに完全降伏 小説

真崎ひかる  蓮川愛 

地図にも載らない島を襲う緊急事態とは

本シリーズはSD養成所の俺様な鬼教官と
強気な訓練生で赤チームのリーダーのお話です。

1期目を終えた養成所に巻き起こる不可思議な事件と
本編の裏事情解説を絡めた後日談を収録。

受様は高校卒業後、特殊ボディガードを要請する国家組織である
SD養成所に入所します。SDはSP以上過酷な任務につくため心身
ともに高い能力が求められ、2年間で複数の言語や武術を文字通り
身体にを叩き込…

0

豪華客船で恋は始まる(6) 小説

水上ルイ  蓮川愛 

スパダリ好きにはたまらない作品

第1巻は受け様の湊があまりにツン過ぎ、うるさすぎで「好きになれないかも…。ほぼ全巻揃えちゃったのにどうしよう」と心配しましたが巻を重ねるごとに湊はツン1デレ9くらいに豹変してくれたので助かりました。
水戸黄門のような勧善懲悪読み切りなのでワンパターンと言えばワンパターンですが少しのドキドキで安心して読めます。
メインCP のエンツォと湊はもちろんですが脇キャラ達がこれまた魅力的で!どのCP も…

1

君主サマに完全降伏 小説

真崎ひかる  蓮川愛 

訓練2年目冒頭

ルチルさんに引っ越した君主サマシリーズの4作目で、プリズム文庫さんで出した内容を改稿したとのことです。(旧作未読のため比較できず)「難攻不落な君主サマ」→「君主サマと真剣勝負」→当作という3冊が、藤村・橘カプのお話で、「天下無敵の天子サマ」が名塚・石原カプ。前作できゃんきゃん言ってるなあと思った受けが相変わらずでしたが、謎な人物が出てきて気になるので萌にしました。本編220P弱+書下ろしの二人のい…

0

キスと小鳥 小説

間之あまの  蓮川愛 

忘れても何度でも恋をする

可愛らしいお話という印象です。

悪人も大きな事件もない日常の中で
攻めが想いを自覚するまでの受けの切ない恋心を描いていきます。

記憶喪失もののカテゴリーといってもいいのでしょうか。
脳の病の治療後数か月間の記憶を失った家具メーカー社長鷹司。
その期間に知り合い恋をした相手は忘れられ…というお話です

忘れられても好き
覚えていなくても何故か惹かれる想い

忘れてしまって…

0

ロッセリーニ家の息子 継承者 (下) 小説

岩本薫  蓮川愛 

色んなどんでん返しがあり、すべてにおいてハラハラさせられる!

岩本先生の作品はCDを聴いたのがきっかけで、興味があり読み始めましたが、恋シリーズにすっかりはまってしまいました。随分と前に書かれた作品でしたが、年月を感じず、楽しませて頂いています。とりあえず恋シリーズの順番が解らないので、支配者、誘惑者、熱愛者から始まり、ロッセリーニ家に入りました。3日3晩かけて読み終えましたが、BL小説にしてはかなり凝った内容だと思いました。イタリア地方の事や、ワインの事、…

0

紅の命運 Prince of Silva 小説

岩本薫  蓮川愛 

どちらかと言えばツンな鏑木が、ようやくデレる最終巻!v

最終巻を読み終えて思うことは、気持ちよく終われたなと!

一巻目の萌の詰まった始まりから、
正直言えば中弛みの感は否めなかったのですが、
この最終巻を読めて良かったなと!

前の『紫』のレビューにも書きましたが、
私的にはずっと蓮の片思いに読めて仕方なかったこのシリーズ。
ようやく鏑木と対等な恋人同士になれて、
そうそう、こういう感じ!と独りほくそ笑んでおりましたv

ガブリ…

0
PAGE TOP