みずかねりょうさんのレビュー一覧

さよなら恋にならない日 小説

渡海奈穂  みずかねりょう 

受けも攻めもずっと他の人のことを考えてる

一流企業に勤め、順風満帆な人生を送ってきた雪谷は、いつもどこか満たされない気持ちを抱えている。それは、完璧を絵に描いたような幼馴染の湯原と、なにかにつけて比べられてきたせい。自分はいつも、「誰からも選ばれない」という感覚を持ったまま生きてきた。
そんな雪谷に声を掛けてきたのが、行きつけのカフェの店員の慎。雪谷の愛読する小説の作者の甥だという彼は、行方不明になっている叔父を探していると言う。
あ…

0

お兄ちゃんはお嫁さま! 小説

夕映月子  みずかねりょう 

金持ち喧嘩せず

ド田舎にセレブが移住体験にやってきて、お世話係に任命された15歳年下の10代の男の子と結ばれて結婚さながら本当に永住しちゃうまでのお話です。

セリフの掛け合い多め、モノローグは田舎解説情報の比重高めですが、さらさらーっと流れるように読めます。大きな起伏はないです。恋愛的な意味でも。
「まあ、くっつくんだろうな」からの「ああ、くっついた」って感じです。

ただ、なだらかだっていいじゃない…

0

王と剣 ーマリアヴェールの刺客ー 小説

妃川螢  みずかねりょう 

騎士ものと思ってるとガッカリする

王を暗殺するという密命を受け、暗躍する騎士…と言うとカッコいいのですが、あらすじのような活躍はどこにもなかったです。
受けがやってたことと言えば、忍び込んだバラ園で攻めと剣の手合わせ、酒を酌み交わし、猫と戯れる。
もうちょっと、相手を疑ってもいいと思うの…読者にはバレバレなんだし。
いよいよ明日決行、という前夜に、思い出づくりに抱かれる流れは切なくて、緊張感あってよかったんです。
それだけ…

0

神さま、どうかロマンスを 小説

彩東あやね  みずかねりょう 

初めて出会うタイプの受け様でした。

 投稿サイト「エブリスタ」さんでのディアプラス大賞受賞作品とのことで、どんなお話かな、と楽しみにしていましたが、楽しく拝読させてもらいました。


 まず受け様の緒方が想定外で楽しくてかわいかった。
お酒に弱く酒癖が悪いと自覚十分の緒方。
なのに、プランナーとしてワインプロジェクトに携わることになってしまい、どうせなら初めて同じチームとなり、密かにいいな、と思っていた後輩プランナーの仁科…

1

バースデー ご購入特典書き下ろしペーパー グッズ

これがあっての完成

本編でも何となく三希は透の一部になったと思っていたのですが、このペーパーを読む事によって核心に変わります。

三希は消えて無くなったわけではなく、透の個性の一部として残ってました。透が不自然に感じるわけでも無く無意識のうちの行動としてです。

透の中に三希を感じて、思わず涙した津田さんの愛情に感動しました。三希は愛されてましたね。

そしてそんな透を暖かく見守ってる滝本は良い男になりま…

0

バースデー 小説

安西リカ  みずかねりょう 

すごい作品

この本を読む前に、攻めが解離性同一性障害のお話を読んだばかりだったんです。

そちらの方は私には腑に落ちない感じで終わってました。だからどのような結末になるかとても不安でした。
ですがこちらの「バースデー」は圧巻でした。安西リカ先生すごいです。

再会するべくして会った滝本と透ですが、持って行き方が秀逸でした。果たして三希は透の為を思って滝本に合わせたのか?それとも滝本の為を思って透に見…

0

神さま、どうかロマンスを 小説

彩東あやね  みずかねりょう 

手練れを感じさせる処女作

私、『エブリスタBL合戦』で出版されたお話は随分好き嫌いが分かれるものが多かったんです。
「やっぱり、賞を狙った作品ってインパクトが大きいという所があるからなのかなぁ」と思ったりもしたのですが。
このお話はあまりそういう匂いがしません。
確かに受けさんの『酒乱』はとんでもなくて衝撃的なのですけれども(そして、かなり笑えるのですけれども)お話自体はそれだけで引っ張って行くわけじゃないのですよ。…

2

ダーリン、アイラブユー 小説

栗城偲  みずかねりょう 

日本大好きワンコ系外国人×控え目ヤマトナデシコ受け

栗城先生の作品は初めてでしたが面白かったです!
書道家のゲイ、暁のところにホームステイにきた、明るい親日家の外国人、ハルさんの温かく甘いお話。
この暁くん、美形の男にこっぴどく振られることが多いらしく、恋愛には消極的になってしまっています。そんな暁を理解してくれているのは、大学の先生、來徳。二人は時々会って、割り切った大人の関係を続けています。

そんなある日、暁の前に現れた美形の外国人ハ…

1

お兄ちゃんはお嫁さま! 小説

夕映月子  みずかねりょう 

受けがとても良かった

秘境のような田舎を舞台に、東京からやってきた燃え尽き男(攻め)と、彼をお世話する事になった大家族の世話焼き長男(受け)の田舎暮らしが綴られています。

この「田舎」っぷりがすごいんです。
読んでて何度かカルチャーショックを受けたくらい。
(特に猪肉のくだり、本当?)

私には「田舎の思い出」というのがないので、メディアから与えられた「田舎暮らし」というイメージしか持っていません。
一…

3

いじめっこの恋愛戦略 小説

神香うらら  みずかねりょう 

俺様の皮をかぶったヘタレ

幼なじみ(いじめっこ×いじめられっこ)の再会ものです。

好きなのに素直になれずについ意地悪をしていた10代の自分を後悔し、立派な大人になり純の前に現れ告白したウォーレン。
ところが純は優しかった兄の方だと勘違いし……

勘違いの身代わり系なのかと思いきや、結構あっさりバレます。
告白してきた男が初恋の人・スペンサーではなく、あのイジメっ子のウォーレンだったと知る受け。

いじめと…

1
PAGE TOP