>
新着レビュー

高階佑さんのレビュー一覧

媒体
ラムレーズン 18/12/01/ 16:38

※このレビューはネタバレ有です

主人公がビミョーすぎる。

少し辛めの評価かもしれません。
辛めの理由→ズバリ攻めの公平も受けの要にも、なんの魅力も感じなかった。
公平の押し付けがましい優しさ、自分から不幸を選んでる受けの要はまさに「お涙頂戴」の構ってちゃんにしか思えなかった。
この作品を際立たせたのは、要のDV彼氏の加瀬。加瀬の存在がなければ間違いなくしゅみじゃない評価でした。DVはダメ、どんな過去があったとしても人を殴ったり蹴ったりするのは間違っ…

  • 0
ふばばエキスパートレビューアー2018 18/09/06/ 00:29

※このレビューはネタバレ有です

ダグxルイス編

「DEADLOCK」シリーズの中からの、ダグとルイスの出会い編。
私はソフトカバー版未読のため、彼らの馴れ初めを初めて読みました。
なるほど、こんな始まりだったのね…
潜在ゲイを疑うダグの実験台?になったルイスは、翌朝酔って覚えてない、申し訳なかった、忘れてくれ、と言われる。これは傷つくよなぁ。
と思う間もなく、トラブルのあった相手が殺される事件が起き、ルイスは殺人の容疑者、ダグは事件を調…

  • 2
カラフルアドバンスドレビューアー 18/08/28/ 00:01

※このレビューはネタバレ有です

極上のフルコース料理を食べた後の様な読後感

コミック版の方は既読です。こういった情報量の多いタイプのジャンルは、漫画で読むより、原作小説を読んだ方が頭に定着しやすいなーと思いながら、数年経ち今回小説を手にしました。

既に高い評判は知った上での読書だったので、驚きというよりは評判通りの作品だと納得しました。ウンチクあり、社会問題提起あり、スリルや臨場感あり、友情や裏切りのドラマあり、BL萌えあり。何冊かに分けていいよう…

  • 3
びーざー 18/08/27/ 23:11
DEADLOCKを食わず嫌いするのは勿体無い!

麗しい金髪碧眼の寡黙なイケメンディック×こちらも麗しいイケメンただし黒髪黒目が魅力的な気の強いユウト

運命で結ばれた二人の始まりの物語です。
読み応え抜群。務所モノBL界のトップに君臨する作品だと言えるでしょう。
まるで洋画を観ているかのような世界観とスリル、考えつくされたシナリオは最高としか言いようがありません。
登場人物もまるで洋画から飛び出してきたかのような魅力溢れるイケメン揃い…

  • 1
marilynエキスパートレビューアー2018 18/08/08/ 23:59

※このレビューはネタバレ有です

出会いの物語

ダグとルイスの出会いの物語です。
ソフトカバー版は未読だったので、文庫化とっても嬉しいです!
あらすじにあるように、ディックとユウトも出てきます!
シリーズものとして、個々のキャラクターの骨格がしっかりしてるので本当に楽しめます。

ダグが元カノに性的嗜好について指摘された際の比喩として「本当は猫が好きなのに、そのことには気づかず犬しかいないペットショップをうろうろしては、理想のペットが…

  • 3
あーちゃん2016エキスパートレビューアー2018 18/08/05/ 15:50

※このレビューはネタバレ有です

ソフトカバー版+書き下ろし短編

ソフトカバーを持っていますが(家のどこかにはあるはず)書下ろしが読みたくて購入。本編の方は確か先生が変えていないと呟いておられましたので、短編の方についてのみ評価、レビューをします。ちなみに本編と短編の間に1枚、高階先生がダグ&ルイスを(多分)新しく描いてくださってますが、これ以外に挿絵がないのがやはり残念・・・

短編は、本編後、同居を始めて半年後です。ルイスがようやく執筆が終わった・・・と…

  • 3
ふばばエキスパートレビューアー2018 18/08/04/ 18:31

※このレビューはネタバレ有です

パートナー論

「DEADLOCK season2」の2作目は、ロブとヨシュアの物語。
前作のディックxユウトのド派手アクション系とは違って、特に何か事件が起きるわけではありません。
好きで好きで結婚して、年上で攻めのロブはいつだってヨシュアの事を思い、ヨシュアを守ってあげる的なスタンスを取っていた。
ルックスの良さから俳優としてスカウトされ、初の映画撮影に取り組んでいるヨシュアとのすれ違い。
人見知りな…

  • 0
雀影PREMIUM レビューアー 18/07/31/ 17:51
明日も絶対に生きよう

毎年恒例の既刊本を対象としたフェア小冊子。
このタイプ「B」は、英田サキ「DEADLOCK」番外編、神奈木智「守護者がめざめる逢魔が時」番外編、沙野風結子「人喰い鬼は色に狂う」番外編の詰め合わせ。
「人喰い鬼~」以外は、長くシリーズの続いている作品なので、このバースデイ小冊子ではほぼレギュラーメンバー。
特に「DEADLOCK」の番外編は、近刊の冒頭に出てきた、ディックとユウトのジーンズの洗…

  • 0
ぴれーねエキスパートレビューアー2018 18/07/30/ 13:06

※このレビューはネタバレ有です

お前ら二人が可愛いよ!!

こちら、DEAD LOCKシリーズ外伝で、2012年に発行されたソフトカバーの文庫化になります。
私はソフトカバー版も持ってますが、文庫化での書き下ろし読みたさに購入しました。
ソフトカバー版をそのまま文庫にした装丁が、とってもオシャレです。
あと、本編に加筆修正は無さそうです。

で、この書き下ろし、27Pと思っていたよりボリュームがある上に、とにかくめちゃくちゃ甘ーーーーーい!!

  • 5
ひひかかるる 18/07/18/ 17:08

※このレビューはネタバレ有です

レビューというよりただの感想

タイトル通りになるのでご注意!

作品はロブ嫌い(振り回されるので、好きの裏返しです。笑)、ヨシュア大好き民の私には最高でした。英田先生、高階先生、本当にありがとうございます!

1つ言いたいことが。
サイン会の挿絵に物申したいのは私だけじゃないはずだ!
挿絵って透けるじゃないですか。文を読みながらヨシュアとロブの挿絵かと思ってワクワクしていた私は、ページを捲って「誰だお前は!?」って…

  • 2