しあわせにできる 9

しあわせにできる 9
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
3
得点
32
評価数
10件
平均
3.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784576060507

あらすじ

久遠寺がかけがえのない存在だとやっと伝えることができた本田。しかし多忙を極める二人に、なかなかゆったりとした甘い時間は訪れない。ゴールデンウィークでさえ3課のメンバーに振り回されるハメに。そのとき訪れた料理屋『蘭月』の主人が、初対面の本田に対して奇妙な様子を見せたことで、またしても久遠寺の警戒心を呼び起こしてしまうのだが…。一方、3課には待望の新人現る! ところがその新人はとんでもない問題児で…。しあわせラブライフ編、第一巻。書き下ろしは落合家with各務のメルヘンゴージャス旅行に巻き込まれた本田さんの不幸編。

表題作しあわせにできる 9

久遠寺皇(日芳プロジェクト課)
本田雪彦(日芳・建材部)

その他の収録作品

  • しあわせにできる17
  • しあわせにできる18
  • しあわせ黄金週間
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

本田のデレは可愛すぎる件について。

↑ものすごく誰かと語りたい。笑

落ち着くとこ落ち着いた二人。
なので、出だしが甘いです。
久遠寺の誕生日がもうとっくに過ぎていたことを知り、それでも祝ってあげようと考える本田のいじらしさ。
二人で過ごしたいと思いつつ、でも口にできない意地っ張りさ。
結局二人きりで過ごせず、口には出せなくても顔に出してしまう素直さ。
それを全て確信犯でからかい、意地悪をする久遠寺のいたずらっ子さ。

始終ニマニマしながら読んでしまいましたww

新たな章がスタートし、本田を悩ませる人物の登場です。
念願の新入社員……ところがその子は問題児。
協調性ゼロ、やる気ゼロ。
お仕事で手一杯の本田は口は出すまい思っていたが、見るに耐えないその新入社員の行動にとうとうキレた。

そしてもう一人。
本田を意味ありげに凝視する、お店の主人。
こっちは本田が悩むというよりも、久遠寺が気にしているようで。

さてさてこれから先、どう絡んでくるのか楽しみです。
あ、久遠寺宛にかかってきた電話の主、藪内は久遠寺とどう関係があるのかも気になるところです。

0

新章

第二部スタートです。今回は新キャラ二人登場でまた本田さんは仕事もプライベートも問題を抱える羽目に。

というかこの東郷が腹正しいな。今時ゆとり世代でもこんな子いないだろというくらい仕事舐めてます。

さっさとクビにすればいいのに、本田さんの気苦労増やさないでほしいですよ。

でも今回は可愛い本田さんが目白押しでした。二人きりでいたいと思ってるのに素直になれなかったり、久遠寺の誕生日がいつの間にか過ぎてたことに焦ったり、今までとは違う面での可愛らしさが出てましたね。

書き下ろしは三課メンバーとのゴールデンウィーク旅行の詳細編。久遠寺と落合さんの金持ちコンビの一般人とずれた会話や落合家に馴染んでる各務などが可笑しかったです。

1

くはっw

久遠寺が甘えた
ってのは、まずあれなのですが、今回読んだ感想としましては
本田もそうとう甘えっ子だと思うわけで
この叫び出したい衝動をどうしたらいいか迷ってしまっているわけで
本田・・・かわいいよぉっぉおおおおお(*´Д`*)ポポンッ

今回はですね、久遠寺の誕生日が知らない間にすぎていたことを本田が知る。
祝えなかったことを後悔・・・それから~なお話なのであります。
何かしら祝ってやりたい、何かしてやりたい
そんでもってGWは二人でラブラブしたい。
そう思っていたのに、予想どぉりうまくいかなくてなドタバタラブコメ展開であります。
あの課の人たちは期待を裏切らないよなwww

なのだけれど、それゆえに葛藤する本田、翻弄される本田。
可愛い本田が目白押しでした。
久遠寺と二人で旅行に行きたいと必死で仕事を片付けて休みを取り付けたり
そわそわそわそわしたり。
期待に胸を膨らませたり。
二人っきりになれなくてちょっぴり機嫌が悪かったり。
今日を我慢すれば明日には二人で
よもやこんな本田を見られる日がくるなんて思ってんかっただけに
テンションがあが続きる1冊でした。
ラブがあればエッチもあるわけで、本田好きな久遠寺の甘さもオイシイ一冊でした。
満足満腹しゅらしゅしゅしゅ~♪

3

もこ

snowblackさま

このシリーズ面白いですよね(´∀`)
暴漢まがいな関係から始まった二人がよもやこんな感じに
なるとは思ってみませんでした。
よもや本田があんなwwwと思うと感無量。
実はまだ10巻までしか読めていなかったんですが、
思い出したら読みたくてウズウズ。
完結までもう少し、読み返そうと思います。

snowblack

もこさま、

最近になってこのシリーズ、大変面白く一気読みしました。
可愛かったですよねー、この巻の本田。
そして、私はレビューの最後の「しゅらしゅしゅしゅ~♪」があまりにピッタリで
思わず大笑いしてしまったのでした。
ええ、ほんとに、しゅらしゅしゅしゅ~♪

では、失礼致しますm(_ _)m あ、お耳ナイスです。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ