言葉なんていらない

kotobanante iranai

言葉なんていらない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344808959

あらすじ

大学生の風見圭祐は、美人で頭はいいが、少し変わり者の同級生の佐原志束と友人として付き合っていた。
風見としては、不思議な行動を繰り返す志束に関わりたくはなかったが、一人でいるとろくに食事もしない志束をほうっておけず、行動を共にすることになったのだ。
しかし、樹木医を目指す志束の柔らかな雰囲気や時折見せるかわいらしさに友情とは違う感情が芽生えてしまう。
ある時、風見は志束に告白をするが、事態は思いもかけない方向に…。

表題作言葉なんていらない

風見圭祐 面倒見の良い大学生
佐原志束 天然でぽやんとした樹木医を目指す大学生

同時収録作品言葉にならない

風見圭祐
佐原志束

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

緑の手。

植物の気持ちがわかる(?)というちょっと変わった能力を持つキャラクターが出て来ますが、まあ雰囲気程度で『ファンタジー・特殊能力もの』というほどじゃないかな。

志束(受)は『特殊能力者』っていうより、確かに不思議な力はあっても天然でほわっとしてる可愛いキャラクターって感じです。

でも、単にふわふわ浮世離れしてるのではなくて、双子の兄にコンプレックスを持ってたり。でもその中身というか方向がまったく陰湿じゃないんですね。そのあたりがまさに天然なのか。アクがない分物足りないキャラクターかもしれませんが、嫌味のない可愛いいい子で私は好き。

そして、風見(攻)のキャラクターがよかったんです。
きたざわさんにしては意外なくらい、年齢よりも大人で落ち着いたキャラクター。きたざわさん作品には逆(大人げない攻)は山ほどいるんですが、私はそれがすごく苦手なんですよね。

志束の『能力』にも関係して事件も起きますが(能力を巡る事件という意味ではない)、周りが騒がしくなってもメインの2人のラブは揺らがないので、そういう意味でもとても安心して読めました。

ただ、メインがまともな分続きなのか、脇キャラクターがまた鬱陶しい。事件も、このストーリーにはちょっとしっくりこない感じはしました。

それでも、トータルでは面白かったし好きなんです。

志束の双子の兄・がメインのスピンオフが『息もできないくらい』です。

0

言葉なんていらないレビュー。

教室にあった資料用の雑誌の中でたまたま目に止まった作品。基本的にBL小説はあまり読まない方なのだけど、笹生コーイチさんの絵柄が好みだったんです。だからパラパラ~と読んでみたら、受が凄く可愛かった。可愛いというか、儚くて綺麗。双子の兄にコンプレックス抱いてるけどアイツは俺と違って凄いって尊敬の感じで変に捻くれてなくて素直に可愛い子です。

美人で頭はいいが、少し変わり者の佐原志束。植物の声が聞こえるとか、植物が見てるからってココでしないでって恥じらうピュアな子。表情をあまり表に出さないトコも萌えます。
攻の風見圭祐は、樹木医を目指す志束のピュアな心と、自分の事にあまり拘らない不摂生な面を見て面倒を見る事を決める。食事に誘ったりとか、ちゃんと食べているか心配しまくり。親しくなって、友情とは違う感情が芽生えてしまうのです。

面倒見がいい攻と、ちょっとぽやんとしている繊細な受の話です。

キャラが良い。とにかくキャラが良い。
ストーリーは受が襲われかけたりクスリを売っていると嫌疑をかけられたり事件モノ?っぽく絡んでいますけどメインはマメで男気のある攻が、天然な受を守って惚れて続き大事にして…という話です。タイトルの意味は口数少ない受の事だと思う。想い合うのに言葉なんていらない。最後まで読んでタイトルの意味にキュンキュンしました。

続編の「息もできないくらい」という作品で双子の片割れ(兄)の方の話もありますが、私的にはコッチの同級生CPの方がキュンとしました。
双子コンプレックスがお互いに強いけど信頼し合っている兄と弟。兄はシッカリ者でツンデレ、弟は天然でぼんやりしている。タイプの違う、可愛い子!

きたざわさんの話は王道らしくハッピーエンドモノが多いのかな?こういうのってあんまり印象に残らないのだけど、双子の可愛さでレビュー書きました。
挿絵目当てで買って読んだ小説は殆ど古本屋に回しちゃうんだけど、この本は手元に置いてたまに読み返しては双子可愛いよーって悶えています。
天然っ子ってイラっとするキャラが多いのだけど、コレは素直に可愛いと思える天然で自己主張のしない大人しい子でした。可愛い、とにかく可愛い。ツボりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ