NON Tea Room

non tea room

NON Tea Room
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
68
評価数
15件
平均
4.5 / 5
神率
60%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832284944

あらすじ

アマチュアバンドのベーシスト・ケンタは、プロデビューを目前にしたアーサーのバンドでギターを弾く連次を紹介された。屈託なく笑う連次でケンタの心はいっぱいになっていくが…。描き下ろしを加えたケンタ×連次シリーズとススム×モドルシリーズのスペシャル二本立て。ギュッと優しく抱きしめたくなるボーイズラブストーリー。
出版社より

表題作NON Tea Room

ケンタ
連次

その他の収録作品

  • Sucker Punch
  • Pull the Plug
  • 別にフツーの男だよ?
  • Wipe it 前編・後編
  • ススムの魂の100まで
  • Wipe it 超番外
  • あとがき/君の名は。
  • There's always light

評価・レビューする

レビュー投稿数4

この作品だけ読んでも分からないかなー

はじめてSHOOWAさんの作品を読みました。
2つのお話しがありました。
最初のNON Tea Roomは二人ともきれいで可愛くて好きです。ただイマイチ感情の起伏が分かりにくくて、萌える感じがありませんでした。
次のWipe itは唐突に物語が始まった感じでした。これ以前の話もあるのですね。唐突な始まり方だったので置いてきぼり感が…
こちらの作品はSHOOWAさんの初期の頃の作品です。
絵が自分好みなので、もっと広げて読んだら評価があがりそうです!

1

うひー、面白い

表題作はすべてがツボでした。
心理描写がしつこくないのが好き。表情の変化や動きなどに、過剰さがないのが好き。(ページめくったら大ゴマ+キメ台詞でバーン!みたいなのが基本的に苦手なもんで)
それなのに、しっかり感情が伝わってくるところが好き。
無表情の裏側で、相手のことを一生懸命思いやってる攻めがどんどん追い詰められていくのが切なくて仕方なかったです。
最初に寝たときは打算もあったのだ。「自分の欲望も満たせるし、相手の傷も癒せる」みたいな完璧な理屈もあった。なのに、いざそうしてみたあと、ハートがその理屈まで拒否してしまうという…。
受けは受けで色んなことを考えていて。
このあたりの微妙な心理やすれ違いの描写、絶妙でした。

めちゃくちゃ萌えて口から胃が飛び出しそうになったのが、二回目のエッチをする前のふたりの会話。
あのシーンは神すぎるでしょ!

『Wipe it』
『Nobody Knows』の続編です。
そうは見えないけど、壊れてる攻めにゾクゾクしました。

1

どちらも、なかなか切なくていい

表題作・バンド男子のお話と、前コミックスの続編が収録されています。
前コミックスは、かなりギャグ味がついていましたが、こちらは全編にわたって切ない系です。

表題作、バンド男子くん達の恋愛は、なかなか切ない。
そして二人とも、かわいくって、どうにも百合くさい。
オレ様嫌いの私としては、こんな百合ップルは大歓迎。
どっちも受けくさい美人ちゃん二人なのに、実際やるとなったら、受けの子の方がより男前に誘い受けちゃったり、
いったんたがが外れると、攻め役になった方の子が色々チャレンジャーになっちゃったり(「別にフツーの~」)
非常に好みです。

そして、ススムとモドルのお話の完結編。
「この世に完璧な人間はいない。」
って、ウルウルの感動シーンで終わっているのですが、それに続けて「完璧な人間はいない」って、、、な、妄想パラダイスなオマケが。

この本、前作とあわせて、再編集版で出してくれないかなぁ。
ススムとモドルのお話は、一繋がりにしてまとめて読んだ方が絶対いいです。

1

キャラクターの書き分け

今回のメイン二人は白×白でちょっと見にくいな~という難を抜いてはすごく面白かったです。
お互い別のバンドを組んでて、でも年も趣味もあって仲良くなるのに時間はかからなかった。
連次は同じバンドの男が好きだ。
ケンタはそれを見ていて知っていた。それでもいい。
変わりでもいいと初めて思った。思えば気持ちは強くなり~な感じな話ですか。
絵的には正直そんなに好みじゃないのですが、ショーワ先生の作品の作品って面白いんですよね。読ませるといいますか。
両想いになってからの二人もよかった。というか、ケンタの妄想が(笑
決してコミカルという表現は似合わない気がするんですが、はじけすぎない感じがまたよいです。
「wipe it」~は、前コミック~の続編。
ススムさん(´;ω;`)ウッ…

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ