兄弟

kyoudai

兄弟
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
9
得点
59
評価数
25件
平均
2.7 / 5
神率
8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784872579031

あらすじ

何もかもが完璧に見えてしまう弟を持つ主人公は、自我を守るために弟に冷たく接し距離を取ろうとする。しかし小さい頃から兄を慕う弟は、逆に二人の関係をなんとか修復しようとしていた。だがついにある日弟は爆発、兄を屈辱的に征服するようになってしまう。兄の就職を機にいったん二人は離れるが、5年後、教師の兄の元へ人気俳優となった弟が突然転がりこんでくる。再び始まるあの恐怖。だが本当に兄が思うように、弟は兄を憎んでいるのか…

表題作兄弟

各務亮司・人気俳優(弟)
各務悠・高校教師(兄)

その他の収録作品

  • あとがき漫画 「いいひと」

評価・レビューする

レビュー投稿数9

実の兄弟モノです

実の兄弟だということにびっくりしました。
背徳感があれば、もっと盛り上がったと思うのですが、エロさがあったので、それをカバーしていると思います。
弟が俳優というところが、あまりいかされていなくて、なんだか作り物のような世界観でした。
その分、受けの高校教師という職業がとてもリアリティがあってよかったです。


0

可愛くない

受を全然好きになれなかった。
ガチ兄弟なのでワクワクしながら読んだけど読み進めていっても受のことが好きになれなかった。
なんか性格ひねくれてるし無気力だったので全然魅力がなかった。「兄弟」はなんとか最後まで読んだけど「兄弟ー夏ー」は、好きな展開って思ったけど、でもやっぱり受に全く魅力を感じなくて途中で断念しちゃいました。
受に魅力があったら最高な作品なのになぁ~って感じです。
この話の前に夜光花さんの「堕ちる花」がすごくよかったので兄弟ってタイトルに惹かれて買ったけど失敗でした。

2

好きな兄弟ものだったけど…

兄弟ものが大好きで、手に取った作品です。

子供の頃は仲が良かったのに、いつしか弟への劣等感から弟を避け始めた兄と、そんな兄を追いかけて無理矢理自分のものにしちゃう弟のお話でした。
と同時に、兄(教師です)の受け持ち生徒の、幼馴染みともめる話も進行していて、兄達の話よりこちらの方が気になって集中できませんでした。
それと、兄の絵がショタっぽかったのも(本来はショタが好きです)、この話には合っていないように感じて、楽しさが半減しました。
兄たちの話も、兄が苦手から好きという感情に変わるのが唐突に感じて…。
設定が好きだっただけに、なんだか残念です。

2

弟×兄!

帯『兄貴、オレもう我慢できない』

丸木さんでガチ兄弟モノと来たらこれはもう読むしかないですがな!

兄の悠〔受〕は高校教師で平凡に生活していきたいと思う様なタイプ。
けれど彼の弟である亮司〔攻〕は人気俳優で、悠はそれを隠しているんですが、以前の学校ではその事がバレてしまい今の学校に移ったという経緯があります。
悠は亮司に対して、ある種コンプレックスと鬱陶しいという気持ちの両方を持っていて、それは過去に亮司に無理矢理抱かれた事があるからなのですが。

スキャンダルでマスコミが張り付き、自分のマンションに居られなくなった亮司が、悠のところへ転がり込んできます。
そして再び兄を抱こうとする弟……。
悠の学校での生徒2人のエピソードもあってそちらも主軸ストーリーの邪魔をしていなかったのは良し。

ふー、やっぱり兄弟モノはいいものですな!

1

血はつながってます

小さいころは仲良くやってたけど
成長するうちに弟(攻)は身長ものびカッコよくなり、運動もでき、女の子にもモテモテ・・
一方兄(受)は女性ぽい顔立ちで、すべて弟に劣る
当然兄は劣等感に苛まれ弟にあたってしまう
そんな自分が嫌で弟と距離をとる兄だが
弟は兄に嫌われたと思ってしまう
兄のこと好きなのに!!どうしたら!!どうしよう!!

気持がねじれて!思いもねじれて!!私もどうしよう!!!

1

何だか勿体ない

弟×兄、大好物です。直球すぎるタイトルに期待せずにいられようかいやない、と以前から読んでみたかった一冊なのですが。
ちょっと期待が大きすぎたかもしれません。

まず、兄が弟を疎ましく思うようになる過程を具体的なエピソードをもう少し多く積み重ね、もっともっとねちっこく描いていただきたかったです。
それから挿絵が…作家さんご自身で描かれてるようなのですが、お兄ちゃんがショタすぎてかなり萎えました…。普通に「性別受け」っぽくて良いので、もう少し二十台後半らしい容姿で色っぽい感じが欲しかったです。
(イラストだけでも、あの方とかあの方とかだったらもっと萌えるだろうな…と読んでいて思いました。)
そしてどうせなら弟視点をもっと増やして欲しかったです。ラストに少量だけでは物足りません。
総括すると、弟×兄の醍醐味が足りない、禁忌感がもっと欲しいといったところです。

生徒の問題も本筋と乖離し気味に感じました。
少し厳しすぎるかもしれませんが、期待に反して、という意味でこの評価で。

2

少し拍子抜けかな?

近親相姦モノが大好きな私。
「兄受け」「鬼畜」「エロエロ」と三拍子そろっている作品というのもなかなか珍しいので、喜び勇んで購入。
わくわくしながら読み始めます。

…読み終えて、なんだかあっけなかったなあ、と一息。
いくつか気になった点がありました。

話のテンポ。
最近では、一般小説並みに文章力のある方がどんどんBL界に参入してきてると、個人的に思います。
その中では少し、読者に不安を与えるというか、不安定な感じが否めませんでした。
テンポも、なかなか進んでくれないなあと思っていたら、急な心情の変化に今度はついていけなくなったり。
一番気になったのは、弟を受け入れるようになる兄の心情変化が、イマイチ伝わってこなかったところですかね。
元々シナリオライターさんであるということで、どんな文章を書くのだろうとちょっと期待してたのですが、もう一歩響かなかった感じがすごく残念でした。

それから、唐突に入り込んできた小説のようなもの。
…かなりマジに一回立ち止まって、印刷ミスかと考え込んでしまいました…(^^; 馬鹿ですね私。
おそらく、伏線みたいなものとして取続きり込んだのだろうと思いますが、それが逆に不安をあおる結果になってしまっていたのがちょっと複雑な気分。いや、読み進めていったら「ああ、それであそこであれが…」って納得はできたんですけど><

…ちょっと辛口に書いちゃいました。
すごく私の大好物な題材だったのですが、ちょっと腑に落ちない部分が多かったので、中立評価にさせて頂きました。

文章も書いて絵も描くんですね…すごいなあ…(*°O°*)

4

兄の語り口調が・・・

ガチ兄弟なのに関係をもってしまう流れにそんなに違和感はありません。
(※私が実兄弟モノ大好きなものですから多少の贔屓目はあるかと思われます。
苦手な方はご注意ください。)
兄の教え子たちの問題と自分たちの問題を重ねあわせる心理描写によって、兄の
今までの自分本位なものの見方から客観的な第三者的な見方へと視点が変わり、読者にも兄・弟双方の気持ちがちゃんとわかるようになっています。
ただ、文のスタイルというかリズムみたいなものがちょっと馴染めませんでした。
文章は兄視点で書かれているのですが、この兄が卑屈でちょっと暗いので語り口調がどことなくポエミーな印象で読んでて若干イラッとくるところがありました。
途中でいきなり「語り」みたいな文章が入ってくるのですが、最初は誰のものかわからないので混乱してしまいました。
フォントが変わるので兄の語りじゃないことはわかるのですがちょっと唐突なので違和感がありました。
でも鬼畜な弟攻め、、、萌えました(=´Д`=)

1

兄弟だけど、それがどうしたと開き直る!(-ω-)/

BLゲーム「コイビト遊戯」のシナリオライター丸木先生の初BL小説です。
ゲームのときも変態兄が出現しましたから、「兄弟」というこれもきっと変態だなと期待してしまいました・・笑
生真面目と言うか、やる気のない高校教師各務悠(かがみゆう)彼には誰にも言いたくない秘密が・・それは弟が人気俳優であるということと、その弟に弄ばれた過去があるということ。
誰にもそのことを知られないように息を潜めるように地味に暮らしていたそんなある日転がり込んで居座る弟。まるで弟は兄とそういう関係であったことなぞ忘れてしまったかのように振舞うが、兄のほうはいつ弟が牙をむくかとびくびくしっぱなしです。
って、そんな誘ってどうする兄!一緒になっていつ襲ってくれるかどきどきしました。弟も仲直りしたいと思っていたけれど、あまりに兄がびくびく自分を怖がる(当たり前だ!笑)ものだから、自暴自棄になってとうとう襲っちゃいます!
エロい話なのに、教え子のいじめ問題と悠の追い詰められる精神状態が緊迫感を生んでスピード感あふれる作品に仕上がっています。
イラストも丸木先生です。才能ある人は違いますね。以外や以外、エロいけど続きシリアスな作品です。変態度はやや薄めですが、兄弟はちょっと苦手だと思う方には、きついかもしれないですね!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ