誘惑

誘惑
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
7件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011705

あらすじ

『自分が面白みのない男なら、あなたは無神経な男だ――』
日本有数の警備会社HSC、ハデスセキュリティカンパニーに警備員として勤める咲坂誠一は、伶俐な美貌と冷静な頭脳の持ち主だ。けれど、そんな咲坂のペースを乱す男が現れた。容姿、能力に恵まれた不遜な男、柳瀬芳也だ。柳瀬苑に送られてくる脅迫状を心配した秘書が、HSCに警備を依頼したのだ。
男の色気と自信を漂わせる柳瀬は、秘書を装い警備についた咲坂をなにかと挑発してくる。何を考えているのかわからない柳瀬の態度に苛立つ咲坂だが、ある夜、柳瀬の第1秘書が何者かに襲われて…!?
(出版社より)

表題作誘惑

建設会社社長・32歳
ボディガード・28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ボディガードものがスキなんですが

設定が好みだったので読みましたが、つかみどころのない思わせぶりな文章ばかりで、で、なんなのよ、ということばかりで乗り切れず。
下手とか破綻しているというよりも、何が言いたいのか、どのへんを楽しめばいいのか、よくわからないまま、話が進んでいってラストになってしまったというかんじ。

イラストの人も大の苦手なので、どうかな、と思ったとおり、やっぱり無理でした。
シャイノベルズの新人さんは当たり外れが大きい。

1

何が一番描きたかったのかな?

藤代さんデビュー作、社長×ボディガードものです。何と言うか評価に困る作品でした。“ボディガードという特殊なワークもの”、“犯人が誰か分からないサスペンスもの”、“守る者と守られる者という非日常下の恋愛もの”、そのどれでもあるようでどれでもないような…どのスタンスなのか読んでいて判断がつきませんでした。

伶俐な美貌をもつ有能なボディガードの主人公の咲坂と、「警備は必要ない」と言い切る建設会社社長の柳瀬。
そんな男に強い反発を覚えながらも、咲坂は惹かれていく自分を止められない。
そして脅迫状の犯人が特定できないまま警備が続く中、とうとう秘書に実害が及び…。

容姿への過剰な賞賛描写、冷静で有能という看板に疑問を覚えてしまうような咲坂の思考や言動、秘書がひき逃げされるという事態に自責の念にかられながらも、夜には咲坂を口説きまくる柳瀬の人間性など。
個人的に目に付いた点がいくつかあり、物語に入り込めなかったのが残念。

辛口になってしまいましたが、作品自体はまとまっていて読みやすかったです。
ただそれ以前に、藤代さんは何が一番描きたかったのかな?と首を傾げてしまったという続きのが正直なところ。
藤代さんの色がなんなのかこの作品ではまだ掴めなかったのですが、文章自体はソツがなくきちんと読ませてくれます。今後に期待です。

~独り言~
奈良さんイラストなのに扉絵の受けがきちんと服着てる!(感動 笑)

1

新人さんだそうです。
ハンサムで有能で自信に溢れる建設会社社長・柳瀬(攻)に送りつけられた脅迫状に、柳瀬の秘書からボディガードを依頼されたHSC(ハデスセキュリティカンパニー)。
そこに務める咲坂(受)は、柳瀬の新しい秘書を装い、身辺警護をすることになります。
柳瀬自身は脅迫状はただの悪戯と真剣に受け取っておらず、不遜な態度を隠そうともせずに咲坂に接します。
そんな柳瀬に苛立ちを募らせる咲坂。

やがて、柳瀬の秘書がひき逃げされ、咲坂も同じと思われる車に狙われそうになり、脅迫状がただの悪戯ではないことが確信されます。
なかなかスンナリいかない二人の仲もですが、「真相への興味」でもひっぱられていきます。

ボディガードものとしてはよくあるタイプだと思うし、読みやすいですが、恋愛面にちょっと甘さが足りないような気がします。好みもあると思いますが。
ベタベタする必要はないけど、ほんの一瞬ホワッとするような甘さみたいなのがほしいかなーと。
柳瀬にも、あんまり大きな魅力を感じないというのもマイナス要素かな。
受の同僚たちに魅力ある興味を惹く人物が多いので、ちょっと霞んでし続きまったのかもしれません。
でも彼らを使ってシリーズ化しても面白そう。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ