マネキンは恋を運ぶ

mannequin wa koi wo hakobu

マネキンは恋を運ぶ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835214887

あらすじ

貧乏会社員・文穂の悩みは、お酒を飲むとものを拾う癖(マネキンとか)があること。ある朝目覚めると、目つきの鋭い見知らぬ男が同じ布団の中に!しかも男はニヤリと笑って「むりやり連れてきたんだから、責任持って俺を閉じこめろ!」と強引に居座って…!正体は謎だがエグゼクティブらしい彼に戸惑いつつ、熱いキスでメロメロのクラクラに。

表題作マネキンは恋を運ぶ

津吹道明、会社社長、30歳
葉室文穂、サラリーマン、24歳

その他の収録作品

  • 目覚めればそこには?

評価・レビューする

レビュー投稿数1

最高の拾い物

古い作品だけど、とっても面白くて、読後感がとても良かったです。酔っ払うと拾い物をしちゃうサラリーマンの文穂と、文穂に拾われた会社社長の道明のラブコメです。

文穂は酔うと変な癖が出るけど、それ以外は一生懸命に頑張るコです。
借金を残して蒸発した両親の代わりに、大学を中退して借金を返して。慎ましい生活の中で、手に入れた骨董品(のような物)を眺めるのが楽しみだったりします。
そんな文穂は、物との相性が分かると言うか、声が聞こえると言うか、呼ばれてる感覚でそれらを手に入れています。
そして、文穂が今まで拾ってきた物の中で一番のお気に入りは、上半身のみのマネキンで。いつも、そのマネキンと寝ているのですが、ある日目覚めると、横には知らないイケメンの男性がいて驚きます。
なんと、マネキンと似た体形をしているその男性・道明を泣きながら連れてきたらしいのです。
謝罪する文穂に、道明が言ったのは「責任持って監禁しろ」と…。
その日から、不思議な同居生活が始まります。
そして、いつしかお互いに、傍にいるのが居心地が良くなって…。

文穂の感覚でしかない、「物を見る目」が本当に特別で、続き事件(?)の糸口になってるのが面白かったです。後半にはとうとう墓石まで持ってきて(馬鹿力にも程が…汗)、思わず笑ってしまいました。
そんな文穂を全力でフォローしてくれる道明が、カッコ良くてキュンとなります。最初は謎だらけの男だったけど、どんどん文穂に執着していって、ただの恋する男だったのが萌えます。おまけに、実は社長で、文穂のシンデレラストーリーのような感じだったのも萌えました。
結局、道明という最高の拾い物をした文穂と、拾われて本当の恋に堕ちた道明の、甘々でイチャイチャなお話でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ