こんな男でよかったら

こんな男でよかったら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
34
評価数
9件
平均
3.9 / 5
神率
44.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・ビブロス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784835214344

あらすじ

彼への想いを、とめられない。嘉輝が何気なく引き受けた『代理デート』の相手。それは思い人のタカヤだった!自分の恋心を気づかれないよう、苦しい駆け引きを強いられる嘉輝。でも、自由で男らしいタカヤへの想いを、もう止めるなんてできなくて…?等身大の高校生たちが繰り広げる、リアルでミダラ、だけどいちずで必死な恋をあなたに。

表題作こんな男でよかったら

今中鷹哉,金持ちのボンボン,高校生〜
大月嘉輝,そんな攻に片思い,高校生〜

その他の収録作品

  • こんな男でよかったら2
  • こんな男でよかったら 番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数5

強引な年下タカヤにキュン♪

代打でデートした相手は、片思いの相手…!
しかも、その相手は自分じゃなくて、可愛い従弟が好き…

タカヤにもユズルにも自分の気持ちを隠してるヨシアキが切なくてキュンときました。
年下なのに強引で振り回されてばかりいるのに、正直なところがいいタカヤはなんか憎めないし、ユズルも憎めない可愛さがありました。

ヨシアキに対して、ユズルを好きだと言い、切ない気持ちにさせたかと思いきや、
自分の気持ちに気付いていないのに、嫉妬じみたこと言ったりしたりするので、『なんなんだー!もーっ!(//∇//)』な感じにキュンとさせられました(笑)

タカヤが自分の気持ちに気付き、付き合い始めるのですが
ちょっとしたすれ違いで別れてからの話から、またさらにキュンキュンしましたorz
タカヤを忘れようとしているヨシアキの気持ちを考えてたら切なくて、そんな時にタカヤ(ユズルにも)に再会。
忘れようとしてるのに…!自暴自棄になりかけたとこらにタカヤが現れ、強引にヨシアキを連れ出します。
タカヤは清々しいくらい自分の気持ちに正直すぎるので、ズルい!ムカツク!と思ってしまうのですが、ストレート続きに気持ちを伝えてくるので、結果的にはキュンとしてしまいました。

片思いだったのに、最後はすごくすごくお互いを好きあう。最初から最後までなにかとキュンとするお話でした(*^^*)
乱文ですみませんm(__)m

0

自分勝手な恋愛模様が、あまりにもリアルで夢がない。

かわいこちゃんの従弟の代打デートしたら
自分の片思いの相手♂だった・・・

自分は、代打。

片思いの相手は、従弟にぞっこん。

わかっているのに、誘われたら抱かれちゃって

って話なんですけど。

家庭環境が複雑で親の愛情を受けられなかった従弟は
そんなに特別なのだろうか・・・
かわいくて人を虜にする術に長けてるだけで
中身は本当に最低な従弟。
ちっともかわいそうじゃないですけどっっっ!

そんで親がお金持ちでイケメンの攻め。
最初から最後まで、全部、親のお金です。
本当に鼻持ちならない攻めです。
何がそんなに偉いのかさっぱりわかりません。
俺、お金持ち攻めは大好きですが
親のスネカジリは大嫌いです。
しかもこの攻め、金、金、言いすぎです。

従弟も攻めも、本当に馬鹿な人種で
どーしようもないと思うんですけど
美しいということは、欠点を美化してしまうものなのだなぁ。

受けは、ほんとに馬鹿な子。
もっとちゃんとした幸せがあるはず・・・。

お話はよみやすくておもしろかったけど
あまりにも受けの気持ちを踏みにじった
続き分勝手な恋愛模様が、あまりにもリアルだったので
本当にくやしかったです。

おもしろいけどーっ!
夢のあるお話ではなく、けっこうリアルでありそな
酷い男のお話でした。
受けに感情移入すると情けなくて惨めな気持ち。

紺野けい子さんの挿絵は、泣き顔が最高。
ほんとに受けの気持ちが溢れててもらい泣きした。

2

酷い攻めと甘え上手な従兄弟に囲まれた受けの悲哀

酷い攻めという評判を聞き、怒りを味わおうと思って読んでみました。覚悟していたとはいえ、聞きしに勝るものでした。
受けが攻め以外ともするので、苦手な方はご注意。

金持ちの坊ちゃま・今中鷹哉(高3~大1)俺様攻め×大月嘉輝(大学1~2)真面目一途受け
従兄弟の譲から代理デートを頼まれて行ったら、体育委員をしていた時に好きになった鷹哉がいた。
その後も本命を整理するまでに振られたら困るので、代理デートをお願いされて。
たまってると言われて迫られて、断り切れず身体の関係を結び、代理期間が終わる前に好きだと告げるのだが。

一つ下の従兄弟の譲は、要領がよくていつもいい目をみる奴って感じな子で、見た目も華奢でカワイイ系で甘え上手で、ワガママも可愛く言えるタイプ。
それでいて、家庭環境が悪いから仕方ないみたいなバックボーンがあって、突っ込むに突っ込めない。そこが卑怯っていうか、ズルイって言うか。
三角関係の片割れとして出てきたら一番嫌いなタイプです。
1であっけらかんとついたウソですら、絶交ものだと思う。
それなのに従兄弟に甘い嘉輝は、許すのです。性格がいい奴すぎるのも、問続き題かも。
ここで縁を切っておけばよかったのにと、2の時に痛感します。

鷹哉は遊びなれた男って感じなので、真面目で一途な嘉輝とは、正反対です。
恋人じゃない時も気にいった嘉輝のことは俺のモノ扱いで、友人の話をするだけでも嫉妬しています。悪い意味で、お金持ちの坊ちゃまらしさが出ています。
鷹哉とつきあって得ばっかりだと思っていて、特別な時以外には物をもらわない。
もっと恋人だから甘えてもいいのにと思われていても、嘉輝の性格上出来ない。
部屋の合い鍵をもらっても、鷹哉の女みたいだというプライドから、怒られても使う事が中々出来ない。
節度を知っているから奢られるのが苦手で、甘え下手なのもカワイイ要素なのに。
正反対な所を好きになったのなら、そこを受け入れて欲しかった。

攻めも自分勝手でアレですが、従兄弟の譲が嫌いでした。
僕も好きだったのに、よっちゃんに譲ってあげたみたいな上から目線で、僕の方が上手くいくからって。
電話じゃなく、鷹哉がメールで別れを告げるのも最悪でした。あまりにも酷いので、譲が工作して入れてきたのかと作為を疑ったのですが、まさかの本人で。
ここまでしといて復縁は無しの方向で、嘉輝には新しい恋で幸せになって欲しかったです。
別れた原因の譲にまた同情すべき理由づけがあって、更にいい子描写も追加され、単純に憎めないのでもやもや感が残りまくりです。
このタイプの攻めは二度目があると思うので、幸せな今後を予想出来なかったです。

エロ:★3 受けが積極的、普通
総合:★4 幸せからの転落が2回もあって、話としてのドラマ性は抜群です。

2

この攻めは!チクショーコンチクショー(涙)

攻めがちょっと、いやかなりムカつくんですが、めちゃくちゃ面白かったです。
後半で、作者さんにもっと攻めをいたぶりまくって欲しかった。あんなアホは知らん。受けを傷つけまくりやがってチクショー、コンチクショー。
この攻めはまったく~~~~~くそ~~~~!!

ゼイハァ(落ち着け私)

リアルホモの世界って感じ(あくまでも感じですが)が、好きでした。
受けにこんなに感情移入したのは、本当に久々です。悔しくて情けなくて、それでも攻めを憎みきれなくて、やりきれなくて、逃げ場所を探して必死になる姿に涙。
とくにメールが衝撃的でした。受けと一緒に目の前が真っ暗になりました。

後半不満です。
や、最終的にはハッピーエンドでいいんですが、受けをあんなに傷つけた攻めに、もっともっともっともっと苦しんで欲しかった。苦しむ姿が見たかった。

クッソォ~~~~~~!!!(しつこい)

オススメです。
この気持ちを誰かと共有したいです。

2

むつこ

>>もこさん
そうなんですよ!
後半、ヨリが戻る前に、一度受けが攻めをフルとか、受けのキスシーンを攻めが目撃してしまうとか、ベタベタでいいので『ため』が欲しかったんです。
攻めがギタギタに凹んでショボクレてたら、私は満足したと思うw
でも神作品なんですよねー(笑)
もこさんもいろいろと不満を書きつつも神評価にされてますが、その気持ちものすごーく分かります!
なんだかんだいっても、フーンで終わる可もなく不可もない作品よりも、不満いろいろあるのにガツンとくる作品のほうが、イイ。

モテ男はね~、私も色々トラウマありますよー。
一年付き合った男に嫁がいたことが発覚したとか(涙)。気づけよ私。
偶然会ったら、ボコシバキにする予定ですw

もこ

燃えてますね(´∀`笑)
確かにこの攻にはいい加減腹立ちます。
そんで簡単に復縁
私は受が幸せならそれでいいか~と心鎮めましたが、思い出すと胸くそ悪いです
ま…モテる男前はそんなもんなんやもしれませんがね

これだから(`ε´)

これだから軟派な男はいやなんだ\(゜□゜)/

始まりは嘉輝が、従兄弟の譲から頼まれた「代理デート」
相手は、ずっと片思いしていた1個下のタカヤという男だった。
男女共にもてまくる譲は、身辺整理がしたいと、しばらくタカヤと付き合って欲しいともちかけるが……!?


文章も読みやすく、キャラクターにも癖がないので凄く読みやすい作品です。
最近読んだものの中ではピカイチかな~と思います。
登場する譲という従兄弟の話。母親に甘えられなかった反動で、甘えたがりの甘え上手。誰にでももてまくり。それは自分の親族でも同じで、なにかあるとそれが間違いでも被害こうむるのは嘉輝っていうのが妙にリアルでした(笑)
こういうこ居るな~っていうのが。

ただ、そのキャラクターがうまく作品のバランスとってたのかもというのは有ります。
さくっとした作りなんですが、いい味だしてます(・ω・
第2部
二人が両想いから始まるはなし。
なんというか…個人的には伏線であって欲しいと思ってた部分がドストライクに決まったのが切なかったですね。理不尽というか…これだから軽いやつらは~というか。
独白シーンが入ると、やけに自己都合の続き話に聞こえてしまう。
受け入れる方も方だと思いますが。

障害者の方から~のエピソードは好き。そうだな。そうだよな。勇気だそ!と思う場面もありました。

全体的に、作品としては良作。紺野センセのイラストも可愛くてトキメキ増。
しかし攻…2度有ることは3度有るじゃないですが…いまひとつモヤモヤが残っております。機会あればぜひ

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ