恋愛記憶証明

恋愛記憶証明
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
23
評価数
7件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344815445

あらすじ

箱入り息子の波多有紀彦は、ある朝目覚めると5年分の記憶がなかった。目の前には三人の見知った男と一人の見知らぬ男がいて――!?
出版社より

表題作恋愛記憶証明

愛を信じられない医師
催眠療法によって記憶をなくした有紀彦

評価・レビューする

レビュー投稿数1

愛される坊ちゃんの、自分への賭け1?

名倉先生の最近作に嵌っているので読んでみました^^

主人公は、金持ちで若くて可愛くて、誰からも愛される「有紀彦」。
自分の恋人が「愛が信じられない」とネガティブ思考なので、自分の中の恋人の記憶を消して、また同じ人が好きになるなら「ほら、この思いは絶対でしょ?」的な証明をすることとした。
恋人を含むと言う知己の男3人の中から、記憶が戻る1ヶ月後までに恋人を当てる、という賭けは始まった。

何ですか、こんな記憶操作ができる便利な設定と実施する有紀彦坊ちゃんの環境・・・ちょっと引いてる自分がおりました。
でも、小説だし~と読み続けます。

記憶消去後のゼロからのスタートだから、それぞれの男とお茶して食事してドライブ行ってとかののデートを連チャンでします。
なので、恋人かも知れない男達との気の張った付き合いや、恋人への証明もできず恋人を失う結果への不安に、有紀彦は段々と疲労してしまう。
勧められて精神科医の元へ行くと、心が晴れる事に気付き、それから通う様に、そして足繁くになっていきます。

・・・そうか!読者はここらで気付くんですね?!
本当の恋人が誰なのかと有紀続き彦が自分にしかけたトラップに!

他の男とのデートやキスしたことへのジェラシーに、攻めさんのS気が沸々と!
有紀彦は証明もできて、冷め掛けていた攻めさんがもっと激しくなって、めでたしめでたし♪

最初ちょっと引いていましたが、ここまでくると、有紀彦の後悔や不安に同調しているし、この設定も許容していました^^
名倉先生らしいコミカルな面はなかったけど、、やっぱり名倉先生らしいかなと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ