部下×美人上司の愛情実験

Home,sweet home.

home,sweet home.

Home,sweet home.
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
38
評価数
16件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048683913

あらすじ

「監禁されたんだよ、君」
目が覚めると瀬尾は、知らない部屋でにっこりと笑う自分好みの美人にそう告げられる。猫っぽい雰囲気や目元の黒子が色っぽく、どこかで見たような――専務の安藤だ! と気づいた時には、瀬尾を鎖に繋いで出勤してしまった。突然の監禁に憤っていた瀬尾だけど、その日から健気に自分の世話をやく安藤をみて、気持ちが傾き始めて…?
その後の甘い同棲生活 書き下ろしつき!
(出版社より)

表題作Home,sweet home.

瀬尾隆文(営業マン) 22歳
安藤広之(専務)

その他の収録作品

  • Love is
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

よくある監禁ものとは違う

監禁もの…あまり好きな設定ではないのですが、ふらふらと手にとってみたら、よくある監禁ものとは違う。
他の方が言われている通りです。

世話をしてみたら愛着が生まれるかどうか確かめる実験のための監禁
……我ながら長い。。。
ただ、これは口実。孤独な受けが似たような境遇の攻めへ愛着をもったことがそもそもの理由。
自分が誰かを愛して、それを受け取って、相手からも返されて。「循環する」と書かれているのですが、まさにその通りの2人のやりとりがいい。
その後の話で、攻めが愛ゆえに束縛に陥るのを間違っていると気がつくのもいいし、受け入れて許す受けの優しさも良かった。
2人が濃いフレンチプレスのコーヒーとガトーショコラを美味しそうに食べている様子に幸せを感じます。

登場人物がとても魅力的なのとシリアスな境遇のわりに明るい2人の様子に安心できました。
読みやすく、魅力的な作品です。

0

実験をする時は本人の許可を取ってね・・・

なんぞこれ・・・

購入した理由が記憶喪失ですが、
読み返したら内容はすぐに思い出しました。

そうそう、
珍しく攻めが監禁されるお話でした。

普通の監禁物はだいたい攻めが受けを監禁して陵辱するパターンですが、
こちらの作品は攻めが監禁されて鎖でつながれており、
受けさんからスタンガンで抵抗しないようにやられていました。
よって普通の小説にありがちな陵辱シーンがありません。

ところで受けさんが攻めさんを監禁した理由がひどい。
受けさんは恋愛をしたことがない人間で、
「人を好きになる」という感覚が分からないから、
誰かを監禁して身の回りのお世話をしてあげればその人を好きになれるかもしれないと、
人を好きになる感覚が分かるかもしれないから実験してみよう。
そういう理由で監禁をしました。

この時点でトンチキ度MAXですwww

しかも受けさんは犯罪だと自覚しながら一世一代の実験をするのです。
他の部分はそんなにトンチキでもないのですが。
この理由付は物語というものは基本的にでっち上げ・ドリームで成り立っていると言えど、
あまりの理由に唖続き然とした覚えがありますw
そのへんの理由付が異常に説明くさくて、読むのに疲れました。

そして例によって攻めさんはストックホルム状態で受けさんを好きになります。
監禁から解放されても攻めさんは受けさんのことを好きでいて、
今度は攻めさんが受けさんを押せ押せし始めるのです。
そして受けさんも本当は攻めさんのことを好きになっていたので両思いに。
その後は激甘Hに突入。
小説の後半は攻めさんが受けさんを溺愛している様子が良かったです。
このあたりは定番といえど普通に読めるし嫌いじゃない展開でした。

監禁と、監禁の理由についてのトンチキ度が酷いので評価は中立にしましたが、
他の部分のあまあまなところや溺愛部分はそう悪くなかった内容でした。
BLの監禁ものって色々なパターンがあるけれど、これもある意味強いw監禁ものでした。

2

実験くん

人の気持ちを確かめるためにマンションの一室を改装して、自社の営業成績トップの期待のホープを全裸にして監禁実験。
設定としてとんでもな設定ですが、割れ鍋に綴じ蓋的な2人のため楽しく読ませていただきました。
2人ともつっこみたいところは多々あるもののラブコメだしと流せる程度でした。

そして同棲編のlove isですが…
攻めの瀬尾は受けの安藤と晴れて同棲開始して極甘な生活を送ってるのに、不安が高じて安藤が趣味や友達を作ろうとしてもことごとく阻止し、部屋に閉じ込めて満足します。
病的なものを感じますが、本人も終始そのことを悩むのです。

基本的に私は美形な主役であれば偏執的な執着愛ものは大好きですが、読んでてなんか違うんです。
恐らく、自分の思ってることに自信がなくぐるぐる悩むところや、7歳年上の安藤が天然でしかも以前自分も強制的に監禁したことに罪悪感があるため、瀬尾の要求をまるっと受け入れちゃう所に物足りなさを感じたのかもしれません。

でも一冊まるまる甘々な二人です。
食傷気味になるほど好き好き言ってます。

あとがきを読んで初めて 嫁いでみせます に出てく続きるあの2人だったことを知りました。
全然気づきませんでした。
…ということはリンク作といっても本当にチョイ役に出てきた彼があの社長だったのかと今更ながらに気づきました。

0

甘い監禁vv

順番逆に読んじゃった(笑)

「嫁いでみせます」のイメージとまったく違ってビックリした。
あっちはポワポアしてたんだけど、こっちは監禁ですか?!
でも安藤のふわ~っとしたイメージは健在なんですね。
そしてとても不器用というか天然キャラ?!

監禁という、みんなが思ってるイメージとはまったく違い
「実験監禁」
世話をすることで、相手の事を好きになれるのか??
なので安藤は瀬尾の世話を甲斐甲斐しくして、
「つき合い始めたカップルかお前ら!!」
みたいに甘々と過ごしてます。

瀬尾の方が先に安藤を好きに…
生まれて3日で捨てられた瀬尾は誰かに執着(必要)されることを
どこかで望んでたんでしょう。
だけど安藤はその気持ちを認めようとせずに、実験の副産物だと。

監禁終了…

一度は離れる2人ですが、瀬尾再度告白しに安藤の元へ
お互い愛を欲しがってたもの同士、いいカップルなのでは?!

後半、カップルになってからの瀬尾の執着は凄かった。
こっちの方がソフト監禁ぽかったかな…
とにかく嫉妬、出たら駄目、見たら駄目、喋っちゃ駄目、
とにかく安藤が続き誰かといるのが我慢できないみたい。
自分じゃない誰かを好きになったらどうしよう??
今までまともに誰かを好きになった事がなく
更に過去のトラウマもありで、かなり病んでますね。
でも安藤の方もこの執着に耐えられるという事は、
よっぽど愛に飢えてたんだろうね。

これを読んだ後に「嫁いでみせます」読むと
まさか安藤がこんな事をしてたとは?!と思っちゃいます。
瀬尾の方は、なるほど~な感じvv

2

面白かった!

こういう監禁もの、初めて読みました。
監禁の理由が「エロエロ」ではないんですよね。
けど、読めば納得の理由。

正直、最初にその理由がくると「ん?」と思ったのかもと思うんだけど、理由を明かされるまでのやり取りで受けの人となりを十分掴めていたので、すんなり「なるほど」と受け入れられました。
そこで「監禁」って発想自体が突飛なんですが、そういう方向にズレるのさえこの人らしいと思えました。

で、皆さんもおっしゃってますが、特に攻めに関しては、トラウマの説明がくどかったかな。
「産まれて3日でゴミ箱に捨てられて」ってフレーズを、何度目にしたことか。
「えっ!ゴミ箱!」っていう一度目の衝撃がちゃんとあったので、何度も重ね塗りしなくて十分で、逆に何度も刷り込まれることで酷さが薄れてしまった気がします。

そして後半ですが…。
ここが賛否わかれるところなんですかね?
私はこの後半が、好きでした。
前半部分はこのための下地だったんだと思えるほど。

前半では、壊れているのは受けで、攻めはつらい過去があっても飄々と受け流せる人なんだと思ってたんですが、この後半で、やっぱ続きり攻めの傷も根深いんだなぁと感じました。
受けは前半で自分の持つ確執を乗り越えたようで、後半では終始心が落ち着いて居たように見えました。
きちんと「愛情」というものがどんな位置づけなのか理解し、自分の中にある愛情の昇華のさせ方や攻めに返す術を、身に着けていたように思います。

その点攻めは、どんどん執着が酷くなって、あんなにあっけらかんとしていた人が、どんどん怖がりになっていって…。
それにはもちろん攻めの生い立ちっていう下地があるんですが、攻め本人が心の傷に半ば無自覚なんですよね。
ただ単に「欲しい」とか「人に渡したくない」とか、駄々っ子みたいな執着をしているようで、手の中の人との距離が何故そんなに怖いのかを、攻め自身がゴチャゴチャにしているように思えるんです。
「過ぎた恋情」と「トラウマ」の線引きが攻めの中でできていなくて、けども原因がどっちだとしても「監禁」しちゃえば怖くなくなるんだから…、という折衷案みたいな解決策って感じ。
ホントは「恋」からくる怖さと「トラウマ」からくる怖さは全く別物なのに。

「愛」を知って吹っ切れた受けが、思ってた以上に器のでっかい人で、そのことにほっとしました。
歪んでさえなければ、できる奴だったんだなぁ!

まだまだ歪なものを抱えた2人だけど、この2人はずっと別れないだろう…って気がしました。

1

一風変わった監禁ものです

これ、意外と趣味の分かれる話みたいですね~。
ちるちるだけでなく、いろんな場所でいろんな方の感想を読んだんですが、まっぷたつと言っていい。
私は面白かったです。
やっぱり吉田ナツさんは私好みだ!と思いました。

一風変わった監禁モノです。
攻めが受けを監禁してエロエロ…ってパターンは腐るほど読みましたが、これはその逆。しかも受けとは言っても最初は恋愛感情もないので、エロエロ展開のない監禁なんです。
受けは「実験」のために監禁してるというんだけど、攻めには何の実験だか分からない。
この訳のわからなさにワクワク興味をひかれ、監禁された攻めの前向きでノーテンキとも言える性格が小気味よくて、なんか妙に楽しかったです。
攻めが受けを好きになったのは、一種のストックホルム症候群なんだろうね。
でも、そうやって出来上がった感情は嘘ではない。
まさに攻めの言う通りだと思いました。

続編は、攻めが受けを監禁する話。
攻めの嫉妬も最初はコミカルなムードで、「アホやな~」と面白がりながら読んでたんですが、それがどんどん異常さが増してくるにつれて、「うわっ、これはヤバいんじゃないの…」と。これホラーの手法だ続きよ。
で、生育歴と合わせて考えると、攻めの持つ嫉妬心は意外と根深くて重いものだと気づかされる。
いったん手に入れたものに異様なほど執着するのって、捨てられた子供のよくある行動様式だし。

トラウマについての説明がちょっと多かったのだけが残念です。
そのあたりの説明はさらっと流す程度にしておいて、コミカルな部分を多めにしたほうが、むしろ深みや余韻が出たような気がします。

てゆか。
吉田ナツさんもっとガンガン活躍してほすぃ…
出版された本が少ないのがめっちゃ悲しい。

1

イタくない所が良かったー

帯『知らない部屋に腐りに繋がれ「監禁」って!?』

この設定なら愛憎入り交じる痛い話にも出来た筈だけどそれをしないで真逆に行った所にこの作品の良さがあると思います。

受が攻を鎖で繋いで監禁する話なんですが痛さは無いです。
普通の監禁物って陵辱目的だったり、相手を独占したくてやっちゃったりするパターンが多いじゃないですか。
これは全然理由が違います。
そもそもこの2人の接点は入社面接試験時の瀬尾[攻]の質疑応答の時位しかない。
その相手を何故、会社専務の安藤[受]が監禁したかというと安藤自身の実験の為ときてます。
両想いになった後半は瀬尾の嫉妬と独占欲がハンパなくて軟禁状態に近いものにまでなっちゃう。
えーと……って感じなんですが意外に面白く読めたのは設定そのものは痛い要素が結構あるのにそれが妙な方向にポジティブなんですよ。
瀬尾は生まれて直ぐにゴミ箱に捨てられていた赤ん坊で、高校中退でゲイ。
安藤は愛人の息子でちゃんと愛されずに育ったせいか仕事は出来るけど感情面で何か欠けている、まあそれだから実験で監禁しちゃおうなんて考えるんでしょうけど。
設定自体だけ見る続きと痛い感じなのに読んでると全然違う。
瀬尾が監禁されてる状況にあまり動じないっていうのもあるけどなんか割に最初からほのぼのしてて緊張感の欠片も無い。
この妙な違和感というかそれがなんか不快じゃなかった。

主に攻の瀬尾視点で書かれてるんですが、瀬尾が安藤の広也という名前を知ってから文中の安藤って表記が広也になったのは統一をわざと崩したのか効果を狙ってるのか、そこがちょっと分からない。
あと後半の「Love is」の冒頭部分はエロシーンかと思わせて必死にケーキを作っているという……こういうネタ二次同人誌で昔良く見たっけなあ……ベタな懐かしネタで脱力しました。
しかし新しい店だろうが何だろうがゴミ箱に捨てられた事まで良く受け止める瀬尾は無茶苦茶ポジティブ過ぎるだろ、そこはポジティブにも程があるわー!!とちと思いました。
まあその超ポジティブさがいいんですけど。
瀬尾と安藤の2人共が天然というか作品自体が天然というか、トンチキというのともこれは何か違う気がします。
ちょっと不思議な気がしますが自分的には結構面白かったですよ、これが。

0

なんていうのか人工甘味料のような不自然な甘さで なんだか読んでいて気持ち悪い。

「寂しがりの部下と美人上司の愛情実験v」って
帯に書いてあってさ、アホアホラブラブエロエロかと思って読んだ。
そしたら、いわゆるトラウマ監禁モノ。
重いのかな?って読んだらなんか甘くて。
なんていうのか人工甘味料のような不自然な甘さで
なんだか読んでいて気持ち悪い。

ある日、突然自分の会社の専務に監禁されて
最終的に俺のこと監禁するほど執着してくれてありがとうって
いう感情に陥るかな・・・
トラウマがあるのもわかるし、監禁した専務が美人だったからって
やっぱりおかしいよw
突然、ろくに面識もない自分の会社の美人専務が監禁すんのよ?
不慣れな手つきで手料理だされて「かわいい」って思えないよorz
むしろ、怖いよ!気持ち悪いよ!
7歳年上には見えない美貌、しかも童貞、でも仕事は出来るキレ者。
この設定もうすら寒くって・・・
ラブコメならいいんだろうけど、執拗に過去のトラウマを出すんだよ。
本人は、自分のトラウマについてさばさばしてるように見えて
何度も何度も口にするから、あぁ・・・気にしてほしいんだなって
逆に読者はどんどん冷めていくわけ。

続き書き下ろしの甘い生活では、今度は攻めが監禁するんだよ。
もうどうでもいいね。
なんか本当に病んでいる感じ。
病んでいることに気づいてない本当にヤバい状態な感じw
これを恋の病というには、私には寒すぎた。

受けの設定をもう少し中身も外見も現実的な“大人”にするだけで
ずいぶん違ってくると思う。

2

Love is blind?

ある日、目が覚めると見知らぬ部屋のベッドで真っ裸。
あれれ、昨日の記憶はないけど、誰かお持ち帰りしちゃったかなー?
なんてお話はよくありがますが。
相手が男だったよ、なんてのもBL界では定番ですが。
というか攻がゲイなので当たり前ですが。
実はそんなえっちぃことの後ではなくて。
ある「実験」のためにノンケの男に監禁されることになっちゃったっていう状況。
しかも、好みのタイプの受は自分の会社の常務!

なんの実験だかよくわからないまま監禁される攻ですが、順応性が高いのかポジティブなのか別段危害を加えられるわけではないので大人しく監禁生活を満喫。
甲斐甲斐しく世話をやく受にほだされていって感情が芽生えて。
芽生えた感情に多少躊躇?する部分はあったりもするけれど、わりとすんなり告白しちゃって。
っていうか、ノンケ相手に手出しちゃって。
手は出すくせに唇へのキスを躊躇したりとかアンバランス。
まぁ監禁生活に絆されるのにはそれぞれの生い立ちが関係していたりもするのだけれど、それが彼でなければならなかった理由ってあるのかなぁ?
まだ受はある意味一目惚れみたいなところが続きあると思うんだけども、攻の方はホント絆されたように見えて。
いや、彼もまた一目惚れなのかもしれないけれども。
それが別の相手でもあんなふうに甲斐甲斐しく世話されたら絆されてしまうのでは?と思ってもみたり。

「Love is」
一緒に暮らすようになった2人。
が、攻が受のこと好き過ぎて「もう誰にも見せたくねー!閉じ込めてやるー!!」てな状態に。

自分が病んでるのを自覚しつつもいつか逃げられるのではという不安から逆に監禁生活を強いることになる攻。
それを従順に受け止める受。
この受がちょっと不思議ちゃんというか「攻のことが一番好きだから仕方ないよね」で全てを受け入れて、周囲をシャットアウトして攻の思うようにさせているところがすごい。
「僕の方が先に監禁したんだから、今度は君の番」みたいな思考とかちょっと普通じゃないと思う。
いや、それをいえば実験のために監禁してみようって時点で普通じゃないんだけども。
攻の執着はちょっと病的で少しこわかったかな。
それを受が許せるのが不思議なくらい。
ま、それが愛ゆえの行動だとわかるからきっと許せてるんでしょうが。
恋は盲目。

2

(。´-д-)ん~・・・

ていうか、これホラーじゃないよね∑(゚□゚;)
なんだろう、設定としては面白い。面白いんだけにいろいろもったいないお話でした。
主人公である営業マンの瀬尾。入社してあっという間に営業で社長賞!
お祝いだ!とばかりに盛り上がったはず・・・だったのだが、朝目が覚めると見慣れない天井。またどこかの誰か(男)と一夜を共にしてしまったのだろうか。。。そんな風に安易に考えていた。
目の前に現れたのは、黒髪細身。大きな瞳に泣きホクロ。ド!タイプな男。
でもどこかで見たことが・・・・。それもそのはず、なんと自分の会社の専務じゃないの・・・!?
わけがわからないまま裸に剥かれ、監禁されたあげく、意味のわからない「実験」と証した束縛生活が始まるのです。まぁ束縛といっても、食事からなにから面倒をみまくり、世話を焼きまくってくれるので、閉じ込められているというストレスいがいは快適。
せっかく社長賞までもらったのに会社には勝手に辞表を出され~なくだりからどう展開していくのかとうのが見所なわけです。
わけなんですが・・・・なんだろうなぁ・・キャラクターがイマイチ私にあわなかったのか、別の作品でも言続きいましたが文章が合わなかったのか。とにかくとにかくなんか・・・モヤモヤする!最初の設定で、わりと男っぽいのかな~と思っていた攻。一夜限りの男もたくさんいる真性のゲイ。自分がいないときにはパンツも脱げという受に、「じゃぁ脱がせてよ」と勃起したチン子を見せびらかしながらニヤニヤする。こぉいったところは面白かったんですが・・・告白シーンのあたりからなんともorz
ちゅぅか、ここにきてヘタレってどおよ(´△`)↓ ヘタレが嫌いなんじゃないの。ムードが無いって言うか、キャラ設定がいろいろウロウロするっていうか・・・・。
ほら、告白シーンって大事だと思うの!両想いになろうとならなかろうと、大事なイベントなわけ!ココのよしあしでこのあとのエロシーンが活きるのに(涙
酔った勢いで「おれ・・・お・・・おまえのこと・・すきかも」とか。
なぜにどもるの!?え!?その後も。
“俺はちょっと恰好つけて、安藤の額にキスをした。唇にしたかったけど我慢した。片思いだから許されるのは額までだ”とあるのですが・・・・そのちょくぜんに相手のチン子いじってた人間がナニをいうかと(ノД`)・゜・。
捨て子だったという過去を含め~なんですが、最終的に淋しがりや人間で、ヘタレで弱弱しくて~な攻に絶望した。逆に受。受も年上な電波系。電波系っていうか・・・・不思議ちゃん。つかみようがないの!両想いになっての初エッチ。恥らうこともなく股を開き、ローションを探す攻の手にハンドクリームを絞ってやるとか・・・おまえらどれだけ乗除ないのよ。ムードが大事なの!ムードが!!箇条書きで、「好きだからどうの~」「~のようだ~」と書いてしまうから余計に作品が嘘っぽく見えてしまう。キャラクターがつかみようがないから話に入っていけない。
後半は、ラブラブカップルになってからのその後~なお話。
あまあまラブラブなのはいいんだけど、これまた過剰すぎて怖い。
逆監禁プレイ。無趣味だった受が料理を始めた→料理教室=女がメイン→受はもともとゲイではない(と、攻は思っている)ので、女がいる=危ない!!→止めて下さい→受けは受け入れる。それは攻が好きだから。→もともとやっていた合気道を再開する→が、昔なじみの男がいて、その男の目が危険だ!と攻が豹変→やめてほしいと・・→受は受け入れる→家の外で受とその男が再開→攻に見咎められ、「誰が外に出ていいといった!」
とか・・・なんにしても度をこしているのが怖い。
最後にほのぼのスイートな終わり~な雰囲気をかもし出しているのが逆に怖かった。
好きな方には申し訳ないけど個人的にはナシ。
設定は面白いので、もう少し文章や情景の描き方のレベルアップ希望w

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ