ひとカケラでもいい。俺がまだ君の中に存在しますように…。

花の破片

花の破片
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
24
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
ISBN
9784812442579

あらすじ

「自分の運命は変わった…。誰よりも大切だったはずの親友を裏切ったあの夜から……」。
新宿東署・刑事課長の田崎礼は、ただひとりの親友だった、麻薬取締官の竜野真紀を裏切ってしまった。結果、真紀は香港マフィアに拉致され、1年経った今でも行方不明のままである。
深い後悔の念から田崎は、たったひとりで真紀を救うため、香港に乗り込むことを決意するが、突然現れた盲目の、元軍人だという妖しい男に妨害され……。
嘘・疑惑・嫉妬・愛。懸命に隠してきた男の想いが、今明かされる…。
(出版社より)

表題作花の破片

目の不自由なクオーター ジェイク・25歳
新宿東署刑事課長 田崎怜・33歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

田崎のお話

新宿退屈男シリーズ、スピンオフ。シリーズ合わせて5冊目。
本編で、裏切者といわれていた田崎さんのお話です。

ただ一人の親友を裏切る結果になってしまった。
田崎はその原因である、麻薬取引をしている副島、北原に凌辱されていて・・・。
それでも、真紀を助ける機会をうかがっていて。
そんなある日、目の手術の為、日本に来たという外人、ジェイクと出会います。
そして、犬の散歩を手伝ってくれとジェイクに頼まれて・・・。


時間軸は北京の後のあたりから話が進んでいき、最後は香港の後あたりまで。
突っ込み所は、もう置いといて・・・ジェイクの正体とか、都合よすぎるなぁ~とか。
想像していたよりは、面白かったです。
何故、田崎は真紀を裏切るような事になってしまったのか。
このワケが解り、すっきりしました。
田崎の真紀に対する想いが、なんとも切ない感じで・・・最後の所での余韻が良かったです。

それと、田崎さん・・・総受けでしたね。ちょっとびっくりでした。
シリーズ1冊目ではそんな感じはしなかったのに。

田崎もいつか、真紀と再会出来ればいいな、と思えるラス続きトでした。

1

田崎、だから結局お前はどうしたいんだ?!(笑)

「新宿退屈男」に出てきた田崎刑事のお話~
「新宿~」に出てきてた時には、なんだか煮え切らなくてイライラする男でしたが…
この本を読んで煮え切らない訳が解り納得(笑)

内容としては、上司(近藤)がヤクザと癒着して私腹を肥やしてたわけです。
それを知った真紀は田崎へ、田崎は別の上司(北原)へ…
その結果が真紀の拉致事件、田崎自身の脅迫になるんですね。

はいっ?!田崎犯られちゃってるわけーっ!!(もちろんビデオ撮られてます)

なるほど~なので自由の利かない田崎は真紀を助けたくても
表立って動けないのか。
真紀を裏切ったことに苦しんでる田崎の前に盲目の元軍人(ジェイク)が現れてきます。
その時はジェイクの存在がどんな風になるのかハッキリしませんでしたが…

後に本当の彼はFBI(交換留学に来ている)の人間で、
警視庁幹部の内偵をしてたようです。
最初、田崎に近づいたのも北原たちの仲間だと情報を得ていた為。

だけど田崎に近づくにつれ事情も把握し、
ジェイクなりに田崎を守ろうとしてくれてたんでしょう。
まぁ守ってくれたのか?!

プロローグとエ続きピローグで田崎と真紀の学生時代が少し書かれてました。
田崎の真紀に対する想いがなんとなくわかるのですが
ジェイクが出てきたことによってなんていうのかな~?
真紀の事はもういいのかなぁ??

最後の最後でスッキリしないな~(笑)

0

裏切り者は?

新宿退屈男のシリーズから読んでいたら、人間関係がわかるけど、これだけだと、初めのあたりでは内容を掴むのに時間がかかりそう。
主人公、田崎が裏切り者かどうか、読み手側の判断になるのと、キティ・ミミィの飼い主ジェイクの正体がさらに作品を面白くしてくれる。

0

田崎、総受けでビックリ!

『新宿退屈男』シリーズのスピンオフ。
友紀の兄・真紀の親友で、友紀の元上司の田崎刑事課長のお話デス。
本編で、真紀の事件に対し何の行動も起こさず、その後もまるで敵かと思わすような行動をしていた”氷の美貌”(?)田崎の真実が明かされる!?敵なのか味方なのか?なお話になる・・・・のかな?
本編北京五輪後の話から始まります。

愁堂さん、こういうシリアス展開ものは特にですが、本格小説風の形態をとり、主人公のモノローグで進むので回想とか時間の逆転が随所に入り、その直後の展開は一体どこの時間の後なのか、見失うことが間々発生してしまう(涙)
相変わらず、会話が少ないし、解説風文章が多いので、ストーリーをなぞっただけの展開になってしまい、肝心のラブとか、本人の現在の気持ちというのが見えない部分が大きくて(過去についてはいくらでも出てくるのだが)何だか「ふ~ん」な感じで読み終わったあとの虚しさが、どうしてもついて回ってしまうのだ(残念)

結局、田崎は脅されていたということになるのです。
いや~、いくら”氷の美貌”と呼ばれるとはいえ、33歳で体格もしっかりしてる大人な人が、政治家やキ続きャリア官僚に犯られちゃってるとは!
総受けですよww←ちょっとそこはおいしかったりもするw
で、色々と真実を突き止めているんですけど、犯られるばっかりで、全然真紀を助けるアクションがない!!
そんな様子見で何年もやられっぱなしって一体男としてどうよ?
それが、友紀や真紀を守る為の行動だったとしても、そんな記述は多分一切出てこなくて、どう見ても流されてるっぽいんですよね。
田崎にもう少し骨太を期待していたのでちょっとガッカリ、、
で、犬がじゃれついたのが縁で、目の不自由な日系のジェイクと知り合い、彼の犬たちの散歩を請け負うことになるんですが、不規則な警察の仕事で毎朝早朝の散歩(しかも他人)って、できるの!?信じられないー!と思ってしまい・・・
ここでも別にジェイクに恋心ってわけでもなくて、何気に犬を通しての癒しを感じる程度だったと思うのですが、押し倒されて、犯やれちゃってまして、、、隠れヘタレなのか?ちょっと難アリじゃないのか?と思ってしまったわけです。
で、結局ジェイクの身分が明らかになった時に、田崎の束縛から逃れる新しい人生が開けるっていうお話になるのですが、いかんせんショボかったのです(涙)
難か田崎やられゾンって感じもしましたw
それに、香港出張言い渡されて自宅から銃携帯でホルスター入れて身につけて出国しますか?ありえないよね?

そんな穴がボロボロと目について、
お話的に、彼が真紀へ抱いていた淡い恋情みたいなのもさほどクローズアップされることもなく、
田崎を脅す政治家、、いちいち料亭へ呼び出すって!?田崎を拉致してもいつもと同じ料亭!しかも脅しがショボくてネチネチネチとただ田崎を苛めてるだけで、何の前進もない。
ドクター姫井も出てまいりましたが、彼って何科なの?目の手術するって?
そしてジェイクは中東で目を怪我して、日本へ手術で来ていたという一時目が見えない状態だったんですが、その状態で仕事って、、、ありなの?
みたいなジェイクの人間というものがほとんど見えてこなかったのですよ。

シリアス路線もいいですが、勢いで描き上げたって感じで、一番面白そうなキャラだっただけに、「こんなんか、、」感がついてきてしまったのが残念でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ