あなたを私の主人への捧げものにします。

うたかたの愛は、海の彼方へ

うたかたの愛は、海の彼方へ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
34
評価数
11件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796400640

あらすじ

ヴェネツィア貴族の子息・レオーネが迎えたトルコの使者は、死んだと思っていたかつての従者であり親友であった男。記憶を失っていた彼はレオーネの身体を望み!? 愛憎渦巻く、主従ロマンス!

表題作うたかたの愛は、海の彼方へ

オスマン・トルコ帝国の特使 デニズ・アイ・パシャ
貴族の次男坊・海軍所属 レオーネ・ディ・フォスカリ

その他の収録作品

  • あとがき(華藤えれな・高階佑)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

褐色ばんざい

高階佑先生の描く褐色肌のアンドレアがかっこよすぎる。あとがきの描き下ろしイラストのアンドレアが一番好きだ。

母への復讐心をレオーネに向けるのはお門違いと言いたいところだが、まあ仕方ないよね。自分は殺されかけたのに、同じ母から生まれた弟は幸せそうに生きてるんだもんね。

でも、母を殺しに行こうとは思わなかったのか?近くにいたのに。アンドレアの復讐は忘れても、母への恨みは消えない気がする。最後に暴いたりするのかと思ったけど。なかった。

アンドレアの酷い仕打ちで病んでいくレオーネの姿が痛々しいけど良かった。窓の縁に頭を預けて足を投げして座ってるシーンが好きだ。その後、アンドレアに抱えられるのも。

最後はアンドレアに置いてかれてしまったが、それで良かったと思う。恋人が誰かの慰み物になるなんて見たくないよね。それが、自分のせいだとしても。

レオーネの女装姿は最後まで見れなかったが残念。絶対、美しいのに。ネロ、そこは押し切らないと駄目だと思う。その、ゴツくて髭の叔父様の女装姿も興味ある。

レオーネの部屋で女物のドレスを見付けたアンドレアがレオーネに着せて楽しんでる続き姿を妄想する。アンドレアに言われたら、しぶしぶ着そうだし。

1

受が強い

とてもロマンチックな話です。

攻も受もどちらも好感の持てる人物で、どちらも応援したくなりました。
特に受の強さが抜きんでています。
男らしさとも違う人間としての強さを感じました。

具体的に言うと職場でゲイばれしても職務の為に普通に通勤してくる所や
その職場で後々出世してるところがすごいなと思いました。
そういう趣旨のストーリーではないですが痛快でした。
ど真ん中ハッピーエンドです。

0

ロマンチックなヴェネツィア

中世の水の都ヴェネツィア、それを舞台に繰り広げられる金の獅子のような青年将校とエキゾチックなオスマン・トルコの特使(元従者)との愛憎交じった恋。
最初の方は文章が浮かび上がらせる光景がロマンチックで綺麗でうわぁぁぁあ〜ステキーー!! 、とテンション上がったのですが、最後の方のまとめが急ではじめの期待感がしぼんでしまいました。

もう少し憎しみが氷解してく過程やらレオーネがなんでそんなにアンドレアに献身的なのかやらゆっくり書いて欲しかったです。調教としてやることはやってるのに気持ちの整理が最後の一日にどっとくるから、スローな私はついていけませんでした。(?-?)
従者と主人として過ごした10年に互いに色んな思いがあり、アンドレア:憎しみ+恋、レオーネ:友情、のような感じだったことが前提だと思うんですが、その時代のアンドレアの気持ちは少ししか言われないので、アンドレアの憎しみと恋の比率もよくわからず、レオーネもアンドレアに献身的なのにいつからか恋になったのか?まだなってないのか?よくわからず・・・
エロは気持ちが入っていないと萌えないので、二人の気持ちの理解が不十分なまま読んでい続きった箇所は萌えきれなかった・・・・ 読解力が足りないだけかもしれません。

後、レオーネは好きなのですが、アンドレアがレオーネを憎む理由が共感できなかったので、そこも消化不良の一因でした。受けしか見えてない攻めは大好きなのに、自分(の気持ち)しか見えてない様な攻めは苦手・・・微妙な匙加減なのですが・・・

設定はとってもツボだったので、中立です。

1

調教というには甘いなぁ・・

調教やSMは苦手なので、なかなか手を出せなかったのですが、表紙に引かれて読んでみました。

ヴェネチアの光景が目の前に広がるかのような文章に、素敵な挿絵。
それだけでも素敵なお話なのですが、せつなさの定番であるすれ違いや身分の差が良かったです。
レオーネ(受)が終始、男気あふれる、それなのに美しくて本当に素敵でした。アンドレア(攻)も最終的に選んだ決断は素敵。

ただ、アンドレアはレオーネを調教と言って抱くには、甘かったかなと思います。調教と言いながら、レオーネを最後まで手放さないのかと思いきや、本当にハレムに入れる計画もあったというのが、なんだか残念・・抱きたいための口実だったら良かったのに。

最後のアンドレアが捉えられた辺りから急速に話が進むのですが、雄大な話を1冊にギュっとまとめてあって、満足でした。

兄上の話もあったら、いいなぁ。鉄面皮の食えない兄を誰が料理してくれるのか、とスピンオフをちょっと期待。

0

歴史モノは難しいですね~

ルネッサンス期頃のベネチアを舞台にした下剋上的復讐モノな物語。
こういう時代背景的歴史ロマンて難しいと思いました。
いかにも物語物語して、ある程度の歴史があるわけなんで、そういった歴史を2人の愛が動かすというのは、どうも御伽話めいて見えてしまって(ファンタジーなんでいいのでしょうが)、妙にリアリストの部分が頭をもたげてウソ臭く見えてしまう。
国を動かすまでしないほうが、2人の関係に終始のめりこめてよかったような気もしないでもないです。
ただ2人の関係は面白かったデスよ!

子供の頃出逢い、自分の従者として、そして兄弟のように常に行動を共にし切磋琢磨してきたレオーネとアンドレア。
アンドレアの血筋から、戦の場で彼を庇うために砦に残し海戦に赴くレオーネですが、それはトルコの罠で、砦は落ちてしまう。
アンドレアを救えなかったレオーネは、彼を思い優秀な将として海軍で名を馳せるのですが、5年後、ヴェネチアとトルコとの和平交渉に訪れた特使はアンドレアにそっくりな、デニズ・アイ・パシャを名乗る男でした。

ここで面白いな、と思ったのがレオーネの兄・シルヴィオの存在。
彼はイイ人続きのようでいて、実は喰えないヤツだったのです。
交渉の最中に、その身代金調達と銘打って実は、、という変に策略にうごいてしまった為にレオーネが窮地に陥りアンドレアに奴隷としての調教を受ける羽目になる。
そして、それはラストまでひきずって、命の危機まで招くのです。
シルヴィオはレオーネを囮に使ってたんですよね。
要は、シルヴィオとアンドレアの国を背負った騙し合いというか、冷たい戦争だったという。
それはそれで面白く、それがあったからこそ、レオーネとアンドレアが結ばれるきっかけにもなるのですが。
そういった伏線を張ったのは上手いと思いましたが、シルヴィオの人間という部分では謎に満ち不可解な人物である印象を受けました。

一方、肝心の主役カプについてですが、
恨みからレオーネをスルタンの奴隷に献上、その前に調教というのは、辱めを与えると言う部分では最適な方法かもしれませんが、他人にやらせないというのが、アンドレアの未練だな~と思うわけで、しかし、そういった気持ちについては全く触れられてないので、自分の思い込み?
しかし、そう考えることでアンドレアの気持ちの推移はとてもよく理解できるのです。
レオーネについては、何だか贖罪のような気がして、愛は愛でもやはりちょっと種類が違うような気がどうしてもしてしまうのですよね。

ラストは驚愕でした!
いや、ちょっとないだろ?みたいな・・・
歴史的によく表現されるオスマントルコの在り方ではこれは・・・?
ヴェネチアは自由の国ですからありうるにしても、、、
そこがちょっと~と思った最大の部分かもしれません。
自分的には萌えきらなかったです(残念)

1

こうでなくっちゃ

綾なす愛憎。
謀略と、恩讐。
中世のベネツィアを舞台に繰り広げられる、愛と復讐の物語。

華藤さんの受けって、志高く、高潔。
もちろん超絶美形。
その受けが、自分のしっかりした意志で、攻めの陵辱や調教を受け入れ、あまつさえ、攻めが自分に対して、そうせざるを得なくなった心情にまでおもんぱかる。

これですよ!

戦う姫は、何をされても汚れることはない!

ただの自己犠牲の自己陶酔じゃない
受けの、この潔さが好き。

1

下剋上なんだけどな。

15世紀後半あたりのトルコとヴェネチアのお話。
ヴェネチアの元首一家に連なるレオーネは「海との結婚式」の日、アンドレアと出会う。
職を求めていたアンドレアはレオーネの家で雇われ、やがてレオーネの従者に。
しかし、ある海戦でアンドレアを守ろうとレオーネが起こした行動が結果的にアンドレアを裏切る形になり。
死んだと思っていたアンドレアと再会を果たすが、彼はトルコの特使となっていて、レオーネにスルタンへの献上品になれと言い出し…。

微笑ましい主従から下剋上へ。
そして、愛憎。
そこに国家間の問題が加わったようなお話でした。

下剋上好きの私としてはかなり楽しみにしてたんですが…うーん、なんだろ。
面白かったんだけども、ガッツリ自分の大好きな下剋上かというとちょっとズレてたかなと思ったり。

実際、アンドレアはスルタンへ捧げるためにレオーネに対して調教を始めるのですが。
これで、立場が逆転してるので下剋上ではあるのですが。
ホントになんというかただの「調教」なんですよね。
そこには、アンドレアの生い立ちとか海戦での裏切りとかがあっての憎しみの方が前面に出ている続き気がして。
まあ、あの時点では憎しみの方が勝っていたのかもしれませんが。
個人的には「こっちはこんなに好きなのにこんなことしても何とも思わないのかー!」的激情ぶつけちゃう感じの凌辱の方が好みなんですが。
ホントはレオーネだって内心では忠実な従者だった男のまるで違う態度にとても困惑しているしショックも受けてるんですが。
それを出すまい出すまいとするがために温度差がどんどんできてくるようなところもあって。
たとえ一方通行であっても気持ちが出てる行為であればもっと萌えただろうなーと。
お互いに「好意」が見えない状態では、どうも琴線にあまり触れないみたい。

毎夜のように続く調教が進んでくるとレオーネもだんだん何が何だかわかんなくなってきて。
それでも、その行為がそれまでのアンドレアが抱え込んでいた闇を少しずつ消していくのだとわかってからは、どこかそのことに安堵さえ覚え。
自分の身の上よりもアンドレアを想う気持ち。
それがなんなのかようやくわかり始める。
この自覚が遅いんだよなぁ…。
でも、レオーネのアンドレアを守るためなら自分はどうなってもいいっていう精神は好き。
首を跳ねられようが、男娼にされようが構わない。
それで、アンドレアが助かるのなら。
しかも、それを「アンドレアを助けるためだから」とは絶対に口にしない。
彼の枷になるような言葉は言わないのだ。

「下剋上」と聞いて期待しすぎてたのかしら?
それとも、下剋上にもいろいろあるってこと?
面白かったんだけども、印象としては自分の求めていたものとは違うかもーということになってしまいました。

あと、高階さんの絵がステキでした。
もうアンドレアが男前ターバンでワッショーイ!!(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ