……中に出して、いいんですよね……

なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど

nanka inma ni tsuskarechattandesukedo

なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神38
  • 萌×231
  • 萌26
  • 中立9
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
35
得点
401
評価数
110件
平均
3.8 / 5
神率
34.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576110356

あらすじ

ある日、淫魔に憑かれてしまった美和。三日にあげず同性と性行為に及ばなければ、死んでしまうと脅され、選んだのは…。
年下イケメン×ノンケ中年+オヤジ妖精?

ある夜、美和の前に突如現れた身の丈十センチほどのオヤジ顔の生き物。自らを妖精と称するそのオヤジは三日以内に男と性交しなければ死んでしまうと言うのだが…。妖精? 淫魔? え、どっち? てか、俺が男に抱かれる!? しかも中出し必須だと!? オヤジのたわ言と完全に無視を決め込む美和だったが、精気を吸い取られて体の不調は明らか。その上あろうことか部下の渡瀬にときめきを覚え、体が熱く反応してしまい…!? エロ大増量+書き下ろしつき!
(出版社より)

表題作なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど

男前で入社4年目の研究員27歳 渡瀬透真
妖精のせいで男と寝る研究所室長38歳 美和孝博

その他の収録作品

  • 俺の名前を知っていますか

評価・レビューする

レビュー投稿数35

タイトル通り!

淫魔に憑かれたノンケの受が、精気を得るために男と性交渉をしなければならなくなるファンタジー(笑)です。
『精を食う妖で妖精』と言い切る自称妖精の淫魔が、本当にいいキャラしてます。
最近ちょっとエロ過多なものを読みすぎているせいか、そこまでエロエロとは感じませんでした・・・ごめんなさい。
でも、テンポ良く話が進んでいくので、とても読みやすかったです。
ストーリーも渡瀬と美和がくっつく王道ハッピーエンドと予想出来るので・・・淫魔の魔法で男を惹きつけるフェロモンを放つ美和が襲われて、渡瀬以外の男に抱かれてしまうのでは?!という部分にハラハラしながら読んでいました。結果は・・・読んで確かめて下さい!(笑)
BL小説をあまり読まない方でも読みやすいと思いますよ!

0

オヤジ受が苦手でも楽しめました

CDを聴きたくて原作を読みました。現時点でシリーズ第三弾まで出ていて、こちらはその第一作です。

私のチョイスにしては非常に珍しいオヤジ受で、正直どうかなぁ…いやでも鳥海さんボイスと思えば…と複雑な心境で読み始めましたが、とても面白かったです。オヤジ受がどうこうより、淫魔(自称「妖精」)のオヤジと美和の軽妙な会話や一人だけ大真面目な渡瀬の発言が可笑しく、何よりエロエロなセックスシーンの描写にかなり萌えました。オヤジ受が苦手という方にも是非チャンレンジしてほしい作品です。それにしても同性と性交しなければ死ぬって…なんちゅー理不尽な笑

本筋とはあまり関係ないですが、二人の勤める研究所のお仕事設定がなんだか珍しくてワクワクしながら読みました。石油プラント系の研究職なのですがかなり細かく描写されていて、作者さんはそういう仕事か学問を専攻されていたのかしら…とか考えました。

0

タイトル!!

普段電子書籍はなんですが、当時、電子初期化してなくて、
しかたなく店頭で購入しようとしたものの‥
タイトルの恥ずかしさに、本棚の前で20分、
手に汗かいたまま立ち尽くしておりました。
ほとんど不審者‥ま、結局、買ったんだけどさ。

受受しい受様が苦手な私としては、楽しく読めました。
でも、「御頭(おかしら)」と部下に慕われる
べらんめぇ調の(イメージです)オヤジが、
フェロモン垂れ流しで襲われまくるっつーのは、
なんか対極すぎてイメージできんかった。

この作家さん、お初だった(本作がデビュー作らしい)んですが、
えちシーンの描写がすごーくエロい。
他の作品も読んでみたいな。

0

サラッと読める

小説なのにレビュー数が半端なく今更感が漂いますが、年末の整理で出て参りましたのでレビューを。

突然現れた淫魔の汚いおっさん妖精から『三日以内に性交しなければ死ぬ(しかも男と)』と言われたノンケの美和(受け)。
命のために決意した美和の相手を務めたのが、実は美和に片想いしていた部下の渡瀬(攻め)というわけです。

少し前に読んだので忘れてましたが、これって受けが38歳なんですよね…(汗
でも読んでる時は普通の年相応の男性という部分は違和感なく、そして同時に淫魔に憑かれたせいでヤリヤリフェロモン男になっていているというこの相反する部分がとても面白く書かれています。
普段はアラフォーの受けなんて萌えないのですが、これはとにかくテンポが良いので気にならなかったんですよね。
松雪さんはどエライ設定のご本がとても多いので、こういうライトな作品がお上手なのかもしれませんね。
ラノベ風のタイトルといい、サラッと楽しみたい方向けです。
反面山や谷が欲しい方には少し物足りないかもしれませんが、この作品は受け攻めよりも淫魔のオヤジが主役なのでね(苦笑

2

淫魔便利!

えろえろですね。淫魔に憑かれてやらなきゃ死ぬっていうのが、いかにもBLらしいトンデモ展開で楽しい。こういうの好きです。
ノンケだけど淫魔に憑かれてるから男にときめくし、はじめてでもちゃんとできちゃうし、求めちゃうし、男にモテモテ。なんて便利なんだ!!便利すぎる、ご都合主義だっていう意見もありそうだけど、わたしは「これはこういう話なんだ!!」って割り切って読めました。そもそもはじまりからして「淫魔に憑かれる」だもんね。

受けはとても好きです。受けだけどなよっちくない。(38のおっさんがなよっちかったらいやですけど)適度にさらっとしてて、えろいシーンとのギャップがあっていいですね。鈍感なとこもいい。
対して攻めにはあんまり魅力を感じなかったかなあ。なんで受けが好きなのかとか、よくわからなかったし、ただ受けの相手役として用意されている感じがある。男前だとはおもったけれども。

途中、男にもてるフェロモンが出る魔法をかけられてからがおもしろかったです。なんだこのハーレム展開。部下も旧知の同僚も通りすがりもみんな受けに欲情してしまうっていう。なかばギャグです。

そこそこ楽しめ続きたけれど、続編買うかどうかはびみょうかもなあ。

0

巷で噂のちっさいおっさんは淫魔なんか!?

タイトル買いです。
淫魔がちっさいおっさんとか読まずにはおれんですよ。
妖精とかぬかしながらかなりの鬼畜おっさんです。
かなり怖い(笑)渡瀬の精子じゃ足りずそこらへんの男にフェロモンふりまく魔法なんぞかけたもんだからさー大変。

渡瀬以外とはする気になれないのに、淫魔の魔法で体の自由を奪われ強姦されかけるわ、渡瀬にはお仕置きされるわ(笑)
受けがあと少しで40歳近いとかもーおっさんすきーには溜まりません。
書き下ろしのラブラブな二人の前に懲りずに現れる淫魔(笑)なんてやっかいなおっさんなんだ、、、。

切なくてキュンキュンさせられました。
渡瀬の虎視眈々なわりに早とちりで可愛い攻めワンコ♪
淫魔のおかげでむすばれたけど淫魔のせいで美和がほかの男にやられちゃうんで今後この二人にかなり注目です。

2

エロくて苦しい( *´艸`)

読み終えて冷静になると、結構おバカな内容なんだけど
途中途中はかなりドキドキして興奮しまくりました(エロくて)。
どうオチるのか気になったけど、この終わり方もアリですね。

このテンションで続編読みたいな。

ファンタジー?のようで、ファンタジーじゃないような
淫魔の存在はウケる。
キーマンなのにかなり適当な存在感が
逆によかったのかな(^▽^;)ははは。

初読みだったので、ほかの作品もぜひ読んでみようと思います。

2

なんか、面白かったんですけど

評判の高かった、魅力的なタイトルの作品。
松雪作品は先に「ウサギの王国」「ウサギの国のナス」を読んでいて、
その素っ頓狂な設定と、意外にオーソドックスなBLとしての作りが
割に好きだった。

この作品もそういう意味では同じ感じ。
設定から楽しいし、サラサラと楽しんで読める。
でも、ウサギはそれなりに切なかったんだけれど、
そういう感じもなく、ひたすらライト。
なかなか味のある職場に思えるので、
もうちょっとそこを生かせば、更なる深みが出たかも?

主役は……淫魔のオヤジだな(笑)
設定の勝利、っていう感じかな。
続編を読もうと思う程には、面白かったと思います。


4

無口系の不器用な年下攻め×口が悪いきれいめおっさん受け。なよってない受けが好きな人に。

こちらで中立評価が続いていたので覚悟して読んでみたのですが、受け攻めの設定が自分にとって萌えるものだったため、とても楽しく読めました。

ただ、「展開が早い」「いきなりのエロに置いてけぼり」「ご都合主義すぎ」などの評価が出るのも理解できるな、とも思いました。
そもそものテーマが「淫魔」というところでエロが多いだろうというのは想定の範囲内だったのですが、通常のBL小説に比べるとエロに入るタイミングが30ページくらいは早い印象でした。そしてエロ重視なのかと思えば、ねちっこいわりにあまり密度を感じられない。わりと細切れに入っているからかもしれません。
また、読ませる系の話ではなくトンデモ設定のライトな話なので、ストーリー練度に期待するとがっかりするというのもあるかと思います。特に恋愛模様の描写が少ないので、そのあたりに物足りなさを感じます。

個人的にはこの作家さんの文章のテンポが合うようで、楽しみながら読むことができました。なんだかんだと言いつつもBL小説での評価の最大基準は「自分にとって受け攻めが萌えるかどうか」というところ。これによってストーリーのアラが気になったり、逆にま続きったく気にせずに読めたりすると思います。

口が悪い、男っぽい、さらっとした性格の受けが好きな人におすすめ。読んで間違いなし。
ともあれ、外見は比較的きれいめのおっさんのようです。攻めは、無口で真面目だけど独占欲がしっかりあるタイプ。がたいがよくて侍系の外見。年下らしい可愛げも感じられます。萌ポイントは、攻めの嫉妬・無自覚にもてる受けというあたりかなと思います。

同シリーズの続刊があるみたいなので、購入したいと思いました。

4

淫魔にたよりすぎ…

研究所の部下×上司。
体育会系で割りと乱暴な物言いの室長(ノンケ)はある日突然、ゲイの淫魔取り憑かれ、「男とセックスしなければ死ぬ」といわれ、いろいろ思案し試みた結果、仕方なしに部下に頼んで相手をしてもらい、その後、恋愛に発展する…という流れ。
部下はやや寡黙な男前で、実は室長に片思いしていたという事情があるので、淫魔のおかげで室長との恋が発展して棚ボタ的なラッキーをつかんだことになる。

文章もうまいし、端々のコミカルな表現などは面白かったです。
が、いかんせん、受けと攻めをくっつけるためだけに淫魔設定があるとしか思えないのでそこが微妙でした。
ちょっとしたファンタジーとかミラクル設定は嫌いじゃないですが、
今回の場合、淫魔の存在意義はノンケの室長に男とセックスさせるためだけの装置的な意味合いなので、こじつけっぽくて好みではなかったです。
もともと室長にはゲイの素質があって、淫魔がいようがいまいが結果的に部下とくっつくことになるであろう要素が多分にあるか、あるいは、淫魔の存在が不自然ではない他の事情等が設定に組み込まれているならよかったのですが…
これじゃあ、淫魔と続きいうファンタジー生物がいなければ、室長は絶対男と寝たりしなかっただろうし、この二人はカップルとはならなかっただろうと思えるので、こじつけ感が半端無く、残念に思いました。

個人的な偏見ですが、『淫魔』や『お酒』などのアイテムは、力のない作家さんや手抜きしたい作家さんなんかが、展開を転がすのにいろいろ辻褄合わせてストーリー考えるのが面倒なときに使うアイテムというか、手段、という印象があり…
実際のところはわかりませんが、この作品に関しても、あ、安易な方に逃げたな…と思ってしまったわけです。。…勝手な偏見ですけどね。

受けも攻めもキャラの性格は好きだし、普段の彼らのコミカルなやり取りや適度に具体的に描かれた職場の雰囲気など、彼らを取り巻く世界観などはすごく好きだったので、
淫魔の助けなど借りずに、普通に部下が地道にコツコツとノンケの室長を落とすオフィスラブ的な話でもよかったのにな~なんて思いました。

《個人的 好感度》
★★・・・ :ストーリー
★★★・・ :エロス
★★★・・ :キャラ
★・・・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

2

タイトルは面白い・・・

内容については、もう他のみなさまが詳しく書いてくださっていますので触れません。

私はもともと『年下攻』も『オヤジ受』も苦手なんですが、その上『口の悪い受』とイラストの高城さんはものすごく苦手。そう思うと好きになれるはずないのかもしれませんね。

でも、確かにまったく好みじゃないし面白くもなかったんですが、だからと言ってくだらないとも下手だとも思わないんです。
これがデビューなら十分過ぎるくらいの水準には達してるでしょう。ただ単に、個人的な好みに合わなかったというだけです。

私はトンデモもコメディもダメじゃないどころか大好きです。でなきゃこちらもまず手に取らなかったでしょうが。
ただこれに関しては、すべてにおいて乗れなかったなあという感じですね。

ライトで読みやすいとは思いますが、なんとなく狙い過ぎな感じで白けてしまったのかも。正直、なぜここまで受けるのかまったくわかりません。置いてかれ感でいっぱいです。

まあこれに限ったことではなく、私は大抵の『神評価ズラリの超人気作品』は合わないことが多いんですけどね。好みが根本的にズレてるってことなんでし続きょう。

この作品でどこがよかったかと言えば、タイトルと小さいオヤジ淫魔の設定くらいかな。

いやホント、個人的な好みは別としてもこのアイデアは秀逸だと思っています。そこだけで『しゅみじゃない』にはできないくらいには。

4

これが2011年のBLアワード3位かあ

エロまでの設定を考えるのが面倒なときの救世主・男性向けラノベ定番の淫魔ものです
「御頭」呼びとか漫画(のノベライズ)みたい、又はBL(若しくは乙女)ゲームっぽいですね
挿絵は38歳には到底見えないです

『ひみつのセフレちゃん』、『ブサメン男子』、そして本作は、2011年度「なんか、神評価が多いのが分からないんですけど」作品トップ3です(次点はポルノスーパースター)
そういえば系統似てますねえ
軽さ(トンデモ系?)や色々すっ飛ばしたエロまでの展開の早さとか露骨なウケ狙いとか
一言で云うと男性向けを女性向けに置換した感じが

嫌いという程でも無いんですよ
でもこの手のものばかりが席巻すると嫌なんですよね

4

淫魔さまありがとう

ドエロイおやじ受け、死ぬ程愛してます。

……というのが最近の私の心の内であり、この本の率直な感想でもあります。
同じオヤジでも淫魔は私の守備範囲外でした、今回は(笑)

こちらでオススメして頂いた作品の1つがこの小説でした。
タイトルはどこかで拝見した事があって、面白いタイトルだなーと気になっていた内の1冊。
……と思って居たら、昨年のBLアワード3位でしたか!レビュー数も凄い。
すぐさま手に取り、頁を捲る手がすすむすすむ。


上にも記した通り、最近、どうやらオヤジスキーが半端なく進んでいた模様。
表紙の主人公と思われる男を見た途端、「これは…ヤバイ」と生唾を飲んだ私。
ふぁんたじーでふぁんたすてぃっく(笑)なお話を心から好むかと言われればそうではない自分ですが、淫魔のご都合主義な言い分や展開がまぁ何とも馬鹿らしく(褒めてます)面白かった。
「中だしして貰わなくちゃいけない」とか…もう受け決定なんですか最高です(笑)

また、オヤジ・美和の相手役となる、部下で男を抱いた経験のある、実は入社以来美和にベタボレだった渡瀬は、美和よりエライ年下でそしてもう続き獣臭漂う漂う。
私の脳内はエライこった祭り大開催でした。


淫魔の手(魔法)により、美和は色気ダダ漏れにされてしまうので、所構わず男に狙われまくります。
それをとにもかくにも心配してならない渡瀬なんですが、叶わないと思って居た恋心がズクズクと蠢いている訳ですから、もう自分でも止まらなくなるのでしょうね。
嫉妬も凄いし、きっと毎日でも美和を抱きたくて仕方ない。
その上、淫魔のせいとは言え、美和は男性経験初めての時から感じまくりのよがりまくり(笑)だから、尚更気持ちを抑えられなくなります。
最初は抱けるだけでも夢のようだった筈が、心も欲しくなる。
けれど、美和は「好きな人は居ない」と言う。

…あれ?
オヤジスキーで私の中での美和愛が強かった筈が、渡瀬に肩入れしている事に気付きました(笑)

男なら誰でもいい、兎に角この淫魔から解放されなければ!
と思って渡瀬に抱かれる事にした美和。
病気も持ってない、男を抱ける、更に中出ししてくれればそれで良かった筈。
……なのに。
美和が同期に抱かれている所を目撃されて、美和としては「又お仕置きされる」位にしか感じなかった。
けれど、いつまで経っても連絡は来ないし何も言ってこない。寧ろ素っ気ない。
そこから、「あれもしかして俺…」と気付くんですよね。
王道っちゃ王道?先が読める?
いやいやでも美和、オヤジだし!そんな恋心に気付いちゃった御頭は黙っていません!
淫魔も居なくなって抱かれずに済むけれど、渡瀬の気持ちは手放したくない。
そんな美和は、しっかりと渡瀬に気持ちを伝えてハッピーエンド。

描き下ろしの渡瀬目線のお話も最高に良かったー♪
渡瀬、もう肉食獣の香りしかしない(笑) 寧ろ自分のおかげで(せいで?)色気ダダ漏れ御頭が愛しくて仕方ない。
何年越しの恋だったのでしょう。渡瀬おめでとう。淫乱オヤジになってて良かったね(笑)


こちらの作品はシリーズ化されているのですね!
是非読みたいと思います♪

3

精を食らうあやかし

夜中にふと眼を覚ますと、枕元に小さなオヤジが座っている・・・
誰でも夢だと思うでしょう。
小人のオヤジの正体は、自称妖精の淫魔。
うっかり女に捕まり精気を失った為、たまたま通りかかった美和に盗り憑いたらしい。
三日以内に男と性交しないと、命は無いとそのオヤジ妖精は言う。
美和が信じなかったのは当然でしょう。私だったら絶対信じない(笑)

それでも、間違いなく体に異変は起きていて、
  満開のミモザの大樹を見上げる渡瀬に目を奪われる。
  めまいがするほどの体調不良。
  揚句、支えてくれた渡瀬の体臭に欲情する・・・
結局美和は、オヤジ妖精の存在を認めざるを得ず、男に抱かれる決心をします。

実は、渡瀬は入社当時から美和が好きで、いち早く美和の異変に気付いていました。
そして、ゲイでもないのに男に抱かれると言う美和を、
不審に思いながらも詳しい事情は聞かずに、抱いてくれます。

その後、オヤジ妖精の男を惹きつける魔法のせいで、
あちこちで男に襲われそうになる美和を、必死で守る渡瀬。健気です・・・
そして美和の家の台所で二人で食事の支度をしながら、
続き「どんな理由でも、あなたを抱ける、その事実だけで満足しようと思ったけど」
と、これも案外きついと切ない本心をほんの少し滲ませます。

とにかく、渡瀬が一途で、可哀そうになってくる。
そして美和も、オヤジ妖精が去った後で、やっと自分の気持に気付きます。
関係を続ける必要が無くなり、その事実を告げるとあっさりと引き下がった渡瀬。
実は渡瀬は美和と橋詰がつきあうことになったと勘違いしていたのですが、
それを知らない美和は、渡瀬もオヤジ妖精の魔法の影響で
自分に好意を持ってくれていただけだったと、落ち込みます。

仕事帰りに、ミモザの大樹を見て渡瀬に想いを馳せる場面は、切なく美しいです。
どれだけ自分が渡瀬を好きだったのか、
無くしてようやく気付いた美和の悲しみが痛々しいです。

その後、思いつめた渡瀬が強引に美和を抱きながら、積年の思いを告白。
欲しかった言葉を聞けて、犯されながらも喜びの涙を流す美和。
やっとお互いの気持が通じ合います。
この告白シーンは良かった~!「神」ですよ!

全編通してエッチは濃いめですが、
笑いあり、切なさありで、すごく面白かったです。

2

ちょっと想像とちがった・・・

面白かったです!!
でもちょっと想像とちがったかな?

オヤジの姿が本当なのか、イケメン美男子の姿が本当なのか・・・
定かではないちびオヤジの妖精に簡単に言えば、
精気っていうより
「精液くれ!」(※すいません)
ぐらいの要求で、とりあえず憑かれてしまう。
しかも24時間以内に誰か(ただし男に限る)に抱かれないと(受け決定。)
自分までもが死んでしまう超究極(;´∀`)
たまたまお願いした相手がまさかの自分のことが好きだという後輩でー・・・!?

いやー 初めての割に積極的でした主人公!(笑)
「もっと・・・」て。もっとって・・・理性飛ぶがな。←

んー正直もうちょっとアラレもないことになっているのかなー?なんて思っていたので
ちょっと想像とはちがいましたかね。
でも面白かった!
とりあえず攻めくんの思いが実を結んで本当によかったです(笑)

2

まず、設定から笑えました。

妖精?しかも精気(男限定で!)を食らっている?
極めつけは、赤い腹巻をしたひげ面のおやじ?
美和が困惑しまくったのは当然でしょう(笑)

結局、部下の渡瀬が美和の異変に気付いた事がきっかけで
助けてくれる事になるんですが、
渡瀬は実は前からずっと美和に片思いしてたんですね。
最初は、美和を抱けるだけでもいいと思ってた渡瀬が、
だんだんその関係が辛くなってくる・・・
そして美和に捨てられたと勘違いしてとった行動。
渡瀬の気持ちが切なかったです。

しかし、お話は至ってコミカルで笑いどころ満載!
淫魔のフェロモン魔法の影響で美和が男達に迫られまくったり、
それを渡瀬が必死に阻止したり。

そして、おやじ妖精から解放され渡瀬との契約が終った後で、
美和は初めて自分の気持ちに気付きます。
お話の最初と最後にミモザの大樹のシーンがありますが、
美和の切ない気持が美しく表現されていて、本当に好きな場面です。
このシーンがあったので「神」評価にしました。

3

タイトル最高☆ 設定最高☆ B級万歳☆

萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
今更ながら読みました第一弾。
オヤジな淫魔(自称妖精)に寄生されたおかげで、3日以内(そして以降は3日ごと)に受身側で男と中出しエッチしなきゃ死んじゃうとか……!
どないやっちゅーねんw

そんな(読者にとって)ご馳走設定ですが、本人にとっちゃー迷惑千万以外のなにものでもありゃしません。合唱。
死ぬか男と寝るかっちゅー二者択一を迫られことになってしまった哀れなBL被害者(笑)のサラリーマンこと、美和孝博さん38歳。
そして、「あやつの精気を!」とオヤジ妖精に狙われたのは、具合が悪くなった美和に手を差し伸べてくれたゲイだと噂のある27歳の部下渡瀬というわけでありまして。
そんな二人の、体から始まるリーマンラブです。
設定は奇抜ですが、恋愛面はわりと王道で、安心してさくさく読めるライトな面白さがあります。

見所は、二人のすれ違いと、あっちこっちでしちゃうエッチでしょうか。←なんせ最低3日ごとにしにゃならんので。
追い詰められた主人公の美和ですが、ずばずば言っちゃう率直さとか、やけくそ気味に腹を括っちゃう男気とか、湿っぽさがない性続き格のおかげで、のんきに傍観者として楽しめました。
ただ、ほぼ設定が設定で終わっちゃってるところが非常にもったいない。
この面白設定を活かしてもっとストーリーを膨らませてあればズバ抜けて面白い話になりそうなのに……!というもったいないお化けに取り付かれました。
続編あるみたいだけど、評価がいまいちだしなぁ。どうすべ。
オヤジ妖精の活躍とか見られるのかしらん。

それにしてもこれ渡瀬視点の物語だと、まっっったく違った切ない話になるんだろ~な~と思うとちょっと読んでみたい。
あ、でもオチがオヤジ妖精か。
………ダメだこりゃ。笑

5

好評価に納得

好評価といえど、自分も好きか分からないので
オヤジの淫魔がひっかかって読めずにいた作品でした。
が、読んでよかったーー続きも読みたい!

オヤジ淫魔がいい味出してるのは間違いないのですが
38歳の美和がかわいすぎる点、オヤジに萌る日が来るとは!
3日に1度は中出ししないと精気を吸い取られ死ぬ設定の為
エロは多め。悪くないです(笑)

オヤジ淫魔のキャラ通りのイラストで合っていたと思います。
美和はカラーはいいんですが、38歳より5歳くらい老けてみえる気がします。
脇キャラ(橋詰や星、山崎、大豆生田、篠澤)のイラストもあると良かったなぁと
少し残念だったかな。


2

ふぁんたじっくw

う~む。面白かった。
いっぱい笑いましたなw

すご~く笑えるんだけど、ストーリーの途中では、
攻めの渡瀬くんの気持ちを考えると
とってもせつなくってツライ。。。

当の本人である攻め様・受け様はもちろんのこと、
周りの大人たちの翻弄される様に、
「どうなるんだ?!」とワクワクしつつ読めました。

評価が高いのもうなずけます~。

えっち度はちょっと高め?で、
かなり“ふぁんたじっく”でしたが(笑)とても面白い設定で、
アッと言う間に読み進められました。

2

面白い設定

オヤジ妖精が面白かった( ̄▽ ̄)b
エロ満載作品でした。
体的なエロさは満載でしたが、相手を求める心のもどかしさというか心理的なエロさはあんまりなかったので、あんまり入り込めなかったです。
書き下ろしの「俺の名前を知っていますか」のほうが私は好きでした。渡瀬が可愛い。

2

愛すべきオヤジ!

オヤジ顔の妖精に憑かれる!?しかも3日以内に男と性交しなきゃ死ぬ…!?
なんだそのトンデモ設定はー!絶対面白いに決まってる!と
読む前から面白そうな匂いがプンプンしていた今作ですが、期待以上に面白かったです!
明るくて、とても読みやすかったです。

飽きさせない展開でぐいぐい惹き込ませてくれ、登場するキャラ達も個性に溢れ、
この作品に見事にハマってしまったため、続編もドラマCDも即!予約しました。
今から楽しみですな~。

38歳独身で、繊細そうで結構なイケメンなのに、口の悪さから彼女もいなく、
仕事の部下たちから『御頭』と慕われている受け・美和と、
27歳で入社4年目になる和風男前で、女子からも大人気な攻め・渡瀬。

謎の妖精に憑かれ、精気が足りないからもう今日中には男に抱かれないと死ぬ…!という
ところで、部下である渡瀬に美和は抱かれることになるのですが、渡瀬の隠せてない
がっつき具合が萌え!でして~!魔法をかけられたことも加わって、乱れてしまう美和も
とんでもなく可愛いのです!

そこから男を魅了するフェロモン効果によって、美和はいろんな男たち続きから
セクハラされまくるのですが、美和が天然というか鈍感で!
スーパーで買い物中、怪しい男に狙われても『あ~。やっぱスリか』で片づけ、
いろんな男たちから美和を守る渡瀬がその鈍感っぷりに翻弄される様が、
胸きゅんなのです!

一途に一途に美和を想う渡瀬が『お仕置き』と暴走したり、
読んでいるこっちからはもうバレバレな片思い具合にきゅん!です。

書き下ろしの『俺の名前を知っていますか』は、渡瀬視点のお話で、
美和が初めて『透真』と呼んだり、美和が無自覚にとっても可愛い発言を
してくれちゃったり…読み応えたっぷりです。

愛すべきカップルで、とっても素敵な作品でした!
続編も楽しみです。

2

ナイスおやじ

今更レビューとなってしまいましたが、
続編が出るということもあり、レビューを書かせていただきます。

淫魔にとりつかれてしまったため、3日に1回は
エチをしなきゃいけない状況に追い込まれた、
御頭的性格の研究者の美和。
そして、その美和を好きだった、部下の渡瀬。

この物語、何がいいかって、美和が素敵☆
おやじ受好き~には、たまりません。

そして、続編では、名前が出ただけであまり触れられてなかった
キャラが出てくるようです。気になってたんですよね!わくわくです。

2

攻も受もキャラ良すぎです

トンデモ設定が面白そう!と思っていつつ、正直オヤジ受けは得意ではないので避けていましたが、避けていたのを大後悔です…
でも続編やCD発売の直前に読めたのでかえって良かったのかも。

受の美和は女には縁が無いものの見た目は良い方で、仕事も室長という地位で部下にも慕われて…という感じす。
そんな美和に話の途中で淫魔(と言ってもオヤジ妖精)が魔法を掛けたせいでフェロモン出まくりで男にモテまくりです。
攻の渡瀬(モテまくりのイケメンだが恋人無し)は魔法に関係なく昔から美和を好きでしたが。
もしも「冴えないオヤジが淫魔の魔法のせいで男にモテまくり~」いう展開なら、個人的に神評価は有り得ないどころか手にも取らなかったです。
元々の美和が割とスペック高め(だと自分は思う)と言うのが良いのです。
あとこの受に関してはオヤジ受け、というのがプラスになっていると思います。
淫魔がオヤジ妖精(復活後は美青年)というのも面白くてポイント高いです。

あと、攻の渡瀬が男前ですが健気で健気で…
思いが通じる前の、誤解から無理矢理美和を抱いている時の渡瀬から美和への「好きだ」連呼にぐっと来ま続きした。
本編終了後の渡瀬視点の話のラブラブっぷりも良かったです。

美和も渡瀬も良いキャラですし、周りも嫌なキャラはいませんし、ストレス無く読めました。

続編が楽しみです!

2

おもろい!!

いや~おもしろかった!!
評価高いのも、BLアワードにノミネートされてるのも納得ですな。

タイトルからして印象的ですが、内容もぶっ飛んでます。
でもすごく読みやすい、エロはエロエロだし。
受がオッサンなのにツンデレでかわいいし。
オヤジ妖精の魔法の力もありますが、超天然魔性受です。
あと、高城たくみ先生の描くオヤジ妖精も必見ですね。笑

今月下旬に続編も出るようなので、そっこー買って読みたいと思います。
この作品よりは評価は落ちるようですが、他作品もチェックしてみよう。

2

コメディ・総受け好きならオススメ

BL本の中でも、何度も読み返すほどお気に入りの本です。
でも、コメディ・軽いノリなのであまり期待しすぎると拍子抜けするかも。
コメディが好き、トンデモ要素が好き、中年受けが好き、総受けが好き
これが好きなら大丈夫です。

1

オヤジな妖精

妖精が出てくるようなファンタジー設定、実は好物です。

私、読書歴でいうとBL歴よりFT歴の方がずっと長かったりするので、馴染みがあると言ったら、断然、アラブの傲慢な王様よりけったいな妖精だったりします。
なので、このオヤジな妖精、とってもブラボー!!
あやかし足るもの、こうこなくっちゃ!
妖精に取り憑かれて、男と性交して中出しされろ、でないと死ぬぞ!って強要されるってお話なのですが、これが実にすんなり納得できてしまう。
ちゃんとラブも収まるところに収まるし、エロもたっぷり、挿絵もエロかわいい。
評判いいの、納得です。

この作品、AtisさんがドラマCDにしてくださるようですが、お茶目な妖精さんに遊佐さんがキャスティングされるといいなぁ。

1

面白すぎです

長いタイトルでそのままのお話でしたがかなり面白い。
この作者の感性は最高にいいです!かなりハマります。
そして出てくる淫魔って言ってもBLでおなじみの
エロムンムン淫魔でなかったのはかなり意表つきまくり。
何処の世界の淫魔なの?って笑えました。
ミニオヤジの淫魔なんてギャグそのままでしょう?
まぁ、本人は妖精とのたまっていますがそれもいかがかと。

三日以内に男と性行しないと死んでしまうなんて設定です。
それでもどんなにそうしなければダメだと解かっていても
なかなか男を誘うなんて出来ないと悩みまくる受け様の
苦悩の様子にニンマリ萌えます。
部下にトキメキ、身体にはエロ反応、年下の攻め様の
健気な感じも良かったです。

1

どこもが期待通りでした♪

タイトルから、ファンタジー系?(苦手なんで)って、先に【オヤジだらけのシェア生活】を読んでからこちらを読みました。
【オヤジだらけ~】も良かったのですが、でも、こちらのデビュー作の方が文章も表現も自分的に上位。
作品全体が、明るく可愛く話の辻褄が行き届いています。
その中でどこにでも居そうな男達が、ファンタジーの淫魔オヤジに影響されつつ、期待した通りに動いてくれているんですよ♪

元からモテ気質なのに淫魔フェロモンが加わって、最強の吸引力の持ち主になっちゃった無自覚ノン気の美和。
その美和に、脇役達がこぞって引き寄せられる様とその接触、そして、ソレを柱から覗きハンカチを噛んでいるような渡瀬のイライラが、作者の勢いと上手さもあって、ホント面白かったです^^v
そして、やっぱり、期待通りの1番は、淫魔フェロモン関係ない時からの渡瀬の想いが、鈍感な美和にも根底では通じているっていうところでして♪
美和が、渡瀬しか体を許したくないとか、渡瀬のいちいちを気にしているのに、恋愛感情だとはなかなか気付かないまま後半まで引っ張るのも、ここらのセオリー通りの“すれ違い”を愉しんでいました続き
年下のジレジレワンコって良いよね~!
その征服欲満たした時の、渡瀬の鼻の膨らみが感じ取れたり、ずーっと二マニマ♪

8割は正解するクイズ番組のような気楽さと心地良さが、この作品にも言えるんじゃないかな。癖になるような感じです。
高城たくみ先生のイラストも、この作品に合っていると思います。
どこもここもが読者のニーズに忠実で安定した優良作品でした♪

3

災い転じて福となる、かな?

タイトルも設定もかなりツボで面白かったという言葉に尽きます。とても読み易かった。
40歳前のオッサンで会社でもそこそこ地位のある立場の美和(多分美人の部類に入るのだろうと思うのですが)の思考回路はいたって普通で、しかも職業はバリバリ理系の研究職。
科学至上主義ではないけれど、とても現実的な考えでもって、妖精と名乗る・・・いやオヤジ淫魔に振り回さる姿が面白く、その身に降りかかった災厄には思わず同情してしまう。

とにかく、オッサン妖精は好き放題で。
美和に自分が好みの精気を持っている男を見つけては『あやつをげっとするのじゃ!』とか『手合わせ願うのじゃ』とか好き放題騒ぐ始末。
体の自由を奪ったり、男が寄ってくるフェロモンを過多にする魔法を美和にかけてみたりと好き放題で、美和がそのたびに抵抗したり、折れたり、折れさせられたり・・・とふたりの会話というか、妖精オヤジの好き勝手な言動も面白かった。
美和にしてみれば、男好きでもないし身の内でオヤジがぎゃーぎゃー騒ぐのほんとに迷惑そうで。

そんな中、オヤジ妖精にとっては餌、美和にとっては男前の年下の部下で、最終的には恋人に昇格す続きる渡瀬とのやり取りも、読んでいて楽しかった所。
美和のことをどう考えても好きな渡瀬、でもそんなことは気がつかない美和。
中出しで精気を取らなければオヤジと共倒れになってしまうのを防ぐために結んだ体の関係。でも、渡瀬にしてみれば体だけでも美和が手に入る訳で。
元々好きだった人に求められ、嫌がる訳もなく、せっせとご奉仕するし、もうその美和さん大好きっぷりがある意味健気でいじらしい。強引なのに、強気に出るのに、最後の最後で相手に強くでることが出来ずにツメが甘い、年下攻めの醍醐味ですね。
言葉の端々でも美和に好意を寄せていることが見えるのに、美和は全く気がつかない鈍感さで持って、渡瀬を振り回す。
40歳前にして小悪魔要素アリ!?いや、ただ単に、鈍感で色恋に疎い恋愛不向き体質なのかな?
勘違いから、無理やり美和を抱いて~と言う流れでの渡瀬の切羽詰まった必死な「好きです」攻撃にはきゅんきゅんさせられました。

『俺の名前をしってりますか』では攻めの渡瀬視点で話が進みます。
いつの名字でしか呼びあわないふたり。それは恋人同士という前に会社での上下関係をそのまま引きずっているようで。
ひょっとして、美和さんは自分の下の名前知らないじゃないだろうか?という疑問。
そのことについて、しっかり美和に「下の名前を知らないと思ってたろ」と気取られ言われるあたり、顔に出まくってたのかな?
色恋沙汰に疎いのにこういう所だけ鋭いとか反則ですね、という美和シーンがいくつかあり、そのどれも萌えさせられるシーンでした。
続編の名前のエピソードしかり、座イスのエピソードしかり。小技がちょこちょこ効いていて、ちょっとしたことだけど情景が浮かぶという読ませ方も上手かった。
淫魔と冠しているぐらいなので、イタすシーンもエロエロしく、タイトルに偽りなしかと。
始まりはオッサン淫魔に憑かれ、ノンケなのに否応なしに男を求めなくてはならないこれ以上ない不幸な出来事から、渡瀬という恋人を手に入れる。災い転じて福来る~な話だよね!と思いました。

1

先ずタイトルにやられました~!

帯『……中に出して、いいんですよね……』

初見作家さんだったんですが、先ずこのタイトルにやられちゃいましたよ!
これは思わず手に取っちゃうでしょー!!って位の秀逸なタイトル。
それに加えてノンケオヤジ受&電子書店パピレスの人気投票1位って帯に魅かれて買いましたー。

いや、当たりでした!もっそい面白かったですよ。
文章は読みやすくサクサク読めます。
30代のノンケ男・美和[受]が突然に淫魔に取り憑かれちゃうんですが、この淫魔がちっちゃいしょぼくれた爺な段階ですでに、ぷぷぷっ。
またこの妖精爺(淫魔)の高城さんの挿絵がいい味出してる事ったら。
突然取り憑いて、3日以内に男に抱かれて中出しされないとお前は死ぬって凄い勝手な事言ってるんだけど、なんかこの妖精爺が憎めない!
またこの妖精爺が、美和にだけ見えて「ほれ、この男を落とせ!」とかいちいちけしかけてくるのもおもろい。
結局美和は、部下の渡瀬に抱かれる事になります。
妖精爺の淫魔力の影響で渡瀬にフェロモン感じてときめいちゃったり最初から気持ち良くなっちゃう美和はエロくて可愛い中年で萌えます。
渡瀬が相手をして続きくれる事となり、それで一旦は乗り切るんですが、何せ3日以内に中出しなので妖精爺が美和の意志と関係無しにけしかけて他の男も落とそうとするんですが渡瀬はそれを快く思わない。
淫魔力の影響で男に抱かれた美和が男を誘うフェロモンを出しまくりで部下達まで魅かれていく様子もいとおかし。
最後はしっかりオチまでついて、いやーおもろい作品でした。
今後の期待も込めて神で。

1

大好きオヤジ!!

こういう作品を待ってた!オヤジ好きの私には嬉しすぎる作品でした!

もう三和さんが可愛過ぎて・・・くそぅ・・・こんな可愛いおっさんがいてたまるか、いたら放っておきませんよ。

この作品の内容は、ざっくりいうと受けが変な妖精に男にモテちゃう魔法をかけられて、男からセクハラされまくる、という話です。

でもそんな魔法をかけられた張本人、三和はめちゃくちゃ男前な性格で、色恋沙汰や、人の好意に超鈍いんですよ(笑

男につけられて接近されたり、チラチラ見られたりしても、自分がどんな危険な状態にあるかも気付かなくてめちゃくちゃ無防備。
そんな危なっかしい三和を必死に守ろうとする渡瀬。
この二人のバランスが非常によかったです。

話自体にシリアスな雰囲気はなく、三和と渡瀬の掛け合いや、三和に惑わされる男たちの葛藤など、色々笑かさせてもらいました(笑
淫魔も他のBL作品でみるような、艶っぽい美男子とかではなく、ちびっこいおっさんです(笑)
力が回復すると美男子になりますが、どこかフェミニンな感じで淫・・・魔・・・?って感じ(笑)

肝心な濡れ場ですが、いつも男前な三和が続き、魔法の力(感じやすくなる)も手伝って、めちゃくちゃに乱れる姿はまさにエロキュン!
40前の男前オヤジがあんあん言ってるのってなんかすっごいエロかったです・・・!

全体的にテンポもよくて、素敵なハッピーエンドであまり人を選ばない良作だと思うので、機会があればぜひ読んでみてください~、オススメです!

1

これはいいエロキュン

あらすじを読んだ時点では思わず目が滑るようなトンデモ設定なのに、それをいかしきったストーリー展開に拍手です。

神評価にしようかとも思ったのですが、まだ新人の先生でいらっしゃるようなので、伸びしろに期待してあえて一つ下げました。そのくらい面白かったです。
肩の力を抜いて読める軽めのコメディで、エロもバラエティに富んでいて、特殊設定だからこそ起こるシチュエーションでの胸キュンもきっちりおさえてあって、かなり満足度高いです。

これ、シリーズ化して今度は攻めに妖精がとりつくパターンとかどうですかね。読んでみたいかも。

1

エロリック

や、文句なしに面白かった(´∀`∩
タイトルもタイトルながら、この見出しww
たまに拝見する感想サイトさんで取り上げられておりまして、なんぞこの設定!!!?
思わず読みたい衝動がウズウズ。
こういう突飛な設定ってなんかすごく萌えます。
今作のかわいい受はなんと37歳独身のノンケ。
そんなしがない研究員の彼が、なんと淫魔に取り憑かれてしまう。
しかも、3日以内に男性に抱かれ、あまつさえ生で中出しされなければ死んでしまう・・?!ちょっwどんだけ人をおちょくればってなお話なのであります。
正味、淫魔に取り付かれて、性の虜にされてしまう作品はよくあるのですが、淫魔に取り付かれたがために、男を捜さなければいけないという設定は珍しいなと思いました。しかも取り付いた淫魔が小さいオッサンとかw
どないやねんっ( ´∀`)ゲラゲラ
あまつさえ、3日に1度は最低限性を補給(つまり抱かれ)しなければならないとか。「~してやんよ」とばかりに余計なお世話をやき、無駄な労力つかったあげく、しっぺ返しが受にモロとかwww
面白かったです。ただ、ちょっと期待値が高すぎてコミカルという部分では続きもうひとつハードルクリアできなかったかなというのが残念ではある。

恋愛面に関して。
この描写が実はうまいな~と思ったのでした。
受の視点から描かれているわけですが、この受。もともとはノンケ。
男に抱かれるなんてよもや嫌悪でしかなかったのだが、部下でもある攻の匂いにクラっと。そしていつしか惹かれ、ほだされていくというお話。
攻がグイグイアピールしているわけではないのだが、あれ?おかしいぞ・・・ドキっな場面。
引き込まれました。
もともと、受のことがスキなんだろうな~な匂いは最初からぷんぷんの攻でしたが、最後の暴走。
受を犯しながら、はぁはぁしながらの「好き」の連呼。
これはズキュンwストライクでした。
こーいうのスキっwガマンの限界こえて暴走しちゃう攻スキです。
ラストには攻視点でのエピソード。これもなかなか。

濡れ場。
なんだかんだでやっぱりエロスは大事!
というわけで、エロスなお話。これがまたウマイんだ。
淫魔(オヤジ)のおかげ(?)で感度が良好になりすぎた 受は、はじめてなのにもかかわらず乱れてしまう。
あまりの快楽に、欲望のまま求める~から始まり、3日に1度が2日に1度になり、あまつさえ~な展開ウマ。
場所がバラエティに富んでいるのもオイシイ部分ではあるのですが、個人的には、ねちっこく何度も繰り返されるこの長くて濃厚な描き方がすごくスキでした。や、うん。1回出したらサッパリありがとうっ!
じゃ物足りないのだよ(゚д゚)カッ
淫乱でかわいい中年受。若い雄を振りまきながらもワンコな攻。
なんとも読み心地のよい一作でした。
そのくせ「生で中に出してくれる男を紹介してくれ」とか卑猥な言葉をはいちゃうんだからスバラシイとおもうのです。

3

なかなか奇抜な設定と王道の甘さ

ある日を境に、自分を妖精と名乗るちっちゃいオッサン…淫魔に取り憑かれてしまった主人公、美和孝博。女に抱かれてしまい精力尽きた淫魔のせいで、美和は男に抱かれて精力を吸収しなければ3日で死んでしまうというあり得ない事態に。研究一筋、ノンケだが女にすらあまり興味が持てない美和に、命のためとは言え急に男に抱かれるなど考えられない。しかし決意して協力を呼び掛けたのは同僚で後輩の渡瀬。大層モテるのに美和同様、女に振り向きもしない彼にはゲイではないかという噂が囁かれていた。美和はその噂を鵜呑みにはしていなかったが、それがきっかけでなんとなく渡瀬にゲイの友人を一人紹介してもらうよう頼むが、結局その友人は来なかった。不穏な事態を察知した渡瀬はわざと呼んでいなかったのだ。どうにもならない美和は渡瀬に誘われるまま、淫魔のことを隠して渡瀬と関係を持ってしまうが……。



かなり早い段階での濃厚エッチシーンでした(笑)
初めてなのに、淫魔の魔力のせいで感じすぎてしまう自分に戸惑う美和が可愛いです。
その後も淫魔の妖力で、友人、同僚たちに迫られてしまう美和。そのたびに渡瀬に窮地を救われていきます。
渡瀬には抵抗続きなく抱かれることが出来るのに、どうして他の奴じゃだめなんだろう…と悩む美和ですが、もちろんその裏には渡瀬への特別な感情がある訳で^^
研究一筋で色恋にかなり疎いという設定でしたが、あんだけやることヤっといて、どうして…と悩む美和にちょっと笑いました(笑)

ストイックな感じの渡瀬が美和を守ろうと必死になる所も可愛いです。
恋する男はやっぱり馬鹿なんですね(笑)
すこーしヘタレな一面もあるようですが、それもいいです♪

ファンタジー色の強い作品でしたが、読者が引けを感じてしまうような無理矢理感はなく、楽しくすらすら読めます。
美和、渡瀬以外のサブキャラもなかなか魅力的で、世界観もしっかりしているし面白いです。

もちろん最後は気持ちよくハッピーエンドで(^ω^)


甘甘が好きで軽く読みたい人にオススメ!

2

あり得ないからこそ面白い

淫魔に取り憑かれると言う設定は割合あるのだけれども、ノンケのくせに取り憑かれて、どうしても男とHしなきゃ死んじゃうかも!と言うのは、私的に初めての設定でした。何が面白いと言えば、ノンケで研究一筋のあと一歩で40男が、淫魔にたまたま取り憑かれた為に、大騒ぎになってしまうと言うところ。その淫魔は男専用で、男の性を吸収しなくては消滅(取り憑かれた人間諸共)してしまうと言うとんでも無く迷惑千万な妖怪(?)生出しして貰わなければダメなので1日で男を見つけなくてはならなかった主人公は、男前で女にモテモテの部下に「ゲイの友人を紹介しろ」と迫ります。

話としてはテンポが良いですね。そして主人公の苦悩ぶりがまたいい。そして攻めの健気さが拍車をかけて、主人公の色気の無い男っぽい態度も自然ですんなり頭に入ってきます。これはなかなかの秀逸作品と思ってしまいました。

しかも淫魔が「小さいおじさん」なので余計にコミカル。
「さっさと口説け!」と脳内で催促しまくり(笑)文句を垂れながらも淫魔の妖力で男が磁石に吸い寄せられるかのように主人公に迫り、それをなんとか阻止しようと攻めは必至で攻防してるのが可愛続きいです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ