凛花は夜に散らされる

凛花は夜に散らされる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
ISBN
9784812438060

あらすじ

「俺かあなたか。どちらが早く堕ちるか賭けないか?」
「私は利用価値の無い人間とは寝ない主義だ」

警視庁公安部に籍を置く紀藤亮二は、その生まれ持った中性的な美貌とは裏腹に、冷酷で強引な捜査を行ってきた。
しかし、ある重要な囮捜査に失敗してしまう。
「これはチーム全体の責任だ」
そう主張する部下の嘉神を退け、己の失態を取り戻すため日頃から紀藤の容姿を気に入っている権力者を、体の取引で利用しようと考える。
だが、それを嘉神に妨害され…。
そのまま嘉神に閉じ込められた紀藤は、自分にとって利用価値のない部下に身体を貪られ…。
(出版社より)

表題作凛花は夜に散らされる

嘉神貴臣 補佐を務める警部 キャリア官僚
紀藤亮ニ 警視庁刑事部参事官 階級・警視正

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大分イカレタ攻め!

 警視庁公安部に籍を置く紀藤亮二は、冷酷で強引な捜査を行っていた。
 そんな自分に反発する上司がいるのも理解の上。
 それでも自分のやったことに対するおとしまえは自分自身で付けるし、部下に責任をなすりつけようとも思わない。
 また、持って生まれた中世的な美貌を生かして、男と寝るのも常套手段だった。
 とにもかくにも、自分の使えるものは全て使い、自分一人だけで捜査を行う。

 そんな紀藤が大きな失態を犯した。
 人身売買をしているという外国マフィアを追い詰める手段として、囮を使う捜査をしていたのだが、その囮に裏切られたのだ。
 おかげで、マフィアは叩けず。それどころか、警戒されて手を出しにくい状況になってしまった。
 その手段が問題となって紀藤が責められる事態に。
 失敗したからには、何らかの処分をされるのが当然と思っていることはそのことに不満を抱いておらず、それどころか、「もっと自分を頼って欲しい」と言ってきた部下の嘉神を退け、自分自身で責任を取るべく、新たなカードを切る事にした。
 それは政界のフィクサー、その力は裏社会へとも及んでいるという大物とのつながりを続き持つために、とある男と寝る事。
 自分の目的を達成するためには、他の男と寝る事も厭わない紀藤はいつも通りことに及ぼうとしたが、そこにどういうわけだか嘉神が邪魔に入る。
 実は、紀藤が寝る筈だった男と従兄弟同士だという嘉神はどういう訳だか、相手の男が去った後もその場に留まり続ける。
「帰れ」という紀藤に対し、嘉神はその場を離れようとしない。
 それどころか、去っていた男の「代わりをする」と言い出した嘉神に対し、紀藤は「俺は自分の選んだ男としかしない」とすげなく言い返すと嘉神は紀藤を無理やり押し倒してきて……

 という話でした。
 そしてそこから紀藤の非番の二日間を使って、嘉神が紀藤を監禁するのだけれど。
 その監禁の時の嘉神の狂いっぷりが素晴らしかったです。
 監禁した時に、とても致死量の少ない媚薬を紀藤に入れて、尚かつ自分もそこに挿れる……「どっちが先に堕ちるか賭けましょうか?」なんて、はっきり言って正気の沙汰じゃない。
 でも、そういうのがいい。
 何ていうか、いっそそこまで狂ってしまうと、物語として清々しいですよね……。

 結局、身体だけ堕としても紀藤には何も効果がないと知った嘉神が紀藤を解放して一旦は終了。
 ただし、嘉神も嘉神で、そんなことで紀藤を変えられないのならば、そんな紀藤を「守りたい」と思って方向転換。
 紀藤の代わりに刺されてしまう。
 他にも、紀藤が動きやすいように嘉神はいろいろと根回しをしてくれていて、紀藤は、再度自分の無力さを痛感して、自分一人で動く事は変えられないけれど、時々は嘉神の力を借りようと少しだけ自分の持論を曲げる事にして、ハッピーエンド。

 今まで頑なまでに変えようとしなかった紀藤が、少しだけ譲歩したのだからそれは紀藤にとって大きな事で、まだ決して「ラブラブ」とは言い難いけれど、確かに紀藤が嘉神の事を必要とした瞬間なので、嘉神は大感激してる……という。

 何か、狗だなー……ってちょっと思ってしまいましたが、それもこれも、命がけの嘉神の行動がなければそうなりえなかったことなので、そういう意味ではすごいのかな?

 相変わらずこの作者さんのちょっとイカレタ攻め様たちは私のツボを刺激してくれるので、個人的には大満足です。

1

狂犬注意!(>_<)

警察関係の話だから、事件を解決していくのかと思いきや…。
いや~頁の3分の1くらいは、エロかったですね(>_<)。
何だかサンドイッチ…(;一_一)。前半と後半の間にエロエロが満載。メインのオカズはエロでしか…。受が攻に思いっきり、貪られてました(>_<)。
他の本のスピンオフ…だからでしょうか、そちらの本を読むと事件に取り組む姿が見れるのかな…でも、その本に人身売買(私の地雷)があるので…う~ん、抵抗が…。

警視正である紀藤(受)は、多少問題が起ころうと、犯罪を取り締まれたら、未然に防げたらそれで良いと、周りの顔色を窺わずに強引な捜査を行ってきた。
そして、自分の為になるもの…能力のある上司や庇護してもらえる権力者に自分の身体をさし出してきた。
今回、強引な囮捜査に失敗し、その失敗を取り返すため、利用できる権力者に自分の身体をさし出そうとした時に…部下である嘉神(攻)に邪魔されたあげく…強引に抱かれてしまう。

紀藤は、後ろ盾もないキャリア官僚で己の力で戦ってきて、ここまでの地位を築いてきたのに対し、嘉神はエリートの家系の出身で優等生の警察官僚と紀藤はつまらない男続きと認識していた。
ところが、嘉神は紀藤の邪魔をしただけでなく、
「…政財界を利用したければ、…私に相談していただければ…」という嘉神に
「…部下に借りを作ってどうする」と反論する紀藤。
嘉神は、部下であることを辞め、あなたにとってただ一人の男になってやると紀藤を押し倒す。

もう!お行儀の良い従順な犬と思っていたら飢えた狂犬でした~(>_<)。
もう、大変!紀藤に飢えた狂犬は、劇薬(催淫剤)まで使って…やりたい放題…(>_<)。

でも、それでも屈しないで、自分を受け入れようとしない紀藤に絶望し解放します。そして、忠実な部下に戻るけれど…嘉神は、嘉神なりに紀藤の側にいて、紀藤を守ろうとする。

そして、紀藤は…

嘉神は、やりたい放題だったけど、紀藤に抵抗され何度か殴られますが、絶対に殴り返さない…そこは良かったです(^-^)。そこで、殴り返していたなら、ちょっと許せなかったかな。

この。後日談は、「ラブコレNO.7」で読む事ができます(^O^)。
その中で、この本より甘い(色んな意味で(^・^))紀藤を読む事ができます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ