攻×攻バトルの表題作ほか、メガネっ子がメガネの双子に恋されちゃうメガネ100%ラブも収録!

どっちもどっち

docchi mo docchi

哪边都一样

どっちもどっち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×219
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
165
評価数
43件
平均
3.9 / 5
神率
32.6%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796401944

あらすじ

とある企業のツインタワー…それぞれの棟には女子社員の人気を二分するトップエリートがいる。自称スーパーフェロモン男の尾崎と帰国子女で才能に溢れた王子様的存在・円谷。二人は同じ会社のライバル同士。そんな二人がベッドを共にする事に!…でも、どちらが上でどちらが下!? 攻×攻のプライドをかけた闘い勃発!!
収録作品:どっちもどっち/メガデレ
(出版社より)

表題作どっちもどっち

A棟のスーパーフェロモンエリート 尾崎
B棟の王子的エリート 円谷

その他の収録作品

  • メガデレ

評価・レビューする

レビュー投稿数10

円谷さんラブ!

とても好きです!!
円谷さんがかわゆい(^ ^)
一巻というより回を重ねるごとに面白くなる作品な気がしました
全然飽きないし、ずっと続いて欲しくなりますw
攻めしかしません!って感じの攻め食いって感じではないですが、可愛らしいネコちゃんだよーってタイプでもないので逆にそこが可愛い!
大好きなシリーズです!

0

攻め×攻め設定がもう少し欲しい

レビューなど見て興味が湧いた作品。
攻め×攻め設定が好きだけど、正直物足りないかなと。
二人の恋愛までに至る経過、攻防のやりとりの内容が好みではなかったです。もっと攻めの受け感が欲しい、受けの攻め感の方向がなんか違う?って印象でした。
身体関係は固定されてもいいけど、精神的掛け合いがストンと落ちてこなかったです。
攻めに当分会えないと嘘ついて告白を催促するのは攻め×攻めな感じがありましたが。
一気に4巻まで読んだのですが、攻め×攻めとして読まなければ、好みの面白い作品でした。
あと、社長がかわいいです。社長と受けのなごやかな雰囲気がなんかすごく好きです(笑)

1

攻受攻防、果たして!?

電子書籍にてサンプルを読んだら、面白かったのでそのまま購入。

その時点ではどっちがどっちになるのかわからず、私の好みの方になってくれればいいかなー、と思ってたんですが、そんなこと忘れるくらい面白かったです。

話はフェロモンエリート尾崎が、王子円谷に興味半分で声をかけたところから始まるんですが。
円谷に翻弄される尾崎が面白くて、かわいい。
落とすつもりが逆に落とされてしまい、どうしたらいいかわからない。
円谷の方はそんな尾崎に嘲笑を浮かべつつ、「かーわいい」と言い放つ。

そもそもバイと公言している尾崎はともかく、円谷の心境がちょっとわからないのですが、それでもどんどん読めてしまいます。

この巻で、上下についてとりあえずは決着したのですが(私の好みの方に)、精神的には攻受反対な感じがまた良いですね!!

私的にこの二人の話だけだったら・・・「神」でした!
次回に期待にしてます。

2

まだまだ続きが読みたい攻×攻

攻×攻の「大人の子供喧嘩」(by ミニペーパー)がとても楽しかったです。
あとがきによると、コミックスになるまでどっちが攻か未定だったとのことで
ネームでボツになったパターンも読んでみたいと思いました。てかリバが見たい笑

同じ企業のA棟、B棟でそれぞれ働く二人。
軟派フェロモン系の梶崎と、クール王子様系の円谷。
二大トップエリートでモテ男の二人がある日顔を合わせ、バイの梶崎が円谷にちょっかいを出したことから始まる二人の攻防戦。

梶崎視点で進むストーリーのため、振り回されてグルグルしてる梶崎はかなり可愛い。
オレが上!的な負けん気から口説いているはずが、
逆に押し倒されたり、円谷の食えない言動にドギマギする内にどんどん本気になっていく。「いじめないで…」という台詞には円谷じゃなくても「カーワイイ」と思ってしまいました。

円谷も梶崎をいじりつつ、たま~に本気の顔や照れが垣間見えるところがいいです。
梶崎がどちらかと言えば直球勝負なのに対して、円谷は超トリッキー。
梶崎を小馬鹿にするときの、冷笑・嘲笑・失笑もカッコイイのですが
たま~に見せる破顔がかわいく続き、梶崎がハマルのも納得。
続編『どっちもどっち!!』は円谷視点の話で、意外と梶崎のこと好きだと分かるのですが、この時点ではミステリアスな感じ。
ツンデレなのか確信犯的に梶崎を引きつけているのか?どっちもあるのかもしれませんが、そんな本心の見えにくい所も魅力的です。

『どっちもどっち』とのタイトル通り、攻め受けが決まっても固定された感じはなく、
いつ逆転してもおかしくなさそうなのがこのカプのいいとこかなと思います。
受けは攻める気満々だし、攻めも嫌がってるけど本気で迫られたら逆らえなさそう笑
続編『どっちもどっち!!』がすでに出てますが、このシリーズまだまだ続いてほしいです。

実は、↑の続編の方を先に読んでどっちが攻になるかは知っていたので
本作に関しては、どっちがどっち?というドキドキ感はあまりなかったのですが、
大人同士の駆け引きや子供のような喧嘩に萌えと笑いが詰まっていて終始楽しめました。

◆読み切り【メガデレ】
眼鏡×眼鏡!(受けのは伊達)
攻めが双子の片割れで、どっちも眼鏡で短髪(黒髪とトーン髪)って所も面白かったです。
明るいけど実は性格悪いカイと、無骨でちょいドMなナオ。唄(受け)をめぐって対立する二人と、そんな空気に全然気づかずホワホワしている唄のとぼけた三角関係が楽しい読み切りでした。

4

騎乗位ですね!w

うっかりな続編ですヽ(・∀・)ノよもや忘れてるっチューネン。
私のキヲク力を舐めてはいけません。
あとがきに、短編でも読めるように~なんて描かれてましたがどうなのでしょう。
読んでいくうちにうっすら記憶も蘇りな今回でした。
ツンケンしていた二人がくっついてから~なお話ですね。
攻守を争った挙句にようやく合体!
最終的に攻守の逆転は今後なさそうな匂いがプンプンしますが
それはそれで可愛のかなと思うのです。
なぜならば、メンタル面での攻守ならば受の方が上だと思うからです。
だってこの攻様受にズッコンバッコン・・・じゃなかった・・ゾッコンですものw
ツンデレぎみな受の実はな幼少期の話(男の子って単純w
攻が思っているよりもゾッコンなのは受も一緒。
攻の頬に書かれた文字と表情にクラっとしちゃったり。
巻末オマケのエピソードも可愛いお話でした。
こじらせるとこのふたりずっともっと好きを拗らせそうでときめき増し増しw

[ マジです ]

髪の毛のメッシュ感ww
あちこちで髪の毛こういう感じの子いますが(BLで)
好きです(*゚▽゚*)ちょっとやんちゃな感じ続きがイイ。
受だと尚更です。
女の子大好きなはずなのに「ん?いいじゃんw」なちょっと軽めな感じイイですね。
合体も案外すんなり済ませてしまいそう。
せっかくだから合体話も読みたかったなぁ

[ えんどーくんならしかたない ]

攻が存外ドエスなことが判明いたしましたなwwwww
「へる・・へる」とプルプルしている受を見れば
そうならざるを得ない気持ちはすごくわかるけれどもwハァハァ
ツンケンしてて可愛くない受なのだけれど
あれ?あれ?と少しずつ見えてくる「かわいい」が「好き」に変わる感じが
可愛かったです。
無理矢理に剥いたお尻の小ささと隙間がなんとも言えぬる。モユ

4

おもしろかった!・・・けど

前から少し気になっていた作品だったので
本屋で見つけて即購入。

攻め×攻めで、新しい世界を見れました←
結局、円谷君が受けになって主人公に惚れられるんですが
ツンデレも可愛いんだけど、
もう少し円谷君の主人公に対する愛を見せてほしかったかな^^;

でも、作画も綺麗だし話もとても面白くて満足の一冊でした^^

0

意地っぱりウイーク突入中

本を読んでいると、何かが呼び合うのか、たまに同じような系統のお話ばかり続いてしまう事ってないですか?

というわけで、最近は「意地の張り合い、せめぎ合い」みたいな、「意地っ張り」「見栄っぱり」フィーバー展開中。
この作品は、タイトルからそのものズバリ「どっちもどっち」。
登場するのは、肉体美形スーパーフェロモン男・尾崎と知性派王子・円谷。
どちらも会社を代表する、スーパーエリートサラリーマン。
そんな、女なんてよりどりみどりな男が二人、変な対抗意識から、何故か男同士の恋愛に・・・。

この二人、ちゃんと大人が恋の駆け引きしている感じがいいです。
円谷の、小馬鹿にしたような笑いとか、ゾクゾクします。
惜しむらくは尾崎にもうちょっと肉体美フェロモンが欲しかったかな。
でも、コレはコレで、いつでも逆転されちゃいそうな感じでそそりますがね。

2

初の柊作品

表紙買い。
攻×攻という設定で表紙の二人も好みのタッチだし、と思って手にしましたが大正解!
かなり紆余曲折して、ほんとうにどっちがどっちになるのか先が読めない流れが、新鮮でよかったです。尾崎がマジメにアホっぽいところを、鼻であしらうようにコケにする円谷のやりとりが、妙に言葉のSMチックで萌えツボでもありました。熱で朦朧としているのになんとしてでもやり遂げようとする懸命さとか、アレを負傷されて悶える攻とか、なんか攻にここまで萌えれたのも初めてでした。

1

何でお前が上なんだよ!?

最近攻め×攻めものが増えてきたような気がする今日この頃―
仕事で疲れた時はこんな本が読みたい!な一冊です。
とある企業。
ツインタワーでそれぞれ人気を分かつ二人のトップエリートは、偶然に(てか必然)出会ってしまう。
ワイルド系の尾崎とクールな円谷。
(私はやっぱり見た目王子様な円谷が好み♪)
二人とも結構ナルシストな一面あり。最初のほうの尾崎の行動は「俺におちないヤツなんていない」っていう自身が目に見えるようで、なんかアホだあ。
少し抜けてるところがカワイイ尾崎を、毎回翻弄していたぶるのが得意な円谷の抜け目のなさがツボでした。
最後のおまけ的なページでやっと?Hシーンも見られますが私的にはどっちも!読みたかったです・・・

柊サンの絵は、少しコメディタッチで癖になります。
シリアスになりすぎない話も好きです。読んだことない方、おすすめです☆

1

攻め×攻めのせめぎ合いw

柊さん、最近高校生モノが多かった気がする(おやじな!はオヤジ高校生?)ので、久々のリーマンものに期待大!
しかも!!!ワタクシの大好きな攻め×攻め、リバの可能性とっても大なカプなので、そのせめぎあいと駆け引きがとっても楽しくて面白く楽しめました!!
もちろん、絵もきれいだし見やすい。
超モテモテのイケメンの設定なのに、何故か親しみのあるキャラがとっつきやすい。
久々に柊さんの描く裸体というものも見ましたが、、、これがいい身体してるんだ!!
眼福ですよ、眼福v

目が合うだけで妊娠するさえ言われるA棟のフェロモンモテ男・尾崎(体育会系)と、バイリンガルの文科系王子モテ男・円谷が、たがいのモテぶりをけん制しあったことから始まる面白勝負。

自信満々の尾崎が円谷を落とそうと画策するたびに、円谷に手玉にとられて、だんだん尾崎が本気になっていっちゃう様はフェロモンイケメンかたなしw
円谷のその狡猾な尾崎への本音の見えない対応は、尾崎をオロオロさせる様が実に愉快!
結局のところ、二人の一番のこだわりは・・・「オレが上」
尾崎が円谷に受けたダメージ(肉体的)自分は男性でないか続きらわからないけど、そんなに大変なんですか?
血まででちゃうんですか?(爆)
一応、リバめいたカプではあるけれどリバ表現はないです。
しかし!!絶対リバあるよねw、そしてどっちかっていうとこの後は円谷が攻めに転じそうだけど、円谷は尾崎のバカさがかわいくて仕方ないからたまに受けもしてやるとかwww・・・やっぱりリバじゃん!
そんな未来もちょっと楽しく妄想できそうなカプ。
柊さんならではのユニーク展開と表現は、とっても好きv

もう一編は双子の片われに好かれた同級生が、もう片方の双子を好きになるんだけど・・・
これも一筋縄でいかないコメディv
ムッツリスケベはそのまんまなのに、もう一方は裏表のある性格、どっちがいいかと言われたらwww
ひょっとして、この好かれた男子高生は眼鏡好き?
双子に同じ眼鏡をさせた上で、同列にしてそこから選んだような・・

何だろうな~?
柊さんの作品て他の作家さんの作品とは一味もふた味も違う。
きっと同じような展開の作品ってあるのかもしれないけど、それでもこちらの方が断然いいのは、絵とキャラとユーモアの持って行き方のセンスだろうか?
とにかく、楽しい一冊ですv

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ