だけど、ここには愛がある

dakedo kokoniwa ai ga aru

だけど、ここには愛がある
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
10
得点
48
評価数
15件
平均
3.4 / 5
神率
13.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784829625194

あらすじ

ナルシストの佐宗は自分が一番好き。恋人の悠馬は、ドレス姿で陶酔する佐宗に抱かれ写真を撮らされたりと、振り回されてばかりだけど……。ウエディングドレスを着た攻めに、ブルマを穿いた攻め……ヘンタイチックですが、なんだかとっても可愛い(!?)お話です!

表題作だけど、ここには愛がある

ナルシストのスタイリスト 佐宗光輝・25歳
会社員の恋人 成瀬悠馬・25歳

同時収録作品かわいいきみ

流星 楓の後輩・ゴリマッチョ
楓 佐宗の従弟

その他の収録作品

  • LOVE YOU ONLY
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

攻めの女装が好きだー!

こちらで質問し、教えていただいた作品です。ナルシストで自分大好きな主人公が、一番大切に思ってくれている人に気づく、そんなちょっときゅんとなりつつ萌えられる作品でした。

1

誰でもある程度はナルだけど…

栗城偲さんはけっこう好きな作家さんです。
『今日も明日も会いたくて』が今まで栗城さんの作品で一番好きでしたが、こちらも驚くほど良かったです。不覚にも涙ポロリでした。

攻めの佐宗は学生時代から重度のナルシスト。鏡大好き!
それが原因でクラスで無視されても、何が悪いのか理解できないちょっとアホな子。
けっこう人気のあるスタイリストをしている25歳で、自分の写真に命をかけて綺麗に撮るにはウェディングドレスまで着用してえっちしちゃうような、ハッキリ言って変態。

受けの悠馬は学生時代の同級生である佐宗と恋人兼、佐宗専用カメラマン。
佐宗とは正反対の地味で普通の男子だが、学生時代ナルシストが原因でイジメられた佐宗の唯一の理解者。
健気系だが、きちんと男子してる良い子です。

ざっくり言えば、筋金入りのナルシストである佐宗が自分より悠馬がいかに大切かということに気づかされるお話。
佐宗の一番はいつでも自分自身で、悠馬は二番。
それでも二番なら良いとずっと思っていた悠馬。
でも当て馬さん(こいつがわたしは嫌い)が現れて、その順位が実は不安定で霧散してしまう可能性に気づく続き
傷つきそれでも佐宗を愛し、佐宗の背中を押そうとする悠馬にもう涙・涙。
切なかったー!

あらすじを読んで「女装攻めってどうよ」と引きましたし、それで敬遠している方もいらっしゃると思いますが、後半はそんなことは吹っ飛び切ない系なんです。
読んで良かったです。お勧めです!

ショートの『かわいいきみ』は本編でも登場する、佐宗のイトコ。
可愛い系だけどSキャラの楓とその恋人(?)である後輩のカップリング。
佐宗の家へ居候していた楓が自宅へ戻ってからのお話ですが、さすがイトコ!佐宗の変態ぶりに引いていた割に自分も同様って感じでした。

2

なかなか楽しめた。

最初のお話読んだ時は、もう「?」というか自分の中にない萌え要素だったようで女装してる攻・佐宗もさることながら、その趣味に付き合ってるような受・悠馬も理解の範疇を超えてて。
というか、そもそもヤってる途中に、受に写真撮らせるとかブレるに決まってんじゃん!と思ってみたり(笑)
このお話だけ読むと「あー、好みじゃなかったな」って感じになるのです。

ところが。
表題作である「だけど、ここには愛がある」を読むとその景色が一転してくる。
時系列的には↑上記のお話の後になるわけで。
ここまできて。
ここまできてようやく佐宗が悠馬について考えるようになるんですよね。
元々、佐宗極度のナルシストで。
自分が1番!
っていうのは譲れなくて。
それを隠すことで女の子と付き合ってみてもやっぱりうまくはいかなくて。
そんな時に「1番は佐宗。2番でいいから」と言ってくれた悠馬に絆されるような形で関係が始まるんですよね。
その時点ではだから佐宗の中では当然、佐宗が1番で。
それが長く長く続いてきて。
間に佐宗の従弟・颯がやってきたことで変わっていく。
颯の前では友人として付き合お続きうとする悠馬に合わせるためスキンシップ不足が募っていって。
それでも、悠馬の方から距離を詰めてきてくれるようになって。
なのに、そこでようやく悠馬の存在を認識した佐宗はテンパって悠馬との距離を置き始めるんですよね。
もう、ここから悠馬が非常にせつないです。
いや、ここまでだってせつなくないわけじゃない。
最後の方の告白で明かされる悠馬の気持ちから言えばずっと気持ち的には負い目があるというか片想いな気持ちがあるというか。
佐宗もずっと自分が1番で来てるからどうしたらいいのかわからない。
咄嗟にほかへと逃げてしまうんですよね。
これがこの男の非常に悪いところ。
これが可哀想すぎました。
テンパり過ぎたとしても、そっちへ行きますか、みたいな。
でも、だからこそ、お話は面白くなったのかな、とも。
佐宗がようやくその恋を自覚して告白して終わりじゃなくて、そこから大波乱があるわけで。
もう、この先は佐宗はナルシスト路線からの脱却もできるんじゃないかなと。
そのかわり悠馬を溺愛しそうですけども。

それからスピンオフの「かわいいきみ」
颯くんのお話なのですが。
もう、これは………大の男(攻)が恥ずかしい格好させられて恥ずかしがってるのがかわいい、というのはわからないでもないのですが。
あ、恥ずかしい格好っていうのは女装とかそういうことですが。
それで萌えるかどうかというと「うーん」という感じで。
ただブルマ姿のビジュアルが非常にインパクトがあったことだけお伝えしておきます(笑)

それはそうと「漢の娘」というジャンルは初耳でした。
定義?見てると「男の娘」とはまた違うようで。
「男の娘」はかわいい子が女装してる感じで、「漢の娘」はガ男らしい男の人が似合わない感じの女装をしているのが可愛くないような可愛いような…みたいな感じらしいです。
へー。

1

お似合いのカップルです

ナルシストという設定に尻込みして買うか悩んだんですけど、買って良かったです。
そういえばすでにカップルになってる主人公の話ってだいぶ久しぶりに読んだかも。
始めは可愛らしいお話で微笑ましく読んでたんですが、後半はなかなか切なくて胸がキューンとなりました。
簡単に言ってしまえば、自分第一だった攻めが本当に一番大事なのが誰か気づく、ってお話なんですがとても面白かったです。

最初に受け視点の短編が一つ、その後攻め視点の本編と番外編が一つあります。
始めの短編は本当短いんですけど、お話としてとてもわかりやすくて良かったです。2人の出会いから付き合うまでを非常にわかりやすく説明してくれてました。
本編では攻めが彼の従弟の出現により、心乱されていく様子が書かれています。
それまで自分大好きだった攻め・佐宗。なのに、ある日ある時あるきっかけで恋人である受け・悠馬のことで頭がいっぱいになってしまいます。
普通のカップルにとっては普通のことなんですけどね、恋人で頭がいっぱいになっちゃうって。
でもそこは自分大好き佐宗くんですから。今まで自分以外の誰かが自分の脳内を支配することがなか続きったんでしょうね、どうしていいかわからず、まさかの距離を置く作戦に出ます。
そこでまたタイミングよく誘いをかけてくる輩が登場するんですねー。
しかも彼はナルシストである佐宗を受け入れる宣言しちゃいます。
佐宗はビックリ。今まで付き合ってきた人達は佐宗にとっての1番が自分ではないことを悟ると離れていき、悠馬だけが自分の全てを受けいれてくれた人だったからです。
結果どうするかというと…佐宗はその想いを受け入れてしまいます。しかも、なんでか『これは浮気ではない』と自分自身に言い訳をして。
そこから佐宗にとっての歯車が狂い始めるわけです。
さて、自分大好き佐宗くんはいったいどうなってしまうのか!?(笑)

佐宗の従弟の颯がとってもいい味だしてましたね。最初、ちょっとヤなやつ?って思ったんですがなかなか情の深いヤツでした。
そして何をおいても受けの悠馬の献身愛(?)が素晴らしかったです!
まぁ、なんだかんだ言ってどなたかも書いてらっしゃったんですが、割れ鍋に綴じ蓋なカップルでしたね(笑)

仲直りした後の後日談がちょっとでもあれば言うことなし!だったんですけどねー。
悠馬が一番と認識を新たにした佐宗の暴走が見たかったな(笑)

1

この変態はダメだった。

これは正直なところ、どこがどう面白いのかもわかりませんでした。いえ、『面白くない』わけじゃないんですよ。ただ、ラブ面ではまったくついて行けませんでした。私が読んだ中で、おそらく『いちばん(私にとって)ダメな栗城さん』です。

これ読んだ時点で『もう栗城さんはやめよう・・・』と思いました。確かこれが私にとっての栗城さん3作目だったんですが、どれもまったく面白い(作品を楽しめるという意味で)と感じなかったので。

この作品の売りは(特に攻・佐宗の)キャラクターなんでしょうが、私はその肝心の佐宗が今ひとつでした。別に行き過ぎたナルシストだからじゃないですよ。それ自体は好みとは到底言えませんが、それだけでダメなわけではないです。そういう『特性』はユニークでいいと思いますよ。

もっと根本的な部分で、佐宗に反省が足りないところが一番ダメでした。ないわけではないんですが、足りないんです。間違いなく浮気だし!

別に今作に限ったことではないですが、ロクデナシのダメ男攻がなぜ大した反省もなく許されるのか、少なくとも気付いた時点で自分から行け!と腹が立ちました。結局そこでも悠馬が続き来てくれるのに甘えてたわけですよね。
そこが私のいちばん一番納得いかない、なんともキライなパターンでした。

佐宗の従兄弟の颯は、本編で引っかき回し役だった時も、スピンオフ(?)でメインだった時も、あまり好きになれないというか、まあどうでもよかったです。

1

声で聞きたいな

これって、まだドラマCDになってなかったっけ?
佐宗をたっつんで聞きたいなあ

0

ダメな子ほど愛おしいと思うわけなのだが

心揺さぶられました(*´□`)<<ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛!!
アホンダラな攻は大概やなと思いながらの読みでしたが
久しぶりに読んでてドキドキした。
キャラのモエとか、設定云々おいといて読後「読んだ!」と思える作品でした。こういうなずば抜けてナニカな作品好き。

ナルシストな攻×健気受ですな。
しょっぱなの花嫁攻wしかもはめ撮りなのに、カメラを持つのは受。
どんなw普段のぎゃくを行くその姿に萌えました。
花嫁が股間膨らませてハァはぁと花嫁を犯している。
まさにモエ(*´▽`*)!分からいでかこの不思議なトキメキ。

中盤から~な攻目線でのお話。
これ読み進めるほどに攻のアホっぷりが露見していき、
どんどん酷い。「こいつひどすぎ・・受かわいそう」何度思ったことやら・・思ったことやら。
いい年してこいつ・・と思うものの、人間って案外年の数ほどは成長しないものなのだよなと私は思うのです。
その攻が、自分が一番だった攻がホントウに気づいていく過程が丁寧に描かれ、なおかつ、受の気持ちの高ぶりまでがズクっとつたわってきたのが良かった。大粒の涙を流す受。
あれは(*ノД`*)続き・゚・。
最終的になハッピーエンド。
一生懸命に、なおかつ、受が好きすぎる攻。モエました。
とにかく受が好きすぎる攻が好きなのである。
ちょっと馬鹿なくらいがちょうどいい。

>>従兄弟の颯くん。
彼のですね、ゴリを愛する気持ちを語るシーン。
あのでかくてマッチョが可愛いと語る・・そして~な性癖
思わず「わかる!」と叫んだ私は変態なのだろうか。
ゴツイからだで、恥ずかしがる姿が可愛い。わかります。
言葉では拒絶しながらも、従順に従ってしまう・・照れた顔
たまりませんなwwwうはw
巻末の、二人のイチャイチャ話が、いまいち萌えなかったのだけが残念です。
出会い~からその後の話が別の一冊で読めたらまた面白いかもしれません。
お願いしいたしますっ!
個人的には流星、受・・でも大歓迎なんだけどな

2

超ナルシスト攻め

嫌いじゃないです。
佐宗は浮気相手とキスしている所を悠馬に見られて振られて、しばらく二人は会わないんですが、結局、悠馬の方から佐宗に会いに行き、仲直りをします。この悠馬が振ってから仲直りするまでがあっという間な印象でした。え、こんなあっさり佐宗を許していいの?と驚きました。私としては佐宗からめちゃくちゃ謝ってやっと許してもらうという流れがよかったです。
あと最後に、佐宗が携帯の写真で悠馬を撮るのですが、それが悠馬を撮った初めての写真だったらしく、8年付き合ってて写真のひとつも撮ってあげたことがないなんてマジで?と思いました。最初は、佐宗はかっこいいんだからナルシストでも愛してくれる人は他にもいるんじゃないかなーと思いながら読んでましたが、これは難しいですね。こんな佐宗を一途に愛せるのは悠馬しかいないでしょうね。
割れ鍋にとじ蓋カップルでした。

0

ナルシストからの脱却

自分大好き超が付くほどのナルシストな攻め様と
全てを込でそんな攻め様を好きだと言う受け様のお話。

なによりも好きな事は自分の顔を見ていることで
自分の姿を毎回恋人の受け様に写真を撮ってもらい
1番綺麗だとかカッコいいとか受け様に言ってもらってる
はっきりいってかなり面倒な攻め様でした。
その変人を愛してやまないのが受け様ですが
この受け様も常識人でありながら実はかなり変わった
趣味をしているのではと心ひそかに思いました。
好きな相手が己が1番で恋人が2番でも良いなんて
かなり寛大な受け様ですよね、まぁ、初めからナルシーだと
分かっても好きなわけですから・・・

でもそんな風に付き合ってきた二人に転換期が起こります。
攻め様の従兄弟が受け様と仲良くしている姿が気に入らない
その時点では焼き餅と言うより自分を見てくれなくて
まして、会えばいつも綺麗と言ってくれる言葉を貰えず
子供のように拗ねているのですが、
いつも1番は自分の攻め様が受け様の事を考える時間が
自分を鏡でみて陶酔する時間を阻害する程になると
自分自身に違和感を抱いていくようになりま続きす。
そんな時にナルシーな人でも好きと言ってくれる
職場関係の人間に告白される。
でも浮気をするつもりはないけれど、最近ステキと
褒めてくれない受け様とのズレもありなんとなく
浮気手前の付き合いをするようになります。
受け様の事を意識しすぎる自分に戸惑う攻め様は
受け様からちょっとだけ距離をおいて・・・

しかし運悪く、浮気手前の男との逢瀬を見られてしまい
受け様から2番はいいけれど3番は嫌だと、
受け様からいらない宣言をされてしまう攻め様。
ほんとにめんどくさい攻め様ですよ~~
いつの間にかナルシーで自分が1番だった攻め様が
受け様が1番になっていたことに捨てられて初めて
気が付くのですよ。
ナルシーな恋人をもつ受け様の愛の力かも知れないですね。
個人的にはこんな面倒な攻めは嫌だと思っちゃう。

後半のショートは攻め様の従兄弟の恋愛話。
さすがあの攻め様の従兄弟らしくこちらも変です!
ゴリマッチョに女子用スクール体操着(ブルマ)着せて
可愛いとご満悦な内容で、何度も噴出して笑いました。
こちらも個性的で面白かったです。

3

ナルシストの恋愛

かわいらしいイラストのついた表紙。
本編の前にコスプレエエッチのついた、主人公達の出会いの話も入ったラブ甘のエピソードから始まります。
確かに、主人公の攻めは自分が一番、暇があれば自分を見ていることが大好きな徹底したナルシストというとてもイタイ性格の設定ではあるんですけど、まさかこんなに引き込まれて苦しい想いをするお話になるとは!
かわいらしいイラストにまんまとひっかかった、でもとても良い作品でした。

主人公カプの出会いは中学校2年の時。
時間があれば鏡で自分の顔を見ている佐宗には、ナルスシトゆえに嫌われて友達が一人もいなかった。
同じクラスになった悠馬は、彼の容貌に引きつけられて気になっていたので、初めての友人になれるチャンスかも?と思い声をかけて親しくなり、彼は好んで一人なわけではないことを知って、佐宗に周囲と上手くやるコツを教える。
他人の前ではナルシストであることを見せない、その代わり自分の前では、ナルシストでいていいよ、という提案をして、悠馬は佐宗の特別な友人になり、そして恋人になったという経緯の馴れ初めがあります。

もうっ!っていうくらい佐宗は自分が続き大好き。
エチも鏡で自分を見ながら、悠馬に写真を撮ってもらったりするくらいに、どんだけ自分が好きなんだっていうくらいに、自分が一番。
悠馬が、佐宗の1番が自らなら自分は2番でいいよ、というその言葉に実に甘えきっているのです。
悠馬はそんな自分が好きで綺麗でいる佐宗が好きだからいいとは思うのですが、それにしてもそこに佐宗が悠馬を好きとか愛してるという特別な感情があるようにはどうしても見えないんです。
そこまでナルシストぶりが徹底している。
確かに二人は甘い雰囲気を出してはいるけれど、甘えに甘んじているだけの佐宗の気持ちに何か進展がなければ本当の恋人じゃないよね、とおもうわけで・・・
それが、佐宗の部屋へ従兄弟の楓が居候し始めたこと、佐宗へ仕事のクライアントであるモデルの澪が接近することによって、関係がおかしくなるのです。
楓には二人は恋人同士であることは何となくバレているのですが、悠馬がバレたくないと思っていることから友人という設定にしている。
だから、いちゃつけない。
従って、自然といつも悠馬が佐宗を褒めてくれる言葉が少なくなる。
ふたりきりに慣れない時間、自分の写真を見て悠馬が撮ってくれた自分は一番きれいだと更にナルシストにこもる。
この時点で、どうして悠馬が撮る自分がどうして一番きれいなのか気が付いていいはずなのに、それは自分がきれいだから、と、自分が悠馬を特別に好きだからこそ一緒にいるときれいなんだってことに気が付かない鈍感な大バカものなんです!
そして、楓のせいで二人きりの時間がとれないことで余計に悠馬の事を考える自分に、自分が一番のはずなのに、どうして悠馬の事を考えるんだって、不満を覚えるのですが、そこなのかよー!!ってww
モデルの澪が自分もナルシストだからと佐宗に接近して、悠馬の他にも自分を理解してくれる人がいるんだと、
不満の解消をそちらへ転嫁していってしまう佐宗。
彼に迫られているところを悠馬に見られて、そして悠馬が離れて行ってしまう。
そこで初めて気が付く、佐宗にとっての特別!
あくまでも悠馬が健気で、切なくて(涙)
自分が2番でいいって言ったから、佐宗に刷り込みをしたのは自分だから、自分が悪いんだって、悠馬に悲しくなってしまいます。

こうした波瀾でやっと、やっと本当の恋愛においては自分じゃなくて相手が一番だったと思い知ることになるのですが、恋人になってから数年もかかるなんて!
綺麗な自分が好きだったはずの佐宗が自分の事を忘れるくらい落ち込む姿に、ザマァとおもいつつ留飲が下がる想いもちょっとしますww
佐宗は、自分自らどうしていいか最後までわからなかったくらいでしたから。
おぜん立てがあって初めてというくらい自分では何もできない人だった。
こんな人間のどこがいいのか、というくらい酷い人物だったと思います。
悠馬の健気さと優しさにつきます!
今後、佐宗はどんなナルシストに変わるんだろう?ちゃんと悠馬のアリガタミを感じた節度あるナルシストになるんだろうか?
ちょっとその先も見たい気もします。

『かわいいきみ』で、佐宗の従兄弟の楓と、その後輩の恋人のお話になります。
ちょっと意地悪な楓と、そんな楓にベタ惚れな体格の良い(ゴリマッチョ?)恋人のブルマーエッチが見もの♪
あ、ブルマーのゴリマッチョが攻めです(爆笑!)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ