マーメイド・ロマンス

mermaid romance

マーメイド・ロマンス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784774724805

あらすじ

セリは海のマーメイドの王と人間の間に生まれたハーフ。家族からはみそっかす扱いされていたが、ある日突然兄から呼び出され、人間の国の情勢の内偵を命じられる。しかも女装して、王子の花嫁候補として潜入しろというのだ。正体を隠して陸に上がったセリだったが、肝心の相手には会えないまま、街で助けられた神出鬼没、大胆不敵なある男のことが気になりだして…!?BL版人魚姫ストーリー。

(出版社より)

表題作マーメイド・ロマンス

密かな思い人がいる火の国の王太子/バーミリオン
人間と人魚のハーフである海の国の王子/セレスト

評価・レビューする

レビュー投稿数2

表紙どおりの可愛い話

セリはマーメイドの王と人間の間に生まれたハーフ。
家族からみそっかす扱いされていたが、ある日突然兄から呼び出され、人間の国の情勢の内偵を命じられる。
そのために女装をして、王子の花嫁候補として城に潜入する。
正体を隠して陸に上がったセリだったが、肝心の相手には出会えないまま、相手の弟と名乗る第二王子に迫られる。
街で助けられた神出鬼没・大胆不敵な男のことが気になりだして……

という話でした。
ちょっとぶあつめですが、思ったよりもすんなり読めて一安心しました。
話のテイストとしては、おとぎ話風味、ハッピーエンド。
間で人魚であることがばれて、捕まって殺されそうになっちゃったり、塔に幽閉されたり、いろいろな大変な目にあったりもします。
ただ、みそっかす扱いされてると思っていた家族の愛情には実は裏があることもわかって、「よかったねー」と言いたくなるシーンも盛り込まれていたりして悪くないです。

ちょっと分厚くなったのは家族とのシーンが入ったからなんだろうなあ……と思ったりもしますが、表紙から受ける印象そのままの話で、かわいい話が好きな方にはオススメします。

1

ハッピーな結末の人魚姫?

ずばり人魚姫モチーフの作品でしたね。日本での人魚姫って
言うと健気で儚いけれど一途なプリンセスですよね。
まぁ、変りどころで最後に裏切った王子を殺しちゃうなんて
裏切りや心変わりは許すまじみたいな感じも見かけたことがある。
今回はその中間みたいな設定でハッピーな人魚姫。
幸せオーラが散りばめられたような素敵でロマンチックな?
う~んちょっとコミカルも入ってるストーリーになってます。
出会いは子供の時で、初めに陸で迷子になった受け様を攻め様が
助ける、15才と13才の時ですね、そして海まで連れられて・・・
お互い何者か知らないから何も柵もなく短い時間なのに仲良くなる。
そしてまた会いたいね・・・って別れたら攻め様が何者かに
崖から突き落とされ溺死しそうになったところを受け様が助ける
人魚の命の源を半分分け与える事で救われる。
そして5年が過ぎ攻め様は国の定めで20才で妻を娶らなければ
ならない時期になっているのです。
そして海の国では何やらきな臭い陸での出来事で人魚に災いを
もたらしている出来事があるらしいと受け様は義兄からの指示で
陸にあがり内偵をする続きことになるんです。
その内偵の仕方は王子である攻め様の妃候補として王宮に
潜入する事なんです、もちろん女装でプリンセスの格好です。
人魚は1日1回海水に浸らないと命が危険になるのですが
受け様はなんと人間と人魚のハーフなので1週間は平気なんです。
受け様は内偵の他に5年前に助けた赤い目をした少年を探したい
って言う思惑もあるのです。
助けた少年がその後どうなったのか知りたかったし再会したいと・・・
魂の半分を失っている受け様はその相手と結ばれなければ
長生き出来ないんです、もしくはそれを返してもらうかですが
受け様は今更返して欲しくて探してる訳でもないのですよね。
この受け様はかなり暢気で天然さんでやんちゃで可愛いです。
攻め様もまた、5年前に出会って助けられた受け様を忘れていない。
攻め様の初恋なんですよね。
王宮に潜入した受け様は第1王子とは直ぐには会えないけれど
義弟の第2王子が受け様に近づいてきます、その王子は赤い目で
そして5年前に溺れたことがあると聞かされても何故かあの時の
少年だと確信が持てない。
今回のお話は攻め様の方が受け様に最初に気が付くんです。
受け様は後半になって攻め様が死にかけた時に兄から知らされる
そして助けるために今度は全ての源の珠を攻め様に与える
でもそれは攻め様は助かるが記憶を無くすと言うことで・・・
そして記憶の無い攻め様と1週間以内に結ばれないと受け様は
泡になって消えてしまう、この辺は人魚姫そのままですね。

そしてその1週間は受け様にとってとても辛い出来事の連続です。
読んでるとまさか?って思う事が何度も出てきます。
ラスト方面は受け様のあまりのおバカぶりに笑えてきたりと
受け様の両親のロマンスや攻め様の後継者争いや人魚を巡る
黒い取引などの設定でかなり分厚い本ですが最後まで楽しめる
素敵な1冊に仕上がっていました。
こんな人魚姫なら安心して読めること間違いなしです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ