たくらみはやるせなき獣の心に

たくらみはやるせなき獣の心に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
25
評価数
6件
平均
4.2 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344825246

あらすじ

組長・櫻内とボディガード兼愛人の高沢は激しく愛を交わす日々を送っているが事件が起こり!?ヤクザ×元刑事のセクシャルラブ!
(出版社より)

表題作たくらみはやるせなき獣の心に

菱沼組若頭・櫻内
ボディガード・高沢

その他の収録作品

  • 桜の頃
  • コミックバージョン
  • あとがき
  • 愚行

評価・レビューする

レビュー投稿数2

香港マフィア殴り込み編

たくらみシリーズ3作目

お約束なんですね、濡れ場からの開始が
櫻内・高沢出会って1年です。相変わらずです。

あの西村がこんどは香港マフィアの手先に…。

西村の存在を知った櫻内が高沢にモヤモヤをぶつけ、強姦じみた行為で怪我まで負わせてしまうのです。
子供っぽい嫉妬とか独占欲にしては乱暴過ぎ。
何もかも思惑通り動かせ言いなりにもなるのに、思い通りにならないのが唯一高沢という初めての体験に心乱れるというところでしょうか。

高沢の活躍が少なくて残念です

若頭補佐 寺山の言動はヤキモチですね?
そういう意味で櫻内に従っていたわけじゃないとは言っても、紙一重という感じがします。高沢に対する感じ悪い態度も一人の男を取り合う女の嫉妬っぽくてヤレヤレという感じです。

あっさりと香港マフィアの義弟を解放しますが、ここは義弟を人質にしたままの方が安心じゃない?それって卑怯?
とりあえず大阪からは撤退するけれど次は東京と言い置いたのですが
さてどうする?
というところで4巻に続く、です。

短編 『櫻の頃』
西村がまともで友情がずっと続くと信じてい続きた頃
その数年後の決別を思うと切ない

あとがきのおまけ的SS 『愚行』
人質解放時に防弾チョッキなしで出向く。
命がけで高沢の気持ちを試す櫻内です。
真剣なんだなと感じました。
密かに健気ですよね。

1

ここまでくると攻め様可哀想かも

文庫化復刻版たくらみシリーズも3作目になりました、最新書下ろしでも無いかぎり
あと1冊で完結になると思うのですが・・・若干まだ続いても違和感の無い終わり方
だった前作ですので、しっかりすっかり、何の憂いもない完結編が出てもなんて
過去作を思いながらの3冊目です。

3冊目までくると、受け様の他人の感情や己の感情さえも未だに理解出来ない様は
相手役の攻め様がお気の毒になる程で、どんなに攻め様が傲慢でも許せちゃう。
全ては受け様の感情の欠陥ではないかと思わせる性格が災いを起こしてるんじゃ?
なんて思わせるんですよね。

心の不感症みたいな受け様に振り回されているのは結局は攻め様なんですよね。
攻め様が不機嫌になっても理由に皆目見当もつかないって事が信じられないくらいです。
これだけ、執着されて嫉妬されて愛されているのに、恋愛そのものが理解出来ない。
攻め様の1番の敵である受け様の元親友の西村もある意味受け様の被害者なのかも。
この西村の受け様に対する執着も半端じゃないですね。

今回からは、中国人マフィアが参戦していよいよクライマックスに向かって動き出す
続きその予兆的な流れで、西村はそのマフィアと共に行動しています。
関西から仕掛けはじめるマフィアですが、攻め様の兄貴分が狙撃されたことで
攻め様が本格的に動き出しますが、西村の動向を知り、嫉妬から受け様に手酷い扱いを
してしまったりするのです。

やられた本人は何故、攻め様が怒っているのか見当がつかないから動揺しますが
攻め様の気持ちが解らない事が気になるようにもなるんです。
1作目から考えたら、受け様の感情も成長してきたように感じますが
まだまだ、攻め様が望むようなものではないのですよ。

受け様は今回、あらためて何故攻め様と共にいるのかをあらためて考える事に・・・
そして手酷い扱いを受けたのに、未だに友と思ってる西村との事も・・・
攻め様にとっては少しだけ嬉しい展開になるのですが、西村にとっては・・・

ほんと、罪作りな受け様ですよね、普段は感情を見せない能面みたいな不愛想マスクで
でも、だからたまに見せる微笑みが悪魔のごとく人を引き付けてしまう。
次回の完結編では、新たな犠牲者が出るかも知れません(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ