サトウチーフの恋

satou chief no koi

佐藤主任的恋情

サトウチーフの恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×218
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
157
評価数
41件
平均
3.9 / 5
神率
29.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784799711231

あらすじ

ダメ社員が集まる第三総務部のチーフ・佐藤は、毎日部下たちの面倒をみるので手いっぱい(汗)
「このままでは身が持たない――!」と思っていた矢先、第一総務部から篠田が異動してきた! 佐藤の補佐として働く篠田はすっごくデキるヤツだけど、何故か佐藤にだけ素っ気なくて…!?
上司×部下の秘密の恋? 描き下ろしあり♪

(出版社より)

表題作サトウチーフの恋

佐藤・サラリーマン(チーフ)
篠田・サラリーマン(チーフ補佐)

同時収録作品カラシマチーフの恋

野々原
辛島・チーフ

同時収録作品椿屋恋模様・椿屋雨模様

椿・和菓子職人
三谷馨・甘いもの好きサラリーマン

同時収録作品男子レンアイ!・男子レンアイ!~直人の嫉妬~

藤枝直人・高校生
木崎望・高校生

同時収録作品看病日和

和也
はじめ

その他の収録作品

  • グッドモーニング・キス
  • おまけ チーフたちの夏休み!
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

チーフ最高

サトウチーフと、カラシマチーフ編です。
このシリーズは各部署のチーフと部下の恋愛ストーリーですが
それぞれにストーリーがあり、笑えたりきゅんときたりで引き込まれます。

『サトウチーフ』
面倒見がよく部下思い。
別の部署からチーフ補佐として移動してきた篠田と恋に堕ちる。
『カラシマチーフ』
自分の所で育てた篠田をサトウに掻っ攫らわれ
次に入って来た野々原を3年かけて育て上げまたも別の部署に取られるが
結果的には恋人になる。

リーマンのラブストーリーが会社を舞台に描かれています。
男同士だからこそ、リーマンだからこその会話や思いが
かなり面白くそして時にエロく描かれています。
笑えます。そしてジーンときます。
何回読んでも面白いです。
サトウチーフとカラシマチーフの同期モトヤマチーフのお話も出版されているのでぜひぜひ読んでください。
こっちも(3CP総勢6名で)すっごく面白いです。

その他の短編もどれもいいです。
最期に受けの皆様と攻めの皆様と称して
それぞれの受けと攻めが一堂に会しています。
そこでも、カラシマチーフが受けだということに続き盛り上がっています。(笑)

0

何度も読み返している作品です

短編がたくさん収録されています。どのお話もまとまっていて、物足りなく感じることもなく、面白いです。会社の上司と部下、幼馴染同士、義理の兄弟など、いろいろなシチュエーションを楽しめます。

中でも一番好きなのは、『男子レンアイ!』です。
番犬のようにキャンキャンと、女の子の集団から直人を守る望が可愛いです。そして、いつも優しい直人。でも、無表情で嫉妬して、望を犯したいなんて考えてる腹黒さに萌えます。切れたら、男らしくなるのも好きです。

仕事は厳しくて鬼と呼ばれているチーフが、受けなのも萌えるし、5年同棲しているカップルが愛情の再確認をしている甘々な様子も萌えます。

ラブと萌えがたくさん詰まって、満足できる1冊です。
 

3

カラシマチーフなかなか好きだった

■【サトウチーフの恋】
佐藤チーフは面倒見の良い上司。
そしてそんな佐藤に憧れて、部署を移動してきた篠田。
篠田の恋心に気づいた佐藤は篠田の気持ちを確かめて…
ツンツンした部下の可愛い一面に萌えるお話でした。

■【カラシマチーフの恋】
辛島チーフ!!よしきた!キャラ萌キましたよ。
目元のホクロが色っぽい!
しかし話の展開はちとアレでしたね…
これでキャラクターの心理面をもう少し掘り下げてあったら、
かなり好きになれた作品だなと思いました。

■【椿屋恋模様】
チャラっぽい割に仕事ができて、時々真面目な攻めがかな~りツボりました。
仕事がまた職人っていうところもいいですね!
受けさんは胃袋をつかまれ、そしてアタックにほだされ、
ついに陥落☆
きっとこの攻めさんは受けさんのことを大切にしてくれるんじゃないかと思います。

■【男子レンアイ!】
高校生男子のお話。
受けさんが嫉妬深くて、攻めさんの周りの女の子とバチバチやっているのですが、
実は攻めさんも受けさんのことが大・大・大好きで、
女の子たちなんか全く眼中になかったのでした。
あまり続きにグチグチ言う受けさんに対して「俺がどれだけ好きか分からしてやるー!」
と激甘H突入~!お幸せに~!

■【看病日和】
5年同棲しているカップルのお話。
看病しているうちHに突入。
いつも思うのですが、なぜにBLでは病気で倒れている人にムラムラしてHという展開が多いのでしょうか。ぶっちゃけ病気で倒れている時に盛られるとウザいと思うんですがどうなんでしょうね。
BL七不思議ですわよねぇ。

■【グッドモーニング・キス】
義兄弟ものです。
兄は一線を超えないように我慢していたのですが、
弟も我慢していることに気づいてしまい、
そして二人は兄弟の一線を超えてしまうというお話でした。
弟くんの発情しかかった表情がたまらんかったです。

1

キラキラしている。

全般的に面白かったです。

表題の作品は、サラリーマンもので、職場内の話です
スーツがピッシリしていなかったり、ガチャガチャしていたりで
読みにくかったのですが
キャラは味わいがあり良かったです。

この作品の中で気に入ったのは
・男子レンアイ
幼馴染もの、学生もの、大好きです。

純粋ヤンキー風味の男の子と
優等生でモテモテの男の子
大抵優等生の子の方が成長が早く、恋愛についても大人だったりします

この作品もそうです
キュート過ぎて
心が暖かくなりました

0

他の方とちょっとズレているみたいで・・・

高評価の方が多い「サトウ/カラシマチーフの恋」は、自分は残念ながらあまり萌えられなくて、
でも、「椿屋恋/雨模様」と「男子レンアイ!」はとても好きでした♪
ということで、その理由を少々~☆

■「サトウチーフの恋」
仕事ができずチーフを頼って群がるヒヨっ子部下たち一人一人に、
「身が持たない・・・どいつもコイツも・・・」なんて思いつつも、ちゃ~んと優しく接してあげる。
そんなサトウチーフは、かなり理想の上司!!素敵♡
彼を助けたい、役に立ちたいと思う受けの気持ちも分かるよ~~
なんだけど・・・
いざくっつく時になると、そのふたりの真っ直ぐで真剣な様子があまりに眩しくって!!
見ていてなんだか、すっごく気恥ずかしくなってしまうのです~~

■「カラシマチーフの恋」
サトウチーフとは正反対の、部下に怒鳴るわ足蹴りくらわすわの鬼上司。
そんなカラシマチーフが、ずいぶんと年下の部下にヤられるなんて、受けなんて~~
美味しい~~!!んだけど・・・
部下とヤるのにも、受けなのにも躊躇や葛藤は一切なし?
チーフはどんな気持ちで抱かれているの??
そんな描写がすっ続きとばされてすぐ乗っかられてて、そこが一番見たかったのに・・・と残念~
あと、
同じ会社で仕事の後にいくらでも会えるのに、
同じ部署で働けなくなるのって、そんなに一大事なコトなのかな?
転勤するわけじゃないのにな・・・と思ってしまう自分は恋愛脳じゃなさすぎかなぁ~

■「椿屋恋模様」
いつもは軽くてエロくて、なのに仕事ができて、たまにフッと真面目な顔なんかして・・・
という攻めが、文句なしにただただ好きなのです~~w
こちらの攻めは正にそういう人、かなりタイプです♪
和菓子職人という渋めの仕事もいいし、その仕事姿もとっても格好いい♡
彼の作る和菓子を口にした時の受けの、無邪気な笑顔もいい~
どうせ同じ “味わう” ならベッドで、
攻めのテクを思うぞんぶん “身体で味わう” 姿も見たかったのだけれど、
でも、それがなくてもこのお話はとても好きです☆

■「男子レンアイ!」
女子から大人気の爽やかイケメンで、受けを見る眼差しもとても優しいのに、
頭の中はエロい事を考えまくっているらしい攻めの子が、とっても高校生らしくていい♪


ああ~全然少々じゃなくて、いっぱい語ってしまいましたw
なかなか個性的なこの絵はとても好きですし、
違う時に読んだら違うのかもしれないのですが、今の正直な気持ちはこんな感じでした☆

3

表題作はオヤジ攻め

と、見せかけておいて、、、

色々詰まった作品の中で、約2名、目つきの悪いオヤジが、年下に攻められているお話が混じっていたりして、年下攻め祭りはまだまだ継続中です。

そう!
表紙をめくったカラー口絵の、この目つきの悪い(眼光鋭い)このオヤジ、
カラシマチーフ!
「カラシマチーフの恋」がよかったのよ。

ここしばらくは年下攻め祭りではあったけど、単に年下攻めっていうだけじゃなくて、そこに「オヤジ受け」っていうオプションがつくと、萌テンションというか、萌のボルテージが更に1段階アップしちゃう。
この辛島チーフみたいにほとんどツン成分なオヤジが、年下ワンコを手玉にとるシチュエーション。
とっても、好き。
私の好きなのは「年下攻め」じゃなくて「年上受け」なのね、きっと。

2

脳天爆裂級に萌えた。

なんで新作の時に気づかなかったんだろうか・・・?
多分表紙が地味だからだな。

唯一自分が、でなく他の人が気にしそうなとことに
「そんなに急転直下のエッチ(しかも挿入込)ってアリなのか?」
があったんだけどレビューを見るとそういう事もないみたい。

サトウチーフの恋がまず好き。
まだひよこの頃に若いころから強烈に暴虐的だった辛島にいじめられ倒してた
(まぁ、カラシマチーフの恋でいうとおりこれも愛の鞭なんですけどね)
篠田を子猫のようにヨシヨシグルーミングしてたら、成長して恩返しに来ました、好きだから。と告白するまでが大変なところが逆にボワッとします。

さらにカラシマチーフの恋! 
野々原が佐藤のもとに行っちゃった篠田を思っている姿の弱さを適切に感じ取り、ワンコ特有の人懐っこさを見せつつ愛しまくってるシーンがエロイしすごく萌える。
まあそこに対して相変わらずの暴虐ジャガーな辛島チーフなのですが・・・犬攻め×豹受けというのはこんなに萌えるもんなのかと。意外と勢い余ってどんくさいし。

そこらじゅうにクスリクスリと細かい微笑ましい笑いどころを入れてるからこそ続き萌えどころで脳が炎上してしまいました。
もちろん「エロシーンがほどほどに筋肉質でエロイ」というのもあるのですが。

他の三つは前二つほど「炎上するほどには萌え」なかったのですが、それでも十分あー、この恋あり、と思える程度には萌えた。

というわけでサトウチーフ&カラシマチーフが何度でも読みたい作品入りしたので神とゆーことで。ヘタにこれ以上続けて変な当て馬とか登場させなかったのがよかったと思う。

・・・自分には神様が多いよなぁ、しかしな。

3

前髪が、前髪が気になる!

初めて読む作家さんでした。
やっと5月新刊リブレリーマン祭り(リーマンものの新刊が集中していたので自分が勝手に思っているだけです)最後の一冊読了です。

面白かった!
ぷー、くすくすっ、あははっと笑った!笑った。
登場人物みんな個性的すぎます。
ツンギレ、ヘタレ入りワンコ、面倒見の良い上司に、ツンキャラと見せかけて健気受け、(ド)変態ゲイに、弄られキャラの受け。ちょっぴり腹黒?な攻めにまっすぐな受けなどなど・・・

内容的にはシリアスもありますが、キャラの勢いが良いコメディものが多く、勢いで突き進んでる感もちょっぴり感じましたがどのお話も面白いものばかりでした。
中でもコメディの中にシリアスをぶっこんできた『カラシマチーフの恋』です。
まさかのシリアス展開でした。
落差が激しかった。
いや、辛島チーフの勢いが激しかったというべき?はたから見ていれば面白いけれど、こんな上司はしんどいだろうなぁ。
愛の鞭なのか?そう考えれば乗り越え・・・られないなやっぱり。
ワンコ成分のたっぷり入った年下攻めがいい味だしてました。

もうひとつ、和菓子職人×リーマンものも面続き白かったです。
胃袋を掴まれちゃった受けの、受難話になるのかな?攻めやる気満々攻める気満々だけど気持ちのままに進むのではなく、じんわりと追い詰めていく感じが面白かった。

内容に関係ないけれど、少し思った事です。
ずいぶんと画面の賑やかしい作家さんだなということです。
キャラクターの書き込み、コマ割、オノマトペなどがごっちゃりしていた。
なので、少し読み難く感じたのだけれど、1冊読み終わる頃には気にならなくなったので不思議。
あ、もうひとつ気になったこと。
それは登場人物の前髪が長いことです!ちょっきんと切りたい~特にリーマンものの登場人物の前髪が・・・!

4

待ってました!

鮫沢伐さんの心待ちにしていた
初コミックス!

鮫沢さんの描く伏せた瞳の色気が
大っっ好きでたまらなかったわけ
ですが、このコミックスでの
上目づかいや『射るような』流す
視線の虜になってしまいました
…告白?

通称:かけこみ寺で忙しい毎日を
すごす佐藤チーフの元に配属され
た救世主:篠田くんは素晴らしく
出来はいいのになぜかチーフとは
距離をおいている雰囲気。

佐藤チーフは初めこそ単純に自分
の仕事がはかどるお礼をしたくて
お昼を誘うのに(しかも社食であ
って夕食ではない)それすら避け
られている…?

今まで頼られすぎるくらい頼られ
て周囲はいつもざわついていたの
に『なぜ、コイツは避ける?』と
モヤモヤっとしている時に同期の
辛島チーフから【塩(エール)】
を送られます。

そして篠田くんが距離をおいてい
たホントの理由を想像してみる…
という流れです。

この【塩(エール)】を送る辛島
チーフの遠い目線が良いっっ!!

佐藤チーフの方を見ているようで
違う。
彼が見ているのは違う遠いもの。

その『遠い想い(記憶)』を絡め
【辛島チーフの恋】が始まる。

続き人的に黒髪の鬼上司、ギャップ
萌えが大好物な私には
たまらない展開でした!
イエッフー!

危うく『副長ォォォォォ!』って
叫びそうになるとこだった。

まるまる1冊通して
ギャグタッチのゴチャついたコマ
が艶っぽい場面を引き立てます。
(このへんは好き嫌いがわかれる
と思いますが)

目力(めぢから)とギャップに
萌えましたww

ところどころに食べ物が上手に
使われていて、それがまた日常っ
ぽくて好きです。

…でも冷蔵庫には食べ物を入れま
しょうよ、チーフたち(笑)

巻末に全キャラが集合してますが
篠田くんの辛島チーフを見る顔が
可愛かったです!

タバコを手挟む辛島チーフの姿で
ゴハン何杯イケるだろう…?

4

辛島チーフが色っぽいです!!

表題作の佐藤チーフ×チーフ補佐・篠田より、
「カラシマチーフの恋」が好きです♪
このカラー口絵がまた素晴らしい!
辛島チーフ、フェロモン出てますよー!!w
左目の泣き黒子がたまらない…!

容赦無い鬼っぷりの辛島さんが
淋しい時に見せる微笑みに
恋を自覚した野々原。
この野々原が一生懸命で健気で
大好物の年下ワンコ攻めでした!

辛島さんの、厳しいけど愛情深い面とか
ギャップが激萌えなんですよー!!
私的に黒髪で前髪長いのもポイント高し!
たまに野々原を「野々」って呼ぶのも好き!

野々原に異動辞令がおりて
約束どおり二年後に辛島チーフ補佐になって
帰ってくる野々原。よく頑張りました!!w
ようやく辛島さんに認められて、良かったね!!
続きが読みたいです…。
描きおろしの「チーフたちの夏休み!」も
とっても楽しめましたが♪

そうそう、佐藤チーフ×篠田も良かったんですよw
佐藤チーフの人柄の良さなら
篠田も恋に落ちて当然とも思えました。
わざわざ「かけこみ寺の第三総務部」に異動願を出してまで
佐藤チーフの力になりたいだなんて、
続き
篠田も可愛らしいわぁ~…。
そのくせ優しくされるのが怖くて避けて…。
想いが実って良かった!!
そしてカレー好き…。うん、美味しいけどもw

他の短編も、それぞれに個性があるキャラで
とっても面白かったです!
各作品の感想も書きたいのですが
すごく長くなってしまいそうなので
割愛させていただきます…。
(レビューとしてそれじゃいかんのだが)

とにかく辛島チーフが好きでどうしよう、という感じです!
何回も読み返しましたが飽きないなぁ…。
本屋を5軒探した甲斐がありましたw
田舎なので、通販にしておくべきだったと後悔しました(泣)

それはさておき、気が早いのですが、
次回の鮫沢さんのコミックスまで待ちきれません…。

とりあえず「同人誌セレクション 鮫沢伐 うたかたレイトショウ」を
また隅々まで読み返す事にします。

あっ、野々原×辛島チーフは、
ちょっと山崎×土方っぽいんだ!!
だから激萌えなのかー!
(野々原は決して地味ではないのですがw)
一人で納得したところで終わらせていただきます☆




3

キャラの組み合わせがサイコー♪

鮫沢伐さんの初商業単行本ですっ!
とっても個人的なんですが、銀魂系の同人作家さんの描かれる作品ってほぼ自分の好みをついてきますよ♪
古くは嶋二さんはじめ、市川けいさんにエンゾウさんにetc、、、この鮫沢さんの作品もズバリ!!
短編集なんだけど、どの作品のどのキャラも生き生きしていて、簡潔なストーリー展開の中でそのキャラクターの見せる特性が実にユニークで愉快でもありキュンも催して、
何より表情とかもとても魅力的☆
ちょっとスッキリしてる部分とゴチャゴチャした部分のコマの差が激しい作品もあったりするのですが、その不安定さも伸び代ということでwww

表題は、会社の「駆け込み寺」と言われる落ちこぼれを集めた総務第三を引きいる佐藤チーフの元に、ヤリ手集団の総務第一から篠田がチーフ補佐としてやってくる。
篠田はテキパキと仕事をこなし、みるみる部もよくなっていくので佐藤は何か礼をしたいと思い昼を誘うのですが、ことごとく避けられて落ち込む。
昼飯が駄目ならと強引に退社後を自宅に拉致(w)してくると・・・
篠田の異常にヘタレ隠しの意地っ張りのツンツンと、本音が漏れた時のギャップがか続きわいらしいお話でした。
佐藤チーフの魅力は飄々としたメゲない具合でもありますが、描き下ろしにて♪
ここで一言!最初の篠田の登場ですが、上着がおかしい!!これはベストの形なのに袖がついてる~@@;思わず何かズレたダサメンなのかと、勘違いしそうになったよ(爆)

そして佐藤の同期でもあり、篠田の元上司の辛島が主人公なのが『カラシマチーフの恋』
この辛島最初の表題で登場した時、ベストの形とか全身雰囲気が某ヒーローのおぢさんかとオモッタwww
だけど、全然違くてバリバリのハードな厳しい鬼上司でしたw
そんな辛島の元に新しく配属になった新人の野々原。
厳しい辛島に鍛えられて3年、篠田が3課に異動することになってその後釜に野々原がつくことになる。
そこで辛島の寂しそうな笑顔を見て・・・
野々原もメゲない人柄でワンコですよ♪
辛島も佐藤と同じように飄々としてるけど、辛島の方が男前で受けになった分可愛らしくて、普段の鬼とのギャップが萌えをもよおすのです。
怒りで興奮してシャツを汚すと、野々原のシャツをいつも借りて、そしてまた汚すとかw
そんなエピソードはちょっといいな~なんて思います。
彼もまた描き下ろし4コマで佐藤と同じおやじであることがwww

『椿屋~』の2作品は、そこのドラ焼きに執心するスイーツ男子と、彼を気に入ったゲイの店主の、ミイラ取りがミイラになる的な、胃袋で落とすつもりが彼の笑顔に落とされてしまったというお話。
この店主の仕事の真剣さと、相手に対する態度のギャップがかなりキます!

『男子レンアイ』の2作品は高校生モノ。
女子にモテる幼馴染の直を、肉食女子の魔の手から(w)いつも守る望。
だけど、女子にそれは直の恋愛の自由を奪っているんじゃと言われて、我に返った望は、草場の影から見守ると(爆)言うと、何と!!
校内幼馴染ホモの出来あがる様は実に楽しかった♪
直のむっつりスケベ具合がいいのです☆

『看病日和』は付き合っている恋人とのデートが全然できなくて、風邪で寝込んだ恋人に行った看病とは・・・
情熱と言う名の荒療治!?
一瞬鬼畜な顔を見せる年下攻めが、ほんとうはワンコだという、怒らせたら怖いよwというお話。

『グッドモーニング・キス』は7歳の歳の差の義理の兄弟のお話
弟を意識した兄が、このままじゃいけないと考えた時、実は弟も。。
な、よくある話なのですが、登場人物の表情がとても魅せる絵なのに惹きこまれました。

最近のリブレさん、帯の煽り文句が大げさになってます。
表帯はいいのですが、裏の「ラブ&エロ&萌え盛りだくさんで~」というのは間違ってはないけど下世話で煽りが見え見えでいただけませんね~
せっかくのいい作品も萎えてしまいますよ。
鮫沢伐さん、今後も大期待しまっす!!!

3

思いもしないヒット!

初めての作者さんと思って、
読んでいたら予想外に、かなりのヒットでした。
(初コミックスだったんですね!)

表題作は、部のチーフである佐藤は、
メンバーがひよっこ過ぎて、自分の仕事もままならないほどに
面倒をみなければならない状態に、悩んでいました。
そこに、やってきたのが、
やり手の揃う第一総務部からきた篠田でした。
篠田がかなりやり手で、佐藤も大助かりなのですが、
何故か自分には、そっけない態度なのが気になる!
でも、篠田が異動してきた理由は実は・・・

というものです。個人的には、
第一総務部の鬼チーフ・辛島と部下の話が、結構ツボでした。
この2カプのコラボレーションがたまりません。

うまい具合にギャグも効いていて?
とてもこれからも楽しみな作者さんです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ