友人と寝てはいけない

yuujin to nete wa ikenai

友人と寝てはいけない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×28
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
104
評価数
29件
平均
3.7 / 5
神率
27.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199006807

あらすじ

恋愛なんてあり得ない、昔からの友人だから――共に社長子息で、抱かれるより抱く方が好きなバイ。共通点の多い美馬(みま)と鮫島(さめじま)は、高校時代から二十年近く、“一緒に酒を飲んでも旅行はしない”ドライな友人関係を続けてきた。けれど、経営が傾いた美馬の実家を鮫島が助けたことで関係が一変! 「礼の代わりにセックスしてみる?」鮫島の冗談を引き金に、友人の境界線を踏み越えてしまい…!? 

(出版社より)

表題作友人と寝てはいけない

総合病院経営者の息子 鮫島真尋 32歳
製薬会社社長の息子 美馬郁 32歳

その他の収録作品

  • すべて恋のせいにして

評価・レビューする

レビュー投稿数8

恋は人を変える

タイトルとあらすじを読んで
「うっかり始まった友人とのモダモダ」が甘み成分たっぷりなお話だと思い込み。
想像以上に攻めはドライだし、受けは理屈っぽいし、
おや〜?おやや〜??と首を捻りながら読み進めてました。
"先入観で思い込み違ってガッカリ"を度々やらかす…。学習能力無し…。

中盤すぎるまで体が触れ合うことがあっても甘さはないです。
"友人とウッカリ"も、まぁ、ノリの延長っちゃー延長だけど…報酬といった形なのがモヤモヤ。
友人に借りを作りたくないと受けが意固地になって、対価として体を差し出すというのがなぁ。
50/50の関係でいたいのはわかるけど友人と物々交換するのも歪なような。
受け視線でお話が進むのですが、受けの理屈っぽさが受け付けませんでした(´×ω×`)

攻めはシンプルな人ですね。
ゴチャゴチャしたとこがなくて、裏表がなく、言葉も態度もストレート。
とてもさっぱりしてるのが良いのですが…甘々好きにはマイナスでもあった。。。
「ただの友人なんだから」が大前提の擬似セックスなので
前戯はいらない、終わった後に甘くなる必要もない、というドライさ(続きノД`)・゜・。

でもこのドライ&理屈屋な2人の行いがあとあとに効いてきたのが面白い!
各々セフレと別れた後のシーンがあります。
ドライな性格の攻めのセフレは、スッパリ別れを切り出され逆上しストーカーへ。
理屈屋の性格の受けのセフレは、「物足りなかった」とアッサリ。
セフレからの言葉が、芽吹き始めた友人との恋に反映され、次第に甘い関係になるのに萌えます。
ドライだと思ってた攻めの涙にはびっくりしつつも胸がジンワリ。
思ってた以上に受けのことを大切に思ってたのが嬉しかったな。

前半、本当にこの状態で恋が始まるの⁉︎と不安だったのは杞憂でしたね!
始まってみれば、ヤキモチ焼きで可愛くて甘さが堪らんです(∩´///`∩)
恋をすると人は変わるもんですねぇ・・・。(ニヨニヨ)

0

寝てから始まる本当の恋

鳩村先生の作品はいわゆる「お仕事BL」が多く、私にとって心に残る言葉なども散りばめられていて大好きです。
しかし、本作はお仕事BLではありません。なんとなく雰囲気が違っていて、でもやっぱり凄く面白くて、新境地?などと感じていましたら、あとがきにて「攻めx攻め」におけるいつもと違うアプローチを目指した旨が明かされておりました。
裕福な家に生まれ、容姿にも恵まれ、男も女もいけるバイで、とほぼ重なる境遇の二人が主人公です。
美馬は父親に愛人がいたことがきっかけで、適当に距離を置いたセックスフレンドとしか付き合えない。そんな美馬が、援助の礼として付かず離れず楽しいことだけの浅い付き合いをしていた友人鮫島と寝る。寝るといっても受けることには抵抗があって「挿入なし」の条件で、です。
いざ、そんな「セックスもどき」をやってしまった後、鮫島との温度差に焦り、そんな自分に戸惑い、変化してしまいそうな鮫島との関係に怯えを感じる美馬。
読んでる私たちにはわかってる。それは「恋」。
鮫島のボランティア活動の話を聞いてから、恋を恐れて逃げていた美馬はそれまでと違って鮫島に向き合いはじめる。そこからの続き展開がまた…いいんです。
身体からの関係。愉しければ、気持ちよければそれで二人ともOKだろ、というような二人だったけど、快楽を共有して、なのに心の反応は食い違って、戸惑って、出た答えは身体からのメッセージ。つまり『互いを求めている』。
ラスト、美馬が受けになっての最後までのHシーン。『快感がなくても構わなかった』。こういう心境のHシーンはどこか新鮮でした。
セックスをゲームのように楽しんで、セフレもいて、そんな二人がただ愛を実感するためだけに、悦びがゴールではないまるで誓約のような行為をする…

「すべて恋のせいにして」
鮫島視点。アメリカで働く美馬に会いに行く鮫島。
一緒に出席した上司(CEO)とのパーティにて大人気の鮫島に嫉妬する美馬。嬉しがる鮫島。
鮫島視点のせいか美馬がなんとも受けくさい。実際はもっと対等っぽいと思うんだけど。
だからここが鳩村先生の巧みさなんだと思うんです。鮫島目線ゆえに美馬が可愛らしく感じられるのですから。
小山田あみさんの挿絵も本当に!素晴らしかったです!

2

嬉しい誤算!!!

長年友人関係だった2人が、思いがけないきっかけで恋人へ・・・というようなシチュエーションがとても好きで、そして作者買いをしている鳩村先生の作品でもあり、何よりも表紙の雰囲気が何とも魅力的でくぎ付けになり購入しました。(ちなみに、扉絵の絵も凄く良いです)

でも、張り切って買いながらも、私自身はバイ設定はそんなに好きではないのと、レビューをちら見した際に、受け様、攻め様共にセフレがいる・・・というのを目にしてしまい、しばらく読むのをためらっていたのです。
基本、受け様は身持ちが固かったり、初心だったりして欲しいだけに、この設定はなぁ・・・と・・・

でも、今何か無性に小説(BL)を読みたい、でも短時間で読めそうなものがいい・・・と思って、積ん読本の中からチョイスしたのがこの一冊でした。

ところが読み始めてみると、設定云々が気にならないぐらい、私の好みの雰囲気や展開が待ち受けていて、むしろ短時間で読み終えたくない!!!!もっと読んでいたい!!!!という気持ちになったぐらい、私のツボにはまりました。
本当は、ちゃんと恋がしたくて、真実の愛に一番飢えていながらも、家族の問題が続きトラウマになっていて、逆に怖くて愛と向き合えなくて、恋人を作れずにセフレで済ませていた受け様・・・なので、長年の友人と勢いでセックスもどきをした時に、実は初めて恋が芽生えてしまって、でも、最初はその気持ちが恋だと分からなくてグルグル悩んでしまう・・・という姿は、まさに初心受けそのもの!!!
セックスもどきを続けていくうちに、段々心も体も目覚めていく様や、悩む姿、攻め様のセフレ事情に嫉妬しちゃったり、攻め様への独占欲も芽生えたり・・・いちいち可愛い受け様。なんかも、もう初心な感じで凄く良かったです。

そして、攻め様のスペックも完璧!!!!
高スペック攻め様がとてつもなく大好きな私としては、その設定にもすごく萌えました。

元は友人同士という事ももちろん大きな萌え要素!!!

思いがけず・・・と言っては失礼ですが、でも本当に思っていたよりも凄く楽しめた作品!!!
嬉しい誤算でした!!!

2

男同士はこうでなくては!!!

共にバイセクシャルで仕事のできるイケメン、
しかしお互いに全く好みではなく、
たまに会って飲むだけの
ドライな友人関係だった鮫島と美馬。

それが、仕事で借りを作った礼にと
何となく関係を持ち、(挿入なしの)セフレに。
擦り合い、素股、フェラ…と行為がエスカレートするにつれ
意識し合っていく二人にニヤニヤしてしまいます。

親友ですらなかった二人が
互いの似ている面、正反対な面を知るにつれ
惹かれ合っていく。
『実は学生時代から両想いで…』なんて乙女な展開はなく、セックスきっかけで初めて互いを意識し始める、そんなところもいかにも男同士らしくて素敵でした。


最終的に受となる美馬ですが
セフレとのHシーンではガッツリ攻だし、
鮫島の元セフレにぶん殴られて重傷を負うしで
あまり受らしい扱いはされませんw

しかし、早い段階から鮫島のエロテクに蕩け
鮫島が事後優しくしてくれないことに
寂しさを覚える姿は
わりと受け受けしく思えました。

そういう意味では、攻め受けが最初からハッキリ見えるため、『どっちが喰われる!?』みたいなワクワク感は控続きえめ。
個人的な好みとしては、もう少し鮫島に『俺喰われるかも?』的な危機感を持ってほしかったですw


しかし、くっついた後のラブラブな二人は大変好みでした!!

攻の鮫島は乳首が弱く、受の美馬は裏筋が弱い。
それぞれの弱点を責め合うHシーンは
これぞ攻×攻という感じでした。

かと言って獣のように貪り合うのではなく、会話多めで、相手が満足しているか確かめ合いながらコトを進めているのも良かったです。
「ファック」「ペニス」など直球な言葉が出てきても下品な感じがしないのは、こうしたスマートさ故かなと思います。


ちなみにRenta!で購入したところ
'12年AGF小冊子掲載の番外編もついてきました。
その名も「恋人を舐めてはいけない」。

美馬が鮫島のジェラートを勝手に食べたことで
ケンカになるという可愛いお話。
仲直りHでは、ジェラートを互いの身体に塗りたくり&舐めまくりという
甘々&アグレッシブな二人を堪能できます♪

4

体からはじまる恋愛

BLでよくある「体からはじまる恋愛」は、実はお互いに、あるいは受けか攻めのどちらかが相手を好きで、その気持ちが暴走した結果というパターンがお約束ですが、この話の鮫島と美馬は当初どちらも友人以上の気持ちを持っていません。
ささいな意地の張り合いで体の関係を持ったことをきっかけにして、相手の体への衝動につき動かされるように友人関係の均衡を崩していく、まさに「体から」はじまる恋愛です。

美馬は体の相性に引きずられるように鮫島に惹かれていく自分に戸惑いますが、本気の恋愛を意識的に避けてきた美馬には体先行の恋愛の方がちょうどいいのかもしれませんね。
長年の友人としてのスタンスを簡単には変えられなくて、お互いに意地を張ったり、牽制したりするところは読んでいて、もどかしかったです。

頭でずっと思い悩んでるくらいなら、体の反応に素直になった方が案外すんなりうまくいくのかも、そう思わせてくれるお話でした。
考えるな、感じろ!ってことですね。←?

ちなみに個人的にツボだったのが、二人がいざ恋人として向き合おうとした時に、どちらもタチだから入れられることを躊躇ってキスでお茶を濁すところです。か、かわい続きい…!
結局、美馬が入れられるのですが、普段攻める立場の人が受けるシチュが好きなので、そこもすごく萌えました!

2

たまらん



大人男前な2人を平和に楽しめます。

絵と相まってなおさら素敵です。何度表紙みても溜め息がでます。

私の中の萌え和み作品です。

この作品は割りと内容に波はなく心がかき乱されることはありません。

ただただ私の萌えツボをズクズクと刺激する作品です。

洋風王子様×和風美人

受けのハッキリ言う性格、体型気にしちゃうとこ、病院でほぐしちゃうとこ(何をかは作品で)、乙女っぽく感じるのに男前さが抜けないとこetc
がどうしようもなく好きです。
勿論、攻めも大好きです。

ということで、私好みね作品でしたー。


2

受け攻め以前の二人の関係の変化に注目

有りがちな高校からの同級生で、友人が恋人同士になると言うような単純明快な
ストーリーとは少し違う二人、結果から言えば恋人同士になって行くのですが
その過程がすんなり恋になってと言う感じではなくて、ちょっとした意地の張り合いで
身体の関係を持った事から、二人の間に微妙な変化が現れる。
それは突然恋に落ちるのではなくて、きっかけは身体の相性、それも素直な人間の
反応からで、似て非なる二人の変化に対する二人の感じ方も、考え方も違うけど、
始まりと終わりが一緒でも、そこまで行く着くまでの過程が根本的に違うと
こうも、微妙にズレが生じてくるんだなと思える内容でした。

外見は和と洋で全然違うタイプのイケメンで、でも性嗜好や、育った環境や
相手に与える第一印象の雰囲気が似ている二人。
でも、たとえが鏡に映った者と映された者で、似ているが一つにはなり得ないって
感じがするんですよね。
楽しい時だけつるむような二人、奥深くまで互いに入り込まないから、親友には
程遠い関係ながら、付かず離れず友人関係を築いてる。
でも受け様の家族の仕事で、攻め様に借りを作る事になってしまう。続き
それは二人の間で暗黙の了解のように線引きされていた事柄。
そして受け様は借りを作りたくないからと身体の提供を申し出る、でもこれはセフレ的な
申し出では無かった、攻め様が元外科医で現在は高級インストラクターなので
その治験にでも使ってもらうような気もちでの申し出だったのですが、
話の流れでセックスしようなんて事になったことから互いの恋愛観や、セフレ関係
自分でも予測が出来なかった心の変化が、肉体を合わせるうちに変わっていく、
そんなお話でした。
身長もスタイルも同じくらいで、どちらが受けでも攻めでもいい感じなのですが
対等と男同士の恋愛を楽しませてくれるようなお話でした。

0

大人な2人

大人でどちらも男前でした。
こういったどちらも攻っぽいお話って、とても好きです。
う~ん。面白かったのですが、
なんとなく勿体ない感があったような。
結構2人が似ているように感じて、読んでいて、
2人がごっちゃになってしまいました。
(私の読解力の問題かもしれませんが)

鮫島のことを学生時代から、良き友人として認め、
ドライに生きる様をしてきた美馬だったが、
実家のことで助けを鮫島に求めたことで、2人のバランスが崩れます。
元々ドライに、飲みなど楽しいことを共有するという
関係性だったのが、助けてもらったことで、
一方的に貸しができることを嫌がったため、冗談で言い始めた
礼がエチことが決定になります。ひっ込みがつかないと言った感じで、
どちからが、実は好きで。。。なんてことは無く、
かなり興味本位な感じです。

セフレと軽い関係をもったり、奔放に生きてきた2人ですが、
この関係に進むことで、今までの関係が少しずつ変わってくる。
その試行錯誤の様子が何とも、面白かったです。

できたら、もっと後日談もよみたかったな!

それにしても、再出続き版においてタイトルが変わっていますが、
前のタイトルの方が、内容の表現と合っていてよかったのにな~
と思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ