恐怖のダーリン

恐怖のダーリン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784403520273

あらすじ

きれいで、そして変わり者で有名だった高瀬兄弟の兄・偲が死んだ。
残された弟・恵のことを以前から気にしていた亨は、どこかに感情を置き忘れてきたかのような彼を放っておけず、面倒を見る羽目に。
雪の中、偲を呼び戻そうとしたのがいけなかったのかもしれない。
でもまさか、ほんとに帰ってくるなんて、二人とも思わなかった。
まして、死者に恋路を邪魔されるなんて…。
スウィート・ホラー・ラブ・ストーリー。

表題作恐怖のダーリン

民間伝承の死者蘇生を研究する大学生 受を見兼ねて世話人へ 亨
大学生 兄に溺愛されて育ち、その最愛の兄が交通事故で死亡 高瀬恵

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ホラーなコメディ

すごい面白かったです。
先が気になるストーリー展開で、ワクテカしながらページをめくりました。
ホラーとコメディを融合したようなお話。
薄気味悪さと、なんとも言えない力の抜けたユーモア。
笑えるのにキューンと切なくなってしまう絶妙なシーンがたくさんありました。
BLでこういう話は珍しいので、新鮮さもありました。

ストーリーだけじゃなく、キャラも良かったなァ。
異常に仲良しだった兄弟の兄が死んでしまうところから物語ははじまります。
残された弟は、生活能力がゼロ。
弟を放っておけない主人公は色々と面倒を見るハメになる。これがなかなか報われないもんで、それが哀れで愛しくて笑える。
弟は、兄が死んではじめて「生きること」に直面する。エキセントリックながら普通の感情を覚えていく彼の心の有り様は興味深かったです。
でも兄は死体のまま復活しちゃうんだよね。コミカルながら悲しいホラー展開が待ち受けてます。兄は兄で、悲しい人間で。

しかしこれ、説明では伝えづらいお話だなァ。
とにかく面白かった、とだけ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ