秘密をどうぞ

himitsu wo douzo

秘密をどうぞ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
19
評価数
5件
平均
3.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784796404563

あらすじ

故郷を捨ててN.Y.に暮らすリックは、ようやく荒んだ生活から抜けだし恋人もできた。けれど、恋人の父親に惹かれていって…?

表題作秘密をどうぞ

ホテルチェーンイーズオーナー 桐原征司 35歳
イーズ専属モデル 藤井暁斗 20歳

同時収録作品by your side

征司の父 桐原東悟
インテリア・デザイナー リック・ディバース 28歳

その他の収録作品

  • secrets of old days
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

意地悪(ズルイ)オヤジいいよね。

旧版で既読なんですが、書下ろしが読みたくて購入。
このシリーズはやはり息子より父親です!!
そして年の差vv

過去に征司と付き合ってたリック。
そのリックが征司の父親(東悟)を好きになったから別れた2人。
だからといって、東悟とすぐにラブラブというわけにはいかず
その年月は数年にも及んでます。
一方的にリックだけが東悟を思ってる関係。
もちろん東悟もリックに対して何らかの情はあるのですがハッキリとせず。
そのあいまいな関係を崩したのが、リックが他の男といるところを見られた場面。
そこでやっと東悟も自分の気持ちをくくったのか、結ばれて良かったよ~っ!!

今では征司ともいい関係で続いてる。
なので今回はその過去編も含みつつ、現在の2人のお話が本編。
意地悪なオヤジに振り回されてるリックは相変わらずだけど(笑)


そして書下ろし。
やっと東悟が暮らしてる家に移ってきたリック。
流れでイチャついてるところに征司たち。
4人で仲良くお食事ですが、帰ってきた後は…
征司とリックの過去のバリエーション(もちろんエッチの)について
東悟にお仕置きされ続きること間違いなし!!

嫉妬するオヤジ楽しいなぁvv

次は新作での発売があるみたいで
それぞれ(特に親父たち)のラブラブがまだまだ読みたいです!!

2

シブイダンディーなオヤジは素敵

文庫化再販のシリーズ3作目でスピンオフ感が強い作品になりますね。
~どうぞシリーズ、マイフェアレディーもどきの王道過ぎる作品でこのサイトでは
皆さんBL三昧しているからなのか、やけに中立評価が目立つのですが、
いつまでも夢見る乙女と言うより明らかに婆なのですがやっぱり好きなものは好きと
思えるシリーズなのですよ(笑)

そして今回の秘密、桐原と暁斗との仕事に邪魔されて濃密な蜜月にはまだまだでしょうが
それでも互いに小さなケンカをしたり、拗ねたり嫉妬したりと仲睦まじい二人。
デートの約束を仕事がらみで接待でもある美しい有名女優のためにキャンセルされて
ご立腹の暁斗、桐原の従兄弟でもある久野に桐原の目の前でデート日だった日が
暇になったからと久野とデートの約束をして盛大に拗ねて見せる。

それがこの後にひと波乱起きるきっかけになり、桐原の尋常でないくらいの強烈な
嫉妬心が爆発してしまうことになるお話です。

そして更なるカップルは桐原の実父と元桐原の恋人だったリックとの年の差カプの
出会いから恋人になって共に暮らすようになるまでを描いています。
表題の桐原続きと暁斗のお話が後の年の差カップルのプロログ的な流れにもなっていますね。
オヤジに一切萌えない私ですが、桐原のお父様には萌えました、だってダンディーで
とっても素敵なのですよ、それが年下のリックに落とされるのですが、
それも簡単でない時間が流れる訳で25才の年の差をものともしないラスト方面の二人、
甘いだけでない意地悪さも萌える作品でした。

3

オジサマに恋して♪

新装版シリーズの三冊目。

桐原の父・東悟(53)とリック(28)。
スピンオフの、水壬作品史上最大の年の差カプです。書き下ろしもアリ。
飄々としたリックがオジサマの前では超可愛く従順。
10代から片想いし、恋人となった今も、追いつけない年の差や温度差が時折切ない。
リックの約10年の健気な姿を追う物語で、年の差カプ好きには大変美味しいお話でした。
ちなみに旧版ではもっと年上だったのが、やはりラスボスは久賀先生(『リスク』)だろう!ということで、同い年(53)に変更したそうです。確かに久賀先生と比べるとだいぶ若々しく爽やかv


◆【秘密をどうぞ】(桐原×暁斗)
前二作からのメインカプ。すっかりラブラブです。
暁斗は偶然知り会った東悟と一緒に、桐原が女優をエスコートするパーティー会場に出向く。
二人を見て桐原は激怒。
昔付き合っていたリックが父に恋し自分をフッたように、暁斗まで自分のもとを去ったら…という不安からの動揺でした。
桐原に必死に好きだと訴える暁斗が可愛く、その後の絡みもエロ甘で良かったです。
そしてリックとアメリカへ帰る東悟に、桐原がイタズラ続きの仕返しを…でもリックにしか効いてないような?w
最後までさすがオジサマの余裕を見せるパパでした。


◆【by your side】(東悟×リック)
10代の頃を回想するリック。
目標なく生きてきた自分に、東悟はデザイナーという道を勧めてくれた。
亡き妻一筋の東悟を何年も想い続け、恋人にしてもらって随分経つが…
いまだ東悟との温度差がたまに寂しいリック。
奥さんがデザインした部屋の改装を任され、一緒に住もうと何度も言われているのに、飽きられるのが不安で頷けない。
東悟もリックを愛していますが、リックの反応を楽しむためつい意地悪を…みたいなところがあるのですv
それでも「毎年毎年どんどん大切になる」「残りの人生は全部お前にあげる」という台詞は、東悟の年齢を考えるととても重みのある言葉で、ようやく安心し涙するリックにもジーンときました。
(何年も一緒にいるなら、もっと早く言ってあげて~とも思いましたがw)


◆【secrets of old days】(書き下ろし)
リックが東悟宅に越してきてイチャイチャ。
でもいいところで桐原と暁斗が訪ねてきて…というシリーズお決まりのパターン。
家族ぐるみの長年の付き合いに暁斗も加わり、軽口を叩き合う仲の良い四人を楽しめました。


面白かったけど、もっと現在の二人の甘い話が読みたかったかな。
回想を経て現在編ラストでようやくリックが東悟の愛に気付くって感じなので…(そしていいところで息子カプが乱入!w)。オヤジに振り回されるのも年の差カプの醍醐味とは思いますが、少し物足りないので評価は萌に。

あと1冊、今度は新作でこちらのシリーズが出るとのことで、そちらも楽しみです♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ