青少年のための正しい妄想講座

seishounen no tame no tadashii mousou kouza

青少年のための正しい妄想講座
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×216
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
98
評価数
24件
平均
4.1 / 5
神率
20.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784778115111

あらすじ

口数が少ないだけで周りから一目置かれている小田切は、友人の一言がきっかけでクラスメイトの剣人を押し倒したり、脱がせて弄りまわしたりと妄想がとまらない! 時には妄想の中の剣人に拒否されて本気で傷ついたり…。次第に自分の気持ちが何なのか気づく小田切は……。 他、高校生達のピュアな青春ラブストーリー収録?

表題作青少年のための正しい妄想講座

周りから一目置かれる高校3年生 小田切
クラスメイト 村上剣人

同時収録作品隣人関係

童貞高校生 原田千秋
隣に住む幼なじみ ゆうき

同時収録作品はやとちり

区立図書館で出会った他校生
高校生 寒川冬基

その他の収録作品

  • 大学生のための楽しい同居棲生活
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

高校生は妄想まみれ

期せずしての、爽やか高校生祭りだな。
これの前に読んだのが「僧職高校男子寮」という、特殊な舞台で普通に恋に悩む高校生男子のお話。
こちらは、ごく普通の公立共学高校が舞台。
いや、でも、ここまで顎の細い軟弱高校生となると首都圏限定っぽくて逆に普通じゃないのかもしれないが、それはさておき、
共学校なのにもかかわらず、同じクラスの「男子」に欲情妄想しちゃうって、
これはいったい、なんなんだー!!
と、じたばたするお話。
もう、この眼鏡君(小田切)がねぇ、私の脳内では最初ッから杉田声で妄想しまくるの。
お相手のまつげくん(村上)は信長君でお願い。

1

妄想男子、好きです

こちらの表題作は、攻めがひょんなことからクラスメートの男子のエッチな妄想をしだしちゃう、と言う妄想がキーとなるお話です。

真面目でストイックそうな見た目をした眼鏡攻めが、実はむっつりで頭の中はエロばかり。
と言ってもそんなに激しくマニアックな妄想ではなく、高校生男子らしい、可愛らしい妄想でした。
私としてはこの妄想シーン、一つ一つをもっと長くして欲しかったのですが、短い妄想だからこそ攻めの「いや何考えてんだ俺!」感が出ている気もしました(笑)

受けは無邪気で可愛らしい感じで、クラスメートの男子からは「まつげくん」なんて呼ばれて可愛がられています。
少し女々しい部分もある、かな……?
そんな彼の海を眺める切なげな表情、からの、ハッピーエンド!良かったです!

その他には、不器用な2人の初々しい恋愛話と、図書館での駆け引きにしてやられた受けのお話が収録されています。
特に不器用な2人の初々しい恋愛話は、受けが攻めに冷たい態度をとりつつも攻めのこと好きなんだなぁと言うのがチラリチラリと見えて可愛かったです!

0

たくましい妄想力

小田切(表紙にて鼻血を垂らしている目つきの悪い彼)のキャラクターがとても際立っていて面白い作品群でした。
妄想は自由ですから、したい放題やりたい放題、そりゃあ興奮した挙句に鼻血を垂らしてしまったとしても致し方ありませんね(笑)思わず笑えるところもあり、そして妄想の内容を含めてエロティックなところもありでオイシイとこどりの一冊です。

[青少年のための正しい妄想講座]
村上(剣人)への妄想と変なところでの積極性、そして村上への情熱以外を徹底的に(しかし無意識に、一切の悪気はなく)スルーしている小田切がとても面白かったです。
カシオ先生にはこんな引き出しがあったのか!と思いました。こう、傷つくか傷つかないかギリギリのラインを彷徨ってこちらもハラハラする、そんな印象だったのです。
体育祭の準備のときに真山ちゃんに呼び出されても、気持ちは完全に剣人へ向いていましたし、真山ちゃんのスマホの待ち受けを見ても剣人の生足にしか目が向いていませんし…。
なにより2話終盤。剣人が小田切と真山の告白どうのこうののあたり。ふたりの下駄箱でのやり取りが秀逸だと思いました。
小田切は剣人のことを話続きしているんですよね。彼への思いを。そしてそれが断られて仕方のないことと思いながら。
かたや剣人は真山の思いに対する小田切の浅はかな対応(と思ってる)を咎めたり悔んだり羨んだり。
完全にすれ違っているのに違和感を感じませんでした。もしかしてこの頃には小田切の心がしみ込んでいたのかもしれません私(笑)
会話が完全にかみ合っているわけでもないのに、それぞれの考えや思いに少しかするからいいように頭で変換してしまうからどんどん違った方向に進んでしまう。すれ違いモノならこのまま違ってしまうけれど、このお話ではきちんとくっつくキッカケとなりました。

少し、真山ちゃんが報われないなと悲しくなったのですが、でもいずれ同窓会などで彼女は事の真相を知るんじゃないかなぁと思いました。
なんとなく、このクラスならそうなる気がします。そして真山ちゃんも納得するだろうし、むしろその頃には子供も生まれていそうです!(笑)
描き下ろしでの同棲しているふたりも可愛らしいことこの上ないです。わんこで小田切のモチベがグンとあがっていますね。幸せな家庭を築いて毎晩愛し合ってね!

[隣人関係]
灯台下暗しというのか。
幼馴染モノでした。若さゆえの勢いと、思い余っての誘い。その両方を助長させたのはお酒の力。
千秋は今、ゆうきへの感情に気が付いたばかりですが、ゆうきは年期入っていますものね。そりゃあ映画で隣の席でしかも暗い、たまに照らされる横顔をチラッと見たり。大好きなのですから、ドキドキしっぱなしなのでしょう。心臓に悪い!
まさに、ツンデレなんだろうな。

[はやとちり]
図書館で イヤナヤツ! となるとついつい思い出しちゃうのはコンクリートロード。
最後の上目遣いは破壊力抜群でした。寒川君は感情がすぐ顔に出る(と思う)ので、彼には気持ちがバレバレなのでしょう。
この後、ふたりがどうなっていくのか少し気になりました。

3編とも高校生の可愛らしいお話です。
読了後も表題作の主人公、小田切のことを考えてしまうくらいでした。彼の妄想力は年々育っていくことでしょう。

1

これも青春だよね!!

ただ相手が女子ではなく男子(剣人)だったわけだけど。

そりゃ思春期の高校生、妄想ぐらい沢山するわよ絶対!!
でもその妄想相手がトイレで耳にした「乳首ピンク」から始まって
気になって恋をしてなぜか夢が庭付き一戸建てマイホームなんだから凄い!!(笑)

一見、怖そうに見えて女慣れしてるようでも実は純情のような性格。
剣人もそれに似合うよな性格で将来の想像も夢じゃないよ小田切!!

最後に大学生になって同棲のショートが入ってましたが、いい雰囲気でした。

1

友達になりたい

きっと違う作品も読んだことがある作家さん。
ここ数年作家さんの名前を覚えられない。
それほど沢山の作品が出ている。

イラストは揺れている。
細く力弱く揺れている。
読みにくい。

でも、妄想講座というタイトル、鼻血。これは読みたいと思った。

小田切くんは無口だ
ズルむけだ。
高校生だ。

同じクラスの村上くんが
同じクラスクラスの男子から
体を触られた時女みたいな声を出したからホモかもしれないと
くだらない話を聞かされる。

それまで意識してなかったのに
村上くんの事が気になって仕方ない。

あらぬ妄想をしてしまう。
接点がない2人。
そんななか、体育祭の委員を決める事になった。
立候補がいなかった為、先生から村上が指名される。
小田切は立候補してしまう。
2人に接点ができた。

とにかく小田切最高でした。
是非読んでいただきたい。

0

地味なのに萌える

全体的な雰囲気は地味なのに何故か味のある萌えが見え隠れしている優れもの。
攻めになる小田切は見た目は大人で醸し出す雰囲気も高校生には見えない落ち着き。
それなのに、何故かクラスメイトの村上のことが気になってしまう。

周りでも絶対小田切だけは大人で一目置かれていると思われているみたいなのに、
実は同級生の村上相手に一人妄想して、しばし、爆発してしまうのではというところまで
何回も行っているあたりがまた萌えます。
思いっきり青春している高校生ライフ、学園生活で心を不器用な展開で通わせ、
大学入試でオアズケ喰らいながらも、妄想は止まらない。
そして、好きだけど不安になる。
だけど相手の妄想は老後まで見据えてる、幸せほのぼの未来も見えてきそうな
青春ラブしてる二人がとても素敵、妄想も大好きです。

0

老けて見えるけど青春なの☆

思いっきり「青少年」って書いてあるのに、表紙を見て
へぇ~主人公はメガネの社会人か~…と普通に思ってました(笑)
大人っぽいけど、れっきとした高3。青春してます。


主人公の小田切は、大人びた容姿で寡黙なキャラなのに
脳内は、クラスメイトの村上(男)のアホな妄想でいっぱいというギャップ!!w

「村上の乳首がピンク」と騒ぐ同級生に反応したり
(でも、硬派キャラなので一緒に騒げない!)
写真を下からのぞいてパンツ?を見ようとしたりww

※妄想の内容は、男子校生らしい微笑ましいものだけど、
見た目はあんなクールなのに!?という意外性が楽しいです♪


そんなこと知らない村上は、
小田切の(下心を必死に隠した)男前さに少しずつメロメロしてくるわけですが、可愛いだけじゃなく結構しっかり者。
両思いになってから、余裕のない小田切にキュン…としながらも、大学受験頑張ってね!と、しっかり手綱をとってる感じが好きです☆☆

受験を終え、久しぶりに会った二人は海へ→近くの旅館へ。
相手の身体を見たがったり、一緒にイキたいと強く思ったり…
本当にお互い大好き続きなんだな~ということがすごく伝わってくる
青春ど真ん中って感じの素敵な初Hシーンでした~~!


数々のシーンがどれも、あるある~!と頷ける学生らしいもので、
(体育祭で近づく距離や、授業中の回し手紙、海への旅行など…)
卒業後、一緒に住むところを探しに行くラストも含め、
すごくストレートな甘酸っぱい青春モノ。

王道の展開に、小田切のちょっと意外性あるキャラがブレンドされて
かなり楽しい作品となっていました☆


同時収録の
◆【隣人関係】(全2話)は、
童貞の幼なじみをクールに翻弄、実は一途な受がカワイイ♪

◆【はやとちり】は、
ウブイ主人公と、耳に軽い障害がある他校生徒の図書館からはじまる恋。
他校生徒の、誠実に見えて結構チャラい?キャラが
つかみづらくてモヤッとするけど、それと同時に、
もっとこの人のこと知りたい、続き読みたい~!とも思ってしまいますw


同時収録作も良いけど、やっぱり表題作が一番かな。
大学生になっても社会人になっても、変わらずラブラブしてそうww
ずーーっと見ていたい二人でしたv

3

可愛く甘くエロい

カシオさんの三上くん〜が好きで、エロ甘そうなこちらの本を即購入‼甘くきゅんとして、作品全体に色気が充満していました(*^^*)青少年がとっても可愛いです‼

ある日同級生の可愛さに気付いてしまい、妄想が止まらないムラムラ男子くんの苦悩が面白くw受けくんの色っぽい描写が一つ一つフェチ心をくすぐります。カシオさんの描く可愛い男の子の魅力が満載でした。最初からラストまでストーリーが安定して進んでいたと思います♪

同時収録の隣人関係という作品も短め二話ですが、すごく目が艶っぽい美しい受け君が読めてこちらもとても好きでした‼

3

鼻血出ます

コミカルな作品でした。
妄想男子・小田切のキャラクターが絶品☆
クラスメイトとの雑談でホモといえば~クラスメイトの村上のチンコ揉んだら女みたいな声出して、ありゃ普通の反応じゃねぇよ~という発言が。
この一言で村上が気になってしまった小田切が、妄想と興味のないまじりから好きになっちゃう展開なのです。

村上がズリネタに登場してしまい、乳首が気になり鼻血が出、手が触れれば鼻血が出、
体育祭の実行委員に村上が指名されたら思わず立候補しちゃったり、
村上が着たガクランの匂いを嗅いでみたり、
妄想だけにとどまらず、いや、妄想ゆえにか(笑)
一見真面目そうで大人っぽい雰囲気の奴なのに、性少年らしいむっつりを見せる姿が楽しいのです。
気持ちが通じ合う直前のすれ違いと勘違いも実に小田切らしいというべきか、村上らしいというべきか(笑)
結局、何かと一緒にいたことでいつの間にか村上も・・・という相思相愛になったはいいのですが、高校3年の受験を控え、推薦で大学が決まっている村上に対して第一希望が危ない小田切は勉強をがんばらなくてはいけない。
なのに、やりたくてやりたくて(爆)

続き無事合格した後の二人の姿、村上も我慢してたんだよ~という姿、やっと待望の二人きりに涙を流している小田切に、おめでとー♪を送るよ(笑)
ものすごく妄想男子というわけではなく、性的興味が妄想を誘う程度だったのだと思うが、小田切らしく同居提案に縁側のある一軒家で犬を飼う、の飛び具合は実に小田切らしいと思うのでした。
描き下ろしの犬を拾って来た話しは・・・その一つの実現?

【隣人関係】
彼女と初エッチの寸前に降られてしまいやけ酒を飲む千秋に、ほんとうは片想いしているゆうきが誘うような形でしてしまったエッチ。
朝になってうろたえる千秋に「男ならノーカンだろ」と言って慰めるゆうきの瞳には涙・・・
お隣どうしで幼馴染の二人が恋人になるお話

【はやとちり】
図書館で取ろうとした本を持って行かれた相手に感じ悪さを感じた主人公の高校生。
その後もたびたび会うのだが、自分が読んだことのある本を借りている?
ちょっと気になるようになったのだが、、、司書と仲良く話しているのをみて知らない間に嫉妬を覚えていた。
この相手は耳に障害があるという補聴器をつけている設定で、それを逆手にとってという展開に、障害をポジティブに捉えているととっていいのか、それとも?と読後が少々複雑な気持ちになったのは否めない。

でも、表題の作品のキャラクターがとても面白くて全体を通してもとてもポジティブな話しで爽やかでした☆☆☆

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ