beauty & beast (2)

beauty & beast

野兽情人

beauty & beast (2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
38
評価数
11件
平均
3.5 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778115951

あらすじ

幼なじみで今は恋人でもある斎月とその息子・千代太一緒に暮らす礼。満月の夜、狼に変身する種族である斎月たち親子の世話を焼きつつ、平穏な日々を送っていたが、斎月たちの故郷を訪れ、人狼の社会に触れたことで、自身も知らなかった礼の秘密が発覚し…。 あじみね朔生が描く、ワイルド&キュートな新しい『美女と野獣』の物語、完結編。

表題作beauty & beast (2)

人狼シングルファザー『斎月』25歳
出生に秘密があった『礼』25歳

その他の収録作品

  • それから(描き下ろし11p:ちょた小3の日常)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

男2人の育児物語

人狼親子と幼馴染の、育児ものファンタジーの2巻です。少しシリアスな展開もあるけど、やっぱり子供の千代太の可愛さが際立つ1冊になっています。

2巻では、礼のいい匂いの秘密と、人狼と礼の繋がりが明かされて、その内容に驚きます。
でも、相変わらずに礼に執着する、斎月の愛情にキュンキュンします。教育上どうかと思うけど、子供の前でも変わらないラブラブな斎月の様子も微笑ましいです。それを照れてる礼も可愛いし。
そして、少しずつ成長してる千代太が良かったです。大人を翻弄するずる賢いところも微笑ましいし、理解した母親の死について考えてる姿にはウルッときます。
子供の可愛さと、イクメン達二人のイチャイチャに癒される1冊です。

2

ちょた萌~っvv

ちょたの可愛さがパワーアップしてるしーっ!!

ちょっと時間が経ってるので絵柄も少し変わってて
ちょたも絵としては前巻の方が可愛かったのですが
性格も含めると、もうどうしようってくらい今回のちょたが可愛い!!

そして何よりこの本が丸々同じストーリーだったので満足、満足。
今回は人狼の村のことが詳しく描かれてました。
同じ血を引く者たちが集まってる村なんだけど
オオカミになれる者(上)、なれない者(下)で分けられてるみたいで
そこらあたりの確執がいろいろとあるのかな???

本家の血筋でたった1人の跡継ぎがちょた。
だんだんと狼になれる者が減ってきてるんだけど
ちょたも願ってる、上下関係なしに仲良しになるといいね。

まっ、とりあえずこの本は、ちょたに萌な本ということです!!

0

ファミリーライフだって分かってるけどね

次こそはいちゃいちゃエロエロな新婚生活!!
と期待していたのですが、里帰りにて不発となりました。

人狼の里には里なりにシビアな掟があったり、狼に成れる成れないの境目にはとても大きな溝が横たわっているようで、ちょっとシリアス気味です。

伊蔵の入れ知恵で人狼の里に踏み込んだ礼。
発する甘い匂いが他の人狼にも有効で、匂いを嗅ぐだけで今まで出来なかった変身が出来てしまった。
我も我もと囲まれてハアハアされてる場面はついドキドキとイケナイ期待をしちゃいました!!
斎月の到着が早すぎてあっさりと解放されてしまいますが、もうちょっとサービスショットも欲しい所です。

ちょたのほろりとするエピソードに心が温もりながらも少し駆け足気味に幕が下ろされたような気がします。

少し成長した「それから」にて。
千代太がいい男になる確約に満足しつつもこれで終わりなのかな?
もうちょっと読みたいな。
そんな心残りが糸を引いてしまいました。

0

ちょたちゃん萌です

2作目完結編、礼ちゃんも知らなかった本人の秘密が明らかにされるのですが、
だからと言って何かが激変するような内容ではありません。
イラストも可愛いし、萌萌しちゃう可愛らしさもあるのですが、
ストーリーに深みがあるかと言えばそうでもないかも知れないと思います。

でもそれを上回るような可愛らしさがあるので全て良しにしてしまいました。
斎月が里にちょたと里帰りするのですが、礼はお留守番。
そんな時の斎月の知り合いで里のものだと言う者が現れ、二人のために協力をと言われ
迷いつつも共に斎月の里へ行くことになる。
そこで礼自身も知らなかった事実が明かされる。
でもそれを知っても礼はさほど驚きも感慨もなく、逆に自分の匂いが里の人間を
引き付ける匂いなことに気がつきもしかして斎月は匂いに惹かれているだけなのではと
一人でぐるぐるするような展開です。

全てがわりとあったりしていて、ちょたの可愛さだけが頭に残ってしまう。
これはこれでありだと、可愛い萌を堪能しました。

2

獣メガネ攻め様がカッコいい!

まさか2巻目が出るとは思っていなかったのでとってもうれしいです♥

私的に言うとこの作家様の画は三拍子そろっております。
カッコいい攻め様、美人の受け様、かわいいお子ちゃまをわ.た.し好み♥に画き分けることができるお人なのです。
なのにあんまりコミックは出されていないので物足りないのです。
…って、んなことはどーでもいいわ!

ストーリーもいいよ!BL的に。
受け様の匂いが人狼たちにとっていい匂いで寄ってたかってどうにかしようって時に攻め様がお助け参上!いいね~
でも、もうちょっとひん剥いてからでもよかったのに…

そして受け様への欲望を解き放つ攻め様、そうそうこれが見たかったのよ♥
事後の甘々なシーンもいいわ~♪

忘れてはいけないお子ちゃま「ちょた」くん。
斜め後ろ姿から見える落っこちそうなほっぺがたまりません!つんつんしたい!
描き下ろしでは小学3年生?くらいのちょたと相変わらずラブラブのお二人が見れて幸せです。

ペーパーには、中高生ぐらいの小悪魔的なちょたのイラストが見れます。
このぐらいのサイズのペーパーがいいわ~。ちょうど本に収まるし続き
しかも!カバー下に斎月の正装姿とあとがきもあるし。◎











2

子育て後の2人が見たい!!

ファンタジー度★3 ファミリー度★4 ケダモノ度★1
力関係=ちょた(こども)>礼(美人男前受け)>斎月(2人の下男)

 人狼親子×礼の3人暮らし完結編。子育てほのぼのファンタジーと言ってもいいぐらい『ちょた』にまみれた話で癒されかけましたが、礼の妖しい色気にはっと我に返り。ちょたを見てにやにやしている自分と礼を見てにやにやしている自分が共存できなかったので頭を切り替えて2度読みました。個人的には萌×2ですが、BL的にはこんなに子どもがメインじゃいけないと思うので萌評価です。

 礼がとにかく美人で男前!! 今回明らかにされた礼の秘密。斎月が自分に惹かれたのはそのせいではないかと少し拗ねモード入りますが、うじうじ悩まずポジティブ思考に持っていく礼。えらい! そして、満月の前後にしか欲情しない斎月に比べ、いつでも欲情してしまう自分を持て余す礼。えろい! Hシーン少めですが礼を見てるだけでざわざわします。ファンタジー色が強く里との決着がついた、ということもなく、今後も3人で暮らしていくという決意を新たにしたという、ほどでもなく、このまま続いていくんだろうなーという、しっとり完結続きした感じでした。

他番外編2編
◆サンタさんにおねがい
 高校の同級生森本から見た2人。ほんわか。
◆しあわせのじゅんばん
 ちょたワールド。無愛想で性格悪い少年(攻)に育ってほしいです。
◆それから(描き下ろし)
 ちょた小3。ちょたはもういい、大人の2人の番外編が欲しい、ああでもちょた可愛い。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ