ある男の敗北

aruotoko no haiboku

ある男の敗北
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

37

レビュー数
4
得点
47
評価数
10件
平均
4.7 / 5
神率
70%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
ZARIA<サークル>
ジャンル
ヘタリア(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
103ページ

あらすじ

時は現代、未だ友人の枠を超えられないでいる二人。イタリアの美術館で目にした、どこかお互いを感じさせる恋人達の肖像画。その仲睦まじい姿に後押しされるように、胸中の虚しさにいたたまれない想いを抱える2人が、葛藤のすえ記念すべき夜を迎えるまでのお話。
本編とオマケ18禁漫画の2本セット。

表題作ある男の敗北

ドイツ
イタリア

その他の収録作品

  • ある男の敗北・おまけ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

原作未読でもお勧めしたい!

ヘタ〇アで1番人気のCPの2次創作作品。
神です!文句なしの神作品ですっ!原作で『ヴァレンティーノ』というのは、ドイツとイタリアのバレンタインとその後を描いた伝説(勝手に言っちゃうよw)の番外編で、それを元に圧倒的な画力と素晴らしいストーリー構成で描かれています!ヴァレンティーノに限らず、独伊には萌え要素が満載なのですが、エッチシーンはもちろんですが、そこに至るまでの2人の戸惑いやキャラがとてもよく描かれていて、キュンキュン萌えまくってしまいました。ドイツの家で壁の角のこちら側から向こう側にいるドイツに「もしもこれが恋だったら?」と訊ねるイタリア。壁におでこを擦りつけてモジモジする姿が可愛くて可愛くて♡そしてフランスとイタリアが性行為をしたと勘違いしたドイツはイタリアを組み伏せて「靴ひもが結べないときは俺を呼ぶのに、色恋事はフランスを頼るのか?」と『男』の顔を見せ、おまけ漫画ではイタリアとの最中に「優しく、優しくだっ。」と自分に言い聞かせながらも、最後まで挿入したときには「これで全て俺のものだ」と征服欲に駆られます。ああ、いいっ!最高です!座裏屋先生がツイッターで「品が良い」「大柄」続き「隠れた野獣性」に萌えるとつぶやいていらっしゃいますが、ここにドイツの「隠れた野獣性」が垣間見えて、脳内妄想が最高の形で具現化された!と感動しました。座裏屋先生、ありがとうございますっ!
 ヘリオトロープの花束を手にプロポーズに向かうドイツ。「何百年たってもお前が世界で一番好きだぞ!」といってくれた初恋のあの子が忘れられないイタリア。あの男の子は過去のドイツ?それともドイツはあの子の生まれ変わりなの?まだまだ描いてもらいたいシーンが沢山あります。いつか、いつの日かでいいんです。描いてくださったらと切望せずにはいられません。

1

ドイツとイタリア、素敵妄想。

ヘタリアの原作よりもこちらの同人のイメージで脳内キャラが固定するほどの秀作。
作画がとにかく麗しくて、しっかりがっつり18禁。
最近出た同じ作家の同人再録の単行本は奴隷陵辱ものが多めでしたが
この1作は甘々で、しかしちゃんと葛藤も描かれており。
2次創作なので単行本にはそりゃ入らないと思いますが
ヘタリアを読んでおらずとも、座裏屋さんファンに非常におすすめですので応援レビュー。

0

甘々の座裏屋作品をもっと読んでみたくて

商業版「PET契約」の『ピュアイズム』『Pet契約』が余りにも好みだったので、普段は手を出さない二次モノですが買ってみました。
枢軸国の擬人化?
これ読んで原作が今かなーり気になってます。面白そう。
独、伊とくれば…当然日本もいます。
キャラ的にはフランス兄さんが気になる存在。

「ヴァレンティーノを引きずるドイツさんと、神聖ローマとの初恋を引きずるイタちゃんを土台としています。」だそうです。
原作を知らないのでドイツさんとイタリアの過去に何があったのかよく分からないんですけど、ヘリオトロープの花束が印象的に描写されていました。
原作ファンならこれでピンとくるのかな??

期待通りに、あまっあまでした(*´∀`*)
座裏屋さんのオリジナル作品とは絵柄がだいぶん違うのと、ショタ色の強い年の差モノがあんまり好きではないので、どうかな~って心配だったんですけど、イタリアのあまりの可愛らしさにキュンキュンが止まらなかったです。
こりゃあストイックそうに見える大人のドイツさんも理性なんぞ簡単にぶっ飛びますわなー。
イタリアがちょい誘い受け風味なのが良かった!(誘い受けス続きキー)
トレードマーク?のアホ毛がラブモードに突入するとハート型にくるんっと丸まるのが可愛いです。

原作を知っていればきっともっと楽しめるのでしょうけど、知らなくても十分楽しめる内容だと思います。

オマケのエッチシーン(たっぷり31P)も読んでて恥ずかしくなるくらいあまっあまでした。
ドイツさんの重量感たっぷりに描かれたマグナム的なナニと、イタリアのライチみたいにぷるんぷるんなソレの初対面シーンで、二人して「どっちがおかしいんだ?」って戸惑ってるのが可笑しい。
陰部隠蔽は細い白線なので、ほとんど隠れてないです。
(先にレビューされているココナッツさんはモザイクと書かれていますが、私がDLsiteから購入したものはモザイクも入ってなかったです。)

これはこれですっごく良かったですけど、個人的には、オリジナルの絵柄と、どちらも男らしい体格差のないカップルの方がやっぱり好きかなー。
可愛い受けと体格差に萌えられる方にはハズレのない内容だと思います!

1

年の差(年上攻)好きは買うべし!

もう、兎にも角にもイタリア可愛すぎでんがなー!
この気持ちをどうお伝えすれば良いのやら…血圧上がっちゃう!

わたし『ヘタ○ア』はまったく見たことのない作品なのですが、座裏屋さんの作品でこりゃもう素敵な年の差ということで購入。
今の座裏屋さんの、白めな細い線の絵柄とはちょっと違って血肉を感じられて好きですね。
背景なんかも細かくて素晴らしいと思います。
ちなみに電子です。
こちら本編と番外編で構成されておりまして、電子は二つに分かれておりました。(セット価格です)

イタリアへ想いを寄せながらも、相手の気持ちは友達以上ではないと思い込んでいる大人の男、ドイツが攻め。
受けは小柄で天真爛漫ながら、実はドイツへの恋心を抱えて口を噤んでいるイタリア。

本編はそんな恋心を言葉では表さず、あくまで知人として付き合っている二人の想いを描いていて、本当に可愛らしくキュンキュンな作品となっております。
原作はまったく知らないのですが、これはもう独立した物として読めますよ!
他のキャラも登場しますので、もちろん原作を知っていた方が面白いのでしょうが。

番外編としてのオ続きマケは、もうオマケなんて言葉ではもったいない!(鼻息
本編のえっち部分を抜き出した作品です。
本編では二人の気持ちを添わすまでが中心で、ベッド部分の辺りはさらりと描かれていましたので、ここで補填してくださったようですね。
きゃー!もう、イタリアが健気でもう食べちゃいたい可愛さです。
ドイツが大人の余裕を無くしちゃって、最後は盛っちゃうのも頷けるというものです。
髪のアホ毛もたまらなく可愛い!どーしましょー、年の差好きな方は絶対買われた方が良いです。
座裏屋さんは大人同士カップルなイメージなのですが、もっと年の差描いて頂きたいなあ。

修正は電子同人誌では薄めかな?
モザイクです。白抜きよりは違和感がありません。
そして登場人物の名前ですが、これはどうやら原作の方も国名らしいですね。
最初はアレ?と思いましたが、『日本(も、いるのですが)』をえっち場面で連呼されるよりイタリアとドイツで良かったのかも(笑

3

ココナッツ

レビュー修正期間が過ぎてしまったので、こちらに書かせて頂きます。

ご親切な方に、二人は同い年と教えて頂きました。
この体格差と顔立ちですっかり年の差だと思ってしまい、紛らわしいレビューで申し訳ありませんでした(汗
だがしかし!未だにわたしの脳内では年の差しております(苦笑

ココナッツ

カイさま

こちらへコメントありがとうございます(*^^*)
もう、今更なのですがヘタリア可愛すぎですねー!あ、原作は見ていないので二次なのですが。
他の方の同人誌も読んでしまいました。このカップリングって、どなたもホワホワしたお話を描かれているのですね。癒されます。
イタリア可愛い〜。あとフランスも素敵♫
ただ登場人物達の関係性がわからなくて(^^;;

7月の作品もリブレさんなのでしょうか?それだと白抜きかなあ…
『太陽と秘密』が年の差・体格差で良かったので、収録されることを熱望しております。

カイ

こんにちわココナッツさま

確かに「PET~」は白抜きすぎますね。
作家様のサイトやPixivで数ページですが比べる限りかなり違いますもん…(^^;)

そしてココナッツさまがオススメしてくれたこの同人誌
私の1番好きなカップリング(独×伊)です。
進撃の巨人にしても私の好きなエルヴィン×リヴァイですし。

ですがそう、そうなんですよココナッツさま。
まだ電子に手が出ないんです(><)
なのでこの同人誌もサンプルで拝見しましたが
ココナッツ様のオススメのように甘い雰囲気が凄く伝わってきますし
この数ページだけでも萌があるのが分ります!!!

こういう萌が7月の新刊に少しでも入ってると嬉しいな。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ