ルール1、家族として自然に接する。ルール2、期限を設ける。ルール3、最後の一線は越えない――。それが俺たち「きょうだいのルール」。

きょうだいのルール。

kyoudai no rule

きょうだいのルール。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×234
  • 萌17
  • 中立10
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
14
得点
242
評価数
74件
平均
3.5 / 5
神率
12.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537131901

あらすじ

高校三年生の相場みかげ、1つ違いの義理の弟・智機。「ルール」と「秩序」を愛する兄、ルーズで大雑把な弟、と性格は正反対だけど、親の再婚で兄弟になって12年、ずっと仲良くやってきた。
けれど、みかげの大学進学が決まったその冬、抑え切れなかった想いが「秩序」を壊し、ふたりだけの新しい「ルール」が定められた…。
気鋭の作家・金井桂が描く、美しく静謐な義理の弟×兄のドラマティック・ラブ!

表題作きょうだいのルール。

相場智幾,高校2年生,弟
相場みかげ,高校3年生,兄

その他の収録作品

  • 同棲のルール。
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数14

雰囲気マンガ

はじめて読む作家さんでした。

表紙に惹かれて読みましたが、中身は素人漫画を読まされたような気分でした。
絵柄は好みもありますが、いわゆる馬面で、向きによっては顔がおかしかったり、下手な印象。通常時は表情も乏しく、かと思えばいきなりギャグ顔になったりと、みかげが精神不安定者な感じで、なんでそこからこうなるの??と唐突すぎてついていけませんでした。

再会のシーンとかは綺麗だったので、パラパラと雰囲気を楽しむ漫画なのかな…。

0

表紙より中身が良いパターン!

暗くてちょっと怖そうな表紙でスルーしてまして、実際ちょっとビクビクしながら読んだんですが、全然怖くなかった。と言うか、結構ギャグ多め\(^o^)/なんでこんなホラーみたいな表紙にしたんでしょうか(汗)。何回も検索引っかかってたのに、ほんとに表紙でパスしてました。

弟の智幾はこれぞワンコって感じで可愛いです。お兄ちゃんが普通に好き過ぎるので、殴られても素っ気なくされてもほとんど気づいてません。ちょっとアホの子なんですww お互いに兄弟以上の感情を抱いていた2人は、兄が卒業して家を出るまでっていうルールを決めてキスしたり触りっこしたりします。でも、最後の一線は越えちゃダメ!それもルール。この2人にはルールがいっぱい!特にお兄ちゃん!だけど、結局。。。ルールは破られるために作るんですよねぇ♡

お兄ちゃんに本気愛を証明するために、死ぬ気で勉強して同じ大学に合格した智幾本当に男らしかったです♡最後はお兄ちゃんからも「愛してる」って言ってもらって//// ほんとに幸せなカップルだなぁ~(*ノωノ)高校時代から社会人(24&25)になって同棲しているところまで、じっくり二人の恋を描いてく続きれてます。そしていつの間にか親も公認~~ww とっても楽しいお話でした。全然怖くない←まだ言ってるww

0

兄弟モノのよさ

お話がすごく良かったというわけでもなく、すごく萌えたかというとそうでもないのに、「兄弟ものとしての良さは」詰まっていると感じました。
生真面目で威張りやな兄みかげと、やんちゃな弟・智幾の義理兄弟ものです。

互いを思いあい、みかげが家を出るまでルールを決めてお付きいするというストーリー。
イラストがとても綺麗ですが、雰囲気漫画のような気もします。内容はそこまでこっていなくてさらさら読めると思いました。
ただ、他人なら期間限定のお付き合いというのもテーマ的にありかなと思いますが、家族で期間限定の恋人というのはちょっと無理があるかもと感じます。

これは、兄のみかげが受けだから良かったと感じられる内容かな、と。
ストーリーは失礼ながらそこまでではなかったのに、カップリングは素直に萌えられました。兄受けが好きな方は楽しめるのではないかと思います。

1

好きなカップリングだから読める感じ

うーん、なんだろうこれ。

とんでもなく上から発言なのを承知でハッキリ書いてしまうと、漫画としてのクオリティが低いというか、ハリボテな印象…
モノローグはとても詩的ですごく良いのにストーリーとモノローグがいまいち伴ってなかったり、背景を綺麗に描きすぎているあまり背景に人物が負けてたりモノローグが埋もれてたり、なんか全体的にちぐはぐしてます。
ページページは綺麗なんだけどお話運びがあんまり巧くないので、漫画家さんというより絵師さんが描いた作品みたい。
背景画はホント綺麗です。特に花。あちこちで咲き乱れ、画面いっぱいに舞い散ってます。

ストーリーそのものは良いんですよね。
毒親(母親)のしつけの影響でガチガチにルールに縛られた生き方をしながらも心の奥底にはいっそ秩序を壊したい願望も抱えている兄と、バカっぽいけど気持ちをストレートに表に出して自分らしく生きる弟のお話です。
義兄弟で、弟×兄。
変わり者の兄にワンコさながら懐きつつ、雁字搦めになってる兄を何とか解放してあげたいと思っている弟が可愛くも男前です。
兄は理系によくいるタイプですね。文系からすると発言がいちいち続きめんどくさい感じの(理系の皆さんすみません)
そんなめんどくさい兄だからインモラルな関係に対する葛藤もすごくてめちゃくちゃぐるぐるしてて、なんだけどその割りには結構あっさり身体の関係を持つちぐはぐさ。
ページ数の関係もあるのでしょうが、二人が定めた「最後の一線は越えない」というルールも意外とすぐ破られてしまった印象です。

うーん、やっぱりなんか全体的に惜しい!!
ストーリーが良かったからこそ余計惜しく思います。

3

ギャグは好きだけど…

ルールに雁字搦めな兄とそんな兄に一途な弟の、ラブストーリーです。と言っても、2人は親の再婚で兄弟になった、義理の兄弟です。

兄弟になって12年、それなりに秩序を保って仲良くやってきたのに、兄が家を出ることになって2人の関係に変化が起きます。
そんな2人のために作った新しいルール。
だけど、このルールを、規則に雁字搦めで生きてきた兄の方から破った時には、弟への深い愛情が伝わってきてキュンキュンします。

そして、なかなか覚悟の決まらない兄と、サッサと自分達のことを両親に話す弟の違いも対照的で良かったです。性格も、常識人な兄と、一途でワンコで自由な弟と、全く違うのも面白いし。

ただ、シリアス展開の方が多くて、そのシリアスさを堪能してると、ひょこっとギャグが混じって変な感じになって、集中できなかったのが残念です。

5

とても耽美。しかし、ギャグだけがとても残念

 表紙詐欺なんて言葉もありますが、金井先生に限っていえば、むしろ中身のほうが壮麗です。すみずみまで描き入れられた背景や少女マンガのようなトーンや効果、どのページをとっても手抜きのされたページはありませんし、白っぽいページなど存在しません。キラキラとした、いつも花々が咲き誇っているような、みすぼらしさなどという価値観など存在しないかのような、そんな少女マンガのような世界にどっぷりとひたれます。物語の内容は王道ですが、進行やコマ割り等もさすがプロの技と思わせます。つまりは、基本的には非の打ち所のない作品です。
 のはずが、こちらが盛り上がってくるところで突として挿入される、チビ絵やギャグにかなり気を削がれます。受けの兄のほうは基本的に表情にとぼしく憂えて幸薄そうな美少年なのですが、頻繁にそのキャラが崩壊しとても混乱します。これさえなければ、切ない義理の兄弟の許されぬ恋愛ものとして本当に楽しめるのですが、何せキャラクターを確立させる肝心な物語の初め部分に、こちらが混乱するギャグが散見されるのでとても残念でした。試しにギャグ絵の部分をとばして再読してみましたが、このほうが絶対にいい。金井先生続きは少しライトな空気も欲しかったのだろうとは思うのですが・・・。
 表紙をご覧になって絵に惹かれた方は、是非読んでいただきたいとは思いますが、差し出がましいことを言わせていただくと、ギャグ絵の部分を流し読みにしていただけると、更に楽しめるかと思います。

3

わんこな弟×変わり者な兄

切ない兄弟ものが読みたくて購入させて頂きました。

こちらの作品は、
わんこな男前弟×ちょっと変わり者な美人兄
で、血の繋がりはない義兄弟ものです。


一冊丸々一つのお話で、タイトルにもなっている「ルール」を軸に進んでいく為、お話自体にブレはないと思います。

一本芯の通ったストーリー展開、と言う印象を受けました。


絵も、癖があるにはありますが、繊細で綺麗です!


そんな中で私に合わなかった点が、ギャグ(ボケ?)と受けの性格。

記憶にある限り、ボケるのはいつも受けだったと思うので、私には受けが合わなかったのかなと思います。


頭が良くて、ちょっと変わり者で、美人なお兄ちゃん受けなのですが、私には「変わり者」の部分が可愛いと思えなかったです。

これはもう完全に好みの問題ですね……(笑)


わんこ攻めは大好きなので、お馬鹿だけど頼もしくて男前な面もある、お兄ちゃん大好きなわんこ弟攻めは良かったです!

4

インテリアが素敵でした

インテリアがすごくきれいで、ブラインド越しの光を浴びている兄の姿が印象的で美しかったです。お風呂や同棲している部屋も、観葉植物や壁面、照明などがすごく凝っていて、窓から差し込む光が壁に作る模様とか、実家の寝室で印象的だった球体のライトがその後のお話にも絡んできたり、とインテリアが非常に印象的でした。

お話の方はというと、ポエティックで繊細なこの作家さんの持ち味が生かされていたかと思います。もともと、この作者さんのそういう部分が好きで、長いお話も読みたかったので、1冊まるごと一つだったのがうれしかったです。
驚いたのは急にちびキャラになり言葉も幼児化する部分。もう少し余韻に浸りたいところで出てくるので、ややちぐはぐな印象を受けました。
ちぐはぐと言えば、時々人物の身体がデッサン狂って。非常にきれいな絵を描く作家さんという認識があるため、どうしたんだろう????と凝視してしまいました。
この作家さんの少し理屈っぽく詩的で美しいところがすごく好きなので、その他の要素が入って少し残念でした。


2

混在?

丸ごと一冊がひとつのストーリー。

ギャグ的な要素とシリアスな要素が混在している作品でした。
それは本として・・・よくある事なのですが、
ちょっとばかり違和感が。。。

シリアスな部分で、言葉もなかなかに詩的で
グッと来そう・グッと来ている・・・ところに、
突然笑いが入ってきたりする、という状態なので
どうしても置いてかれる感が残ってしまって。

そんな感じで、正直すごーーーく勿体無いなぁぁという
気分な読後感になってしまいました。
うぅ~ん、なんかオシイ!

3

表紙は綺麗だけどね。

ギャグテイストのある漫画は好きだが、これはギャグっていうよりは……うーん。すぐにミニキャラになって顔も崩れて、話の内容が頭に入って来ない。

表紙のイラストが綺麗で気に入ったんだけど残念。

「チアは可愛かったな」ってセリフがあって、みかげが智機を応援するのに、ポンポン持ってチアになって踊ってるけどミニキャラだから何とも言えない。

残念な事にミニキャラも可愛いとは思えない。

目が楕円形だったり……絵が綺麗なだけに、手を抜いてるって感じがする。

智機が入ってるお風呂にみかげも入ってきて、それもまたミニキャラ。そんな、ずんぐりむっくりなお尻を見せられても萌えない。

図書室でのキスシーンは好き。
一年後の桜の季節での再開も素敵なのに、前半でもう……ね、って感じです。

兄弟のルールとか面白そうな設定だったのに勿体ない。

4

ルールなんて破るもの・・・かな

ルール・・・
守らなければいけないもの、だけど守れないもの・・・
親の再婚で義兄弟となったみかげ(兄)と智幾(弟)。
お互いに惹かれあいながらも、義兄弟である現実に苦しんで・・・
設定としてはありがちですが、結構引き込まれてしまいました。

二人の間に決められたルール。
守れないときが来るかも・・・と最初から分かっていたように思えてしまう。
『義兄弟』だという関係に何があっても繋がっていられるという安心感がありながら
最後の一線を越えてはいけないという、自分たちにとって一番厳しいルールを作り
結局はそんなルール、タガが外れればあっという間に破られてしまう。
誰かを愛しその人が欲しいと思う気持ちが強くなればなるほど、どんなルールも脆いもの。

強くなろうとしても、やっぱりどこか弱くて
理屈ではどうにもならない人間らしい心、愛するという気持ち。
常識とかルールとか、そういうことではどうにもならないのが恋愛。
同性だからとか義兄弟だからとか、いろいろな障害がある中で
この二人はまた自分たちだけのルールを作ってまた破って生きていくんだろうな・・・
そんな風に続き感じました。

智幾が大学に合格し、同棲を始めてからの部分は
最後の番外編的な感じで、ちょっと物足りないというか・・・
もっとデレデレなみかげが見たかったかな。
義兄弟になって20年、今になってどれだけ自分が智幾を必要としているか
どれだけ愛しているかを自覚したみかげ、遅すぎ!
智幾のいない部屋が嫌で廊下で小さくなって待ってるみかげ、可愛すぎです。
最後にHシーンはありましたが、この可愛い兄が乱れる姿
もっともっと見たかったなぁ~と欲張ったことを考えてしまいました。

3

ルールは時に残酷で、時に幸福へと繋がる。

再婚同士の連れ子、兄みかげ・弟智機。
みかげは自らをルールで縛ってしまう性格。
智機は壁でもなんでも飛び越えられる性格。

みかげの大学進学を機に、積年の思いをぶつけキスをする智機。
それに応えるみかげ。
しかし、そこには3つのルールが…

みかげの母親は厳しかった。
ルールを守れ、という口癖があり、みかげはその言葉を守り続けた。
それはいつしか自分を縛るものになってしまった。
お風呂の時間、えらく長い信号を守る、きょうだいからの一線を越えない…
それは律儀という枠ではなくて…

ルールで苦しんだこともあったが、好きという気持ちは
長年のルールさえも凌駕する。

ルールなんて関係ない、という智機と
ルールは守らないとだめな、みかげ。

相反する思いを抱える2人の兄弟が行き着くところは…


相も変わらず綺麗な絵でうっとりしました。
社会人になった2人の続きを是非書いてください!!

2

うーん…

金井さんらしい感じの作品。何時も表紙をみてよし、買おうと思って買ったはいいがハマらないと言うのが…金井さん;^_^A
兄がルールを設けて弟と家族を大事にしようとする割にはお兄ちゃんよ、ルールの網は緩々ですがな笑
淡白な感じの兄とワンコ弟が義兄弟でいちゃつくのは良いんだけど…学生の話よりも社会人の話がメインかなと思ったら、おまけ程度でした(^^;;エッチもガンガンと言うよりはお風呂でチュッチュしたりやるこたぁヤるんですけどね?兄がなぁもちっとクールでも萌えた気が…
何だろうなぁ…兄弟ものって苦手じゃ無いんだけどな〜その分星は少なめ。

4

ドラマチックで素敵!!だけど…

大学の推薦が決まり、高校卒業後は家を出ると決めている高3の兄(受け・表紙右)。
何事もルールをきちんと順守する性格、
たまに弾けるけど(びっくりするほどにw)基本は家族思いの真面目な人。

そして、12年前の親の再婚によって家族になった、
顔はいいがちょっとアホな、兄のことが大好きな高2の弟(攻め・表紙左)。

兄弟だから、どんなに相手に恋心を抱いても進んではいけないと思っていたのに、
ある夜、ふたりは想いを抑えられずにキスをする。

そして、新たにふたりはルールを作ることに…きょうだいのルールを。
ルール1、家族として自然に接する。
ルール2、期限を設ける。
ルール3、最後の一線は越えない。


兄は、弟がとても大切。
弟とのキス…そしてそれ以上のこと……止めたい、でも、止めたくない…

まだ幼いところもある弟を、正しい道に導いてやりたいと願いながら、
弟を求める衝動に抗えない兄。
だから、弟との恋人関係は大学進学で家を出るまでという、短い期間だけ。
離れれば、弟の自分への執着もいずれなくなるだろう…そう胸を痛めながらの決定。
その想いが続き切なく響いてきます。
それに対する弟の、やはり兄を想うがゆえの行動とは……


赤に変わる信号機、苺のショートケーキ、球体のランプ、
それらを上手く絡ませて、話は切なくドラマチックに盛り上がっていきます。
でもシリアスかと思えば、
時々弾けてすごくコミカルにも、甘々にもなったり~なお話でした。


なぜ兄がルールを順守しようとするのかも、ちゃんと明らかにされてるし、
強くもあり脆くもある兄を、弟のワンコな真っ直ぐさが包む感じが、とても温か。
ふたりの将来は少々出来過ぎな気もするけど、なんだか納得させられちゃったなぁ。

ただ、絵が…!!
ちょっと表情が固めの、少々昔っぽくもあるような少女マンガ的な絵が(主観です…)、
正直好みじゃなかったのです(表紙は素敵だけど)、そこが個人的に非常に残念……

ということで、とても評価に悩みましたが、
間をとって、萌え×2寄りの萌えで☆

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ