ねくたいや

necktie ya

领带屋

ねくたいや
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×212
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
87
評価数
21件
平均
4.2 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664427

あらすじ

「告白したの憶えてる?」
「…憶えてる。どこがよかったんだ」
「全体。おまえと一緒にいるとしあわせを感じる」

永瀬は同僚で同期の有働に惚れていた。
告白するものの「社内恋愛は嫌だ」とあっさりフラレてしまう。
それから五年ーー有働が独立してネクタイ専門店「ねくたいや」を開業した。
永瀬は有働に会うため「ねくたいや」に通っているのだが……。

有働に片想いし続ける一途な男・永瀬(保証書付きの超ドヘタレ! )の
諦めることもできない恋の行方はーー!?

表題作ねくたいや

永瀬一仁,百貨店の紳士服売り場勤務
有働友久,元同僚,ネクタイ専門店ねくたいやを開業

その他の収録作品

  • ねくたいや ことんことんと 1~4
  • ねくたいや おまけ(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

初読みです。

不思議な雰囲気の表紙と「超ヘタレ攻め」に惹かれて購入。
博打だったのですが、大当たりでした!
正直なところ、絵の癖(口かな?)はかなり苦手なのですが、読み進めるうちに全く気にならなくなりました。
何でしょう、この素敵な会話のテンポ。
ほぼ二人で会話しているだけで、さほど大きな事件も起きません。
強いて云うならば、当て馬(?)が出たくらい。
彼も別に想い人がいるので、少し二人の仲をかき乱した程度でした。むしろ応援していたんですかね、あれ。

攻めくんが云うほどヘタレでもなく、ひたすらいい子でした。
嫉妬深い攻めは結構萎えポイントなので、妬いていてもあまり表に出さないで笑ってみせる感じがたまらないです。

どうやらこの話は比較的読みやすいとのことなので、他の本も読んでみます!
しかしこれ、掲載誌はディアプラスなんですね。
それに一番驚きました。

1

比較的分かりやすい

この作者様の作品は、ちょっと難しい。そんな感想が残る話が多いです。

セリフのふきだしに丸く顔が描かれていたり、誰のセリフかの示し方も味があります。照れたときの顔をまっかにする表情もとても可愛らしいです。

ただ、セリフと言いますか、キャラの性格なのか。片方が素直に好き好きと言っている状態にも関わらず、どうにもスルリと読み進められず、うーむ?とつい考えてしまいます。不快ではなく面白くはあるのですけれど。

そんな中では、これは比較的分かりやすい内容です。
連載の予定じゃなかったのか、デレが早かったのが理由かもしれません。
「嫌われたくない」とうつむく有働が可愛らしかったです。

後半にえらく出張ってきた、有働の兄が好きだという環。
妙に気をもたすと思ったら、雑誌で連載されているようです。がんばれ。

3

味がある!

丸ごと一冊がひとつのストーリー。

初めて読んだ作家さん。
正直、絵はなかなかにニガテな感じだな~と思っていたのですが
いやぁ、そんなものふっ飛ばすくらい良かったです。

何が良かったって・・・2人の空気感。
ストーリーの中でのそれはもちろんの事、描き方も。
せりふとせりふの間というか、
セリフ外に手書き文字(何て言うのでしょうか(^^; )なんかは
間違うとウザい感じを受けてしまうのですが、これが楽しめた!
”ウィット””ユーモア”と言った言葉がピタッと来るような。

ほぼほぼ2人の会話です。
なのでその会話や空気感が少しでもダメだと
楽しめなくなっちゃいますよね。
全くそんな事ありませんでした。

あ、でも1人繰り返し絡んでくる人がいるから
ほぼ2人・・・と言っちゃー彼に悪いかな?(笑)

この作家さんの他の作品を読むのが楽しみとなりました^^

1

ネクタイ屋ね。

ねくたいやってネクタイ屋の話だったんですね。
それ以外に何があるんかいって話なんですが、
ネクターとか何かそういう言葉をもじったタイトルかと深読みしすぎて、
なんだ、普通のタイトルだったんだ~^^;という。

こちらの話、
序盤、攻めが5年も片想いをしていると言っていたので、
二人の関係がもっとややこしくなる展開なのかと思いきや、
かなりあっさりとくっついた印象でした。

本当は5年間も片想いしているので決してあっさりくっついたわけではないのですが、画面的に、
その5年間のもだもだがカットされているぶん、
もうくっついたー!という感じでした。
まぁそこはあっさりした印象ではありましたが、
くっついた後の話がしっかり描かれていました。

そうそう、くっつくまでも大変だけど、
くっついた後も大変なのよ~。

相手のことをまだまだ知らなかったり、
隠しておきたいことがあったり、
変なプライドが邪魔したりで、
くっついた後も色んなことがあったりするのです。

そしてお約束の当て馬登場。
そのおかげでさらに二人の気持ちや性格がよく分った、
とい続きう流れでした。

歩田川さんの、独特の絵柄や吹き出しから、
不思議な静寂を感じるのでした。

1

全てをさらけ出して受け入れる時

ディアプラでの掲載、雑誌は購読していないので単行本で初見になります。
実は、すごく心配していたのです。
独特な雰囲気、そして世界観。
それらがメジャー誌に掲載になることによってどうなってしまうんだろう?
よくある、好きなものは人に知らせず自分の懐に大事にしまっておきたいという妙な独占欲かもしれませんが。
それまでの作品に比べると大変に解りやすく、そして実に甘い作品が出来あがっていました!(驚)
うん、それでもやっぱり歩田川さんだ!すごいな~と再認識したのでありました。

百貨店の同期で、方やスーツ担当。方やネクタイ担当。
ネクタイ担当の有働に恋したスーツ担当の永瀬は、思いを告げてふられてもずっと片想いしつづけている5年間。
有働は自らネクタイ専門店を立ちあげて、もう同僚ではないが永瀬は頻繁に有働の元に通ってくる。
有働が長瀬を拒否したのは、名目上、職場恋愛をしたくないというものだがその実は、自分の夢・目標であるネクタイの店を持つ事が、永瀬がいることでずっと一緒に店で働いてもいいかなと、思えてしまった事だという。
そう、とどのつまり両思いだったのです。
かくして続き、永瀬は百貨店を辞め有働の店で働き始め、そして恋人という立場になるのですが・・・

それが導入部分です。
そこからがこの物語の本質と本題!
有働の臆病さを、まっすぐで思いやりのある永瀬の優しさが本物の恋人として出来がる為に、
有働が長瀬を入れたがらない店の上の部屋へつながる階段を、二人の距離?有働の壁として表現してそれが取っ払われるまでが描かれているのではないでしょうか?

そこへ至る段階には、決してじれったいものは何もありません。
中途で登場する有働の幼馴染でもありイワクのある男性が登場して二人をかき乱したりもしますが、それすらも有働の隠したい本音を出させるのに、とてもウィットある役割を演じさせています。

マッチ棒のような人物なのに、何故かそこにある色気は、
表情がアップになった時最大限にその魅力を発揮して、コイツ、このぉ♪と思わず心の中で突っ込ませますw
そんな人物の魅力も変わらずに、むしろ解りやすく描かれた事で非常に魅力増ししているかもしれません。

好きなモノへの欲目でしょうか?
しかしながら、一つの絵、一つのセリフ、一つのコマ。
どれをとってもしっくりとぴったりと自分の感性にフィットしてくるのです。

4

処変われど

歩田川さんがdear+から単行本を出す、と言う
事実だけでざわついた気持ちになったのは
評者だけでは無かろうと思います。
それこそ評者は帯の時点で相当に違和感を感じて
しまいました。確かにこれもすくい取られた
歩田川さんの言葉ではあるのですが、なんとなく
感触が違うと言うか。
ですがそう言う違和感も頁を進めて行く毎に薄らぎ、
ああ、いつもの面倒臭い歩田川さんの世界かと
納得しながら読み進める自分が居たのです。
それなりに調味料の配合は変えてありますが、
基本的な歩田川さんの風味には違いない作品です。
ですので予定調和を期待していると何処かでか
肩透かしを喰らうでしょう。
普遍的な題材を調理したからこそさり気ない
隠し味を潜ませ易かったのかも知れません。

3

ふつうにおもしろい

よくもわるくも、とっても個性的だった歩田川さん。
今作は、とってもわかりやすい恋愛物で、しっかりエロいし、絵もふつうにマンガで見やすいし、そんなこんなを、洗練されたと言っていいのか残念なのか、でもまあ、画面構成のデザイン的な美しさはまだまだ充分個性的だし、絞り込んだ登場キャラの感情の流れも分かりやすいし共感できるし、、、

とんがってた歩田川さんも好きだったけど、やっぱりこれはこれでふつうにおもしろかったと、なんだか歯切れが悪く萌×2で。

3

好き、だから…

前作の「大きなサボテンの木の下で」では、
受けが浮気しまくりなのにかなりイライラ&苦しくなってしまったので、
コチラの本はおそるおそる手にしたのですが、大丈夫でした~~~。
相思相愛ゆえのもろもろが描かれた本で、
ちょっと切ないけど、基本ほのぼのテイストな1冊だと感じました。


百貨店の紳士服売り場で同期だったふたり。
ふたりともゲイ。
攻め→受けに告白したこともあるけれど、社内恋愛は嫌だと断られた。
でも、攻めはそれ以来ずっと…5年も受けの事が好き。
そしてその想いは、
半年前に受けが独立して、ねくたい専門店を開業してもずっと続いていて、
月に一度はネクタイを買いに行く……

一途なんだけど、
合コンには行っていて、受け曰く「ちゃらい」要素もある攻め。
そして、ヘタレ。
好きだからこそ、受けの気持ちを考えちゃってあまり強気に出れない。

そんな攻めを、実は受けも想っていて…

意外とアッサリくっついて、
セックスもしたし、お付き合いもすることになったし、
攻めは受けの店で働くことにも…
すごく順風満帆なようでいて、
相手がすごく好続ききなゆえに自分を曝け出せなくて、
相手の自分への気持ちがどれくらいか測りきれなくて、不安…

そんな中、
受けの幼なじみの男が店にやってくる。
受けを下の名前で呼び、キスしようとするし、
聞けば十代の頃からセックスしていた間柄だと……

始めてセックスした時に、受けが言った言葉が思い出される、
「禁欲はしていない、おまえは良いところしか見ていない」と。
その時は、
「余所見されないように頑張る」と答えた攻めだけど……


どんなCPにもありそうな感情が丁寧に描かれて、
互いの本音が少しずつ少しずつ明らかになっていくのがいい。
そして、
話が進み色々明らかになると、
メインだけでなく、脇キャラもが愛おしい存在に見えていくのが素敵。
派手さはないけれど、
絵柄と雰囲気が好きなのもあって、じわじわと良さが沁みてきて、
読み終わるとすっかり虜にされちゃった感じです。

この本によると、聞くと意外と、
ネクタイへの「こうだといいのにな…」という希望は多いらしい。
それって、恋人への要望に似てるのかな?とも思ったり…
なんとなく手近にあるからこれで我慢…じゃなくて、
ちゃんと向き合って話し合って、かけがえのない存在になれるといいよね…
そんなことを感じた1冊でもありました。


とても存在感があって、その後がどうなったか気になる幼なじみの話も、
ぜひスピンオフで描いてほしいなぁ~~
そして、
「ねくたいや」みたいなネクタイ専門店、ホントにあるといいのになぁ!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ