淫魔を孵す

inma wo kaesu

淫魔を孵す
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×213
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
151
評価数
37件
平均
4.1 / 5
神率
43.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784801903463

あらすじ

竹城総合病院の若き副院長・宰の前に同僚として現れたのは、医大時代の先輩でいまや一流の外科医の鳥羽恒真だ。かつてつき合う関係まではいかないまま離れた二人。再び口説いてくる鳥羽を宰は拒絶する。二度と会わない約束だったのだ。ある夜、鳥羽の元恋人・水川秀が事故で搬送され、治療にあたった宰が最期を看取る。宰は、ショック状態の鳥羽を気遣ううちにいつのまにか躰で慰めていた。考えたこともないほど淫蕩なやり方で…。「寒気がするほどいやらしいな」淫らな魔物に憑かれ、運命は思わぬ方向に!?

表題作淫魔を孵す

鳥羽恒真,米国から帰国した外科医で先輩,34歳
竹城宰,中堅病院の副院長で消化器外科医,30歳

評価・レビューする

レビュー投稿数4

予想外の展開でした

“恋敵は、淫らなもう一人の自分”の帯に隠されていますが、
取ると受けのおヒップが…!!
“孵す”というタイトルどおり、卵の殻が割れているのも素敵です。
さすが小山田さん!と痺れました。

祖父と父のように医者になる為、
努力を惜しまなかった兄が自ら命を絶ってしまい、
苦悩を知りながら静観視していた事を悔い
兄の代わりに医者になる道を選んだ宰(つかさ)。
医学部に進み、鳥羽という遊び癖のある4つ上の先輩に
事あるごとに付き合わされ口説かれ体を重ねはしたものの
近づいたと思った途端距離をとられ…。

鳥羽が北海道の病院へ就職したり
更には渡米までして二回の別れがありますが
いずれも出発前に宰へ会うのが愛を感じました。
渡米前だなんてパスポートを宰の部屋へ郵送しておくとか
(日付と航空会社と便名を記載したメモも)
驚きましたが、それほど切羽詰まっていたんでしょうね…。
しかも宰は届けるだけで終われませんでしたし!

再再会愛、心を閉ざしていた宰の気持ちもわかりますし
鳥羽の余裕に見せておいて実は必死なアプローチ、
結ばれるのがわかっていてもドキド続きキしました。

鳥羽の絶倫っぷりが…ちょっと…どうなの!?ww
5回はまぁ……ハイ…ですけど10回ってあんまりじゃないですか!?
宰だけにいくらでも欲しくなるのは喜ばしい事ですが
宰の受け入れる場所の心配をしてしまいました…
(身も蓋もない言い方ですみません!)

前半は淀みなく読ませていただいていましたが
後半になると…あれ!?そうなっちゃうんだ??と
私は戸惑ってしまいました。(私だけかもしれませんが)
リアリティのあるお話で進んでいたのに、
まさに予想外の展開で“もう一人の自分”がそうくるとは…。
ここが物語の肝となる部分なのでしょうけど…。

とは言え、鳥羽がちゃんと宰という人間を知っていて
宰ならばそんな事はしないと理解してくれているのが
こちらも嬉しくなりました。

濡れ場はどこも淫らで非常にエロいです!!
攻めが喘ぐのも大好物ですし
まさかの攻めに尿道責めも新鮮で素晴らしかった!!!
カテーテルでお互いの尿道を繋げるとは……
かつてこんなプレイがあっただろうか、いや、無い!!!
こちらのシーンは是非読んでいただきたいです!!

あと、全裸にさせられて立ったままの宰が
鳥羽に背後からTKBを引っ張られる口絵カラー、
いやらしすぎる口元と目線の鳥羽も
エロお化けです←
さすが小山田さん……御馳走様でした!!!

3

タイトルも素晴らしい☆

タイトルと表紙の、あまりのエロさにかえって手が出なかったのです。が、しかし、沙野さんに小山田さんの挿絵なら読まなくちゃ!ということで読んでみました。

自殺してしまった兄に対して罪悪感を持ち続け、自分だけ幸せになってはいけないと自身の感情を抑えつけている受けの宰。
対して攻めは医者として高度なテクニックを持ち、一見チャラ男に見えるけれどその実努力を怠らない。遊んでいるように見えて、受け一筋の鳥羽。
沙野さんらしいキャラ設定でした。

兄に対する贖罪の気持ちから、自分だけ幸せになる事は出来ないと鳥羽からの求愛をずっと拒み続けてきた宰ですが、鳥羽の愛情を一身に受け、またとあることがきっかけで今まで自身に課してきた呪縛から解放されます。
ここまでが前半。ずっと鳥羽を拒み続けてきたのに、あっけなく鳥羽を受け入れる宰に拍子抜けしてしまったのですが。

さすが沙野さんというべきか、ここから始まる後半のストーリーが、このお話の真骨頂でした。

表紙の双子に見える彼らはいったい誰なのか。
タイトルの意味は?
二人の激しい行為に隠された真実とは?

などなど、伏線を上手に回続き収しながら進んでいくストーリーに圧倒されました。

そしてカテーテルプレイには衝撃☆
絶倫で、「一人で輪姦してるみたい」と言わしめるほどの鳥羽を攻め込む宰のエロさにびっくりしました。初めはマグロだった彼が、鳥羽に対してだけあれほど淫猥になるっていうのがすごく良かったです。

そして今回も小山田さんの挿絵は神でした。絵柄が美しいことはもちろんですが、作品の世界観を見事に表現されていて、萌えMAXでした。

8

攻めが絶倫すぎ!……で早漏⁈

エロかったですね〜、エロだけじゃなくストーリーも面白かった!キャラ設定も話の展開も挿絵もとってもGOODです!
沙野風結子作品ではよく見る、ハイスペック俺様攻がツンデレ美人を口説いて落としてエロくするシリアス系かと思ったんですが、だんだんホラー要素も加わったり、意外と攻がピュアだったり、おおぅ…と思わせるエロもアリで最後まで退屈しません。

こちら病院を舞台に、大学の先輩後輩だったふたりの医者が再会する話なのですが、まず病院や病気や手術のことがかなり深く細かく書かれているとこがすごい。
私は医療ドラマとか、医者のドキュメンタリーとか好きなんですが、これだけ舞台背景という土台がしっかりしているとエロでホラーでも読んでて安っぽく感じない。
人の生死がかかってる現場でエロエロしてる医者ふたりにはツッコミたくはなりますが、そこはBLだからしょーがない!

優秀な外科医•鳥羽×病院の跡取りで副院長•宰
大学時代肉体関係にあったふたりは再会。また鳥羽は宰を口説き宰はそれをかわししばらくは均衡状態が続きますが、鳥羽の元同僚•水川の死によりふたりの関係が大きく変化します。
元同僚は元続き恋人でもあり、鳥羽の側にいたいがために宰に憑依して身体を乗っ取ろうとするのです。
それにより目覚めた宰の淫乱っぷり!ここからまたふたりの肉体関係が始まるのですが、これがまた嬉しい楽しい設定がてんこもり!

まず鳥羽が絶倫すぎる!しかも宰限定で!
この鳥羽は完璧に見えて、実は家族を一度に失くしたことから、目の前にいない存在のことを忘れてしまうというトラウマ持ちで、だけど宰は例外だったのです。なので宰への執着から、宰を前にすると我を忘れて欲望のままにその肉体を求めてしまうのです。
学生時代のセックスの回数が5回に対して攻の射精が何十発とか「ファッ…⁉︎」となりますよねww
また、作中で今日のゴムの使用数が何枚だの、攻の乱発っぷりに妄想力を掻き立てられることこの上ない。
そして受にゴムをつけてもらうだけでイクなど、若干早漏の気あり!

そして宰が淫乱すぎる!
水川の憑依の影響もありますが、もともと淫乱の素質があったのでしょう。憑依以外でも、乱れまくってます!
この作品の見所エロのカテーテルを用いての尿道責め!しかも受→攻!!
宰が思いついた独自の鳥羽を悦ばす方法が日常的な尿道責めだそうですwww
で、その練習を自分のtnkでしたとか。尿道を弄られて悶え喘ぐ攻に激しく興奮するんだとか…
この淫らさだったらそりゃ攻も絶倫にもなりますわな。

最後のクライマックスエロは、ふたりの尿道と尿道を極太カテーテルで繋げて射精するというアグレッシブなプレイが!
これは…高久尚子先生のあの18禁兄弟シリーズでもあったこのプレイ。もしかして流行るのか…⁈

いろいろ障害はありますが、憑依した水川が成仏するラストはきれいにまとめてあります。
両親の事故により欠陥部分のある鳥羽と、兄の自殺により自分を追い詰めていた宰。トラウマ持ちのふたりが、どうしようもなく惹かれてしまう過程とか、丁寧に書かれていたので読了感も満足。

ただ、かなり個人的な好みの問題なんですけど、
わたしは攻の過度な喘ぎはダメなんだ!
そして私の中で尿道責めは攻が受に施すという概念があるので、逆はダメなんだ!!
普段は完璧なガタイのいい男が、尿道責められて「ひ…ぅ」とか言っちゃうと萎えちゃうんだ!!
最後の2人同時尿道責めのときなんて、カテーテル太すぎて攻のtnkがふにゃふにゃになっちゃったじゃないか!!
自分にも地雷までは行かないけど、苦手分野があったのだとこの歳になって気づきました…。
でもこのカテーテルプレイで攻が悶えてるというところが、沙野先生のウキウキポイントだったそうなので、一読の価値あります!

3

変身!!とーっ

表紙から見ると、真ん中の男性をそっくり男子が挟んでおります。
双子モノ3P?と思いますが、読んでいくと実は!!
ファンタジーというか、ちょっぴりオカルトな要素も含んだ作品でありました。
表紙もエロス満載でしたが、中身のエロもエロかったっす☆
小山田イラスト、もう、サイコー!

父親が院長を務める病院で、30歳にして副院長を務めるのが外科医の宰。
この病院に、学生時代身体の関係はあったが恋人とまではいかず別れた先輩で一流の外科医となった恒真がやってくる。

この宰、実は兄がいたのですが、自殺で失った事でそれを負い目に思い、罪の意識を感じて自らを律して自分の欲望を抑えるようにしてきたのですが
恒真の北海道時代の友人が事故で亡くなり、それが恒真にショックを与え仕事にも支障をきたすようになったことから、それを癒そうと身体の関係を再び持ったことから宰が変わっていくんです。

ええっ!と驚く淫乱ぶり。
恒真に言わせると学生時代はマグロだったというのですが、自ら誘いまるで玄人さんのようなご奉仕と快楽への貪欲なむさぼり具合。
それに加え、恒真も絶倫なんですよ!
いちいち回続き数が出てくる(笑)
7回、とか5回とか。一人輪姦と言わしめるそのタフさ。
大事な手術の前日でもついついやってしまう、淫乱と絶倫の組み合わせは、きりがないよーーー!!

そこには実は・・・というのがあったのがこの話のミソです。

しかし、それだけでこんなにも淫乱になったというのではなくてもともと素養があったというのでしょうか。
それが憑依によって増幅された?
恒真によって、それまでの自分の罪悪感が薄まったから?
恒真が絶倫なのも、宰限定のようでそれは彼への執着の度合いにもなっているようです。
3Pというのも、3Pというよりは衆人環視というのでしょうか。
でも、身体は一つで心が二つの状態なら3Pか、積極的にプレイに参加していなくても。
ちょっと二重人格モノっぽい雰囲気もかもしてそのあたりが面白い設定でした。

結末は、ちょっぴりかわいそうなものもあります。

主人公たちの設定がちょっと極端なものがあるので、突飛な物語な感じもしますが、エロを楽しむにはとても面白かったです。
カテーテルを使ったアレには、驚愕というかチャレンジャーだわ♪注目・必見です!

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ