やらしい昼下がり

yarashii hirusagari

やらしい昼下がり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
53
評価数
15件
平均
3.5 / 5
神率
13.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812455265

あらすじ

親友で実は片想いの相手でもある尾崎に夏休みの間、家庭教師の代役を頼まれた隆文。生徒の淳也はかなりヒネた17歳。そのあまりの生意気っぷりに腹をたてる隆文だが、実は淳也の行動の裏に自分と同じ決して叶うことのない恋が隠されていることに気付き・・・!?叶わぬ片想いに悩む2人の男が出会ったら!?
日常を生きる等身大の男たちの純情(?)な恋を描いた待望の作品集!!表題作を含む7編を収録。

表題作やらしい昼下がり

叶わない恋をする高2 立山淳也
親友に恋する大学生 佐野隆文

同時収録作品男なら気にしない

金井(19) 大学2年
せんだ(高林光雄)(19) 大学1年

同時収録作品悩めども悩めども

一郎 リーマン
大江耕介 リーマン

同時収録作品カナとがまん

同居の男
リーマン

同時収録作品冷えたビールがないなんて

西荻 リーマン
高尾 リーマン

その他の収録作品

  • 世界の果てまで連れてってよ
  • からまわる世界
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

エロも切なさも

全7作(内最終2話は続いてるので実質6作)、短編なのに全部とんでもなく完成した世界で濃い!
各話の小宇宙はそれぞれヒリヒリと痛く、じくじくと埋み、泣きながら抱き合う男たちばかり。
表紙の鮮やかな赤い色やアメリカ国旗、コカ○ーラなどのポップなイメージや、「やらしい昼下がり」というタイトルから感じる軽妙さとは裏腹に、かなりシリアスな内容の話が集まっていると感じます。
叶わない片想いの果て。学生アパートの全員と寝た挙句に金目のものを盗むビッチ。女と結婚すると言って離れていった男との元サヤ。わざと恋人を傷つけて自分もボロボロになる男。自分を好いている後輩を見て見ぬふりをしようとする男。一つの恋じゃ納まれない年上美人にのめり込む高校生。
どれも最後はハピエン的にまとまるけれど、一つ一つの短編に込められたドラマ性は奥深い。
神寄りの萌x2です。

1

叶わない片思いに悩む二人

題名とは裏腹に、可愛いお話が詰まった短編集です。どのお話も面白いけど、表題作と『冷えたビールがないなんて』が特に好きです。

表題作は、親友が好きな大学生の隆文と、妹のことが好きな高校生の淳也のお話です。
大好きな親友から頼まれたのは、淳也の家庭教師の代役でした。断れずに行くと、淳也はとても生意気で。辞めてやると思ってた時に、淳也が妹に恋してるのを知るのです。
弱みを握ってこらしめてやろうとしたら、逆に乱暴される隆文。ショックのあまり、家庭教師を辞めて家にいると、淳也が訪ねて来ます。
淳也の、意外と可愛い一面を知って見直す隆文。
お互いに叶わない片思いしてるので、共感できる部分があるのでした。
この作品のお気に入りのシーンは、失礼なことを言った隆文の親友に、淳也が水をかけるところです。最後の、淳也が妹の存在を忘れてたところも。
始まったばかりの、初々しい二人の恋心にキュンキュンします。

『冷えたビールがないなんて』では、会社の先輩・西荻が好きかもしれないと悩んで、酔った勢いで女の子と一夜を共にした後輩・高尾の話です。
西荻の家に入り浸って仲がいい二人。
だけど続き、その一夜限りだった女の子が、生理が来ないと言ってくるのです。西荻のことが好きなのに、結婚するしかないと覚悟する高尾。
たまたま西荻に彼女との話を聞かれた高尾は、冗談で抱いてほしいと伝えます。そして、高尾のことが可愛かった西荻は、望みを叶えます。
この作品の面白いところは、その時のエッチがクサいセリフのオンパレードで気分が高まってた時に、彼女からの電話で生理がきたことを知って、恥ずかしがる二人です。
読んでる間中、可愛い二人にキュンキュンしっぱなしです。

1

いいっ!!Σヾ(>ω<=)

■やらしい昼下がり■
立山 淳也(高校生)×佐野 隆文(大学生)
片思い中の友人・尾崎に1カ月間家庭教師を代わってほしいと頼まれた隆文。
生徒である淳也の生意気っぷりに腹を立てるが、実はその行動の裏に自分と同じ決して叶うことのない恋が隠されていることに気付き…。

淳也が妹の制服ブラウス(使用済み)に顔をうずめている場面を目撃してしまってから関係が始まります。
…お尻を見ただけで隆文がゲイだと分かるってことは…使い込まれてる風だったのかしら(ノД`)
尾崎は最低でした。
水ぶっかけて正解!
んで淳也の「俺のことめちゃくちゃにして。だって食ったの先生じゃなくて俺だから」という何かズレた発言に和む(笑)
ラストは2人とも早足なのが可愛いヾ(≧∇≦)

■男なら気にしない■
金井(金ちゃん)×高林 光雄(せんだ)
大学生向けのボロアパートで金ちゃんとせんだは隣同士。
そしてお互い酒を飲んで…気がつけばせんだに乗っかられていたことからセフレのような関係が始まった。
でも他にも似たような関係を複数名と持っていると知り腹立たしく感じる…かといってヤキモキと言われると続き複雑で…。

金ちゃんの百面相が面白い。
初めて金ちゃんが父親の形見である腕時計を外すところが何かイイΣヾ(>ω<=)
ずっとつけている特別な品だからせんだもお守りのように感じたのかな?
でも最初に「お宝?」って聞いた時は物色してたのかな…(´・ω・`)

■悩めども悩めども■
一郎×大江 耕介
※お互いバツイチなリーマン。元恋人同士。
「大学卒業したら実家に帰って結婚する」…そう別れを切り出してきたのは一郎の方。
あれから15年、なぜ今一緒に暮らしているかというと…訪ねてきた一郎を追い返そうとしてドアを勢いよく閉めたら右手を挟み骨折させてしまったから…orz
忘れたはずなのに…もう振り回されたくないのに…。

最終的に甘々(*´ω`*)
大卒=22歳として15年だから37歳設定かな?
「そしてまたおまえは俺捨てるのか」って辺りから切なかった。

■カナとがまん■
夜毎女をナンパで引っかけては夜遅くに帰宅するサラリーマンの男。
家には若い男の恋人が待っていて、自分の浮気に気づいているのかいないのか…優しく接してくれる。
いつか愛想を尽かされるならば嫌われてしまえばいい…そんな風に考える日々。
ある日、浮気をしていることを告げ…。

泣いてすがりつきながら「…ごめん…なさい…。」って言う場面にキュンときた←
恋人は気付いていたんですよね…浮気をしていることも、別れを切り出されるのを待っていることも…。
全部知っている上で受け入れてやろうって感じ?
ネコが効果的。
タイトルのカナ=3年前まで付き合っていた女性(浮気が原因で別れ)、がまん=ネコの名前。
男性2人の名前は出てきませんでした。

■冷えたビールがないなんて■
西荻(先輩)×高尾(後輩)
※同じ部署で働くサラリーマン
3日とおくことなく遊びに来る後輩の高尾。
くだらないことをダラダラと喋るだけの時間。
ある日、喫茶店で隣席の男女が「子供できたかも」という会話をしているのを耳にする。
しかも相手男性の声は高尾で?!

西荻さんに惹かれる自分はゲイかもしない(゜Д゜;)と焦って女の子とやったら相手の子に生理が来なくなっちゃって…な話。
女の子に責任取る前に一度だけで良いから…って(ノД`)
西荻さんが某所に触ろうとしたら「そこは違う」って止めようとする場面にキュン!
女の子じゃないって実感しちゃうと嫌だろうから触らなくて良いって何かね(*´Д`*)

■世界の果てまで連れてってよ■
■からまわる世界■
佐藤 英人(17歳、電器屋の息子)×菊池 浩一(26歳、サラリーマン)
電器屋の息子・英人の趣味はエロ漫画を読むこと!
今までのBEST1はエアコンの取り付けに来た電器屋と人妻もの。
菊池さんとの出会いはお客様へ配達をした際に、たまたま引っ越してきたばかりの菊池さんにエアコンの取り付けを頼まれて…(笑)

菊池さん…初回の終了後あっさりとしすぎて笑えるw
もう本当にね!
色っぽいのですよ、素敵なのですよ。
女々しいとかそんなんじゃなくて!
菊池さん美人だぁぁぁぁっ!!!
大人なようで可愛いところもあったりして♪
最中、英人に「ね…俺の名前呼んで」って言われて「…何だっけ…サトウ電器?」は噴いたw(自己紹介していなかったというw)
菊池さんの元恋人で同僚の男性も面白い人でした~。
この人に対して英人が「これから飽きさせない男になってやるよ」って啖呵切った場面良かったー(≧∇≦*)

0

このバランス感覚が秀逸です

冷静に考えると(笑)すごいタイトル。
表題作、生徒×家庭教師。秘密を知られただけで暴走しちゃう攻が、後半「俺のことめちゃくちゃにして」って言うのが激しくツボだった。
なんだそのずれっぷり!!かわいいなあもう。

あと電気屋さんの話の魔性のリーマン×青春まっただ中の高校生の話も好きだった。

相変わらずユギさんのギャグとシリアスとエロのバランス感覚がたまりません。

1

ビールをお願いします

表題作ももちろん面白かったんですが
自分的一押しは同時収録れている

「冷えたビールがないなんて」です!

リーマンものはあまり趣味ではないんですが
見事に打ち落とされました(´д`*)

高尾は可愛いし、自分の気持ちを自覚して
クツ履き間違えながら追っかけてきた西荻さんも素敵。

0

面白かったー

山田ユギ作品は安心して手に取れるものばかりだと思う。
短編集です。
小粒でもキラリと光る作品群に、優しい気持ちになりました。
心理描写が本当に上手い。ユギワールドだ。
どの作品も、すぐに感情移入できて、ほんわかあたたかい気持ちになれます。

1

オチが全部可愛いです

こんなに可愛くって面白いのは流石山田ユギさん!といったところでしょうか。
可愛くてエロいのに、すっごい笑える。オチが全部ほんと可愛い~!癒されました。
以下、気に入った作品の感想を。
●やらしい昼下がり
許されない恋に悩む高校生×親友に恋するゲイ。
切ないんだけど、オチが可愛すぎました。二人そろって早足って…!!萌え!!
●冷えたビールがないなんて
リーマンもの。先輩×後輩。
先輩のことが好きなのに、一度だけの関係で相手が妊娠してしまった後輩。
一回だけでいいから抱いて…という話。
これもオチはわかってたんだけど、それでも可愛かった…!我に返った二人がね。
あー恥ずかしいっ!!
●世界の果てまで連れてってよ、からまわる世界
電気屋の息子・高校生×リーマン・ゲイ。
なかなか女王様な受でした。美人さんだし。攻はバカです。そこが可愛いんですが。
年の差ものだったんで、年のことで悩む攻が可愛かった。

全体的に甘々な一冊でした。読んでてニヤニヤしてたり「バカー」とか言ってみたり。
ほんと最高です、ユギさん!
そーいえば今回オヤジはあんまり出てこなかったな…続き
てゆーか、カバー裏ひどい(笑)!!!
もーほんとバカー面白すぎるよー!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ