SH2 SHシリーズ

sugar high

SH2 SHシリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
堕落天使<サークル>
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「これが俺の仕事なんだ! 俺の仕事に関してあなたにとやかく言われる筋合いはないッ!」

新宿区内で連続して事故とも他殺とも取れる死体が発見された。
新宿公園内で溺死した売人の枝川、そして三栄町の駐車場で凍死した篠山。それらはいずれも合成ドラッグ『SH』の売人だった。
再び出回り始めた合成ドラッグ『SH』。
『SH』の卸元を探る麻薬取締官の早瀬薫。『SH』の売人を次々に殺害していく殺人犯を追うY署の柘植冬悟。
同じ薬物を追う二人がやがてたどり着いた先には――
【刑事×麻薬取締官】

シャレード文庫『SH』の続編小説

表題作SH2 SHシリーズ

柘植冬悟,刑事
早瀬馨,麻薬取締官

評価・レビューする

レビュー投稿数1

『SH シュガーハイ』の続ききたよ!!

井上ハルヲさんが2008年に、オハル名義でシャレード文庫から出された『SH シュガーハイ』の続編です。
こちらは電子のみで、後書きによりますともう一冊構想されてらっしゃるようです。
シャレさんの方は絶版ということで、確かにわたしも探せなくて仕方なく中古で買ったかな。
今は電子で本編の方も買えるようですので、そちらをお先にどうぞ。

**********************
攻めは組織犯罪対策課の刑事、柘植。
警察庁から警視庁預かりとなったレールを踏み外したキャリア警部で、早瀬と寝るまではまったくのノンケ。

受けの早瀬は麻薬取締部の捜査員。
以前は嗜虐的な上司の菅田と付き合っていましたが、菅田が収賄等で逮捕されたのと同時に縁を切り今は柘植と関係を持っています。
**********************

本編から半年後、二人は当たり前に体を繋げるようになりましたがそこはやはり組対と麻取。
全部が全部話せるわけじゃないのがリアルです。
特に麻取の早瀬は、潜入捜査当たり前なのでね。
内偵に入れば数ヶ月会えないこともあり、今回も二人が会えたのは二ヶ月続きぶりでした。
そんな久々なのにも関わらず、翌日からは再び早瀬は内偵に。
その内偵は本編でも主題になり、出処を叩いたと思っていたSHという麻薬についてで…

早瀬と柘植ですと、早瀬の方が奥底には誰かいないとダメな部分があるように思います。
それが以前は菅田で、現在は柘植。
強がっていますし一人で立っているように見せながら、依存体質っぽい。
なので柘植との関係をなあなあにしたくないのかも。
本能で、自分がずぶずぶになるのを感じているのかもしれませんね。
それは柘植へ、内偵の情報を漏らしてしまったことでも見て取れます。
なんというか早瀬って柘植に比べてあまり人間臭くなかったんです、本編では。
そんな早瀬の血の通った部分が、今回良くえがかれていました。
なんとなくここで終わりなの?という感じですがとりあえず事件自体は落としてらっしゃるし、なんと言っても200円という安価なんですよ。
コストパフォーマンスはかなりのものです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ