魔法少女オタクにズコバコされる。

ぜんぶまるごとお前がわるい

zenbu marugoto omae ga warui

ぜんぶまるごとお前がわるい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
61
評価数
14件
平均
4.4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS Baby comic(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865891423

あらすじ

引き蘢り気味な在宅ワークの野本(のもと)とリアルを充実させてやろうと躍起になるサラリーマン・佐久間(さくま)。要らぬお節介がオタクの性欲に火をつける!

おっす!俺、佐久間!
非リア充な元大学の同級生・野本になんとか現実の楽しみ方を教えたくて奮闘中☆
なのに、逆ギレされてもう大変!
気が付いたらアイツのTINKOが俺の中に!?
しかもアイツのオタク仲間にも見られちゃって…!!
絶対絶命☆リア充佐久間の挑戦、皆見てくれよな!
はい、一緒にBBQ☆BBQ(バーベキュー、バーベキュー)〜!

表題作ぜんぶまるごとお前がわるい

野本浩介 オタク 在宅ワーク
佐久間しゅん サラリーマン

評価・レビューする

レビュー投稿数3

予想以上におもしろかった

初読み作家さんです。
表紙がコミカルでかわいい感じだしオタク攻めか~おもしろそう、と購入。
予想以上におもしろかったです。

性欲処理の話になり、突然オタクが豹変(好きなキャラを冒涜されたから)し、襲ってしまい、その後体だけの関係に…?

受けは素直じゃないしその態度はちょっと…と思ったけど多分攻めのこと好きなんだろうけど、攻めは…?全然そんな雰囲気ないんだけど(笑)
と思っていたら、受けの風邪により少し進展。
受けが海外転勤行くことになり、「おれはすごいさびしい」とつぶやいている受けにキュンとしました。あと自慰して誘ってるのもすごいかわいかった。
そこからずっとモヤモヤしていた攻め、、、そしてついに日本を発つ当日。なんとイベントとかぶっていたんですが、途中で抜け出して空港に向かう攻め。告白シーンすらギャグで、笑いました。受け泣いてる…かわいい…よかったね…。
なんだかんだお似合いのカップルだなぁと思いました。

描き下ろしは海外にいる受けをオタク仲間を引き連れて尋ねるお話。
セッ以外することはないのかと突っ込みたくなりますが幸せそうで何よりです(笑)

続き予想以上におもしろかったので萌×2と迷いましたが、次回以降にさらに期待を込めて萌評価です。

0

こんな受け大好きです♡

どうしても受けに肩入れしてしまうので、最初は野本の佐久間に対する扱いの酷さにムカついてました。
でも読み進めるうちに、リア充の佐久間が自分の基準で勝手にオタクな野本を現実の世界へ引きずり出そうとするのは、野本にとってはオタクな自分を面白がって遊んでいると思ってしまう迷惑な行為なんだと分かり、野本の佐久間に対する酷い扱いも理解出来たので良かったです。
それをふまえても酷い気はしたけど…^^;
中盤から佐久間が野本に嫌がられてもめげずにかまいに行くとこが凄く健気に見えてきて、泣き顔可愛いし、風邪ひいて本音漏らすシーンではキュンキュンしました♡♡
その後の2人はどうなっているのか、上手くお付き合い出来ているのか気になります♡

1

魔法少女オタクにKYサラリーマンがズコバコされる話

大学で同級だったオタクの野本に、現実世界の楽しさを教えてやろうと奮闘中のリア充サラリーマン佐久間。迷惑がられても部屋に入り浸っていたが、ある日、野本が神と崇める魔法少女・りんごちゃんのフィギュアを「これ使ってオナニーしてるんだろ」と言ったらマジ切れされ、あれよあれよと言う間に押し倒されて尻にTINKOを突っ込まれてしまった。
何で俺がこんな目に! と涙に暮れたが、なぜか身体は感じてしまい…。


いや、まぁ、すごい話でした。受けも大概ロクデナシだけど、オタクな攻めがそれに輪をかけてロクデナシ。受けのことを「小うるさいし、仕事の邪魔しかしないウザい元同級生」としか思っていないのです。それは無理やりTINKO(裏表紙のあらすじにそう書いてあった)を突っ込んだあともそうで、ヤッちゃったから意識するようになるとか、可愛いと思い始めるとか、そういう甘い感情は一切ありません。
受けは、自分ではオタクな同級生を更生させるような気持ちだと思っています。でも大学時代から、実は攻めにかまってほしくて仕方なかったような感じ。自分にこれっぽっちも興味のない攻めが憎らしくて、何とか自分のほうを見てほし続きい。でもオタクな攻めにはまったく相手にされないどころか、邪魔としか思われていない。
空気が読めないからウザがられていても平気で部屋に入り浸るし、傍若無人に振る舞っていたのですが、オタクでひょろっとしてるのになぜか腹筋割れてた攻めに押さえつけられヤラれちゃいました。

攻めにまったく受けへの愛がないので、ロクデナシな受けなのに可哀想になってきます。旅行に行くと言う攻めに無理やりついて行っても、オタク旅行なので邪魔者扱い。(限定品を買う時だけ頭数として重宝されてました) 受けの海外転勤が決まっても「それが俺に何の関係が?」って本気で言われる。押してダメだから引いてみた、でも引いてみてもいないことにすら気付かれない、という次元の存在なのです。

あまりに受けが不憫で、どうしようかと思いました。なので、わずかに攻めの心の中に受けの居場所ができたときにはよかったねぇ…と感無量でした。
作風としては、コミカルで痛さの少ないはらださん、という感じでしょうか。あまり期待していなかったのですが、予想外に面白かったです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ