「言葉」ってどんなオモチャより興奮する。

インモラルと紙袋

immoral to kamibukuro

インモラルと紙袋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×214
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

157

レビュー数
5
得点
166
評価数
40件
平均
4.2 / 5
神率
45%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS Baby comic(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865891751

あらすじ

ゲイが集まる掲示板でおこなわれているチャットをもちいたセックス。
言葉だけの世界でそんなことをしている男たちを笑いの種にするつもりで参加した男子校生のイチ。
しかしそこで出逢ったヒロは、イチを見ているかのように的確に言葉で刺激する。
煽られ続けるうちにイチは言われるままに自分の身体を弄るようになっていた…。
ハマっていくネット世界でのえっちはいつしか現実の性行為へと繋がっていく。

ラブホテルに現れた紙袋を被った男・ヒロと禁断の快楽から抜け出せないイチの
エロティック・ラブロマンス! 短編2本を同時収録したおまるデビューコミックス。

表題作インモラルと紙袋

ヒロ 27歳 紙袋をかぶった謎の男
イチ 高校生

同時収録作品愛しのおにぎりくん

三宅 大学生
東竹彦 ウリセン大学生

同時収録作品かなし君

榊原 高校生
尼崎 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数5

同時収録のおにぎりくん、おすすめです

好きなタイプの絵柄で、ちょっとなつかしめのキャラデザにグッと来ました。

からだの関係からはじまるピュアラブ作品としてかなりおすすめできます。
紙袋をかぶってセックス、というぶっとんだ設定なのに決してギャグには振れすぎずリアリティも壊すことなく、むしろ紙袋のせいでエロさが増してる不思議。
イチくん(受け)のずるすぎるくらいのエッチさも魅力です。

ここまで表題の「インモラルと紙袋」をレビューしてきましたが、読んで一番ハマったのは同時収録の「愛しのおにぎり君」。

セリフ回しがテンポよく面白く、受け攻めふたりとも余裕のなさがとても可愛いです。

特に東くん(受け)のかわいさときたらすごい…
黒髪でぼーっとした幼め少年って、普通になかなか人気ではあると思うのですが、私は普段あまり追わないタイプの割りにかなりストライクでした。
余裕があるように見せかけての初さと健気さがかわいいです。


1

Hだけど、みんな純情。

書店で見掛けて、
買わずにいられなくなるほど興味が湧いてしまいました!!
『インモラルと紙袋』っていうタイトルよりも
デカデカと“触って”と“裏筋”の文字が!!ww
(さすがにタイトルを玉袋と空目はしませんでしたが)
裏表紙の方の帯にもいやらしい言葉の数々…。
思わず生唾飲み込んだのは
誰にも気づかれなかったと思いたいww

『インモラルと紙袋』
最初は、ただ笑いのネタにしようと
ゲイの掲示板内でひやかすつもりだったのに
イチはヒロという知らない男とのチャットで
ヒロの言葉のとおりに触って自慰をするほどに…。
気持ち良さに抗えず通話にまで発展し
更にはすぐ会う事になりますが、
ホテルに来ていた男は紙袋を被ったまま!!
奇妙な状況でも想像以上に感じさせられ後ろも奪われます。
会う度紙袋を取らないヒロ、彼の正体は……。

あのですね、お恥ずかしい話ですが
興奮して本のあらすじ(裏筋じゃないです)を
ちゃんと読まずにレジに向かったんで
雰囲気だけで「色んな男相手に…!?」
みたいな思い込みが勝手にあって
読んだら「ラブがちゃんとある!!!」と続き驚きました!
こういったら失礼なのかもしれませんがww
ヒロにはヒロの、このままじゃいけない葛藤と
イチの恋心が切なかったです。
最初のゲイビっぽい展開が嘘のように純粋!
なので「愛が無いとちょっと…」という方々にも
大丈夫だと思います!
いえ、ピュアと言ってもヤることヤってますけど
メンタル面でピュアってことで(何言ってるんだろう)

『愛しのおにぎりくん』
大学内でもあまり地味で目立たないような東が
二丁目でオヤジと歩いているのを目撃し
つい声を掛けてしまった三宅。
可愛い子をお持ち帰りしようとしたかったのを気づかれ
一緒にいたオヤジに逃げられた東は
三宅に買ってもらうことにしますが…。

こちらもウブいです。
それまでお客さんをかろうじてとれていたのは
無反応な東に罵られたい性癖の人のみとかww
それなのに三宅相手には可愛く乱れちゃって…!
東の片想いのきっかけがまた微笑ましくて
でもおにぎりくんってあだ名はどうなんだろうww

『かなし君』
友達の尼崎が男に抱かれるのを
跳び箱の中で見せられた榊原は
それ以降ズリネタにしてしまい
尼崎の事もつい意識してしまいます。
何かの代わりに簡単に抱かれる尼崎にいらだちを覚え
自分の気持ちを自覚しますが…。

なんていうか、いつも一緒にいる友達の性癖が
義父の虐待からきたものであって
恋も愛もわからないままっていうのは悲しいですね…。
それでも榊原のまっすぐさがきっと尼崎を変えるはず!

『紙袋はいらない』描き下ろし
ヒロとイチのでろ甘Hです。ご馳走様ですww

カバーを取ると、これまたいやらしい言葉が
大きめにドカンと並べられ
素晴らしいデザインだと思いました!!
読めて良かったです♪

3

ずるいひとたち

ふゅーじょんぷろだくとの作品は毎回エロいですね、、、今回もお世話になりました。
バカにするつもりで始めたチャットセックスにハマっちゃって抜け出せなくなって、、もうこの設定から好きです(笑)文字で相手の思うままになっちゃうイチ可愛いです。相手の紙袋との関係性も◎。ヒロさんはずるいです。でもヒロさんはイチのことずるいって思ってるんだと思います(笑)幸せになってほしいです。同時収録作は短いからか個人的にストーリーが掴みにくかったかなあ。おまる先生の今後に期待を込めて、萌×2。

1

覆面男×高校生

普通の高校生であるイチ(受け)は、ふざけ半分でゲイ掲示板のチャットに参加し、ヒロ(攻め)と名乗る人物とオナニーチャットしてハマってしまう。以来ヒロとチャットしては自慰にふけっていたが、ある日それがスカイプになり、ついには会おうと言われる。しかし、会ってみるとヒロは「顔を晒せない」と紙袋をかぶっていた。そのまま紙袋をかぶった男とセックスしてしまったイチだったが…。


アンソロジー『覆面男子』に収録されていた紙袋男が表題作。高校生のイチが、ゲイチャットで出会った紙袋で顔を隠した男とエッチしちゃう話です。

せっかく紙袋で顔が隠れている設定なのに、赤面したりしょぼんとしたり泣いたり、そういう表情を紙袋に描くのはちょっとズルいというか、ダメな気がしました。それが覆面男の可愛げにはなっているのですが、設定的な縛りをインチキするのは正直どうかなぁ…。
まあそれはさて置き、話は大変可愛らしかったです。正体は1話目のラストで読者にはわかるようになっていて、受けに正体がバレるのは最終話である3話目です。(でも何となく受けは気付いていたようです)
攻めが職場にいるときにエロチャットが始まる続きのが大変萌えました。あと射○してビクビクする攻めがエロ可愛かった。

なぜ顔を見せられなかったのか、となぜ顔を見せられなくなったのか、が微妙に違うのが面白いなと思ったり。攻めのトラウマが、受けに正体をバラすところで溶けていったのにはジーンとしました。受けが男前で攻めが乙女で、いいカップルだと思います。

同時収録は、援交してる大学生受けと同級生攻めの話、身体を売ってる高校生とその同級生の話が入ってました。設定書いたら似た感じですね。
評価としては、表題作が萌×2、同時収録作が萌というところです。

5

インパクトはあるv

クラスでも明るくて人気者のあの子が
大きく足を開いて自分のものを淫らに咥えているとおもうと
興奮する。そんなシーンがこの上なく排他的で萌えた。
アンソロで2話だけ読んでいた今作品。
すごく読みたくて、こんなに早く読めたことに感謝w

ゲイが集う掲示板。
最初はゲイをおちょくってやろう。そんな軽い気持ちで始めたチャット
いつの間にかネットで出会ったヒロさんに夢中になり
あまつさえエッチな出会いを果たしてしまう。
しかし現れたヒロさんは顔を隠すように紙袋をかぶっており。。。

紙袋男とってどーなのよwと思いつつ
読ませていただきましたが、意外とストーリー、キャラクター、ラブどれもピンポイントで可愛く楽しく読ませていただきました。
正直ちょっと卑屈なヒロさんがうざいなと思う反面
そんなヒロさんの正体を薄々わかりながらも知らないふりをしていたという受が可愛かった。

他短編含め、ちょっとクセのある作品が多かったですが
次回の作品がすごくたのしみになりました。
一読の価値はありだとおもいます(*´ω`*)b

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ