新妻くんと新夫くん

niidumakun to araokun

新妻くんと新夫くん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神73
  • 萌×246
  • 萌16
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

17

レビュー数
16
得点
600
評価数
144件
平均
4.2 / 5
神率
50.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801955561

あらすじ

職業ホスト・俺様な新夫 翔とそれに執着するいかれた売れっ子作家・新妻さとし。 コンビニでバイト中だった新妻を、泥酔していた新夫が壁ドンで(誤って)口説いてしまい、 あまりのかっこよさに一目惚れされてしまって以来のストーカーラブ! なにかと口うるさく寄ってくる新妻を毎度毎度、足腰たたなくなるまでぶち犯す (体で黙らす) 新夫だったが、 自殺癖があったり自分に無頓着な新妻を放っておけず、なんだかんだで絆されつつも 負け(陥落)を認めようとしない新夫と新妻の恋の行方はいかに…! ? ホスト×ヤンデレ執着くんのデンジャラスラブ★

表題作新妻くんと新夫くん

新夫 翔 / ホスト
新妻 さとし / 小説家・アパート経営

同時収録作品この趣味だけは受け入れて貰える気がしない

城島 司 / サラリーマン
斎賀綾人 / 25歳 プログラマー兼イラストレータ

評価・レビューする

レビュー投稿数16

尽くす受けと愛す攻め


(感情のままレビュー)

大ッ……好きなふたり。シリーズ。
作者さんが3年前と仰るなら3年前からずっとすきです。(告白) 今回も単独単行本化すると知って、思わず待ってた‼︎やっとか‼︎と当然のように…(ありがとうございます) それくらい、立つふたりだった。
読んでみて、もう何もいうことはありません。叩いてもお礼と欲(もっと続きを…)しか出てきません。

この甘さが最高なんです。ヤンデレ加減も最高。翔くんの甘やかし上手…というか先生の攻めはみな甘やかし上手です。イェーイ

あと体格差。体格差…が更に開いているような気がして、それも嬉しいことでした。

他収録されていた女性下着趣味の受けちゃんの方のお話も、よいよいカップルでございました誠にご馳走さまでした……!
十二分に糖分補給できる御本たち。これからも増えに増えていくことを心待ちにしております。ありがとうございます。ありがとうございます。

2

甘ったるいBLが好きな人にはおすすめ

とにかく甘々!!!!!甘すぎて砂糖吐きそうな程のラブラブっぷりです


最初は電子コミックサイトの新刊ページで見て、受けの子が好きなゲームの推しの子に似ているな~と気になりサンプルを読んだら私の好みにドンピシャですぐに購入しました!!


他の方もおっしゃっている通り「くさかんむりに化けると書いて」で同時収録されていた作品の続編なので、この二人の馴れ初めはそちらに収録されていますが、今作の冒頭にもあらすじが描かれているのでこの一冊だけでも十分楽しむことはできます。
出来れば二冊揃えて頂けると、二人の心境の変化、特に新夫翔のさとしに対する気持ちの変化が感じられて、より一層作品を楽しむことが出来ると思います!!

2

ぶさカワ受?キモカワ受?どっちでも可愛い(^^♪

前作を読んでいなくて行き成りこちらから入ってます。

正直表紙だけ見ていたときに思っていた感じの作品とは違ったのですが、それでもお気に入りになってしまいました。

個人的に勝手に新婚ものかと思っていました。まあ、新婚ものと云っても良いような作品ですけど……。

イラストも苦手系統かと思っていたのですが、なんか可愛いんですよね~。

攻が嫌がるそぶりをしつつも、受にベタ甘かったりするのがなんとも萌えます。

受が歯がギザギザで鬼太郎カットなのに、なんであんなに可愛く見えるのか……って疑問がまさしく攻が思っている疑問なんだろうな~っていうのが肌で実感できるっていうのが凄いです。

「けへっ」とかいう笑いなのにそれすら可愛い。何故!?

受は基本淡泊なので、結局盛っているのは攻ですしね~。でもなんだかんだいってちゃんと受のことはお世話しているのですよ。そこが良い。

表題作のほかにもう1本収録されていますが、そちらはエロを楽しんで頂ければいいかな~と。

蔓沢先生はエロを描かれるのも凄く上手なんですよね。

新妻さんたちもエロは萌えるのですが、それ以外続きのなんとも言えない甘さが病みつきになる作品です。

3

続編?!

蔓沢つた子さんの本は、なんというか・・・ふわふわしていて、にゃんにゃんしているイメージです。
悪役でも悪い人がでてこないので、すごく性格のよい作家さんなんだろうな〜。といつも思います。

この本は「くさかんむりに化けると書いて」にでてきた2人の続編ですが、実は割と苦手な漫画でした。
身も蓋もないのですが、ヤンデレが苦手というか。受けの新妻がいまいち、苦手で。でも言い方を変えたら、それだけキャラ立ちが濃くて、印象に残っていたということなんだと思います。

可愛くて熱心なヤンデレと、読み切り?のときにはわからなかった、2人の気持ち・・・というか、主に新夫の気持ちがわかる展開は、かわゆい系のラブラブでエロエロが、好きな方にはたまらないと思います。


1

収録作品についてのレビューです☆

同人の頃よく読ませて頂いてた蔦沢先生の本だとは知らず、広告の「新妻くんと新夫くん。」のバナーを見て
「あっ好きな二次カプっぽい!」という安直な理由で購入しました。すみません。
私の嫁キャラは違い新妻くんはほっそりとした小さく折れそうな新妻さんでしたが、流石蔦沢先生というか!
スレンダー美人から筋肉質、貧弱ショタ系までこんなにセクシーに描かれて、とってもエッチでした……。

3冊購入した上で、一番好みだった収録作品
「この趣味だけは受け入れて貰える気がしない」
をレビューしたいと思います。
エロゲーを作成する会社の後輩×先輩で
職業はプログラマー兼デバッガーのようです。
そのうえ先輩はグラフィッカーも出来る為、
毎日デスマーチ……そんななか入社してきた後輩くんは、
先輩のエロ絵に憧れて入社してきたワンコ系。
ゲイなのに女の子のエロ絵が描けるの?と若干不思議でならないのですが
そんな自分のエロ絵でこの後輩は抜いたんだ……という間接ホモから始まり、「仮に付き合えたとしても僕はこんな趣味があるから、知られたら嫌われる……」と嫌われないようにする先輩。
好きすき言っ続きてもらえて悪い気はしてない先輩と、その後輩くんのワンコさがとっても可愛いです!
そしてわりとあっさり交際は始まります。
社長に嫉妬したりする後輩くんがかわいい。
また知られたくないのに、止められない……と、
先輩の「趣味」はどんどん加速していきます。
先輩は女性用下着が好きという変態さんなのでした。

前述のとおり、
エロ絵師→資料にエロ下着買う→着用してみた→思いの外ハマってしまった
なら分かるのですが、設定にゲイだとあることで
すこーし疑問点があります。
女装趣味のあるノンケでも問題ないのでは?と考えたりもしますが、それをカヴァーする圧倒的エロスが待ち構えてるので「こりゃエッチだな……」以外何も言えません。

2

新妻くんかわいいです…!!

まず、始めに新妻くんかわいいです!!!
新夫くんにメロメロでトロトロにされちゃう新妻くん、、、可愛いったらありゃしないですよ( *´艸`)

新夫くんのほうも、いつの間にか自分好みの味を覚えて作ってくれて自分のことが大好きな新妻くんに知らず知らずのうちにメロメロになっていますね笑
実は新妻くんのことが…?って気づこうとしますがそれを決して許さない新夫くんのプライドがまた可愛いです笑

そして新夫くんを悲しませる元同僚ホストを新妻くんの漫画家の連絡網の力を使って追い返すところ、、、!!イケメン!!!こういうのはなんですが、新妻くんなのにめっちゃイケメンでした!!

まだまだこの二人の先を見たいです!
できれば続巻を…!!

2

甘々

「くさかんむりに化けると書いて」に収録されている作品の続編です。
メンヘラヤンデレな新妻くんとツンデレな新夫くんを存分に楽しめる1冊でした!
今回は前作よりも新夫くんが新妻くんを大切に思っている描写がたくさんあり、読んでいて幸せになりました。
新夫くんの愛に新妻くんがあまり気づいていないのも可愛かったけれど、気づいた時にどうなるかがすごく気になります。
絵もとても可愛く綺麗で、エロも充実していて、大満足です。

2

知らぬは本人ばかりなり

あまあまですねー。
前の作品の時は 一方的な愛情の矢印でちょっと切ない感じを残していましたが、
今回はなんてあまい事でしょう。
新夫くんの愛が分かって読者も幸せ。
夢の中にいる新妻くんだけ真実を知らない。
この見せ方、素晴らしいですね☆
一方的な甘さになりすぎず、一番知りたい本人(新妻くん)だけが知れないっていうスパイス。
そりゃ二人の虜になりますよ。
絵もエロも漫画としての見せ方もバッチリと思います。
見事魅せられました☆

2

はちみつや水飴のような本

*ホスト(新夫)×売れっ子作家(新妻)
「くさかんむりに化けると書いて」の中で一番印象に残っていたお話なので続編が読めてよかったです。相変わらず新妻くんはちょっと(?)変わっていますが、前作ほど危険行動はないです。全体的にでろでろの甘々です。
今作では二人の距離が縮まって新夫氏がますます絆されていていきます。実はめちゃくちゃ面倒見が良い新夫氏がなんだか可愛かったです。
前作から思っていましたが、新妻くんのギザ歯が魅力的です。珍種のカメレオンと新夫氏も表現していますが、確かに爬虫類感があり珍しいタイプの受けではないでしょうか?新妻くんが新夫氏からもらった時計の匂いを嗅いでいるコマが好きです 笑
あらすじ(描き下ろし)→それから→あまあま→つくづく(描き下ろし)の順で収録されています。空きページにも小ネタ満載のカットが描かれているので楽しく読めました。最後にカバー下の新妻くんを見て何かに目覚めそうになりました。

*同時収録作品では受けが女性用の下着を着けて眠っている攻めの上でオナニーするシーンに萌えました。こちらの作品も3話分収録されているのでがっつり読めました。

1

エロさダントツ

こんな、めっちゃエロいコミック読んだん、なんか久しぶりな気がする。
2種類のお話が載っているのだが、どっちも受けがめちゃめちゃエロい。っつか、エッチいからだしてる。
新妻くんなんて、キタローヘアで目つき悪いし言動も変なのに、すごくいやらしいそそる身体に見えちゃって、それを新夫くんと一緒になって、「クッそ、なんなんだよっ」っていいながら萌えるし、滾るし、どうしましょ。
同録作の方も、一人こっそり女装オナニーしてた斎賀が、城島に愛されてどんどんエロ可愛くなっていくし。
やっぱり、愛なのね。

2

可愛いっ!

すごく可愛らしい内容でした!
最初は新妻くんに乱暴な感じで接していた新夫くんが、だんだんと新妻くんに惚れて行っちゃうところがすごくキュンキュンしました!
新妻くんはすごく可愛くて、特に笑ったところやギザ歯なのが最高でした!
一途な新妻くんにほだされていく新夫くんも可愛らしいです!
この方の作品はどれもすごく可愛くてほんわかするような内容のものが多くてすごく大好きです!
また、この趣味だけは受け入れてもらえる気がしないも先輩がエロ可愛くて最高でしたね!
下着がとても似合ってました!

2

続編

ホストのおねだり上手にイチコロの新妻を惚れた弱みと合唱しつつ。
意見も口答えも、めげずに繰り返すバイタリティに、組み敷かれてばかりじゃない二人の関係の妙を見ることができます。
新妻の思い込みと新夫の勝手な言い草はものの見事に食い違ってばかりですが、ふとした時に発動するこれでもかと言わんばかりの新夫の優しさ。
その的確さが、普段の悪態と乱暴なセックスを帳消しにしてしまい、結局ラブラブなカップルのちょっとアレな日常風景に和んでしまいました。
ただ、ひとつ。
新夫が新妻の匂いを嗅ぐシーンがなかったのは残念。
最初のきっかけは、やはり要所要所で見たくなります。

同時収録「この趣味だけは受け入れて貰える気がしない。」
どうしてこんなコアなキャラを愛おしく感じてしまうのか。
タイトルだけで既に共感してしまいましたが、日々に忙殺され、投げやりになりがちな部分を寂しさと諦め、そしてほんの少しの自己満足。
人に誇れる事ではなくても、健気に生きていく姿に優しい気持ちで見守りたくなってしまいます。
なにより、人知れずこっそりむっつりな斎賀のエロさと、城島の食付きの良いワンコぶりが見続き事に噛み合っていて、他に苦しいことはないかと、懐の深さを見せる城島に斎賀だけでなくこちらの秘めたる思いまでも受け止めてもらいたくなりました。

1

ラブラブエロエロが読みたい人はぜひ

蔓沢先生久々の新刊楽しみにしていました!
先生の絶倫でエロくてかわいくてかっこいい攻めが大好きなので、またホストくんを読めてうれしいです。

相変わらずいちゃいちゃラブラブな二人にちょっとずつ嫉妬の影とかあったりしつつもやっぱりラブラブエロエロ!
権力を使って彼氏に危害が及ぶのを阻止しようとする受けが可愛かった…。
たくさんのエロごちそうさまです。

後半の女性下着の話は結局攻めも変態やないかーい!という明るく可愛い話で楽しかったです。
ガーターストッキングえろい…。でもつけ方間違ってたよ…!

1

まさかの新夫×新妻続編

『くさかんむりに化けると書いて』に同時収録だったツンデレホスト×ヤンデレ作家の続編が表題作です。
出世したなぁ、新夫×新妻。

さて感想ですが、とりあえずエロ、あとデレ、という感じです。メンヘラストーカーにつきまとわれてほだされた攻めが、だんだん受けを可愛く思い始めてきたり、仕事がドツボにハマった受けを優しく甘やかしてあげたり。あとエッチばっかりだと文句を言うので、しばらく禁欲したら求めて泣きついてくるだろう、と思ったのに結局自分の方が耐えられなかった、というデレ。
デレと甘やかしはすごかったのですが、前作でツボを押しまくられたような切なさやきゅんきゅんはなかったです。ひたすらボーナストラック的なラブラブです。
まあそれもいいのですが、続編というより甘々番外編みたいなかんじで、ストーリー的にちょっと物足りなさはありました。


同時収録の中編が一作入っていました。表題作とほぼ同じくらいのページ数の作品です。ブラック気味のゲーム会社で働くプログラマ兼イラストレーターの受けと、受けのファンだった後輩攻めの話。
受けは攻めに片思いをしているゲイで、家でひそかに女性下着を着け続きてオナる趣味があります。想いが成就するなんて思っていないので、告げるつもりはありませんでしたが、攻めのほうからまさかの告白。
両思いだったので付き合うことになったのだけど、さすがに女性下着の趣味はカミングアウトできなくて…という展開です。

こちらも可愛くて、楽しめました。割と初々しいカップルで微笑ましかった。そして初々しさとエロのギャップがよかった。お初で楚々とした風情の受けの乱れっぷりとか、さわやかで優しい攻めのちょっとした腹黒さとか。
今後も末永く仲良くして欲しいカプでした。

6

ツンデレ×ヤンデレの甘々な日常♡

「くさかんむりに化けると書いて」に収録されてた「新妻くんと新夫くん」の続編です。冒頭に人物紹介と"これまでの流れ"があるので、この本だけでも大丈夫だと思います(^^)

内容は書いてくださってるので感想のみを。


◆新妻くんと新夫くん

前作ではハマれずじまいでいました。
受けのポジティブストーカーで自殺願望者で堅実思考の金持ちでっていうキャラの濃さについて行けず、受けの「ケツだけは愛してる」のセリフについて行けず。

でもインタビュー記事のサンプル画像を読んでたら
ツンデレ溺愛攻め来るのかーーーー⁉︎ヾ(*´∀`*)ノ
と期待でワクワク。萌えツボグリグリ。

やー…買って正解でした(^//^)
エッチ以外では「キメぇ」「近寄んな」言ってた攻めが、メロメロになって完全に落ちていらっしゃるーーーー(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾ バンバン!
攻め本人は否定したいみたいなのですがw口で酷い事を言う割りに行動が伴ってなくて、無意識に大切に扱ってるのが萌える〜〜〜!
ツンデレ溺愛攻め美味しい〜〜〜!

スランプに落ちた新妻くんをひたすら甘やか続きす回なんて、糖度高過ぎ!!ご馳走様です!!!!甘々好きにはホント堪らん回でした(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾ バンバン!

そんで前作では襲ってガン堀りしてたエッチが今回は全体的にどことなく優しくてトロトロなのが非常に良いです////キスが甘くてキュンキュン( ´艸`) ♪

新妻くんも自殺願望はなくなったようで何より。前回ほどぶっ飛んだ行動がなくて、個人的にはこれくらいがちょうど良く萌えられます。子犬みたいで健気でとっても可愛かった♪

◆この趣味だけは受け入れて貰える気がしない

女性ものの下着が細かいレース部分まで綺麗に描かれてるとエロさ増しますね〜。そこから覗くtnkが倒錯的で素敵です。

受けは大人しそうな顔して結構エロには大胆なお人。攻めが寝てる上で女物の下着付けて072してるのも変態チックでエロい〜!
そんで寝たふりしてそれをシッカリ見てる攻めも良いですね!一見純情系ワンコ攻めかと思いきや意外と策士っぽくてニヤニヤ(^//^)

攻めはエロスイッチが入るとお顔が…。
目がイッててガッツリ変態顔なのが笑ってしまったw
甘々エロエロご馳走様です+゚。*(*´∀`*)*。゚+

前作で萌えられなくてどうかなーと思ったけど、とっても面白かったです。
続編を読んで印象が変わったのも良い収穫となりました。
何度も読み返して甘々にどっぷり浸りますヾ(*´∀`*)ノ

5

『甘い』と『エロい』が詰まってます☆

蔓沢さん作品の中で新妻くんと新夫くんのCPが一番好きなので、発売を心待ちにしていました。さて、内容をざっくりと。すみません、ネタバレしてます。



2つのCPのお話が収録されています。
前半は表題作『新妻くんと新夫くん』。

売れっ子ホストでありながらゲイの新夫くん(攻め)。
ストーカー気質で、ヤンデレ風味なちょい危ない子…、に見えて実は超売れっ子作家の新妻くん(受け)。
この二人のお話。
思い込みが激しく新夫くんのこと(主に顔)が好きな新妻くんと、顔は好みじゃないのに新妻くんの『におい』に性欲を掻き立てられちゃう新夫くん。相変わらずの二人ですが、二人の「気持ち」という点ですんごい進展のあった巻でした。
新夫くんは、『うざい』と思いつつも健気で素直な新妻くんに気持ちがどんどん傾いていくさまがなんとも可愛かった。はじめは体目当てだった新夫くんが、落ち込んだ新妻くんのフォローをするところなんてとてもよかった。

そして新妻くんのほうも。
彼は新夫くんのことがもともと大好きではあったのだけれど、はじめは顔が好みなだけだったわけで。そんな新妻くんが、新夫くんのすべ続きてにまるっと惚れちゃってるんだなというのがにじみ出ててすごくかわいい。
そして作家としては売れっ子でも通常の生活を送るうえではダメっこだった彼が、徐々に人間らしくなっていったのは新夫くんのおかげなわけで。
そして、新夫くんが人からけなされたときに懸命に反撃を試みる新妻くんが、『あの』新妻くんが、とても男らしかった☆

この二人、とっても好きなので、まだまだ続編を出してほしいなと思います。

後半半分はもう一つのCPのお話。
タイトルは『この趣味だけは受け入れて貰える気がしない』。

(エロ)ゲームのプログラマー兼イラストレーターの斎賀くん(受け)。
斎賀くんの勤める会社に入社してきた後輩の城島くん(攻め)。
斎賀くんは城島くんのことが好きなのだけれど、想いを告げる気はなくて。けれど秘めた思いは女性ものの下着をつけ、彼のことを妄想しながら自慰することへとエスカレートしていきます。
城島くんとどうにかなろうだなんて思いもしなかった斎賀くんですが、ある日城島くんから告白されて。恋人同士になる二人ですが、女性の下着を好んでつけることは城島くんに告げることのできない斎賀くんで…。

というお話。

斎賀くんの切ない恋心が描かれたお話かなと思ったのですが、早々に両想いになり、『女性ものの下着を身に着けてセックスがしたい』という本音を城島くんに伝えることができるのか、という展開なので、とっても甘々でエロエロなお話でした。

斎賀くんのことを、仕事の上での先輩としても尊敬し、とても大切にする城島くんに、城島くんのことが大好きで仕事も頑張る斎賀くん。
そして、仕事仲間たちもなんだかとても素敵でした。

斎賀くんの健気さに、二人のお互いを想う優しい気持ち、職場の仲間たちとのほっこりな関係。うん、とっても可愛らしいお話でした。

収録されている二つのお話は、どちらも甘くてエロイ、とってもほほえましいお話でした。
文句なく、神評価です。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ