いとこい

itokoi

いとこい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
60
評価数
16件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801955899

あらすじ

10年ぶりに子供の頃過ごした街に戻ってきた克之は、なにかとツイてない出来事にばかり遭ってしまう。
厄払いにと訪れた神社で妙な格好をしたけもみみの子供と出会うも周りの人間には見えてない様子で、家までついてきた上に「食わせろ」といきなりキスをされ唾液を飲まれ………。
あれ?なんかさっきより成長してる…?
おまけに「オマエと交わりたい」と言われてしまい――! ?

縁の糸が織りなす不思議なけもみみファンタジー!

表題作いとこい

シロ,神社で会った元狐
結城克之,ワケあり高校生

同時収録作品いとこい

クロ,受に飼われている黒猫
馳川尊久,高校3年生,攻の飼い主で克之の幼なじみ

その他の収録作品

  • ひとりじめ(描き下ろし)
  • なわばりにて(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数2

狩衣の狐神と高校生のファンタジー

狐の神様?×高校生のファンタジックなBLです。

子供時代に住んでいた街に戻ってきた受け。最近偏執的なストーカーに悩まされていて、藁をもすがる思いで親友と一緒に近所の神社に行ってみたところ、賽銭箱の上で狩衣を着た子供を見かけた。親友には見えていないらしいその子供は受けの部屋までついてきてしまい、「力を得るためだ」と受けにキス。力を得た彼はみるみる大きくなって、さらに力を得るべく受けを押し倒してきて…。


狐耳付けた狩衣もふもふ攻めと、なかなか苦労している高校生の再会ラブです。
子供の頃の因縁があり、縁を結ばれている受けと攻め。ですが「おまえを俺の嫁にする!」とかいう系統のオレ様攻めじゃなく、何も問題がなければ受けのことも放置しておこうと思っていたらしいです。なのに受けがほいほいストーカーに粘着されていたので姿を見せた模様。
どうせならもっと執着してくれてたほうが個人的には萌えたな、と思ってしまったくらいクールな攻めでした。

受けにまとわりついているストーカーも退治してくれたのですが、攻めはあっさりクールだし、大概粘着されているのに受けはストーカー(正体は伏せます)続きのことをかばうし、その点は全然ドラマチックじゃなかった。こんなストーカーとは縁切っちゃえよ、と思うのに許してもらってるし、ストーカーも病みまくりで「恋情と劣情でどうしようもなかった」とか言ってた割にすごく簡単に身を引いてるし、これくらいで普通の関係に戻れるなら最初からするな、と言いたい。

まあ絵は綺麗だし、狐耳つけた狩衣攻めはかっこよく子供姿は可愛く、エロも豊富でビジュアル面では楽しめました。
受けの先輩とその飼い猫のスピンオフカプの話も組み込まれていて、2組の人外攻めBLの話が読めました。こちらは黒猫の猫又×ほだされ高校生というカップリングで、こちらもビジュアルは素敵でした。

2

良くも悪くも緩急がないかも?

設定が私のツボにドンピシャということもあり、発売前からかなり期待していました。しかし、読み終わってみると絵はとても安定していて綺麗だったのですが、全体的に話が浅いかなという印象。話が始まり、主人公と攻めは早い段階で再会を果たすわけですが、主人公は攻めについての記憶がありません。それなのにすぐに行為に及ぶというのはいくら設定がそうさせていても、展開が急に感じられました。しかし主人公は許容しているし、そこ!?という流れでの行為のシーンがそれからも複数ありました。(表紙のカップルの他にいるもう一組にも同じことを思いました)そのせいで行為が浮いているとも捉えられるかと思います。
あまり深いところまで踏み込んだ話はなく、主人公と攻めとの過去の話もあまり葛藤もなく進んでいたような…。
当て馬役?の子も退場するときはあっさりとした扱いでした。もう少し活躍させてあげて!と思いました(笑)
全体として、絵、キャラクター設定はとてもよかったのですが、神社、人間とそうでない存在、三角関係等、せっかくの良い背景設定が上手く活かされておらず物足りなさを感じました。
基本的に障害物があまりなく、二人が幸せ続きであればいい!という方にはオススメです。タグにシリアスとありましたが、結局最後は皆幸せですし、そこまでシリアスではないと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ