愛情鎖縛 二重螺旋2

二重螺旋

愛情鎖縛 二重螺旋2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
102
評価数
24件
平均
4.3 / 5
神率
62.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199002335

あらすじ

兄弟相姦という二重の禁忌―その背徳を犯した時から、尚人は兄の雅紀が恐い。
尚人を抱くのに、時間も場所も選ばない。
「声を出さなきゃイカせてやらない」と甘い言葉で嬲ってくる。
優しくもケダモノにもなる兄の、激しい独占欲と執着に堕ちていってしまいそうで…。
そんなある日、尚人は男子高生ばかりを狙う連続暴行事件に巻き込まれ!?禁断のハード・エクスタシー。

表題作愛情鎖縛 二重螺旋2

美貌のカリスマモデル 兄・雅紀
高校生の弟 尚人

評価・レビューする

レビュー投稿数9

親父のダメっぷりが半端ないです

前巻で、タブーだらけだった一家のお話の2巻です。

そんなタブーだらけになるキッカケを作ったダメ親父、今回も半端ないダメっぷりで兄弟を振り回します。というか、尚人が事件に巻き込まれて、不運に拍車がかかっているのも、読んでいて辛いです。

絵に描いたような悪役の、父親の愛人の妹の存在や、事件を起こした妹の幼馴染とか、ほんとイライラします。
でも、引きこもりの末弟に少し変化があったり、長男と次男の関係が甘くなっていたりしていたのは嬉しかったです。
おまけに、父親っ子だった末弟が、家の権利書を盗みに来た父親をバットで殴った時には、スカッとしました。
長男が、次男との恋を末弟に告白する場面が、次男への恋心や執着が伝わってきて好きです。
二人のエッチを見て興奮している末弟に、今後この二人に絡んでくるのかと期待しちゃいます(笑)

1

というか、不幸はとめどなく押し寄せるわけですね(´Д⊂
少しぐらいの手加減はないものかwwww

というわけで、第二巻であります
父が失踪し、母親が死に、兄に犯された尚人・・・
それでも少し落ち着いた頃に現れた女は、父の愛人の妹
この女の発言にイラっとした読者は多いことと思うのです
なんだろうね、不幸のどん底を一緒に見てたからかな・・・・
何を言ってるのこの人・・・な場面なのでありますが
その後の尚人の冷たい言葉がまさに事実であり、正論であり
余計に胸が痛かった。
知らなかった事実に打ちのめされる妹さんと同じく胸がシクシク

その後の暴力事件、実父が家に泥棒に入って末弟に腕おられたり
スキャンダラスな事件の多い今回。
もろもろ心臓には悪いですが、面白かったです。
正直、1巻のはじめは読み流しだったんですが、シリアスになると俄然上手いよね。
面白かったです。

兄と弟の情事事情。
ガツガツという感じではないのですが、そのぶん、ねちっこくてエロくて良いですw
弟くん、ペラペラっと見てた時は、尚人のことを好きなんだと思ってたんですが
そうでもないの続きかな・・・そういう次元で生きているわけではないのか・・・
ん~・・・・なんにせよ、兄弟ものBLは数ありますが
禁忌をうたい、異質であることを全面に出している分
背徳感をものすごく感じます。兄弟がイチャイチャしてる作品をみるとなんだかモヤモヤするのはこの作品のせいだろうな~・・・

1

兄弟の立ち位置がわかる

冒頭から尚人視点で雅紀との関係が語られ「二重螺旋」では、よくわからなかった二人の関係に納得。
尚人は、家庭崩壊以前から雅紀の愛(恋愛という意味でなく)が自分を保つために必要不可欠でした。
捨てられ続けた尚人の拠り所が雅紀で、篠宮の家があり弟の裕太がいて今の尚人がいるんですね。
今回、父の愛人の妹、真山瑞希の勘違いな登場により事件発生。
全てを巻き込んでのスキャンダルへと発展していきます。
歪んでいようが間違っていようが様々な困難を自らの力で乗り越えてきた雅紀は揺るぎません。
裕太も父とのしがらみを断ち切っていきます。
兄弟物語へと進展するのかな?

0

吉原節全開!!

これですよ、これー!!
吉原さんの面白さはこれにあると思うんです、やっぱり。
古き良きJUNEのドロドロで重くて深いストーリー。
吉原さん独特の文章での吉原節も全開で、こういう話を書くとやっぱゾクゾクしますねー、本領発揮って感じです。

ふつふつと行き場の無い様な、深い泥に深く落ちて行く様な二重螺旋の禁忌感溢れる兄と弟。
そしてそれを取り巻くドロドロなストーリー。
もうたまらんです。
女性に対して容赦無いんですが、これがまた読んでて気持ちがいいんですね。
くーーっ、ホントにこういうJUNEモノはたまに読むとやっぱ面白いいいいいってなります。
吉原さんの学園物に辟易している人もいるかもだけど、機会があったら手に取ってみて欲しい今ではもう珍しくなってしまっているドロドロJUNEストーリーはやっぱガツーンときます。

1

さらにドロドロが拡大し、執着は激しく

父の不倫・家出に母の自殺、兄と母の関係に兄と弟の関係と、泥沼の篠宮家に執着し続ける兄弟達にさらに試練の事件が!

兄雅紀をつなぎとめておきたい尚人の気持ちを利用して、関係を続ける雅紀。
また強要されているような関係でありながら、自分のものだという安心感をえる尚人。
二人のSEXは禁忌なだけに、より一層の淫猥さと深さを増しています。
一見人当たりのよさそうな尚人ですが、父の不倫相手の妹がやってきて父と姉を結婚させろと理不尽な自分勝手な発言を聞かされた時に変貌した尚人の態度と言葉に、初めて冷静な尚人がどんなに傷ついて苦しんでいるのかがわかりました。
その妹が発端となって起きる高校生連続傷害事件。
尚人が被害にあったことで、雅紀の尚人への執着が増すのです。
もう狂気さえ感じます。
一方ひきこもりの弟祐太ですが、雅紀と尚人の関係を知っており、雅紀が本音を祐太に漏らしたことから、ひょっとすると対等の立場になってきたのかな、という感じもあります。二人で尚人を守るみたいな。
何も詳しい事情を知らない姉の紗也加が、たびたび祐太を介して連絡をとってきますが、彼女の存在も今後の展開にき続きっと何らかの影響を与えると予感させます。
本当に、この物語に出てくる女子達は冷静に考えれば当たり前の一般的存在と発言をしているのかもしれませんが、主人公達にとっては徹底的な悪役として登場してしまうところが、吉原さんのシナリオのすごさのひとつかもしれません。

下世話に野次馬的見方をする自分としては、雅紀と尚人の情事を知る弟の祐太ですが、二人の行為を見て尚人に発情してしまっていますので、そのうち祐太が・・・なんてことは将来的にありうるのかしら?と密かに考えております。

2

父と愛人へ反撃!

前作を読んで、続きがかなり気になっていました。
実の兄と弟の歪んだ肉体関係。
父が浮気相手の所へ出て行ってしまい、母は過労か心労か、はたまた自殺かわからない死に方をして、残された子供達の絆が1つずつ壊れていった前作の続き。

兄の弟への執着はさらに激しくなり、性的行為による洗脳と束縛が始まります。
最初が強姦だった事を悔やむ兄は、弟に拒絶されない方法として、淫靡な調教を繰り返し行います。
最初は恐怖から兄にしたがっていた弟・尚人は、兄・雅紀の淫靡で優しいに慣らされていきます。時々、自分を見つめなおし、拒絶しようとする尚人ですが、そんな時、兄は「否」と言わせない恐怖感で弟の心を縛ります。

家庭を崩壊させた父の愛人の妹・瑞希が尚人の前に現れ、急展開します。
勝手な言い分に腹を立てた尚人は、激しく瑞希を罵ります。
瑞希は篠宮家の不幸をまったく知らず、尚人と会ってすべてを知ってしまいました。
しかし、瑞希の恋人が尚人を逆恨み、暴行事件へと発展します。

尚人が襲われてケガをしたことで、以外にも裕太と雅紀はお互いの生き方を露にします。
尚人との関係を隠さない兄は、後続きろめたいどころか、堂々と裕太に尚人への気持ちを明かし、今までのすべてを告白しました。
歪んだ愛情でも家族を大事に思う気持ちに嘘はなく、兄の強さと尚人の優しさに心を動かされる裕太。
なんだか皮肉な意思疎通ですが、これで3人の絆が僅かに復活するのです。

尚人や雅紀が、父や愛人に対して抱えていた怒りが爆発した時、こちらまで胸がすーっとしてしまいました。
ここは言わずに許してやる…とヌルイ展開を予想していた私は、見事に1本背負いされた気分でした。
目の覚めるような反撃、その後に来る後味の悪い燻りが媚薬のようです。

4

ドロドロ

『二重螺旋』2巻。
前作は家庭崩壊して兄の雅紀が弟・尚人を強姦して兄弟なのに一線を越えてしまったところまで。
今回の『愛情鎖縛』では尚人が暴行事件にあったり、自分達を捨てた父親が帰ってきたりと相変わらずドロドロでしたw
そして引きこもりだった三男の裕太にも変化が。

雅紀が尚人溺愛なのに萌えましたwというかもう執着の域にw
尚人が暴行事件にあったとき犯人を殺してやりたいとかw
最後、裕太が見てるのに平気で尚人を抱いて、しかも裕太に視線を向けている雅紀にゾクゾクしましたw
兄弟萌えは十分あると思います。

ただ色んな登場人物がでてきて、いろんな視点から語られるのでちょっと混乱するという点もありました;

0

作者本領発揮です・・・

前巻、物語の後半も後半でようやく兄と弟の歪んだ関係が始まり、Hシーンが少ない(でも萌えます)と思っておりましたが、こういうことだったのか・・・。続きのこの2巻。1巻で明らかにされていなかった出来事や、兄と弟の心のうちが詳細に延々と描かれています。ええ、エロの合間に・・・
そう、やはり吉原さんは吉原さんだった。もう最初から最後までえろえろです。あ、やりっぱなしという訳ではないですが、精神的にね、こうずーっとイヤラシ~い感じが全編漂っております。もちろん、これは褒め言葉ですが。
もう、萌え過ぎて心臓が痛くなっちゃって、大変でした。久々に思い出しました、こういう萌えを。身体に響くほどの萌え、いや燃えをくれたこの作品。もう有名なんで、いまさら説明もいらないとは思いますが、どんな感じか一応書いておきます。

実兄雅紀に強姦され、その後も関係を続けていた次男の尚人。二重の禁忌を犯す罪深さに、雅紀のことを受け入れながらも、その関係に慣れることは出来ず、それでも兄の愛撫に身体だけは慣らされていた。そんな尚人が唯一安らげるのは高校で友人達に囲まれている時だった。しかしある時、進学校に通う男子生徒続きだけを狙った悪質な連続暴行事件が起こり、尚人もそれに巻き込まれてしまう。その事件をきっかけに、有名モデルの兄雅紀のことや父親の不倫から始まった一家の醜聞が全国的に報道され、尚人の周囲は騒然とし始める。最愛の弟を傷つけられて怒り狂う雅紀。傷が癒えた後も、トラウマで夜もうなされる尚人を知り、また雅紀の口から尚人への想いを聞き、変わりはじめる引き蘢りの末弟裕太。篠宮家の兄弟達の関係が少しずつ変わり始めた・・・

今回良いのがですね、兄と弟それぞれの視点からの気持が描かれているのです。それぞれの想いはすれ違う点もあるのですが、それでも強く互いのことを想っているのが分かります。その発露の仕方は全く違うんですが。
兄の執着はものすごく、でも甘いだけじゃない。基本的に意地悪です。かなり♪可愛すぎて意地悪しちゃう気持も分かるんですけどね・・・こんなに怖い睦言ってなかなか聞いたことがありません。
「ナぁオ」なんて甘く呼びかけて来る兄に怯える弟がまた可愛い~。兄が苛めたくなる気持が良くわかります!!学校では割としっかり者な印象の尚人なのに、兄の前だと小さい子供のよう。自分達のしていることはいけないことだと思いつつも、兄に嫌われたり見放されることを一番恐れているのです。だから、雅紀に言葉でいたぶられても、ふるふる震えながらも最後は頷いてしまう・・・
あー、すみません。鼻血が出そうです。ツボだ、ツボすぎる。
これ以上書くとただの変態の呟きになりそう。訳の分かんないレビューですみません。
あ、そうそう。今回のエロは言葉攻めです♪

1

面白いです

一巻よりパワーアップしてました。
近親相姦てんこ盛りのアンモラルBL、吉原理恵子ワールド。
ゾクゾクするほど面白いです。私のなかにある「背徳に感じる美」みたいなものを、ズルズル引き出してくれた。感じるのは暗い暗い快感だ。
「ガキの領分」シリーズや「くされ縁の法則」シリーズでガックリしてましたが、ぜんぜん違いますね。吉原理恵子が分からないw

美しい愛はないです。あるのはドロドロに淀んだ執着。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ