貴族と熱砂の皇子

貴族と熱砂の皇子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
6件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813010234

あらすじ

「俺の花嫁として、このまま砂漠で暮らすのはどうだ?」中東の豊かな王国カッシナで、美貌ゆえに盗賊に拉致された竹雪は『砂漠の鷹』と呼ばれ、青い瞳を持つザイードの手により再び攫われてしまう。人の心をとらえずにはいない瞳、ぞくっとさせる声、それはカッシナへ来る飛行機のなか、竹雪を無遠慮にみつめ話しかけてきた男のものに違いない!! あの時から僕を狙っていたのか!? 勝気な竹雪は気丈に振る舞い、なんとか男から逃れようとするのだが!? めくるめく砂漠のロマンス!
(出版社より)

表題作貴族と熱砂の皇子

「砂漠の鷹」の異名を持つ盗賊・ザイード
世が世なら華族の次男・小野塚竹雪

評価・レビューする

レビュー投稿数2

美人は得か

御付きの言いつけを破り、市場で盗賊に攫われて、飛行機内で出合った青年に攫われて・・・それから数日この青年盗賊と砂漠で過ごします。
この盗賊・ザイードは砂漠を熟知するしっかり者の美形攻め。対する受けの竹雪は我ままなツンデレお坊ちゃまです。

最初は「僕をどうするつもりだ」と反発しつつもザイードに惹かれていく竹雪。彼は騎乗した際身体が密着してドキドキしたり、彼の愛馬を羨んだりとウブな男です。
それよか竹雪、可愛い系なのはわかるが、一ヵ月後には社会人になる22歳がほっぺを膨らませて拗ねるのはいかがなものか?まぁ、BLはファンタジーですから気にしないことにします!
途中、ザイードの元を離れて自力で街へ行こうとして砂漠で気絶した竹雪は、目が覚めたらザイードに助けられていまして、身体を毛布で包まれたまま口づけで水を飲ませてもらうシーンにとっても王道を感じます。ここは毛布に包まって読むべきかも?
ほんと、ザイードがいなかったら竹雪死んでるよ・・・。

花嫁になるか?とからかうザイードに本気で恋するも一度は玉砕。実はザイードの正体はカッシナの皇子・アシフであり、ちゃんと身分を明かしてか続きらプロポーズしようとしていました。
本当はザイードも飛行機で出合った時に竹雪に惹かれていました。我ままでも美人だとこんなイケメンが連れちゃうんです。それも皇子が!!
二人は一緒になることを決意してめでたくハッピーエンド。将来を誓い合いました。

竹雪はガキンチョですがヒロインしてますし、ザイードは本当におとぎ話のナイト様みたいなので、王道の夢物語を読みたい人にオススメです。

0

許せないアホの子

アホの子の受は嫌いじゃありません。
でも、この受は本当にアホすぎて、攻は究極のボランティアじゃないのかと思うくらい。むしろ、攻は趣味が悪い。やることなすこと、すべてアホという受が、ひとりよがりに突っ走ったまま、周囲にフォローしてもらって、何も成長なく話が終わるなんて!
……読んだ時間を返してほしかった。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ