兄弟失格それ上等(愛)

kyodaishikkaku sore joto

兄弟失格それ上等(愛)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×222
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
280
評価数
64
平均
4.4 / 5
神率
51.6%
著者
中川カネ子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
シリーズ
兄弟失格それ上等
発売日
価格
¥685(税抜)  
ISBN
9784813032151

あらすじ

両親の再婚によって、義兄弟になった風介と芹。
恋人未満から恋人になり、
ついにヤりたい放題のラブラブ同棲生活♥のはずが、
芹の兄弟の四葉(弟)、梅(兄)が乱入!
なんとかエッチしようとする風介だけれど、次々邪魔が…
エッチをしたいのに、エッチができない!!!
風介のストレスはマックスに☠️
そんなある日、芹にお見合い話が!!?
わがままイケメン×チャラ男のどエッチラブ♥♥♥
ついに完結!!

表題作兄弟失格それ上等(愛)

辻 芹(義弟・大学生)
辻 風介(義兄・大学生)

その他の収録作品

  • 父の反応
  • カバー下 相手がいる余裕/悲しい感触
  • カバー裏 イラスト漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

ハイスピードに振り回されるシリーズ大円団♪

『兄弟失格それ上等』シリーズは3冊目にして完結です。
1冊目:『兄弟失格それ上等』
2冊目:『兄弟失格それ上等(増)』
3冊目:『兄弟失格それ上等(愛)』

このシリーズで何よりも強調しないといけないのは、
1冊目のお風呂エッチ!!!!!
サイコー of サイコーな激エロさですから、まずはそこからご覧になってください!
私の心のエロアルバム(←)に君臨している超名作でっす!


2冊目で「好き」と気持ちを確認しあった、義弟・芹×義兄・風介。
義兄弟を名目にしたヤりたい放題の同棲生活♥
のはずだったのに、、、

芹の弟・四葉が引越してくるから、エッチは寸止め。
さーらーに、芹の兄・梅までやってきて、同棲生活は危機を迎えます。


次期社長の梅にーちゃんは、眩しすぎる美形で、高級スーツをパリッと着こなした、完璧セレブ!
そんな梅にーちゃんが芹に泣きついてくるから、風介は禁断の兄弟愛まで疑ったのに、梅にーちゃんは芹に「次期社長の座を奪ってくれー」と…w
いや、ほんっとビックリするくらいの残念くんだよ。

芹も呆れつつ、跡継ぎ交代を受入れたら、芹のとーちゃん(現社長)はその日のうちにセレブ政略結婚の見合いをぶっこんできたーっ!!!!!
「部下だから拒否権なし」と言っちゃうとーちゃん、ほんっと芹の家族ってぶっとんでるなぁ。


風介は芹とデートの約束をして浮かれて待っていたっていうのに、約束はすっぽかされるわ、芹は帰ってこないわでイライラはMAX!
さらに芹は見合いすると聞かされて、ぶちこわしに乗り込みます!

風介はヤリチン野郎だったけど、強引な芹を受入れちゃう度量の広さ、寂しがりな四葉のこともつい許しちゃう優しさがあって、なにげに男前なんですよね~♪
(しかも女子中高生を夢中にさせる胸キュン恋愛小説を書く才能まであるんですよ!)


見合い現場で「こいつは俺のだから渡すわけにはいかね」と宣言する風介はかっこいい!

風介は「政略結婚略奪したホモで義理だけど兄貴」
難てんこ盛りな二人、果たして、その顛末は、、、
問題の核心にいる方々のぶっとびぶりにハイスピードに振り回されました!

芹のとーちゃんのぶっとびぶりも、風介とーちゃんの天然ぶりも、ほんと笑わせてもらいました。
なによりも、見合い相手のエミリちゃん!
「私と握手だ!」と言いたくなるくらい私達と同じ気持ちです♪


描き下ろしは「8年後」の二人。
あいかわらず甘々で楽しそうです。

あとがきによると、
「困難もなく何事もスムーズにいくBLがあったらいいじゃない」って気持ちで描き始めたそうです。
たしかに、2冊目まではお互いの意地の張り合いがハードルになっていましたが、3冊目の二人はずっと甘々エロエロ。
降りかかったトラブルもアッサリ解決しますが、カネ子先生はこうゆう話を描きたかったんだなって納得です。

ちなみにカバーの裏にも、芹が出会う前の風介を眺めていた漫画的イラストが掲載されています。
カバーの裏まで何かが描かれているのは珍しい!
カネ子先生のツイートによると、電子ではカバー下の漫画も、カバー裏のイラスト収録されないようなので、気になる方は紙本を購入されたほうが良いと思います。


芹と風介のお話が終わってしまうのは寂しいけれど、1冊目の ”サイコー of サイコーのお風呂エッチ” の二人にはこれからも何度も会いに行く予定です♥

4

突き抜けたコミカルさに爆笑しました

作家買い。中川さん作品の中で『兄弟失格それ上等』シリーズが一番好きなので発売を心待ちにしていました。

『兄弟失格それ上等』→『兄弟失格それ上等(増)』に続く3作目にして完結編です。

という事でレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。







前作で、親同士の再婚による兄弟、という形から恋人に昇格した芹と風介。「家族」という隠れ蓑をフルに活用し、家ではいちゃいちゃしっぱなし。

ところが、そんな二人の家に芹の弟・四葉が「一緒に住みたい」とやってきて…?

と、今巻もドタバタコメディ―なお話でした。

四葉は相変わらず風介を目の敵にしていて、芹にべったり。でも、少しずつ歩み寄っていく二人が可愛いです。

で、今巻は新キャラ登場です。

芹と四葉のお兄ちゃん、花椿家の長男・梅さん。

芹よりもさらに茉莉花さん(芹たちのお母さん)似の、麗しいビジュアルの持ち主。キラッキラのオーラを振りまく梅さんの登場に、もしかして当て馬登場か…?と思ったのですが。

この梅さんというキャラが、

非常に笑える…!

キラッキラのビジュアルに、ピシッとしたオーラを醸し出す梅さんですが、彼の本性はとんでもないヘタレさんです。芹にだけは素の姿を見せる梅さんなのですが、風介にも見せちゃう。

だって、芹は芹のお兄ちゃん=梅さんのお兄ちゃんだから。
という理論。

前2作よりもさらにぶっ飛んだストーリーに、爆笑が止まりませんでした。

辻家に色々な人が乱入してくるので、イチャコラできない二人のモダモダにも爆笑。

ヘタレな梅さんに変わり、会社の社長の座を譲られることになった芹。という事で、後継ぎとしての仕事が増えます。その一つが、「政略結婚」。

会社のためにお見合いをさせられる芹ですがこの時の風介が非常に男前です。

四葉や梅さんの妨害や、後継ぎ問題、男同士の恋人、という様々な試練が二人を襲いますが、シリアスさは皆無。コミカル一辺倒で進むストーリーでした。

中川さんは非常にエロ度の高い作品を描かれる作家さまですが、今作品もエロ度はかなり高め。そして、修正が薄い(ここポイント)。なんかいろいろがっつり見えちゃうので、エロ満載が苦手な方には若干きついかな、という気はします。反対に無粋な白抜きとか、そういった修正ではないのでお好きな方にはたまらん修正になってます。

終盤に描き下ろしが2話収録されているのですが、このうちの1話のタイトルは「8年後」。
四葉が18歳になっている、という設定のお話。
芹×風介の2人は養子を取ることに。それなら自分を養子にしたら?と提案する四葉のお話なのですが。

四葉が男前になっとる…!
いや。性格はあのまんま。ビジュアルが男前。
それがまた良し。

というか、個人的に哲平が大好きで、四葉とくっつくとかどうでしょうかね、中川先生。

あと、序盤に芹と風介が子どもの時に出会っていた、というエピソードが収録されています。

これが、クッソ可愛いの。
風介の可愛さに悶絶しました。

カバー下の漫画も爆笑。

という事で、隅から隅まで非常に面白く、萌えの詰まった、可愛らしいお話でした。

個人的に切ない要素が含まれているお話のほうが好きなんです。
この作品は切なさ皆無、どこまでも果てしなくコミカルに進むお話ですが、それもまた良し。このシリーズはこうでなくっちゃね、という世界観を持っている作品でした。

これで完結という事で残念な気持ちにはなりましたが、またどこかで彼らに会えるといいな。

3

力の抜けた面白さ

ああ〜完結してしまった〜。
もっと芹と風介見ていたかったです。
付き合い始めて甘々になるはずが、諸々に邪魔されて欲求不満な風介が素直で可愛かったです。
梅兄が号泣しているのを風介が観察する場面が、なんとも面白かった。
芹のお見合いの話が出た時はドキッとしたけど、まさかの展開にこれは初めから父親に仕組まれてたんでは無いかと…。
結局はまさかの大円満で、風介の父親を芹の両親が争ってたなんていつの話なんでしょうか?
8年後のお話で2人がラブラブに暮らしてて、相変わらずの四葉に笑いました。まさか養子の座を狙って来るとは。
出来れば養子を迎えた2人の子育ても読んでみたいのでスピンオフを希望します。

0

シリーズ完結編。大好きな2人よ永遠に♪

大好きなシリーズ『兄弟失格それ上等』の完結編。
中川先生の作品に出会った大切なシリーズです。
今作の評価は萌〜萌2の間くらい。
シリーズ全体の評価を加味して萌2でつけさせていただきました。

3巻目は恋人同士になった風介と芹の甘い生活から…♡

…と思わせて、再び登場しましたよ!
2人のイチャコラをいいところで邪魔するのがお得意なあの子!芹の弟・四葉くん〜。
今回は兄の梅も初登場し、さらにお邪魔はパワーアップ!

読者の私でさえ「ま〜たお邪魔(いや、生意気だけど可愛い少年なんだけどね)が〜!」とヤキモキしたのだから、風介・芹の2人はさぞかし欲求不満がたまったことでしょう(笑)
でもそんなドタバタわちゃわちゃが楽しいのがこの作品。

さらに、とうとう父親まで登場した芹ファミリー。
財閥の後継者問題や、それに伴う芹のお見合い話など、障害もありつつ…
この作品らしいコミカルさと緩さで、明るくまとまっていました。

ビックリエピソードは芹パパの失恋話よ…
これ、めちゃくちゃ爆弾発言なのに、サラッと語る呑気な芹パパに笑わせてもらいました。
この一家の破茶滅茶ぶりはこの父の遺伝だとハッキリしたね( ^ω^ )

前巻では芹の風介への強い執着が描かれていましたが、この巻では風介から芹への深い愛情が感じられ、それがすご〜く嬉しかった♡
風介っておバカさんだけど、ものすごく真っ直ぐで本当にいい子なんですよね。
全編通して、風介と芹のキャラクターがとても好きでした。

1作目がエロさとアホギャグのバランスのよさと、作品自体のインパクトで飛び抜けていた分、2〜3作目はそれに比べると少々小ぶりな感じはしました。

でも好きなキャラたちをこうしてじっくり追わせていただけたのはファンとしてとても嬉しいです(*^^*)

2人の8年後の姿まで見ることができる描き下ろし。
変わらず愛を育む2人に癒されました。
そしてさらにその先にある明るい未来まで感じさせてくれるようなこの完結編を出してくださり、本当にありがとうございました!

0

完結は寂しいけど超ホッコリ♪

完結巻にしてやっと「付き合ってからの二人」♪

でも、再登場した四葉が一緒に暮らし始めるという展開に、恋人になったのに逆にイチャイチャの回数は減っちゃった二人がかわいかった!!
やっと芹の兄も登場して家族のお話になってきて、やっとこさ”男同士”の壁にぶち当たって切ない展開がーーーと期待したら超イージーモードクリア(笑)
でも、登場するみんなの性格からして、最後まで明るい展開だったのがこれはこれでよかったかな♪

描き下ろしの「8年後」は最高にほっこり!!!

0

まさに、(愛)

兄弟失格シリーズついに完結です。
もっともっと芹と風介見てたかった。
大好きな作品で、もう好き同士なので甘ーいです。でも家であれこれしようと思うといつも邪魔が入ってちょっと欲求不満気味な風介。同じ家にいるけどなかなかエッチできない。
芹のこと考えながら一人エッチする風介。もう芹がいないと困る。
ちょっとだけおバカな風介が芹のこと大好きで、お見合い場所に乗り込んだりとかなりかっこ良かった。
芹の兄弟、兄と弟お父さん皆勢ぞろいで賑やかな回でした。
そしてそして遂に結婚!!
8年後の2人もみれて大満足です。

0

よきかな。

〖DMM電子書籍〗
修正 : 濃霧
カバー折り返し : あり
カバー下 : なし
帯 : なし
裏表紙 : なし
電子限定特典 : マンガ4P(芹と風介のいちゃこら)
備考 : 完結してしまった・・・8年後の2人+四葉が見れて良かった。スピンオフとかあるかな・・・あるといいな(ドキドキ

〖紙媒体〗
未読

0

不完全燃焼

※辛口レビュー注意

完結編が出るとのことで、楽しみに待ってました!
表紙からも、「これは芹×風介のラブラブが見れるかも!?」と期待(((o(*゚▽゚*)o)))♡
しかし、最後まで読んだ感想は「あ…あれっ?」でした…。
最終巻である今作はあまり芹と風介の話という感じではなく。
主に芹側の兄弟問題、後継問題、婚約者問題と、問題がてんこ盛りすぎて…。
ですが、それらが案外すんなりと解決してしまうので、こちらとしては「一体何を見せられていたんだろう…」となってしまい。
ページの3/4くらいはこんな感じじゃないでしょうか?
芹×風介は二の次に感じられました。
最終巻ですし、出来ればちょっとした問題がある中、芹と風介がイチャラブしてるのが沢山見たかったので、私の評価は萌1です。
正直2冊目まででもいいかなと思ってしまいました(´ . .̫ . `)

まだシリーズを読んでない方は、1冊目、2冊目楽しいのでオススメです!(*⁰▿⁰*)
さらに芹や風介の周りの人間関係(?)が気になる方は3冊目も手にしてみてはいかがでしょうか?

辛口レビュー失礼しました。
少しでも参考になりましたら幸いです。

1

エッチシーンの気合の入れ方は伝わってくるけど……。

ヤりたい放題の同棲生活のはずが、芹の兄弟の四葉(弟)と梅(兄)も乱入してお預け状態が続く……というのが軸になってるんだけど、なんかこの二人の兄弟の存在感がウザかった。

四葉は相変わらず小生意気なクソガキだし、兄の梅も二重人格並みにキャラが変わるし。
おまけに芹の父親も登場するんだけど、イケてるちょい悪メガネオヤジみたいな自意識過剰感溢れる見た目がなんかキモくて、この人がこれまた勝手な発言をするたびにイライラしました。


うーん……。

二巻までで良かった気がする。
ちゃんと結婚にまで行き着いているんだけど、期待を上回ってこなかったなぁ。

芹家族に引っかき回されて、問題山積みかと思いきやあっっさりと解決しちゃうので、いくらコミカルとはいえど何なのこいつら……感が否めず、結局お預けエッチを描きたかっただけなのか?みたいな印象を受けてしまいました。

エッチシーンの気合の入れ方は伝わってくるのですが。


一巻と二巻は女好きのチャラ男で最初は気の強そうな感じなんだけど、途中からどんどんエロ可愛くなっていく風介がほんとかわいいなって思ってたんだけど、三巻は何故だろう、髪型のせいなのかなぁ、女の子に見える時が時々ありました。
(発言は結構男前なんだけど)

一巻&二巻は好きなんだけど、残念ながら脇役キャラがウザいこの三巻は読み返ししないと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ