彼のいる生活

kare no iru seikatsu

彼のいる生活
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神160
  • 萌×2103
  • 萌50
  • 中立11
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
41
得点
1373
評価数
335
平均
4.2 / 5
神率
47.8%
著者
宮田トヲル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビボピーコミックス
発売日
ISBN
9784799743553

あらすじ

俺が振られる時の決まり文句、「他に誰か好きな人いるでしょ」なんだわ大学デビューをもくろむ夏川涼太はひょんなことからキラキラオーラをまとった幼馴染、田中一仁と同居することに。性格良し、ルックス良しの超優良物件の一仁にはなぜか彼女が居ない。原因探しに付き合う夏川だったが、ダメ出しする箇所ナシ!そんな折、一仁の意味深発言によって状況は一変し…!? 意識しまくりの二人暮らしの行方は――?描き下ろしはキスのその先♥

表題作彼のいる生活

田中一仁,大学1年生,夏川の幼馴染
夏川涼太,大学1年生,一仁の幼馴染

その他の収録作品

  • クリスマスの話
  • 引っ越し当時の話
  • 愛のある生活(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:田中一仁と夏川涼太の成長の記録

レビュー投稿数41

幼なじみ大学生の同居BL

※ネタバレあります
作中の呼び方にあわせて、攻め:一仁くん/受け:夏川くんで書かせて頂きます。

いつの間にか実家で主夫と化していた夏川くんは大学進学を期に始める一人暮らしにウキウキしています。
なのに親同士の勝手な話し合いにより幼馴染の一仁くんと一緒に住むことに。
幼馴染といっても高校は別でしっかり話すのは久しぶり。
同居初日、キラキラオーラのイケメン一仁くんはなんだかすっごく嬉しそうで…。

一仁くん→→→夏川くんです。
連載当初からすっごくキュンキュンしました!
一仁くんは性格も顔も良く、周りが欠点を探しても見つからないくらいのイイ男です。
夏川くんは料理上手で愛らしく、一仁くんの気持ちを聞いて真摯に向き合う優しい子です。
どっちも本当に大好きになりました。読みながら何度かわいいと言ったことか。
一仁くんの友達の春名くんもファインプレー連発、彼がいなければ…大事な存在です。
セリフ・表情…好きなシーンを挙げだしたらキリがありません。
終盤のお互いのことを考えてのすれ違い勘違い…からの最終話は一緒に泣きそうになりました。

pixivコミックで公開された全10話&番外短編2話に加え、その後の♡な話・プロフィール・間取りなど。
カバー下には二人の成長の様子とそれを見ての二人のお話があります。
(電子書籍のほうがどうなっているかは分かりません)

愛しい相手を見つめる姿、どうしようもなく相手にときめく瞬間、添い寝など見どころたっぷりです。
攻め受けと書きましたがエッチは最後まではしません。でもここまででいいかもと思いました。
いつから夏川くんのことが好きだったかを告げるシーンも素敵な、幸せな描き下ろしでした。
カバーデザインも綺麗で本棚に立てた時の背表紙もいい感じです。
幼馴染・同居・一途・キュンキュンなお話が読みたい方におすすめです。

10

ぽっ…(あたたかい)

普段はエロッエロのBLばかり嗜んでいましたが、
原点回帰でトキメキたいと思い手に取りました。
そこには優しい世界が広がっていました。
悪人が誰1人として出てこない…。
何より2人とも素直に照れる。テレテレ。愛らしさ宇宙級。

慣れない初めてのキスのあと、鼻をスリスリしたりしてるし、もう、私は星となってただただ見守っていたくなりました。
そしてくっつくことで段々振り切れる攻めの脳内音声がまた可愛い。

>>>>>好き!世界一可愛い!宇宙一可愛い!<<<<<<

間違ってない、この受けはたしかにめちゃめちゃ可愛い。(孫に欲しい)

受けを大事に思うが故に泣いてる受けと一緒にいた自分の友人にガチギレする攻め。
いつかはヤキモチやいて夜が激しくなりそうだなと思いました。
自分の脳内の汚れが浮き出る作品でした。
教典にしたい。

10

彼らをもっと見たい!ぜひ続編を!

表紙に惹かれて、書店で購入いたしました。

表紙左側、黒髪短髪の一仁くんが攻めで、表紙右側、明るい髪色の涼太くんが受けです。
1ページ1ページが可愛らしくて、最初から最後までほわほわしました…
何より素敵なのが、2人の表情!それぞれの照れの顔、笑顔、あわあわしている顔など、表情にしっかりと人格が現れていて、読むのが本当に楽しくて、何度も何度も読み返してしまいます。

この2人がまた真っ直ぐで、爽やかで、でもお互いに対しての感情もしっかりとあって、それをちゃんと口に出すという素敵な子たちで…
そして友人である春名さんも、チャラい人なのかと思いきや、かける言葉だったり、2人への関わり方だったりが大人で、全編通してどこを取っても幸福感しか感じないので、本当に沢山の人に読んで頂きたい作品です。夜ベッドの上で読むと、幸せな気持ちに包まれて悶えながら眠れます!

物足りないから続編を見たい、ではなく、もっともっと彼らを見ていたい、そしてもっといちゃいちゃしてほしい!という思いが募っています!今から続編を本当に楽しみにしています…

9

尊すぎて死ぬんですけども!?!?!?

終始かわいくて、もう最高でした!!!
どのキャラクターにも嫌味な所がなく、爽やかで胸きゅんポイントの嵐♡♡♡♡♡

話が遅々として進まないものがあまり好きではないのですが、軽すぎるのも物足りない.......しかし!この作品はイライラする部分ないうえ内容が濃く進んでいくのでとてもよかったです。

やっぱり素直に愛を伝えるのって大事ですよね!2人とも愛情をちゃんと伝えていて可愛かったです.......!

素敵な作品でした!ありがとうございます!これから何回も読み直します♡

7

キュンキュンしっぱなしだった

尊いの一言でした。

母親達の勝手な約束から同居する事になった一仁と涼太。
スキンシップの多い一仁に段々と涼太は意識していきます。フラれると言う割に欠点が見当たらない一仁が、自分を好きなのではと感じ始める涼太。

モテるのに涼太一筋の一仁が良いです。ニヤニヤが止まらなくなります。
涼太は自分も一仁が好きだと気が付きますが、一仁の将来を考えると何も言え無くなってしまいます。

一仁の高校からの友達に何をもって幸せかを決めるのは一仁自身だと諭されます。

涼太からの告白に嬉しそうな一仁の表情が最高でした。もう最後までエッチしてなくても大満足です。

クリスマスにケーキ売ってた店員のお姉さんが羨ましいと心底思いました。

5

可愛さMAX

親同士の案で高校が別々だった幼馴染と
大学進学を期に同居することになった
涼太と一仁のお話。

可愛かった。ただひたすらに可愛かった。
素朴だけど優しくていい子な涼太が可愛いし
そんな涼太に一途に片想いしてる爽やか一仁がたまらなく可愛かった♡

一仁の告白から途端に意識しだしちゃう涼太。
自分も同じ意味で好きだと気付いても
一仁の将来を考えてなかなか告白の返事が出来ないでいると
一仁の高校からの友人で二人と同じ大学に通う春名が
まぁ~いい仕事してくれちゃいました♡

爽やかで可愛くてキュンキュンの
最高の一冊でした♪

5

とにかく可愛い

レビュアーの皆様の『かわいい』評価に期待して購入しましたが、いやもうほんとかわいい…。
それしか出てこないです…。

爽やかモテモテ男子×家事の得意な主夫系男子です。二人とも同い年の大学一年生。
ほぼ受けの夏川くん目線でお話が進むので、攻めの一仁くんの気持ちがわかりにくいかな?と思いきや、表情や行動に好きが溢れ出ていて、ああここでときめいてるな…というのが丸わかりでめちゃくちゃかわいかったです。
夏川くんも一仁くんも赤面しまくりで本当に表情豊かでかわいいのです。
笑顔のかわいい二人のピュアな輝きが眩しかった…。

一仁くんの長い片思いから、夏川くんが徐々に心動かされるまでが丁寧に描かれているので、くっつくまでが結構長いです。
勘違いですれ違いとかBLあるあるな事件も特になく緩やかに進むんですが、日常のちょっとしたときめきとかそういう描写が散りばめられているのでまったく退屈な感じはなく、大きな出来事がなくてもまったく飽きませんでした。
とにかく二人がかわいい。そればかりです。
二人を見守りニヤニヤするという、BLの真髄的な楽しみ方ができる素晴らしい作品でした。
書き下ろしも糖度高めで最高でした。
恋人になってからの二人がもっと読みたいなあ。

4

激カワ‥♡

評価の高さに釣られて購入してしました。
期待ワクワクで、読んだのですが‥何だこれ‥評価通り胸キュンの激カワ٩(♡ε♡ )۶です。

一仁くんはキラキラの好青年で、夏川くんもジャニーズにいそうな可愛い男の子で。
ビジュアルも良いし、真面目に生活して一生懸命自分に向き合っている2人はとても好感がもてます。

何しろ一仁くんが夏川くんに一途で誠実なのがいい!
夏川くんも一仁くんの気持ちをはぐらかす事なく真剣に受け止めて、思い悩み理屈ではなく自然に惹かれていくさまが読んでいて本当に良かったです。

これは久々、近くで2人を見てニヤニヤしたいと思ったお話でした。
続編が出たら嬉しいな。

とってもいいお話です…
まだ、読まれてない方是非本屋さんへ!!
レジに持って行っても恥ずかしくなく出せる表紙がまた良いですね。

4

甘い甘い、可愛すぎる。

とにかく「甘い」の一言に尽きます。
一仁くんの長い片想いの様子や 夏川くんの戸惑いが、可愛さの中にもしっかりと描かれており、ただ可愛いだけでないところが、この作品の魅力です。

攻→受 名字呼び
受→攻 名前呼び
にグッとくる方も多いのではないでしょうか??

本編(2人が恋人として繋がるまで)が甘く丁寧に描かれている分、クリスマスの話が余計に感じました。
やはり、BL作品に腐女子を描いてしまうのは……あまり好ましくはないですね。

同人誌もお迎えしたかったなぁ……
ご縁がありましたら、読んでみたいと思います。

4

何回も繰り返して読んだ作品です。マジ最高すぎ…

あまあま、純粋な恋の物語。この2人の生活やお互いを思う姿を見るだけで私まで幸せになる。本当に名作です。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う