コヨーテII【BLCD】

coyote

コヨーテII
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

71

レビュー数
4
得点
143
評価数
30
平均
4.8 / 5
神率
86.7%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
武本遥
脚本
花井カオリ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
60 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4589644732028

あらすじ

〈人狼〉であることを隠しながら暮らすコヨーテと、人狼を狙うマフィアの後継者でありながらそれを嫌い、バーのピアニストとして働くマレーネ。
コヨーテの発情期がきっかけで深く結ばれた2人だが、それを余所に人狼とマフィアの抗争が激化していく。
そして、ついに人狼達はマフィアの解体に動き出すが、コヨーテに再び発情期が訪れて――。

表題作 コヨーテII

ヨシュ・ガーランド(マレーネ) → 興津和幸

コヨーテ(リリー) → 小野友樹

その他キャラ
キーファー[竹内良太]/ アレン[帆世雄一]/ ノーラン[宮崎遊]/ ヘルマ[森なな子]/ ミミ[佐藤恵]/ ランドルフ・リーブ[蓮岳大]

レビュー投稿数4

ますますシリアスな展開と重厚な作りがハマリます…!

原作既読・初回限定盤購入。

小冊子と限定盤のミニドラマは発情期中の甘々♡な内容です。
今作は本編の展開がより一層重さを増していますので甘さはこちらで補完(`・ω・´)b

さて本編ですが。
前作に引き続き重厚な世界観が保たれていてとても良かったです。

Ⅱは2人の関係が大きく変わってしまいます。
人狼とマフィアの復讐の連鎖は止められません。

互いの立場を知ることとなり、
マレーネは、ヨシュ・ガーランドに。
リリーは、コヨーテに。
ーーと、塗り変わってしまうのですね。

余談ですが座裏屋さんが雑誌のインタビューで
名前の部分が重要な役割を担っていると仰っていました。
Ⅱではコヨーテの名前の由来も語られていますので
名前に注目して聴くのも良きかなと思います(^^)

※以下、組織側の立場にいるときはヨシュ/コヨーテと書き、
恋しい相手を想う場面はマレーネ/リリーと使い分けます;
個人的な感覚はこれがシックリくるので分かりづらくて申し訳ありません。


ストーリーの感想は原作でレビューしていますので音声化の部分の感想を。

名前に注目ーーーということで、
最初はにわかに信じがたく呆然としたような「ヨシュ・ガーランド」
裏切りが決定的だと勘違いした怒りで震えた「ヨシュ・ガーランド」
マレーネの本名を知ったリリーの声色の変化が切ないです。

そして特にこのセリフ。

「もうその名で呼ぶな。俺はリリーじゃない」
「…コヨーテだ」

ハッキリと一言一言力強く告げるような声に決別の意思が感じられて辛い…。
冒頭は発情期の甘々なエッチしてたのにガラリと変化するのですよ。
マレーネにグズグズに甘やかされて可愛いリリーの声からコヨーテに変わってしまった…ううう(泣)

反対にマレーネは一貫して「リリー」を呼び続けます。
誤解が誤解を招き、最悪な事態へ転げるように進む中で、
恋しさを含んで「リリー」「リリー」と…。

リリーに誤解されたまま会えなくなって荒れて弱々しくなっていくんですが、
再び前向きになったラストの「祈っててくれ!」の力強さが印象的でした。
あと優しいトーンの@興津さんは「恋のために死ぬ」のセリフが似合いすぎる(∩´///`∩)

また脇役だとキーファー@竹内さんの重低音も聴きどころですね…!。
声だけでヴァラヴォルフの体躯や重い圧を感じられて何度聞いてもキャスティング神。感謝。


◆初回限定盤ミニドラマCD
『sweet days 12 -目隠し-(収録時間 / 16:20)』

ボリューム感があって延々とイチャイチャしてるのをニヤニヤしながら聴きました////

発情期5日目。
リリーからエッチをするときに目隠しをするように言われたマレーネは困惑します。
それはプレイ的な意味で…?と問うと、

リリー:「違う!プレイじゃない!(;`・ω・´)」

目隠しが必要な理由を聞いて、
マレーネは自分の失言が招いた結果だと訂正してもリリーは頑として譲らない。
結局リリーの要求を聞き入れてベッドに上がるけれどーーーと展開します。

プレイじゃない!と否定するリリーの必死さと、
"えぇ…(;´Д`)"って感じのマレーネの反応に笑ってしまうw
導入部分は本編と真逆のコミカルさです♪

ベッドに上がってしまえば全てはマレーネの手中( ´艸`) ♡
再生開始して4分過ぎたところからマレーネの言葉責めが始まってギャーーーー!!!ってなります。

一体いつまで続くの…?という長さでマジのマジでギャーーーー!!!!なんですよ…。
焦らして焦らしまくる扇情的な言葉責めが約8分も続くんですよ…。
ゆったりした甘エロボイスはポーカーフェイスじゃ聴けない////

めちゃくちゃゆっくり焦らしたくせに
挿入した途端、一気にガツガツし出すギャップもめちゃくちゃ萌えます////
マレーネの攻めに流されっぱなしのリリーも可愛かったーッヾ(*´∀`*)ノ

ー「sweet days」記録メモー
1:1巻描き下ろし
2:1巻アニメイト特典リーフレット
3:Daria 2017年4月号全プレペーパー?(タイトル表記×)
4:CDⅠ初回限定盤ミニドラマ
5:Daria 2018年10月号付録ミニドラマCD
6:CDⅠ初回限定盤小冊子
7:2巻描き下ろし
8:2巻+CDⅠアニメイト連動購入特典?(タイトル表記×)
9:Daria 2018年8月号全プレペーパー?(タイトル表記×)
10:Daria 2019年2月号全プレペーパー
11:3巻アニメイト特典CD
12:CDⅡ初回限定盤ミニドラマ
13:CDⅡ初回限定盤小冊子
13:3巻+CDⅡアニメイト連動購入特典
14?3巻描き下ろし

余談改訂↓
(13が2つある?と思ったら続きものですね。単体でも読めますが13は2つに別れています。)

9

もう3が聴きたい…!

原作は何度も読んでいます!

待ちに待った2!!
このまま3も音声化して欲しいですね~!!

忠実に音声化されているので軽く本編で感じたことを書いてゆきます。

コヨーテくんが落っことした子供の頃の写真を発見してしまっているので、何も知らない1の時よりヨシュさんの声音に闇というか、暗いヴェールが1枚追加されたような感じになっています。
一方コヨーテくんは澄み切ったまっすぐボイスで、なんだか少し安心しました。
初っ端から2回もセックスシーンがありますが、原作より長めに聴かせて頂いた感があります(笑)

シュナイダーさんの声が想像したより高めで意外でした(優しそうで好きです!)

語りが多いのですが、みなさん上質なお声でお話してくれるので飽いたりはしませんでした。
加えてバックで流れる環境音がなかなか凝ってて、小鳥の声とかアイドリング中の車内の音など、SE、BGMが気になる人間としては嬉しかったです。

ヨシュさんが手を引っ掛かれて、コヨーテくんを必死に追い掛けるシーンはうんと切なくなってしまいました…!
そこからの、獣化して決別した直後の屋根の上で涙を流すコヨーテくんが可哀想!(母性をガクガク揺すられる感じ)
想い合えているのに世界から離れ離れにされる二人…。
いいぞ、もっとやれ…そんで最後にスーパー幸せになれ…!!

ヨシュさんの前にキーファーさんが登場する時の靴音の重さよ!
このシーンについて興津さんがキャストトークで台本にとあることをメモっていらしたらしく(聴いてのお楽しみです)
それをふまえて聴くと、おぉ…確かにそう言う感じするぞ…!となりました。

後半登場するヘルマさん、とっっても良かったです。BLCDを聴いて女性の声に癒される日が来ようとは(笑)
ミミちゃんとヘルマさんは二人を導く愛の女神なんだろうなあ~…。


本編の内容だけだと次が欲しくなって堪らなくなってしまう方がいらっしゃると思うので、それを補うかのように、
コミックス3巻の限定版には
ドラマCD15分(エロい)+キャストトーク11分(興津さんのお口が珍しく軽い…!)
今作の限定版には
ドラマCD16分(すごくエロい)+キャストトーク10分(軽快な仲良しトーク)+12P小冊子(ずっと裸)
アニメイトさんでは連動購入特典として8P小冊子(ずっと裸)
(どの特典も何気に繋がってます)
が付いてきますので、無くならないうちに購入されることをおすすめいたします☆

正直申し上げますと、コヨーテくんの男らしい喘ぎにはもう少し可愛らしさが欲しい気もする…けど、3巻までお預けなのか?などと思っていたのです。
ですが今回の特典ドラマCDで私は初めて、あぁ!コヨーテちゃんかわいい!!と感じました!
ヨシュさんは息を止めて聴き入っちゃうほどエロ垂れ流しの美声だし、コヨーテくんはいつもより多めに、かわいく喘いじゃってた気がします❤


それから…ここからは流し見て頂きたいのですが、
他のレビューのお姉さまが仰っていたような、物足りなさや何をしているか分からなくなる感じはそこまでしませんでした。
私の考えですが、原作ありのドラマCDは、原作を片手に耳でも目でも楽しむもの、と思っています。

原作が売れなければ、こうして素晴らしいキャストさん方をお迎えして音声化されることもなかったでしょう。
巧みに描かれるキャラクターの熱い視線や場景、小さなふきだしのほんのひと台詞にどれだけの思いがこもっているのか、絵で音声で、お互いの世界を補填しつつ楽しめれば良いのではないでしょうか♪
セットで楽しむことで制作側もニッコリで、未来が明るくなりますね!(笑)
ぜひぜひ、原作がお好きな方はドラマCDを!
キャストさんが気になる方はコミックスも!
どちらも絶対に買って後悔しないと思いますよ~!!

9

二人の甘い時間から現実へ

原作既読
前作に引き続き小野さんのコヨーテと興津さんのマレーネ息がぴったりです。
とにかく甘ーい。二人の時はコヨーテはマレーネにとっても甘えてかわいいです。
マレーネもコヨーテのことがかわいくて仕方ない感じに隅から隅まで愛してるのが伝わってきてドキドキしちゃいます。
ずっと2人で過ごせれば良いけれどお互い秘密を持ってるからなかなか蜜月は続かないんですよね。

二人の時の甘い雰囲気とそれぞれの本来の場所にいる時のギャップがかっこいい。
脇を固める方々も素晴らしくて、キーファーなんかは静かだけど、かなりの威圧感があるし、ヘルマはいい人だし、それぞれいる世界が違うからまだまだ試練があるけど、交わってしまった二人を引き離すことはできないはず。一人でコヨーテの仲間のところに乗り込んでいくマレーネが素敵です。
コミックスも3巻出たばかりなので、ドラマCDも早く次も出て欲しいです。

4

あれ??1巻に比べてなんだか…と思ったら脚本家が変わってしまったのね…

1巻が期待以上のハイクオリティだったので、今作も大・大・大期待で聞き始めたのですが、、、
あれ、、、なんか、、、なんか、、、あれ……?
クオリティがなんだか1巻と全然違う・・・
何の違いでここまで差が出てしまったのだろうかと調べたら、シナリオを手がけている方が今作と前作で別の方なのですね。
普段ドラマCDを全然買わない初心者なものですから、脚本家の違いでこんなにも別物になってしまうものだとは思いもしませんでした。

何がそんなに違うのか。
一言で言ってしまうと、脚本家が脚本家の仕事をしていないせい。
原作が座裏屋さんの作品ですから、もちろん聞くに耐えない作品では全くありません。
なので評価も「萌」にしました。
声優さんのファンが手に取る分には全然問題ないと思います。
ただ、座裏屋さんの作品っていうのは絵で語る部分がめちゃくちゃ多い。
これを映像のない音声のみで作り上げるには、相当なシナリオの工夫が必要になってきます。
それが前回の方はとても上手かった。
例えば、今どこで喋っているのか、誰と喋っているのか、どんな様子で喋っているのか(向き合っているのか、並んでいるのか、座っているのか、歩いているのか)、今なにが起こったのか、そういう場面の読み取りに聞く側が頭を使わなくていいように巧みにシナリオが書かれていました。
場面を想像させるサウンドを言語化し、セリフが足りないところはセリフを足し、おそらくかなり熟考されたでしょう。
だからあんなにもよく出来た映画のような世界観を作り上げることができていたのだと思います。
今回の脚本には残念ながらそういう工夫が一切ありません。
ただ忠実に原作のセリフ運びをなぞっているだけ。
原作の出来と声優さんの演技力頼り。
「脚本とは?」と真顔になりながら、コミック片手に必死に聞きました。
原作のコミックを何度も読み返してストーリーがしっかりと頭に入っていて、聞き手が自分で補いながら聞くことでようやく具体的に映像を自分の頭の中に再生出来るかな?という感じです、正直。
最後の方は疲れたのでもう諦めて声優さんの美声だけを聞いていました。
ドラマCDというより、これじゃあボイスCDだよ、、、
原作を尊重する=原作を一言一句そのままになぞることではないと思うんですよね。
せっかく違うアプローチが出来るのですから、ただそのまま音声化するだけでは勿体ないです。
私が初めて聞いたドラマCD(=前作)は本当によく出来ていた神作品だったんだなぁ、と改めて知りました。
聞き比べると歴然の差です。


・・・とまぁ本編はそんな感じで今ひとつ残念な出来栄えなのですが、初回限定盤に付いているミニドラマCD、これが素晴らしかった!
これは座裏屋さんご自身が完成形に近いところまでシナリオに落とし込まれているんだろうか?
前回「朝ブロ」と「映画館」を聞いてドラマCD初心者なりにどういう脚本が音声ドラマとしていい具合に成立しやすいのかが少し解ってきまして。
今回の「目隠し」は本当に素晴らしかったです!!

リリーの2回目の発情期5日目のお話。
マレーネがうっかり「泣き喘ぐリリーの顔が見るのが好き」などと口を滑らせてしまったが為に、最中の顔を見られることを嫌がって、マレーネにアイマスクを付けさせてエッチをする・・・という素敵シナリオです。(見られたくないからもうしない!とはならないリリーが可愛いですね( ´艸`)エッチはしたいんだね( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`))
そして始まる目隠しエッチ。
見えないマレーネがいつも以上に事細かにリリーの様子を実況中継してくれます。それはもう必要以上に!
これがもうねぇ、攻めにシンクロするタイプの腐女子にはむちゃくちゃシンクロが捗るったらないんですよ。
生々しく想像し過ぎてしまい、心拍数がガチ上がってドキドキドキドキドキドキドキドキ/////(//∇//)/////
ぷっくり乳首を押し潰す感覚、挿れた指をキュとされる感覚、マジで想像が捗り過ぎた(変態)
あああああああああリリーの顔が見たい!!!でもマレーネにも今リリーの顔は見えていない!同じ状況…!っていうもどかしさの共有感、最高でした♡♡♡♡♡


3巻もきっとCDになるだろうけど、1巻のクオリティを是非とも期待したいなぁ。
制作陣の皆様どうかお願いします。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う