十六夜月と輪廻の恋

izayoiduki to rinne no koi

十六夜月と輪廻の恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
5
得点
160
評価数
41
平均
4 / 5
神率
51.2%
著者
小中大豆 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
夏河シオリ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥642(税抜)  
ISBN
9784199009761

あらすじ

引っ越した先は、田舎の過疎村! そこには呪いの山の伝説があって―― 物書きの青年と不機嫌な山神の、幾千の純愛――♡

山間(やまあい)の田舎に引っ越した途端、
見るようになった不思議な夢。
着物姿の子供に、「山に入ってはならん!」と
繰り返し忠告されるのだ。そこは、
通称「呪いの山」と地元で恐れられているが、
小説家の梗介は気になって仕方がない…。
切なさと懐かしさに引かれるように向かった山で、
道に迷ってしまう!? 
そんな梗介の前に現れたのは、
犬耳と尻尾を持ち、高貴な雰囲気を漂わせた
不機嫌そうな山神で!?

表題作十六夜月と輪廻の恋

十六夜、月ヶ森を守る山神
初見梗介、月ヶ夜村に越してきた小説家、27

その他の収録作品

  • 輪廻のあとの物語
  • あとがき

レビュー投稿数5

良かったねえ、二人とも!と、鼻水でグジュグジュになってしまう・・・。

こちら、タイトルからお分かりのように、輪廻転生ものです。
個人的に、この題材は大好きなのですが、今回もとにかく萌えました。
いや、途中で悲しすぎて泣きましたが、だからこそ、幸せになった二人に嬉しくて仕方なくて。
胸がいっぱいですよ。

それと読み終えたあと、内容が分かった上でもう一度読み返すと、山神様(攻め)のセリフの一つ一つにグッと来ます。
山神様は主人公の運命に、悲しみを覚えていたと思うけど、彼は決して不幸では無かったと思うよ。
端からみたら不幸でしか無いけど、いつの人生も、ちゃんと愛されたからね。


ザックリした内容です。
亡くなった祖父の家がある月ヶ夜村に、引っ越してきた小説家の梗介。
着物姿の子供から「山に入ってはならん」と繰り返し忠告される、不思議な夢を見るんですね。
好奇心と、何より抗い難い吸引力に誘われ、呪いの山と言われる月ヶ森に入る梗介。
道に迷い遭難しかけた彼を助けてくれたのは、犬耳と尻尾を持つ山神・十六夜様でー・・・と言うものです。

まずこちら、序盤ですが、ほのぼの可愛い雰囲気です。
月ヶ森には、実は十六夜の他に、ケモ耳や尻尾を持つチビッ子達三人組が居まして。
十六夜ですが、梗介を手当てしてくれた上で、「もうここには来るな」と送り返すんですね。
しかし、初めて会うはずの十六夜に、何故か懐かしさを覚え、更に強く惹かれる梗介が、差し入れのお弁当やクッキー持参で山に訪れるようになる。

チビッ子達三人がですね、その差し入れを「美味しい、美味しい」と大喜びで食べ、チビッ子達におされる形で、ついつい梗介を迎え入れてしまう十六夜。
や、この山神様と彼に仕えるチビッ子達と、梗介。
皆でのシーンが、とてもほのぼの可愛くて和ませてくれるのです。

と、そんな日々の中、不思議な夢を繰り返し見るようになる梗介。
夢の中で彼は、主君と共に逃げるものの、月ヶ森手前で主君の盾となって命を落としてしまう。
また、今度は「捨(すて)」と呼ばれる農家の少年となって、山神である十六夜に危機を知らせる為に走り、結局は村人に捕まって殺される・・・。

と、序盤から一転、不穏な流れになるのがここから。
この夢がですね、ストーリーが進む中で、少しずつ核心部分へと進みます。
果たして、これらの夢は、梗介の前世なのか。

また、実は十六夜ですが、山神でありながら力を失い、このままでは消えてしまう状態なんですね。
封じられた状態だと言う十六夜。
二人の過去に、何が起こったのかー?

と、言うのが、作品のキモになると思うんですけど。

とりあえず、このへんはネタバレ無しで。
ただ、真実が分かると、もうめちゃくちゃ切なくて。
いや、この前世が、まず悲しすぎる。
こんな悲しい別れ方って、あるか!?と、泣けちゃうんですよ。
これ、互いが互いを守ろうとして、犠牲になるんですよね。
そういう時代だったと言われればそうなんだろうけど、もうめちゃくちゃ切なくてやりきれない。
悲しい。
悲しすぎる・・・!

また、これを踏まえて最初から読み返すと、序盤の十六夜のセリフ一つ一つに、グッと来ちゃうんですよ。
梗介と言う名前を聞いて、「・・・梗介か。いい名だな」と嬉しそうに言うのに、どれだけ彼の幸せを願ってきたんだろうと。

あとですね、とても心を動かされたのが、クライマックス。
梗介ですが、全てが分かった時に、今度こそ十六夜を幸せにしようと決意します。
言っときますが、結婚しよう!とかじゃ無いですよ。
これまた、切ないですよ!
ここで、彼が思う事に、すごく心打たれるのです。

初見梗介の人生は、すごく幸せだった。
家族に愛され、なに不自由なく育てられて、好きな事を仕事に出来た。
そして、愛する人に巡り合えた。

全部、十六夜がくれたものだと静かに決意する梗介に、泣けて泣けて。

マジで、やめて。
今度こそ、二人で一緒に幸せになるべきじゃん!
と、読みながら一人でジタバタしてしまう・・・。

でも、とりあえず、ちゃんとハッピーエンドなのでご安心下さい。
良かった!
二人ともこうして巡り合えて、良かったねえ!
と、鼻水でグジュグジュになってしまう。
感情移入しすぎて、ワケが分かんないじゃん・・・。

あと、こちら雑誌掲載作なんですけど、書き下ろしで二人のその後が読めます。
甘いんですけど、ちょっとしんみりもしちゃう感じでしょうか。
なぜ、二人に奇跡が起こったのかー?
これの謎もスッキリ。
雑誌で読まれた方も、こちらもぜひ読んでいただきたいです。

11

シリアスなバックボーンだが、温かく優しい愛情に満ちたストーリー

作家買い。

小中先生の書かれるお話はいつも優しくて温かくって大好きなのです。
今作品は、その小中先生のイメージを損なうことの無い、どこまでも優しく、そして人の愛情と温かさがじんわりと染み入ってくる、そんな素敵な作品でした。

ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






主人公は小説家の梗介。
ゲイで、過去に恋人がいたこともあるが身体の関係を築くことができずいつも破局してしまう。最近、同じ理由で恋人と破局し傷心の彼は、亡き祖父の家のある田舎へ心機一転引っ越すことに。

田舎で何もないその地に、「呪いの山」と呼ばれる月ヶ森がある。

その月ヶ森になぜか心惹かれる梗介だが、着物を着た子どもが現れ、その山には登ってはいけないと言う。その子が誰なのか気になる梗介だったが、ダメと言われるとなおさら気になり、月ヶ森に登ることにした梗介でー?

というお話。

月ヶ森で、梗介はケモミミをはやした茜・若葉・空と名乗る子どもと、そして子どもたちに十六夜と呼ばれる男性と出会います。

彼らは梗介を「ステ」と呼び、そして梗介も十六夜のことを知っている。

初めて出会うはずの十六夜と梗介。
それなのに、梗介は十六夜を夢で見たことがある。
2人の間には実は繋がりがあり…。

いつもネタバレ上等でレビューを書いていますが、今作品はネタバレは控えめに書こうと思います。

もうね、過去、そして現在、未来。
この展開の仕方が素晴らしい。

梗介が見る夢。
村に伝わる言い伝え。
子どもたちとの会話。

そういったものから、梗介と十六夜との間に起こった出来事が少しずつ見えてくる。そのストーリー構成が素晴らしく、読み始めると一気にこの作品の持つ世界観に引き込まれます。

で。

ストーリー自体すんごい面白いんです。
この二人は、そして子どもたちはどうなるの?というハラハラは、実にうまく丸く収まります。
が、この作品の素晴らしさはそれだけではありません。

もうね、とにかく優しいんです。
みんなが、相手を思う愛情、思いやり、家族愛。

妻を子をいっぺんに無くすとか、愛する人のために自分を犠牲にするとか、バックボーンはかなりハードでシリアスです。が、どんよりした暗さはほぼなし。そんなどん底から、這い上がり、愛する人のために奮闘する。

愛情に満ちた、そんなハートフルなストーリー展開になっているのはさすが小中さんといったところか。

タイトルにもついているので書いてしまいますが、


ネタバレ注意!!


***************************************************




輪廻転生ものです。
何度でも出会い、そして恋をし、相手を守る。

そんな二人の深い愛情に、落涙すること請け合いです。
落涙しますが、悲しいからではなく、彼らの間に流れる愛情が温かいから。なので、読後もほのぼの、ほっこりします。

表紙の黒髪の彼が攻めの十六夜ですが、彼にケモミミがついているのも素晴らしい。
伏線をしっかり回収しつつ、過不足なく展開していくストーリーで非常に面白かった。

それと、挿絵を担当されている夏河さん。
個人的に作家買いする作家さまですが、とにかく絵が麗しいです。
イケメンで、スパダリで、優しくって、そんなパーフェクトな十六夜のカッコよさも良かったし、お子たちの可愛さにもKOされました。

何もかも、素晴らしかった。
文句なく、神評価です。

10

号泣必須!!

大好きな作家さんと大好きな設定…ということで、あらすじも読まずに期待を大にして読みました。

そうしたら…号泣…からの、またまた号泣でした。
読後には放心状態になっちゃって、久しぶりに神作品に出合えたことに嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

こう書いちゃうと、大げさに思われるかもしれません。
でも、相手を想い合うお互いの気持ちが、本当に尊いんです。自己犠牲なんて言葉じゃ表せないくらい、ただ相手の幸せを祈ってるという…。それを、何度も転生する中で繰り返してて。ページが進む毎に、明らかになる過去と現世でもどうにもならない別れに、自分がそこにいるかのような感覚になって涙が止まりませんでした。

…が!そこで終わらないのが、この作品の大好きなところです。苦難を乗り越えた2人の、その後の幸せな様子も見れるのです。おまけに、幸せになりました…で終わらないのも面白かったです。

もちろん、ケモミミやちびっ子は可愛くて癒されるし、攻めや受けのキャラは好青年で大好きだし、2人のやり取りは萌えるし…と、どれもこれもツボでした。

4

よくある『転生』とは違いました

表題作は私が思ったよりもさらっと読み終えてしまいまして。
お話が短い(全体の半分くらい)所為なのかも知れません。
また、小中さんの本ということで期待が大きかったのもあるかも。

面白いと思ったのは同時収録の『輪廻の後の物語』なんです。
『輪廻の恋』というタイトルですが『2人が生まれ変わって何度も巡り合う』のではないのですよ。
梗介の魂は2度生まれ変わっていますが、十六夜は一度だけ。
で、十六夜の生まれ変わりは梗介が27歳の時に起きているのですけれども、0歳児に生まれ変わるのではなく、過去が変わっているのです。
十六夜は十六夜としての記憶と村の住職の息子、佳月としての記憶も併せ持っている、つまり同じ時間に2つの人生を生きていた形になっているんです。
これが大層、目新しかった。

この同時収録作品は、小中さんお得意の『疑似家族もの』。
十六夜だけではなく、ふたつの人生の記憶を持つ空・茜・若葉という3人の子どもたちの戸惑いと、もう既に現実のものではなくなってしまった『十六夜と暮らした過去の記憶』への愛着がとても切なかった。
恋愛の萌えよりも、そちらに涙腺を刺激されました。

2

心優しい神様と迷える魂の救済に心洗われます

タイトル通り輪廻転生の果ての恋物語です。

父方の故郷に移住した作家の梗介が出会った妖たちとのふれあいや
田舎生活がほのぼのと描かれています。

前世で出会った恋人同士におきた悲劇による別れと再会し恋の成就のためにじれじれする展開は好きです。
そのうえ力をなくして消えてしまいそうな神様と青年という関係でなかなか近づきません。
神様の十六夜は、梗介に前世を思い出すことなく人として幸せに生きてほしいと見守る姿がとても切なかったです。

ケモミミの神様とチビッ子たちはとーっても可愛いくて、転生した今生での幸せを祈りたくなります。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う