初恋も童貞も理性も―――俺のすべてを、キミが奪ったんだ。

黒か白か(4)

kuro ka shiro ka

黒か白か(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×217
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

104

レビュー数
6
得点
185
評価数
46
平均
4.1 / 5
神率
41.3%
著者
さちも 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784041094792

あらすじ

多々良とドラマで共演することになったシゲ。慎との関係を知った多々良に、この作品が代表作にならなかったら慎を諦めろと言われたシゲは、慎を守る力を得るため改めて覚悟を決めて役に望むが―――!?

表題作黒か白か(4)

館林和茂(芸名:皇澤茂),俳優
姫宮慎(芸名:鷲宮慎),俳優

その他の収録作品

  • ACT 12.5話(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数6

加速していく執着心

3巻もシゲの嫉妬で多々良さんにバレたりしたけど、今回も病みそうなくらいシゲが慎の周りの人にメラメラ。多々良さんが自分達の事務所に移籍してきたことに愚痴を言う花崎くんが、同棲している自分達の部屋にあがって慎にちょっかいをかけてるところに帰宅したシゲ。花崎くんを追い出した後のエッチが凄かったですね。みんなが慎を守ろうとするけど、自分だけは慎のこんな顔も知っているんだとばかりに執拗なセックスでした。
それに、恥ずかしがりながらも中イキしてしまう慎もエロ可愛いかった!
多々良さんのナイス煽りでシゲも俳優として覚悟を決めましたね。今までにないダークな役でステップアップして慎との関係がばれても世間が納得してくれる相手になれたらいいなぁ。

0

これから

雑誌でも追っていたので、この4巻はシゲの転機になるとても大事なところです。

そしてシゲがどうして芸能界に入ったかを知り、今までのような考え方ではダメだと慎が決意します。

慎の人柄と才能に惚れ込んだ人間が集まって来て、シゲの心境を考えるととてもキツいです。

でも学生時代の可愛らしい様子もあって、お互いが当時からどんなに大切だったかも分かりました。

嫉妬したシゲに浴室でシャワーで攻められてからの、ベッドで自分で慣らす慎がとても色っぽいです。
その後に激しく抱くシゲと感じまくる慎を是非読んで欲しい。

次巻からは2人のドラマが本格的に始まるので、とても読み応えあるので楽しみにしています。

0

覚悟の第4巻。

多々良が動いた!
花崎も動いた!
イケメンが凄みをきかせると迫力がやばい。
多々良はともかく、花崎ってあんな男味のある表情もできたのか...(萌)

自分以外にも慎を大切に思う男達がいる中で、自分が一番無力だと痛感するシゲ。

やるせない気持ちをそのままぶつけたようなエッチは、乱暴にされているのは慎のほうなのにシゲのほうが辛そうで切なかったです。
しかも合間に高校時代の甘酸っぱい回想が挟まってるから尚更。
普通あんなどエロいシーンの間に初々しいDKエピ挟むか?ありなの?(ありです)

でもその悔しさを原動力にして、シゲは芸能界で生きていく覚悟を決めます。
慎のため、そして自分のために。
これは次巻が待ちきれない。

一発屋と言われてる橘監督ですが、「ヤンキー探偵」って多々良が「あの役が一番楽しかった」と言っていたドラマだし、シゲも橘監督によってこの世界の楽しさを掴めるんじゃないかと期待が膨らみます。

ところで、あの嫌〜な感じの社長はなんなんですかね。
慎のこと知ってるみたいだし、シゲが「慎を守る為に芸能界に入った」ことと関係がありそう。
3巻から引っ張られてますから、そのへんの真相もそろそろ知りたいです。
ここでto be continueは憎い!
タイムリープしたいレベルで待ちきれない!


慎をめぐり、シゲ、多々良、野崎が総動する第4巻。
だけど個人的にはシゲのマネ小菅さんの株が爆上がりした巻になりました。
次巻でも出番多めにあるといいな〜

1

進化を遂げていく2人

シゲの慎への執着が、さらにさらに!強くなった4巻でした。 慎への想いの叫びとでも言うのかな。
シゲは本当、100%慎で出来ている気がする。

タイトル『黒か白か』の意味がよりはっきりとしてきた巻だと思います。

慎、シゲ共に新ドラマの撮影が始まります。
両マネージャー、花崎、多々良と、周囲に2人の関係を知る人が増えるにつれ、被っていた皇子様の仮面がどんどん剥がれていくシゲ。
でも周りは、2人にちょっかいを出したり牽制したりはするけど、基本慎の味方だし、2人の仲を守ろうとしてくれてる人たちです。
その中でシゲは、自分の力のなさや不甲斐なさを痛感して、ある決意をするのですが…!?

最近のシゲは嫉妬や怒りに支配されていたけれど、そこで本格的に闇に堕ちることなく、慎と共に俳優として生きていこうと仕事への覚悟を決めてくれたことは本当に良かった!
皇子キャラなんかじゃなく、シゲも慎みたいにどんどん本当の自分を出して、慎とは逆の意味の魅力を視聴者に見せつけて欲しいですね。
実は暗くて、執着心バリバリで、心の中ドロドロで、性欲ももちろんあって、変態な部分もあって。
そんな本当のシゲは、皇子キャラとは違う俳優としての魅力に溢れていると思う。
それが花咲いていくであろう今後が楽しみだなぁ。

性格は対照的な2人だけど、恋のシーンはメラメラ燃えたりほんわか暖かかったりと、いつでも熱があって温いところがとても好き。

1巻では痛くて大騒ぎな慎と、すぐに出ちゃったシゲ…というファンタジー感ゼロな初体験をした2人ですが、エッチの方も進化してますよー♡
開発が進みしっかり後ろで感じる慎と、執着心バリバリに慎を抱き潰すシゲ。
中イキしたことにビックリしてボロボロ泣く慎と、中イキさせたことを喜んですっかり機嫌をよくしちゃったシゲの対比が面白かった!
あー、1巻の初々しい2人はどこに…?(でも最高。大歓迎♪)

シーモア版。白抜き。

6

「愛の力は偉大だ」皆んなが姫を護りたい騎士(ナイト)たち。

ああ嬉しい!さちも先生がペース上げて発行します、と宣言して下さった通り。続きが思ったより早くて。けれど、お話し的にはあーんまり進んでは無い様に見える本作。
まず持って既刊から読み返す。
マネージャーの梅島さんも心配するよね。シゲのジタジタのせいで、多々良さんにも2人の事はバッレバレ。けど、慎の才能と健気な可愛さに絆されまくってる多々良さんは慎の所属する事務所に移籍してまで「俺ならアイツ(慎)を守れる」宣言。
そして慎の良き相談相手のアイドル、花崎さんも慎を守ろうとしていて。
シゲからしたら慎を守るのはオレ!と思ってるのに、周りから釘刺されまくり。
嫉妬メラメラ過ぎて、皇子様の仮面は何処へやら。獰猛な本性を現して慎を抱きまくります!
互いに童貞だった筈の2人ですが、慎の方も抱かれる内にエロくなってて。
そりゃもう!煽られまくりです。慎はとうとう中イキさせられちゃう‼︎ きゃー!
とまぁ、こんな事もあって。そんなにワラワラ騎士(ナイト)が出て来ちゃたまらん!とばかりにいよいよシゲも覚悟を決めます。
折しも、その外面だけで女性向け甘めのロマンスばかりオファーされていたシゲに初のバディもの。マネージャーの小菅さん、グッジョブです。相手役は最も敬遠したい多々良さんと知ってギリギリしちゃいますけど、優秀な多々良さんと組める事は多分シゲの成長となる筈‼︎ と期待出来ます。
慎の方はヒール役を脱して、好青年の役回りが。こちらもマネージャーの梅島さんの目論見もあり。
慎がさらに飛躍しそうな。
役に憑依型の慎は、ここに「彼が居ない」ことを想い、この役は「俺とは違う」と演じる事にスイッチを入れ、シゲはいつも「彼がいる」からと想い、覚悟を決めて演技に臨む。
それぞれの想いがシンクロし合っているという演出が心ニクい!
「愛の力は偉大」なんです!

花崎くんと多々良さんはケンカップルになりそうな予感なんだけど、遊び上手な花崎くんは梅島マネージャーの体にも興味深々。
梅島マネージャーは小菅マネージャーとどうにかなってくれそうな気もするんだがな。
それは安易かもしんないので、花崎くんを推したい気もする。梅 × 花 で良いのかな?
まさか逆?

描き下ろしには、珍しい慎のソロプレイ。シゲに抱かれた時の記憶を辿りながら達する慎の様子がエロくて。こりゃーシゲに見せたいよね。
修正は真っ白け!

7

ターニングポイントになる神回

4巻まで来ましたが、まだまだ続きます。
芸能界ものとしては一番好きな作品かもしれない。

今巻は、シゲのターニングポイントになってると思います。
慎にドロドロに渦巻く独占欲と執着をもっているシゲですが、
それだけでは槙を縛れないし守れない……
シゲだけでなく、多々良も花崎もそれぞれのやり方で慎を守ろうとしています。
それだけ槙には魅力があるし、愛されキャラなんだよなぁ。

さて、多々良と共演する事になったシゲは、〝今作が代表作にならなかったら慎を諦めろ〟と言われてしまいます。
世間に関係を納得させる力を付けろという多々良。
シゲの芸能界へのモチベーションの低さを見抜かれている気がします。

いつも隠す事しかしてこなかったシゲは、『守る』ことを強く意識させられます。
慎を守るために、足を引っ張らないために、覚悟を決めるシゲ。
まだ、彼氏としても俳優としても成長過程なんだよ。

家に上がった花崎に嫉妬し、シゲは今までにない激しさで慎を抱きます。ゾクゾクするほどの物凄い独占欲!
慎の事なら全て見たいし、そのためなら何でもします。
腸洗も拡張も手伝いたいし見たい。
虐めて泣く姿も感じてイキまくる姿も全部全部……
ゴムも捨てて生で入るシゲは、慎の中も独占したいんだろうな。

凄まじい独占欲でドS全開なのに、「俺下手?」って不安気に聞くからキュンとした♡
見た目に反して、自分に自信がないんだろうなぁ。
独占欲も執着も、その表れなんだと思います。

自分を分かって欲しいのに黒い部分は見せられなくて、
そんなシゲの葛藤がよく現れていたと思います。
芸能界で生きていくため、「いっぱいいっぱいになったら支えて」と言うシゲの弱さにズキュンときました♡

そして、俳優としても一皮むけて欲しい!
〝腹黒いクズ役〟を演じ切れないシゲですが、個人的には素のままの自分を演じれば?と思ってしまうのですが^^;
今後、多々良を唸らせる演技を見せて欲しい。


あっという間に読んでしまった。
相変わらず、心理描写が素晴らしいです。
グイグイ引き込まれて、気付けばキャラとストーリーに魅了されてる。
シリアスになりすぎないコミカルとのバランスも最高!
そして、決して揺るがない二人の関係性が強みの作品だと思う。
だから安心して読んでいられるんだと思います。

続きは一年後かな?
Twitterで追います。4人デートのイラストは必見!

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う