キミと恋に堕ちなければ、こんな感情知らずにいた―――。

黒か白か(1)

kuro ka shiro ka

黒か白か(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×240
  • 萌18
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

18

レビュー数
15
得点
397
評価数
101
平均
4 / 5
神率
35.6%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041067222

あらすじ

キミと恋に堕ちなければ、こんな感情知らずにいた。
芸能界シークレット・ラブ。描き下ろしも収録

悪役顔の新人俳優の慎と、爽やか皇子様系俳優のシゲ。
二人は大学時代から続く恋人同士だった。
関係は勿論秘密だが、口下手で真面目な性格なものの、外見通り性格も悪いと世間に誤解をされている慎がそばにいることで、シゲの人気に悪影響が出るのではと危惧し、今は表立って友達としても隣にいることを許されない。
そのうえ初エッチの時、痛みに耐えきれず一度シゲを拒んでしまって以来、未だに二人の間には体の関係がなかった。
互いに欲情はするのに、慎を大事にしたいからと手を出そうとしないシゲ。
しかしそんな時、生放送の深夜TV番組で、慎のイメージが180度変わる出来事が起きてしまい…⁉︎
芸能界シークレット・ラブ◆描き下ろしも収録‼︎

好きだから。大切だから。
汚してしまいたい。壊したい。
そして、俺だけのモノにしたい。
これは愛ゆえの執着ーーー。

表題作黒か白か(1)

館林和茂(芸名:皇澤茂),皇子様系人気俳優
姫宮慎(芸名:鷲宮慎),悪役が多い俳優

その他の収録作品

  • ACT3.5(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数15

イメージとのギャップが良い

 表紙からはまったく想像がつかない芸能人同士の恋愛でちょっと意表を突かれました。攻めは爽やかな役の多いいかにも王子様系ルックスな俳優で、片や受けはヒール役の多い口下手な俳優。2人は既にカップルで、攻めは白、受けは黒というイメージがずっとついて回ります。しかし、実際には攻めのシゲはかなりの激情を秘めており、それを受けの慎に見せまいと必死に隠して生活しています。逆に慎は、そんなふうに我慢をしてくれていることを申し訳なく感じ、もっと求めて欲しいと思っています。世間のイメージとは裏腹に、執着する攻めと純真に攻めを想う受けの対比が面白いですね。すっかり悪役の印象が根付いてしまった中、バラエティ番組での流れで、ふとくしゃくしゃの笑顔を見せた慎が本当に可愛かったです。ただ、完全に関係が出来上がったところから始まり、シゲの激情も突然露わになるので、もう少し今の関係に至るまでの経緯や、シゲの感情の移り変わりなどが丁寧に描いてあったら良かったかなと思います。続編で明かされるといいですね。

0

芸能界もの

芸能界モノって久々に読んだ気がします~。
そして口下手な受くんのギャップ萌( *´艸`)
純な感じ大好物です!

黒か白かは攻のことなのかな???
ブラック皇子とホワイト皇子様の葛藤も良かったです~。

もうすでにカップルなので、少し回想で描かれてはいますが、もう少し出逢ってから付き合う迄のふたりを知りたいな~と思いました。
まだ1巻なので、これから色々お話展開していくのでしょうし、気になる登場人物や二人の関係を公にするのかどうかなど色々気になる伏線もあるので次巻も楽しみです!

お互いのマネージャーさん同士の関係もなんかあるっぽい感があり、気になりました~。
そして、ダーク大佐ファンになるモブちみっこくんも可愛かった!

描き下ろし、処理に苦労してたんだね・・・と改めて皇子さま頑張ってた!よしよしと思っちゃいました~。

1

タイトルはどういう意味だろう?

一味ひねった作風、また大作「かしデス」の作者様、というイメージのさちも先生。
本作は外見と攻め受けのギャップが意外性がありますが、物語としてはかなりストレートで一途な恋愛ものだな、と感じました。
愛想笑いもできず、口下手でおいしいことも言えない、回ってくるのは悪役ばかりという慎と、華やかなアイドル系人気俳優のシゲは、隠れた恋人。
まず慎が受け、というのも意外性がありました。
2人は高校卒業してからずっと変わらぬ絆。でも実は初めてのHで慎が怖くて拒否した事で、今でも2人はキスまでしかしてない。
この設定も意外性がありますねー。
今、慎は怖いのは変わらないけれどシゲを受け入れよう、受け入れたいと思ってる。それなのに逆にシゲが進めてくれない…!
こういう展開は凄く意外!こういうカップルもいるんだー…
シゲが慎を抱かない理由は、無理してほしくない、大事にしたい、というそれだけじゃない。自分自身のエゴ的な理由もあり。
でもそれすら「愛」ゆえに。
無愛想な慎が実は可愛いとか、慎がひょんな事からいきなりブレイクし始めたりとか、などはある程度定型的な展開とも言えて、さちも先生にしては素直なお話だな、なんて思いました。(先生、ファンの方、すみません)
だからとても読みやすい。
1巻のラストに遂に2人は結ばれて、なんかここで完結してもいいような気もしますが、「1」なんですよね。これからどうなるか考えたら、もしかして波乱?
私がさちも先生に抱いているイメージがこれから出てくるのかも…

0

その笑顔にやられました

読み終えた時の一言。
「最高です!」

光と影のような対比した俳優同士の恋。
爽やか王子様系の役をこなすシゲ×悪役をメインでやっている慎
この二人が本当にヤバイ。

口下手な俳優さんがあるテレビ番組でみせるあの笑顔。
これはもう波紋を呼ぶに決まっている!
シゲからしたら俺だけの顔なのにって葛藤しててもいいですね。

エロシーン。
シゲの雄の顔を見て怖がる慎くん可愛い。
そして初夜。もう語彙力無くなるくらいに好きです。
大体のBLだと「気持ちいい」ってなることが多いけど、このお話はリアル。
痛くて痛くて、でも辞めない。もう本当にたまらん作品です。

続きが凄く気になりますね。

2

これからが楽しみ

口下手な俳優さん、いいですねー。バラエティーもこなす演技の上手い俳優さんもいるけれど、こういう慎みたいな職人気質の俳優さんてなんかミステリアスで好きです。その一番の秘密が王子様キャラの俳優シゲとの恋愛だなんて、素敵!お互いに正反対のキャラクターと認定されているために余計に交流があることを隠さないといけないなんて、いつものBLよりもハードルが高いですね。
まだお互いにスキャンダラスの尻尾は捕まれていないけど、さちもさんがどんな展開で二人の関係を守るのか興味津々です。

1

頑張ってほしい二人

爽やかイケメン王子様攻とパブリックイメージが悪い可愛くない受、CPがとても好きです。

口下手で人付き合いが苦手な受のデレの破壊力がすごくて攻がやきもき。。。
これだけでご馳走さまです。

受のトラウマからセックスが出来なかったカップルの、色々ありながらもやっとこじつけた初めての営みもとても萌えました。

これからも色々問題起こりそうな雰囲気ムンムンですが、頑張って乗り越えてほしいなと、応援したくなるカップルです。

あくまでも個人的な感想で、、、さちもさんの絵もキャラも大好きなんですが、絵の線が荒くて残念だなぁ、と思います。

お話はとても面白く読めたので、たぶん集めます。

1

可愛い二人、応援したくなる。

表紙とタイトルから凄くシリアスなお話なのかと思いましたが、芸能界の、恋人同士のお話で、人にばれちゃいけないとかそれなりにシリアスではあるんですが…ほっと安心して読み終えました。

序盤からお互いの仕事の状況や二人の関係が丁寧に描かれ、物語に入り込みました。個人的には多々良さんもっと絡んで来るのかと思ったけど、この巻ではさらっとでした…また出てくるのかな?

主役の二人、慎くんがエッチを拒んでしまったことから、そういう事はしてなかったんですが、お互いに思いやってて、相手のことを真剣に考えていて、好きになりました。
本人たちは本気なんだけども、どこか可愛らしい言い合いのあとで初エッチ、すぐ出ちゃったシゲがかわいすぎました。

わたしとしては電子版も同時に出るのはありがたかったです。

0

私史上ベスト3に入るエッチ描写。さすがだ。

タイトルにも書いたように、2人のセックス描写がとても良かった!!!
エロは短く少なかったけど、とてもリアルだと思う…。
そうそう!そうなんですよ!こう言う普通の当たり前の行為を求めてました!

どれだけ愛する2人でもほぼ初めて同士なら、いくら慣らしててもスルッとケツの穴に入るわけもないし、(シゲがどうかはわかりませんが)童貞なら下手したら先っちょ挿っただけで、もしくは挿る前にイってしまう場合もある!

BLはファンタジーとは言え、エロ込みBLならその当たり前の感覚のセックス描写を求めてる読者もとても多いと思う。
それを叶えてくれる漫画でした。
超満足♪

3

もどかしいっ!!

かしデスから、さちも先生のことを知りました。
「黒か白か」に限ったことではありませんが、全ての登場人物が愛すべき存在だと思っています笑

今回は芸能界のお話という事で、ただでさえ職業柄オープンに恋愛ができないのに、更に同性愛という障害が多い恋愛で、波乱の予感しかなかったのですが、その分プライベートでの二人きりの時間が本当にたまりません。
周りの環境が変化していき、プライベートでさえ、全力で甘えることが出来なくなってしまうところとか…ああ!なんてもどかしい!!

互いを好きで、大事に思っているからこそ、自分の本当にやりたいことや言いたいことが叶わないっていう、もどかしさとハラハラがギュッと詰まった1冊です笑

個人的には、シゲが慎の誘いを柔らかな笑顔でやんわりと断わるシーンが好きです。きっと腹の中では色んな欲望が理性と葛藤しているんじゃないでしょうか?!?!

よくよく見ると、1巻って書いてあるじゃないですか!!
これは今後の展開に期待です!

2

続きが気になる

作家買い。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。



さちもさん作品の大きな魅力の一つは、キャラのたった登場人物、だと思う。

芸能人であるという閉塞感を抱え。
ゲイという性癖に悩み。
そして、これから俳優としてどう成長していくべきかもがく。

攻めのシゲしかり、受けの慎しかり。
設定が盛りだくさんなのに、それらがとっ散らかることなく、むしろそれらの設定を上手に生かして紡がれるキャラたちに共感してしまう。

シゲにしろ慎にしろ、どちらもナイスガイで、読んでいて応援したくなる、というのか。非常に複雑な内面を抱える彼らが、とにかく可愛いし、カッコいい。悩み、もがく姿ですら素敵なんです。

お互いが相手を大切にしていて、自分のことよりも相手を想う。そんな彼らにこれから襲い掛かるであろう試練がいかほどのものか。すでに「恋人」という関係の彼らでありながら身体をつなげたことがなかった、という描写も、不安定な彼らを表しているように思えて仕方なかった。

まだ1巻ということで、ストーリーとしては序盤に過ぎず、これからどうストーリーが展開していくのか非常に楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ