• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作俺だけの専属アルファ

轟木鳴,付き人,α
音無正嗣,人気モデル,Ω

その他の収録作品

  • その後の二人(描き下ろし)
  • あとがき

あらすじ

αは嫌いだけど、お前は好き。

大人気Ωモデルの音無正嗣は究極のα嫌い。
そんな彼の付き人として働く事になったαの轟木鳴は、彼の無茶な要望や嫌みに振り回される毎日。
それでも嫌な顔一つせず真面目に誠実に、仕事にも音無にも向き合う轟木に気づけば音無も心を許してくれるように…。
しかしその音無の無防備に甘えてくる姿や優しさに、轟木は徐々に惹かれ始めていき──…。

『αじゃなければ、この人を抱きしめられたのかな』

ひたむきなαと本当は臆病なΩの、一途な純愛オメガバース

作品情報

作品名
俺だけの専属アルファ
著者
星倉ぞぞ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784815501525
4.2

(112)

(47)

萌々

(52)

(9)

中立

(0)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
18
得点
470
評価数
112
平均
4.2 / 5
神率
42%

レビュー投稿数18

初めてレビューを書きます。

オメガバース作品は発情や妊娠、運命、どれも過激なお話になりやすい傾向がありますがこちらは少し違ったストーリー運びでした。
過激なものも好んで読みますが、こちらはそれ以上の胸キュンと幸福感を感じられる作品。とは言ってもエッチはあります。とっても甘い。


まず世界観。
Ωが堂々とその性を武器にして社会に出る時代になっている。
要するに性差のほぼなくなった世界ですね。
この世界でのΩはいつまでも可哀想な「搾取されるだけの存在」ではない。
その先陣を切っているのがΩで番防止首輪のモデルをしている音無正嗣。


もうこの時点で心が躍りました。
オメガバの世界においてバースとは別に残された理性で何ができるのかというのは大抵は物語の主役二人の中でしか解決しなかった。
それがこの作品ではそう言った流れがあった後、バースを抱えながらも社会を変えていくために動いた人物たちがいたのだと思わせてくれる導入が素晴らしかった。


開けた世界で成功しているにもかかわらず正嗣自身はαを拒み、たとえ仕事であろうと自分の近くには寄せ付けません。
そんな正嗣の元に期間限定の付き人として置かれるのが、まさにこの世界の新しい価値観の中で育った穏やかで優しい轟木鳴。
この鳴が、最初は正嗣に振り回され、嫌味を言われ、嫌われ、それでもめげない。
お馬鹿なのか優男なのか、と思っていたら芯が強くそれでいて自分がαであるという自身の性にもきちんと責任を持つ男だった。


そんな鳴だからこそ正嗣に寄り添い
受け止め、彼の傷を癒すことができたんだと
強烈な響きと意味を持つ『運命』という言葉が
とても優しいものに感じることができた


読み進めて正嗣の過去を知り、正嗣はαを嫌いであるそれ以上に怖がっているということを知った時
それでも弱みを握らせまいと
自分を手本に多くのΩバースの人たちが強く生きれるよう背筋を伸ばしていたのかと
正嗣がよりいっそう美しく見えた。


そして鳴がそんな正嗣をごく自然に人として敬いその誠実さで持って
Ωであるからこそ持つ傷をαであるからこその強さで癒してくれた。

正嗣を埋めるのはαの鳴出なくてはダメだった
出なければずっと正嗣は戦い続けなければならなかった


正嗣が仕事で着用する素敵にデザインされた番防止首輪。
これもこの世界においてとても重要だったと思う。
バース性を周りに知らしめマイナスイメージで使われる首輪が憧れのものになる。
その一片を担っているのが正嗣…
私は本当に音無正嗣好きなんです。


できれば番になった後の二人を見てみたい。
鳴に愛されてその愛を疑うことなく想いのまま甘える正嗣が見たい。
美しく、それでいて可愛らしい姿が見てみたい。

そんな気持ちで初めてレビューを書きました。

13

優しい世界

この作者さんのオメガバース、どんな切り口かと楽しみにしていた。相変わらず優しくて愛おしい。そして生きる人に強さがある。優しいαが時折みせる強い意志も、αの性質が見えたようで嬉しいし、優しい人であり芯のあるαにオメガである音無さんが惹かれるのがとても心地良い。
音無さんの満面の笑みをいつか見てみたい。

11

めーっちゃよかった〜!!

と、読み終わって思いました。俺だけの専属アルファ、大好きです〜!!オメガバースの話ってΩが冷遇される設定が多いけど、それがいけないことだってなった世の中を舞台にトップモデルとして活躍するΩの音無さん。付き人になったαの鳴くんを最初こそ毛嫌いしてるものの、過去の彼の周りにいたαとは違うんだって分かってからはすっかり心を許し、頼って甘えていく感じがとても可愛かったです。運命の人だって思った相手から見向きもされなかった挙げ句、傲慢なαたちにいいようにされていた過去はとても辛いものだけど、それらを踏み台に強く美しく活躍する姿は文句なしに格好いい。ただの広告塔ってだけじゃなく、首輪の性能をしっかり確かめている彼の言葉にはとても重みがあり、仕事に対する姿勢や仲間への懐の深さはとても魅力的。強気な美人が心を許した相手にだけ距離感激近になるのが大好物なので、鳴くんの腕に引っ付いてたり、好きに触れと言わんばかりに身体をあずけたり、照れたりはにかんだりする音無さんにめっちゃキュンとしました。お相手のα鳴くんはαらしい傲慢さが一切ない優しく愛情深い好青年で、音無さんに振り回されているかと思いきや、ピンチの時には当たり前のように背中に庇って守ってくれる頼もしさ!ヒート全開のフェロモンを浴びても指一本触れずに耐えたのは本当にすごいと思ったし、だからこそ音無さんも心を開いてくれたんだろうし、でもちょこちょこ出してくる“αっぽさ”がいい塩梅。お似合いの二人が末永く幸せでありますように。

8

ほんとみんな読んで!!!!!!

オメガバ好きな腐女子さんにはぜっったいよんでほしい!!!!!!
これは本当に堪らなくかわいいです^_^

鳴くんがもうわんこ!!!!全人類が好きなわんこ系男子です!たまらなくかわいいです!

音無さんはαが嫌いなので鳴くんにすごく冷たい態度です!!最初はね!!でもどんどん信頼関係を築いてって、仲良くなってからの音無さんはとんでもねえから!!!!!!!
なにあの子、!!監禁したい可愛さ!!

音無さん過去がかなり辛いからこそ鳴くんに出会えてよかった❗️
ほんと2人とも頑張った!!!かわいい幸せそうおめでとう!!

2

癒しと可愛さが抜群♪

とても癒されて可愛らしい作品だなぁ〜と思いました♪
α嫌いのΩ・正嗣と優しすぎるα・鳴今まで読んできたオメガバの中で、こんなにΩに尽くす優しいαは初めてでした‼︎
世界観は、社会的に第二次性が『平等』になっている中でΩの正嗣はモデルとして活躍し、その付き人としてαの鳴は働いてる。

でも2人の仲は「良好的」ではなくて
正嗣はαを毛嫌いしていて鳴のことを無視したり嫌味を言ったりと本当に冷たい態度で振り回していて、ちょっと可哀想…。でも、鳴は一生懸命で正嗣のことを考えて行動する姿が健気(泣)
だからこそ、徐々に打ち解けていったのだと思いました(๑´∀`๑)

最初はめちゃくちゃ壁を作っていた正嗣だけど、鳴に気を許し始めてきていた中で起こった「悪質な嫌がらせ」で
αとΩの抗えないフェロモン…。
鳴の迅速な対応で無事だったけど、その件で正嗣の付き人を離れた方がいいと考える鳴。優しすぎる!
正嗣は、何も起こらなかったというのが事実だから気にしないと言う格好良さ、素敵でした!

モデルの仕事もΩが身に付ける『首輪』の性能をしっかりと考えていて、
過去の悲惨な出来事があってαを恨みそれでもΩとしての自分を社会にアプローチするプライドの強さ素敵だと思いました。その話を聞いたあとの鳴の行動も素敵で、本当に正嗣を大切にしているのだと感じました。

どんどん2人の仲は深まってきてお互いに心を許しあえる存在になり、新たに芽生えた感情がピュアすぎてヒャ〜って笑顔になちゃいましたଘ(੭´ ꒫`)੭̸*
いい感じになってきたところで今度は鳴の身に…。正嗣から付き人解消。
どうなってしまうの?と思いましたが最後はハッピーエンド♡

正嗣第一に行動する鳴の一途な優しさが印象的だし、鳴に徐々に心を開いていく正嗣の行動が懐かない猫みたいで可愛かったです!
お互い両思いになり『番』として結ばれて良かった❤︎
くっついた2人の幸せそうな表情と鳴の無意識なαっぽい言動とか本当に嬉しそうで幸せっていう雰囲気が絵から伝わってきました(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP