キングとターゲットなのに…。好きなわけない嫌がらせにきまってる。 これじゃまるで恋人みたいだ。

カーストヘヴン 修学旅行編 初回限定 描き下ろしマンガ小冊子セット【BLCD】

caste heaven

カーストヘヴン 修学旅行編 初回限定 描き下ろしマンガ小冊子セット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
56
評価数
12
平均
4.7 / 5
神率
66.7%
著者
媒体
CD
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
武本 遥
脚本
外原祥子
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ〈CD〉
シリーズ
カーストヘヴン
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典:緒川千世先生描き下ろし【仙崎×巽の修学旅行マンガ14P】小冊子つき
フリートーク
なし
発売日
JANコード
4571284841116

あらすじ

ドラマCD第4弾!
<初回限定セット>緒川千世先生描き下ろし【仙崎×巽の修学旅行マンガ14P】小冊子つき!

自分を嵌めた刈野への復讐に燃える梓。
修学旅行であつむや久世と同じ班になり京都を巡ることに。
しかし何者かが梓に危害を加えようとしていた。
緊張感と疲弊感が増していく梓を連れ出したのは刈野で 。
二人きりの修学旅行、はじめて本心に触れた気がした。
ついに関係が動きだすコミックス5巻 『修学旅行編』が待望のドラマCD化!
番外編『バレンタインデー』『夏休み前』も音声収録♡

表題作 カーストヘヴン 修学旅行編

刈野滉平 → 小野友樹

梓裕也 → 内田雄馬

久世那月 → 佐藤拓也

日下部鐘 → 村瀬歩

その他キャラ
巽燿一郎[榎木淳弥]/ 加奈子[小掘友里絵]/ 京子[杉山里穂]/ 由美[石上静香]/ 溝端[上住谷崇]

レビュー投稿数5

待ってました~!

大好きな修学旅行編。
いつものカーストヘヴンよりあま~い内容となっていました。

犬飼くん・アンジくんのくだりはカットされていましたね。
ですが刈梓の隠れお泊りも良かったし、久世あつの布団で隠れて…も最高でした。さとたくさんの囁きが色っぽすぎてアカンです。
番外編も収録されていて大満足の内容でした。

河原で刈野が鳥に襲われそうになるシーン、ずっとカラスだと思っていたらトンビで笑ってしまいました。(確かにキング様はカラス如きじゃ取り乱さないか~と一人ツッコミ入れました)

特典CDのキャストトーク、テンション高めで大好きなのですが今回はコロ助の影響もあり2人ずつでした。
おのゆーが酔ってるの?ってくらいテンション高くて面白かったです。楽しいのが伝わってきました。

特典小冊子は仙巽のおふたりで背徳感溢れるエロスで最高でした…!

0

修学旅行編といえば……あれです!(五体投地)

原作既読。評価は神寄りですヾ(*´∀`*)ノ

修学旅行編は原作だと5巻にあたります。
4巻(犬飼×アンジ・体育祭)は丸っと省かれてます…ぅぅ。
(修学旅行編でも犬飼・アンジの存在がまったくない…)
(大人の事情は時として無情……泣)

気を取り直して音声化の感想。
ちなみに5巻本編以外に番外編2本収録されています♪


◆修学旅行編

原作読んでいるときはすごくたのしかった旅行中の光景。
音声では繰り返し聞いてると段々もういいかな…となる。
(加奈子のわがままがうるさいなーって…;)

梓の遠回しな優しさが見えてくる場面でもあるので、
これはこれで良いんですがリピート再生中は飛ばしてます。(ごめんなさい)

ゆーてもね!メインは班行動の話じゃないですから!

私はこのCDを効いておのゆーさんにひれ伏しましたよ…。
「あああああああ!!」(膝から崩れて五体投地)でしたよ…。

刈野「うるせぇなぁ」「今はどーだっていいだろ」

↑これがどう表現されるかドキワクで待ってたんですが、
原作で見たときのブワッとした感情が更に膨らむ!!!

若干上ずったような声のトーンで、
刈野の本質・素の部分が思わず出てしまった感が堪らない。
うっっっっっぎゃぁぁぁぁぁぁぁ(暴れ回る音)なんですよ。
「うるせぇなぁ」と「今は」の間にヒュッて息が入るとこにね、グッとくるんですよ!!!
(言葉になってないけど伝わる?伝わって…。)

翌朝の鴨川デートも良いッッ……(;///;)

2人の関係が確実に変化した朝…ですからねー。
とりあえず、梓@雄馬くんがひたすらかわいい!
小さい声でゴニョゴニョお礼言い、ゲラゲラ笑ってね。

んで!あの!衝撃の!キスシーン!!!

刈野「嫌がらせ」
梓 「あぁ、それなら……」
私 「え、良いんだ???(宇宙顔)」

(↑原作で何度も読んでるのに思わずツッコみたくなるような可愛さっぷりで、何度聞いても「良いんだ?」ってなるの。そのくらいかわいいの。)

あとですねー。
7巻を読んだ興奮の影響か、帰りの新幹線のやりとりが全て甘い会話に聞こえてですね。
沢山イチャイチャしてたんだな…お前ら…(胸熱)って気持ちでいっぱいになるんですよー!

久世×あつむはめちゃくちゃエロかったです。
お布団に隠れてエッチする例のアレ。
むちゃくちゃエロかったです!!!!!!!!

サトタクさんのファンは耳が死ぬよね。
ヒソヒソあんな攻め声を聴かされたら死ぬよね。わかる。
村瀬くんの声を抑えて喘ぐ演技もめちゃエロかった////

◆番外編 バレンタインデー

原作は5巻に収録されてます。
ワナビー刈野とキング梓が今となっては新鮮ですねー。
特に刈野。本編との落差に風邪引きそうになるわ…;

◆番外編 夏休み前

原作はファンブック-flow-に収録されています。
(若干改変で八鳥×ゆかりは登場してません)

個人的に久世があつむ以外の人間に雑なのが好きなので、
刈野×梓を小馬鹿にしたように絡むところが面白かった!
(自分も同じ穴の狢なのにな…!!www)


3巻以降なかなかCD化にならず焦れ焦れしてましたが、
少々大人の事情はあるものの音声で聴けて大満足でした!
最後まで音声で聴けることを願います+。*(人´∀`*)*。+

7

良くも悪くも原作通り

原作既読。

●総評
良く言えば原作通り、悪く言えばメリハリがなかった印象です。
基本的には原作通りなので、原作を読んだことがないという方はとても楽しく世界観を味わえると思います。
ただ、 この「カーストヘヴン」という作品はシリーズものなので、CDをまとめて買って3巻の次に4巻を聞いた方がいると思います。その場合、1巻~3巻の出来に比べて4巻の印象が薄くなってしまうのではないでしょうか。特に3巻は古川さんの怪演が記憶に残っているでしょうし、その後の4巻でいきなりわちゃわちゃした中身のない日常が始まると、せっかくの雰囲気が壊されてしまいます。個人的には梓が怯えるシーンをもっと軸にして作ったほうがメリハリが付いてカーストヘヴンっぽい展開になったように思いました。

●好きなところ
梓と刈野のシーンは予想以上に最高です!もともとここだけのためにお金出してるので、予想以上に良かったことで大満足です。刈野は非常に出番が少ないのですが、正直「寝てんじゃねーか」の一言だけでこの値段を出したいです。全体的に今回の刈野はいつもよりも素直だなと思うのですが、それでも梓の前ではやっぱり本心を隠しているので、梓が寝た時についポロッと甘さが出てしまったのだと思います。そしてここからが怒涛のラブ展開。先程作りにメリハリがない点を指摘しましたが、小野さんのお芝居に関しては緩急があり、作品全体を引っ張っているように感じました。何度も言いますが、最高です。
ちなみに梓と刈野が焼きそば食べてるシーンも良かった・・原作よりさらに甘い印象です。内田さんは感情表現が忙しいシーンでこそ本領を発揮するので、焼きそば食べてからは絶好調でした。原作でのあの感動的なキスシーンがどうなるのか気になっていましたが、そこに関しては音声で補足されて萌えが追加されたと思います。ポケドラ配信はトラックごとに購入できたと思うので、原作派の方も4話(Chapter4)だけは聞いてほしいなぁ。

●悪かったところ
やはり肝心の修学旅行の班行動がもうちょっと何とかならなかったのかと笑
モブキャラが多くてガチャガチャしていて、ドラマCDになっても煩いだけだったなぁと。また、京子ちゃんは結構重要な人物だと思っていたのですが、セリフが一辺倒でメリハリのなさに拍車を掛けていた気がします。特に梓に優しくなったことを指摘するシーンは私がイメージしていたのと違いました。(後々出てくる重要な言葉なので、いつもの不思議ちゃんではなく、彼女の素が出てくるイメージでした)
あつむと久世はいつも通り安定していますし、メイン以外のキャラクターが頑張ってここぞというシーンが決まれば、もっと聞きやすかったのになぁと残念に思います。

以上、辛口になってしまったような気がしますが、こんなにテンションの上がるキスシーンもないと思いますので、気になっている方は購入を検討していただければと思います。

5

修学旅行!!

原作は読んでいますが、ドラマCDはこの巻だけの視聴です。
仙崎×巽 推しのため小冊子が読みたくて購入しましたが
小冊子はもちろん、CDも予想以上によかったです!!!

悪質ないじめシーンを耳で聴くのはダメージでかそうで避けてましたが、
本作は修学旅行がメイン、由美ウザイなくらいで、わちゃわちゃ楽しく聴けました。

刈野の静かで底知れないすごみ、時折みせる穏やかさ
久世の甘い甘いあつむへの溺愛っぷりと他人への塩対応
お二方の低トーンなお声にゾックゾク。

最終日のお布団の久世×あつむ なんて!!
あつむの可愛さも極まって…とんでもなかったです。
甘く掠れる久世の声…とんでもなかったです。
静かに攻める黒いサトタク…とんでもなかったです。

とんでもねぇな!と、昂ぶってるとこに
巽登場で、なんでもない一コマだったけど
巽が巽で激やばでした。やばくてやばくて崩壊しました。
冷たい熱さがすんごくて艶めかしすぎて。

番外編の「夏休み前」は、やばくてやばくてやばいんです。
やばい以外の語彙力がなくて申し訳ないけど、やばかった。
ニップルピアスで仙崎に想いはせてんのとんでもなくて天を仰ぎました。
登場シーン短いのに衝撃がすごかった…
巽推しの色目かもしれないけど、巽すぎてやばかったです。
この部分はファンブックに漫画としても載っていて2重で楽しめました


欲をいえば剃毛シーンもうちょっと力入れて欲しかったな。
原作でも短いですが、あっさり、一瞬で終わったので…

カーストヘブンの中でも平和な部類のお話なので楽しく聴けて満足。

3

シリーズの中では割と平和かも

原作既読。
コミックスの修学旅行編の内容ほぼ収録されてます。
今回は梓と刈野、久世と日下部達が修学旅行に行くお話で、今までのような酷い展開は少なくって、どちらのCPも割と穏やかだなという印象。
以前から刈野は梓のこと、絶妙な加減で他のモブから守ってる印象でしたが、今回は梓が他クラスの奴に狙われてるのを感づいて、安全な場所に連れてくっていう。優しさが。
刈野を演じる小野さんに、梓を演じる内田さん。出会えば喧嘩みたいになるけど実はもうかなりお互い心を許している関係にまでなってるのを感じました。
久世を演じる佐藤さんと日下部を演じる村瀬さん。こちらのCPは安定のラブラブっぷりで、久世の独占欲丸出しで、静かだけど狂気を秘めてる感じが怖くもあり、絶妙なさじ加減がお上手だなと。
日下部の無邪気な優しさは、梓にとってはうっとうしいかもしれないけど、実は嬉しそうだったり。キャラの表の態度と内心がバラバラなところが聴いていてもハラハラしつつ心地良かったりします。
刈野と梓も上下関係はカーストの中ではあるけど、かなり刈野が優しくなってて、梓も戸惑う場面とか聞きどころ沢山です。
今までのシリーズの中ではかなりマイルドな内容なので、安心して聴けました。
原作好きな方は是非

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う