カーストヘヴン(4)

caste heaven

カーストヘヴン(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×217
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

178

レビュー数
8
得点
201
評価数
52
平均
4 / 5
神率
42.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
カーストヘヴン
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799740057

あらすじ

クラスの頂点から最底辺の[ターゲット]に落ちた梓は、
自分を嵌めた刈野を[キング]の座から引き摺り下ろそうと画策する。
「挫折を知らないなら俺が教えてやる」と燃える梓に、
根暗な犬飼が近づき写真を撮り始める。
犬飼の狙いとは?刈野の胸中とは?
刈野と梓の関係が動く、大人気シリーズ4巻。

表題作カーストヘヴン(4)

刈野 滉平(高2・政治家の息子 現キング)
梓 裕也(高2・元キングで今は最底辺のターゲット)

同時収録作品カーストヘヴン(4)

久世 那月(高2・プレップス)
日下部 鐘(高2・元ターゲットで現ジャック)

同時収録作品カーストヘヴン(4)

犬飼 健(高2・ギーク)
殿間安爾 (高2・ブリーザー)

同時収録作品カーストヘヴン番外編

秋尾 (高3・ゴス)
中臣(高3・柔道部主将)

同時収録作品behind the geme

八鳥 圭吾(高2・メッセンジャー)
大須賀 ゆかり(高2・ワナビー)

その他の収録作品

  • 「作中のギスギスを少しでも和らげてみるコーナー」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

待望の刈野 × 梓編だと思っていたのに⁈ 新キャラわさわさと登場です⁈

3巻の終わり、別のクラスのイッちゃってる奴の呼びかけに応じて、不穏な空気に包まれたラスト。
そいつが本作の主役かと思いきや。冒頭にちらっと出て来ただけで、彼の暗躍は次巻へと持ち越される。彼はエノと呼ばれていて、諸悪の根源では無いが、このゲームを楽しんでいる側の人間らしい。
私は「仙崎 × 巽」編の怒涛のストーリーに胸を引き絞られたので、それを上回ることを期待していたのに。ちょっと肩すかし感もあって。まだまだ続くし、謎も深まっているので、本作は中休みなのかもしれません。それに、前評判の高かった、「刈野 × 梓」編というよりも、新キャラ「犬飼 × アンジ」の回だったかと思います。この後に及んでまだ新キャラ出しちゃう⁈ それはいいから、物語進めてよぅー‼︎って、思ってしまいました。
オタクで、あつむの上を行くひ弱そうな犬飼が攻めで、美形でカースト上位のアンジが受けっていう、なかなかのギャップある組み合わせ。うーん、この二人にはちょっと萌え要素見当たりませんでした。犬飼が、アンジを守る為、とか言ってますけど。卑怯でセコいことには変わりませんし、彼の身勝手な理由で、梓はピンチになる。この一件を裏で操っていたのが、どうもエノという男らしい…。という様なところで、4巻は終わります。えええー⁈っていう。
まぁ、梓のピンチを救うのが刈野。刈野はその欲と嗜虐心から、梓を独占したいみたいなんですが、
多分、異常な愛情なんですよね。自分ではもちろん気づいてはいない。
梓の、カーストだとか、何だとかに縛られない丈夫な心に惹かれてもいる。
そして、梓は相当美しいんだと思います。だって、犬飼が募った男共、皆んな梓をヤリたかったんですよね⁈どんなけ⁈ な色気なんだよ、梓‼︎

ついでに番外編も、新キャラです。「メス堕ちBL」に編纂されていた、「秋尾 × 臣くん」この二人は本編ではもう出てこないと思うけど、秋尾が不穏なことを言っていて。「僕はこっちの世界の方が好きだ。経済力とか容姿とか体格とか。自分ではどうにもできないスペックで、評価が決まる世界の方がずっと残酷だと思う。」それをすーんとした表情で聞いている中臣。彼はその強さを得るために必死の努力を重ねて来たのだ。『途中で諦めたお前らと一緒にすんな。未来は自分で変えられるんだ。』と、思っている。彼もまた、梓の様に強い心の持ち主なのだ。

また、「八鳥 ×ゆかりちゃん」も変わらず。ゆかりちゃんがバカ過ぎるのが、仕方ないんだけど、ずっと蹂躙され続けるのかと思うとさすがに可哀想な気も。

際限なく新キャラは生まれそうだけど、そろそろ本筋に戻して欲しいとも思うのでした。
他の方も触れてますが、刈野の最大の弱点は梓。そう思えば、1巻の、梓がキングだった頃から、本気で梓が好きだったんでは⁈ とも思います。

1

これからも梓の不屈の精神に期待

 今回は1巻ぶりに刈野×梓を終始メインに描かれていて、一番好きなCPなので発売が本当に待ち遠しかったです。本命2人の絡みが多くて大満足でした。まだ刈野は梓に甘いところを見せてはくれませんが、ついつい梓に構わずにはいられないという感じが透けて見えて、言葉がないからこそ逆に萌えるんですよね。梓の方も体はもう完全に刈野に逆らえなくなってしまっていて、すっかり作り変えられたにも関わらず、刈野に屈しないという意志だけは持ち続けていて、やっぱり最高の強気受けだなぁと思いました。

 ただ正直に言うと、4巻の内容は1、2巻よりも若干柔らかくなっているかなぁと感じていて、私はまだまだこの反発し合う攻め受け2人を楽しみたいので、梓にはもっと酷い仕打ちがあることを期待しているし、さらにはそんな仕打ちを受けてもなお崩折れない梓の復讐を期待してもいます。梓には酷ですが、2巻の4Pぐらい衝撃的な何かがまた起こることを望んでしまっています。それほど、梓の強い精神力を気に入ってるんですよね。ここまで絆されるのに時間がかかる受けも、そう拝めないですから。権藤やこの巻の最後に梓に不穏な視線を送っていたエノという男が、今後どのように絡んでくるのか非常に楽しみです。

 久世×あつむも本編で少し濡れ場がありますし、八鳥×ゆかりも描き下ろしがあるのでそちら目当ての人もページ数が少ないことに不満がなければ買って損はないと思います。他に、本編で犬飼×安爾、描き下ろしで秋尾×中臣という新たなCPが登場しますが、どちらもカースト上位の方が受けという点で共通していますね。下剋上チックな雰囲気がお好きな方はこの2つのCPも楽しめると思います。

1

今後の展開への導入となりそうな一冊

やはり、神評価です。

1巻は刈野×梓、2巻は久世×あつむ、3巻は仙崎×巽が特にクローズアップされていた印象でしたが、4巻では、刈野×梓と久世×あつむ、そして新しいカップルの3組がメインとなっていたように思われます。仙崎×巽も匂わす程度ですが出てきます!

話の軸は新しいカップルですが、カーストゲームの主催者側の人間が今後登場してくるための序章となる巻のようにも思えます。

先の読めない展開に毎回ハラハラしておりますが、カーストゲーム主催者が登場しそうな雰囲気に緊張感も高まってまいりました。ぜひ一読ください!

1

二者択一作品。

『カーストヘヴン』という作品で
この4巻を最初に手にしようとしている方へ
少し注意を。
『カーストヘヴン』はそれぞれの章があるものの基本は連載ものだ。
なので初めに4巻を買ったらかなり難しい作品かもしれない。
そうならない為に1巻からの読破をオススメする。

あと、そうではないのだが【イジメ】を良しとするストーリーになっている。
勿論無差別にイジメるのではなく
舞台となっている高校内での(カースト)と呼ばれる一種のゲームの
地位によっていわゆる(役)が与えられ、ゲーム毎に変動する。
そういう(システム有りき)のストーリーなのだ。
しかもその最底辺であるジョーカーとなってしまったら誰に何をされても(また庇われても)ダメな訳で
その度が過ぎた行為はゲームと言えどもはや犯罪レベルだ。
なのでそういう作品自体に抵抗があるなら漫画と言えど安易にオススメは出来ない。

という自分も1巻を読んだ時の後味の悪さは未だ残っているからだ。中学の頃、虐められた経験を持つ者としては余り気持ちのいい物ではない。
例えそれが漫画の中のゲームであっても…
フィクション作品であっても…
…なら読まなければイイのだが そこはもういい大人であるから、一作品として読んでいる次第。

沢山のCPが出てくる本作品だがベースは刈野と梓の二人。
中でもいじめられた経験者として自分は
ジョーカーとなり 刈野に好き勝手されながらも自らを見失うことなくツンツンしながらも母親思いの梓に好感を覚える。
梓が キングとなった刈野に真から屈する事無く、
弱みを探り反撃のチャンスを掴もうとする今回。
ストーリーを読み進めていく内に刈野の弱みは火を見るより明らかとなるが…当の梓は気付いてはいない様子。

刈野に対しても彼側からすれば思うところはあるが
弱み(言ってみれば自らより大事な)者をあそこまで酷く扱える彼の神経が分からない。
その様子を萌として見れればもっと楽しめるのかもしれないが、どうやら自分にはその手の愛情表現をする人の気持ちは理解不能なようだ。
【大切な者は守るもの】
その気持ちが根底にあるらしい。
なので悪いが刈野の気が知れない…というのが本音。


ゲームであるから一定期間が過ぎれば次回のゲームが始まる、つまり(役)も変わる訳で…
そんな生活の中で何が真実なのか分からなくなる。
極端に言えば自分などはこの作品内の何もかも信じられないのだ。今CPとなっている相手も、もしかするとゲームの(役)として演じているのかもしれない…つまりこの【カーストヘヴン】自体が最終話を迎える時……
「卒業だね。ハイ!ゲームは終わり!!!
CPも解消!……そして彼等はそれぞれの道へと歩み始めた…」なんて事にならないとも限らない訳だ。

どこまでも分からない作品。
それが本作品であると思う。


0

欲まみれの人々

常にゾクゾク感を味わえるカーストヘヴンの第4巻です(^^)連載読んでいたので、描き下ろしなども楽しみにしてました♫

刈野×梓のターンになりました(〃ω〃)刈野(攻)推しなため、もうたまらん笑!!相変わらずメス犬と化してる梓(受)をトロトログズグズにする刈野ですが笑、何と梓に近づき仲良くしようとする新たな存在 犬飼{攻}…嫉妬心漏れてますよー刈野くん笑。梓は梓で、刈野の弱点を探ろうと行動に出ますが…あぁ犬飼に騙されてピンチ!!
そんなピンチを救うのは…刈野ぉぉぉお!!!ありがとう刈野くん、やっぱりドS王子様だよアナタは笑(〃ω〃)犬飼が騙したワケには切なくて辛い理由が…その理由を知って苦しくなるあつむ[受]や久世[攻]、そして怒り狂う梓。冷静に見えて嫉妬心からの解放で梓を抱き潰す刈野と快楽に溺れる梓。そして、加えられた犬飼への制裁…。
次巻、梓に怪しい魔の手が…!?

弱点を知って負かしたい"欲"、自分にしか見せない顔を更に知りたい"独占欲"、気がつかぬ?互いへの特別な感情からくる"快楽"、欲や快楽が人を狂わせたり人を救います。犬飼が守りたかったもの、純粋な愛を感じて、読んでいて胸が痛み泣きました。ただただ、好きだから、守りたいから…その犬飼の気持ちは、刈野くんに通じるものがあるなと感じました。

かなり面白いです(^^)オススメ!

2

相変わらず超絶ビター

今回は待望の刈野×梓編だと期待に胸を躍らせていたのですが、ううーん。。やっぱり期待しているような甘さはなく、ひらすらビターな展開。
かすかな甘さを感じ取って、萌えたいと必死な自分がいました。。
早く梓が欲しくて必死な刈野を見たいけれど、いつになることやら。。
メインの2人より周りの個性的なカップルと、過酷な仕打ちに胸が痛くなり、何とも言えない読後感です。
これがこの作品の世界観なのでしょうが、そろそろ悶えるような萌えがほしいなーと期待してしまいます。
大大大好きな先生の作品なので読み続けますが。。

3

「いじめ」がテーマにはなっているけれど

『カーストヘヴン』の4巻目。

とある高校で、クラス内の『カースト』を決めるゲームが行われ、そのゲームで決まった「カースト」によって校内での立場が決まってしまう、というストーリー。序盤に「カースト制」の説明書きはありますが、基本的に続きものですし登場人物たちの関係性は1巻から読んでいないとわかりづらいと思うので、未読の方は1巻から順に読まれることをお勧めします。

最下層の「ターゲット」に対するいじめ(というより、もはや犯罪)はかなり陰湿で容赦がないので、好みが分かれる作品かと思います。

という事でレビューを。ネタバレ含んでいますので苦手な方はご注意ください。







『カーストヘヴン』には複数のCPが登場しますが、4巻は1巻の刈野×梓の二人がメイン。そして、「体育祭」が舞台になっています。

今日も刈野にいいように扱われている梓。
「ターゲット」になって以来、いじめやレイプを受け続けている梓だけれど、彼は決して屈しない。いつか刈野に反撃してやろうと決心している。
そのために、刈野の弱点を探ろうと画策する梓ですが、そんな梓に犬飼というクラスメイトが「刈野の弱点を教えてあげる」といって近づいてきて―。



あつむは本当に友人として梓に親切にしてくれているわけですが、この犬飼という男の子は何か裏がありそう。でも、何が目的で…?

という謎を追う形でストーリーは展開していきます。

犬飼の目的は。
そして、彼が本当に守りたかったものとは。
彼の真意が分かった時、思わず涙腺が緩みました。

『カーストヘヴン』は壮絶ないじめの描写があり、それゆえにそのことに目がいきがちではありますが、この作品が描きたいものは「自分らしくある事とは?」ではないかと思うのです。

どんなに貶められても屈したくない。
本当の自分を失いたくない。

梓という男の子は決して優しくて温厚な青年ではないと思うのですが、彼のブレることのない意志の強さと、「自分」を失うことのない逞しさがカッコいいです。

ただ、みんながみんな、梓のように強くはない。
だからこそ、一緒に共に戦ってくれる友人や恋人といった存在が、人には必要なのかも。

終盤に二つのCPのお話が収録されています。

アンソロ『メス堕ちBL』にも収録されていた、ガチムチ受けくんのお話。
緒川さんて、あまりガチムチなキャラを描くイメージが無かったこともあって、ちょっと新鮮でした。

梓を追い込もうとしている子も新たに登場してきましたし、次巻が楽しみです。

あ、そうそう。刈野の弱点。
梓にはわかってないんだなあ、とちょっと笑いました。
刈野の弱点=梓、だと思うんだけどな。

7

待ってました!刈野×梓編…!!!

4巻は本編他「メス堕ちBL」に掲載された番外編も収録されています。
描き下ろしは5P【八鳥×ゆかり】です。

本編はいよいよですね!
刈野×梓編は首を長~くして待ってました。
体育祭を舞台に他者の思惑も交錯し、絡まり合いながら展開していきます。


4巻は夏休み明けからスタート。
学校内では体育祭に向け、係決めや準備が始まります。

花形である応援団には刈野・あつむ。
梓は用具係を押しつけられるのですが、同じ用具係になった犬飼が梓に近づいてきます。
刈野は犬飼へ遠回しに釘を刺し、イライラを梓にぶつけ…。

一方、応援団になったあつむは、他クラスのプリーザー・安爾と仲良くなります。

犬飼の目的は。
刈野の弱点は。
梓に忍び寄る影はーーーと展開していきます。


【復讐か。執着か。この感情の名は。】(帯より)
刈野の本心はなんなのか。
4巻ではまだ明らかにはなりませんでしたが、
刈野は梓以外には意外と情をかけるんだなーと感じる点がちらほら。
あつむと普通に言葉を交わすシーンがあったり、
安爾に止められ一旦怒りを引き下げたりで、少々ビックリしました。

徹底的に潰しにかかるのは梓に対してと、梓が絡んだ時だけ。
何がそうさせてるのか。。。気になるところです。

梓のピンチを救った場面はめっっっっちゃ萌えました!!!(;///;)
ああああ(///Д///)かっこいぃぃぃぃぃ////
なのに「助けてねーし」とか言っててツンデレか!ってなりました(爆)
刈野の性格ひねくれすぎてて、こんな些細な一言が可愛く感じてしまうw

梓は刈野に対する殺意は1巻の時から持ち続けているけれど、
ふいに見せる顔が少しずつ変わってきましたね。
母親が絡んで刈野とごく普通の会話をしてる場面が新鮮でした。

一番の変化はエッチの最中なんですがちょっと切ない。
相手が刈野だからこその表情なのか、
メス堕ちさせられて調教の賜物なのか。
どちらにせよ精神ズタボロにされまくった上にあるものですからね…。
2人の間にいつか何かが芽生えて救われるものがあるといいなと思います。

また、今回の騒動のきっかけとなった犬飼×安爾。
カーストヘヴンには沢山のCPがいますが、今までで一番やるせない後味の悪さが残りました。
互いの"そのままの姿"を受け入れ大切にしあってたのに
カーストゲームに振り回され綺麗ごとが通用しない世界に踏み潰され…。
自分に素直になった結果は少しでも報われて欲しかった。今後の彼らが気になります。

久世×あつむはすっかりコミカル&癒やし担当ですね♪
久世はデフォルメ顔が多くて笑わせてもらいましたw

久世・あつむ・巽、2.3巻ではカーストゲームの中でいろいろあった人達ですが、
何かを得て 何かを失って、今となってはカーストヘヴンの重苦しい空気を緩和してくれる存在に。
カーストゲームを肯定するわけではないですが、その中で見られる変化にはホッとします。
刈野や梓にもいつかこういう日が訪れるのだろうか。
今はイマイチ想像出来ない未来だけど、今後の変化が楽しみです。

◆カーストヘヴン番外編
「柔道部員はハイクラス以上」が絶対命令。己の強さを信じ真っ直ぐに歩んできた柔道部部長はカーストゲームのカード探しの最中に嵌められて…と展開します。

メス堕ちBLのレビューと重複しますが緒川千世さんが描くガチムチ受けにビックリです。
強さを求めて強くあろうとする者が陥落する姿は痛々しくもあり、萌えもありました。

◆behaind the geme
体育祭、八鳥とゆかりは看板係になりーーーというショートなんですが。
感想はただ一言。八鳥怖い・・・!((;OдO))

刈野×梓編としては神評価ですが、
犬飼×安爾の後味悪さが尾を引いてしまってるので萌え×2評価です。
梓の強い精神力には私の萌え心も支えられてる気がする…。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ